2006年06月23日

油そば アジア軒 [@東京・八王子] 【457軒目/692杯目】

a564e35d.JPG
さて、さやぴぃさんのところで見て気になった、6月20日にマルカンホープ軒跡にオープンした油そば専門店「アジア軒」に行って来ました。

店舗はカウンターのみで10席。
木曜日の19:00頃の到着で先客はなし。
今度新しく都内初の道の駅が出来る通りに面していて、駅からはちょっと歩けない距離。
店の裏側に駐車場があります。

メニューは油そばのトッピング違いのみで、並、中、大盛、特盛とあり、1玉、1.5玉、2玉、3玉だったかな。
トッピングちょっと高いかもしれない。

店員さんが結構いい歳の男性3人もいて大丈夫かいな、と。
で、テレビを見つつ、雑談をしていたりして、どうにも新規開店というシビアさが不足しているなぁ、と。

これ、どこかの系列!?とか思いつつ、さらに油そば制作中も続く、雑談を聞いていると…
「○○○○(※自主規制)のあのホールってなに?」
「あー、なんか集会とかやってるみたいですよ、一回入ったことあるけど」
「ほー、立派な建物だよねぇ」
「あ、○○○○には入ってないですよ(笑)ホールだけで。線香の匂いがしててねー」
とこのへんの人には出来ない(笑)ビミョーな会話も。
八王子の人じゃないんだろうなぁ、と思いつつ聞いてると
「うちの店の昼ピークは…」
「ランチタイムではうちの店の場合…」
「ほー、そうなんですか。あれこの醤油って?」
「あーそれがあったんでこれが出来たんだよ…」
んー、師匠格の人と弟子1号と弟子2号!?とか思いつつもなんか変だし。謎。

アジア軒:麺アジア軒:玉子
アジア軒:麺丼アジア軒:自販機
さて、そんな感じで店員の会話を聞くともなし聞いていると油そばが出来上がりました。
チャーシュー油そばの大盛。
サービススープがついてきます。このスープ、なんか懐かしい匂いだー。

チャーシューは冷たく、固茹での味付玉子はスライスされたものが載っています。
麺自体の茹で具合はさほど悪くないのですが、油ダレはやや大目。
言葉で表すなら、ニッチャリという感じ。

各具材ともにイマイチなんですが、油そばとしてはなかなかの出来かな。
すげーンマイんじゃなく、なかなかという。
例えばだけど、もう一声、あぶらー亭の炙りチャーシューみたいな目玉があるといいかなぁ。

最終的に油ダレがだいぶあまったのはイマイチ。
もうちょっと油ダレを抑えても充分だと思う。

食べ終わったところで客もいないこともあり、店員さんとしばし会話。
そこで先ほどの謎がとけたし、この人がまた話し好きと見えていろいろと教えてもらえて楽しかった(笑)
要するにこの店は江川亭さんの別業態プロトタイプ、0号店らしい。
珍々亭の油そばに負けないものを!!と元からある油そばをベースに開発したらしく、今後都心に展開したいとのこと。
あ、あんまりこういうの書いちゃマズイか…。このへんで〆。


アジア軒:外観アジア食堂:駐車場から
油そば アジア軒
【東京都八王子市梅坪町261-2】
11:00〜20:00/定休日未定
チャーシュー油そば 大 ¥1,000-
Livedoor Mapはこちら→このへん

[GPS情報URL]
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=1&unit=0&lat=%2b35.41.03.65&lon=%2b139.20.25.77&fm=0
油そば アジア軒


 ※写真は全てクリックで拡大します。
 
小○さん内の:
livedoorブログ内の:

Posted by 小○さん. at 07:09│Comments(2)TrackBack(0)││

この記事へのトラックバックURL

※スパムが多いので手動承認中です。すみません…

この記事へのコメント

はじめまして〜!おむといいます。

いつもこの店の前通り過ぎていましたが、江川亭さん系の店だったのですね〜、知りませんでした。

今度食べてみます〜
Posted by おむ at 2006年10月21日 00:04
>>おむさん
はいー、ぜひぜひ行って見てください。
つーか、自分も出来てしばらく経ってからの状態を見ていないので、またそのうち行って見よう〜(笑)
Posted by 小○さん at 2006年10月21日 10:06