2006年09月25日

二代目 海老そば けいすけ [@東京・新宿区・高田馬場] 【499軒目/763杯目】

56a6bfe0.jpg
さて今回は「二代目 海老そば けいすけ」さんに来てみました。
高田馬場駅からは徒歩数分と近く、車の場合は店の前の早稲田通りにパーキングメーターがあります。

店内はカウンターのみで14席くらいかな?
土曜日の22:40頃の到着で先客4名といったところ。
メニューは海老そばに海老つけそば、あとはトッピング類。

いろいろブログ等々で噂を聞いていましたが、確かに変わった丼を使っているなぁ。
レンゲもデカいし。
しかし、なんというかラーメンと向き合うにはこの丼が最適!!みたいな蘊蓄が無いのが救いですね(笑)
とりあえず、特海老つけそばを大盛で注文。

また店内も白と黒でまとめられていて、いい感じ。
ロゴも良く出来ていますねー、とキョロキョロ。

さて、海老つけそば。
まず、具が別皿で到着。うーん、このパターンはなぁ、ツケダレを冷ますだけでいいことないんだよなぁ。
続けて、ツケダレ。しばらく待って麺登場。
熱々ツケダレで麺を食べてねっという気持ちが無いことがよくわかった(笑)

麺の容器もラーメン系よりは普通だけど、やっぱり斜めになった変わっているもの。
ツケダレの容器も変。マグカップみたいなもの。これはどうなんだ?

ツケダレは表面に油があり、ツケダレ内にも鶏肉チャーシューや山クラゲやらが一応沈殿しています。
海老はさほど強くなく、すげー海老好きだってなら、他の店に言った方が幸せになりますが、逆にさほど海老が好きでない人には敬遠せずに行ってみては?と言える。
容器的にはやっぱり食べにくいと言わざるを得ない。

それにつけても別盛りの具はどれもイマイチ。
山クラゲもどう考えても味付けがツケダレとあってないし、量も多い。
水菜も茎が多く、これまたツケダレに合うとは思えないし、無駄に量も多い。
これら冷す・薄める系のものが多いのがイマイチなんだよなぁ。
鶏肉チャーシューもそこそこ美味しいけど、軽くでも熱が入っていれば…と思うし。

平打ちの麺は歯ごたえが良くなかなか美味しいんだけど、量は少なめ。
これ、本当に大盛だったんだろうか?
麺の量が少ないから具の量とのバランスが悪いんだよね。
あと、マグカップの形状的にも具をツケダレ側に追加投入しようと思わないし。

なかなかおしゃれな空間で小洒落た盛りつけのつけ麺だったけど、うーんって感じかなぁ。
特じゃない普通のだったら金額的にもいいのかもねぇ。
ノーマルの海老つけそばが680円かと思うとねぇ。

素直に海老そば食べて店に対していい印象を持ってから、このつけそば食べたなら、許せたかもしれないけど。
今年の話題の店ってことで過度に期待していっちゃダメだなぁ、と痛感でした。
総合的にはなかなかにンマイので、三代目にも期待しましょう。


二代目 海老そば けいすけ
【東京都新宿区高田馬場2-14-3】
11:00〜23:30 (L.O.23:00)
特 海老つけそば ¥1,100-


[GPS情報URL]
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=1&unit=0&lat=%2b35.42.33.41&lon=%2b139.42.36.34&fm=0


 ※写真は全てクリックで拡大します。
 
小○さん内の:
livedoorブログ内の:

Posted by 小○さん. at 19:47│Comments(0)TrackBack(0)││

この記事へのトラックバックURL

※スパムが多いので手動承認中です。すみません…