2006年01月13日

らーめん 雫 [@東京・福生] 【360軒目(2)/544杯目】

da2d27be.JPG
さて、先日も振られた福生の「雫」に来てみました。
1日毎に交代で違う味を出しているお店で、火・木・土は鶏と魚介の醤油系ラーメン、水・金が鶏の塩系ラーメンで、今日は後者を。


店内はカウンターのみで狭いお店で、19:00少し前の到着時は先客2名程度。
帰る時には満席でした。

場所的には福生駅から余裕の徒歩圏内で、駅のそば線路沿いにコインパーキングがあります。

到着した時に、小型のビデオカメラを厨房に差し込むように回している人がいて、随分大胆なラーメンマニアだなぁ…と思ったら、良く見ると音声をモニターしながら回していたのでなんだ地元のケーブルテレビかCS?とか思ったら、聞いてみると地上波キー局の取材でした。
最近は機材の進歩で取材がラクになりましたね〜。

今日は鶏の雫。
それに前回品切れだった肉飯のパリパリ揚げと、あと前回も頼んだバモチョを注文。

こちらも小鍋で毎回スープぬくめて仕上げるんですね〜。

さて、ラーメン。
平太の縮れ麺はモチモチした食感で、なかなかンマいです。

スープは若干トロみのある白濁したスープなんですが、ごめんなさい、もう見た時に天天有か薄めた天下一品みたいだな…と思ってしまったら、もうそうとしか思えない(笑)

もちろん、天下一品と比べる味ではないんですが、どうでしょう変に塩味が前に出てきていて、個人的にはバランスが悪い気がしました。
バランスがいいか悪いかで言えば極論、それこそ天下一品の方がこなれているわけで(天下一品の方がンマイとまでは言いませんが)、ん〜鶏と魚介の雫の方がいいかなぁ〜。

なんだかんだ言いつつスープグイグイいってしましたけど。
こういうスープの割にはベタベタした感じがなくて、本当に凝ったンマイスープだとは思います。

雫:麺雫:肉飯のパリパリ揚げ
鶏チャーシューは小さすぎ…。
もっと食べたいところですが、到着時は既にチャーシュートッピングは終了でした。うーん、残念。

ラーメンの盛り付けもキレイだし、ネギの切り方も感動的ですらあり、スゴく良く出来たラーメンだけど、スゴく振られる事が多かったので、もうしばらくは行かないかな。
コストパフォーマンスじゃなくて、えーと手間対得るもののパフォーマンスが悪いもの。

肉飯のパリパリ揚げはアツアツでンマいことはンマいんですが、ちょっと冷めてから食べるとなんかどうでもいい感じ。(^-^;)
ご飯がもう少しサラリとしていたら嬉しかったかな。
アツアツのうちにどうぞ〜。


雫:メニュー1雫:メニュー2
雫:外観
ら〜めん雫
【東京都福生市福生1043-1】
11:30〜14:30 17:30〜21:00※スープ終了 日・月曜休
らーめん ?650
バモチョ ?100
肉飯のパリパリ揚げ ?250


[GPS情報URL]
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=0&unit=0&lat=+35.44.32.13&lon=+139.19.36.71&fm=0
ら〜めん雫

 ※写真は全てクリックで拡大します。
 
小○さん内の:
livedoorブログ内の:

Posted by 小○さん. at 21:18│Comments(0)TrackBack(1)││

この記事へのトラックバックURL

※スパムが多いので手動承認中です。すみません…
この記事へのトラックバック
「お前の地元、福生に行ってきたよ。」 「おおっ。ありがとう♪ブログ見て遊びに行ってくれたんだねぇ。」 なんて言っていたら、とんだ勘違いでした。 JR青梅線にさえ乗ったことのないような友人を、 凄い吸引力で福生に惹き付けたのは 今回ご紹介するらーめん雫。 ...
らーめん雫 鶏と魚介の雫 東京都福生市【限りなくアメリカに近い福生】at 2006年06月26日 00:34