東京・23区その他のリスト


 

【100軒目】松葉
2004年09月10日


 

2008年10月28日

麺処 ほん田 [@東京・北区・東十条]【697軒目/1125杯目】

麺処 ほん田:特製つけ麺

まだまだ5月のオハナシ。
まずい、半年前になりそうじゃないか!!!!

東十条に今年の2月にオープンした話題の新店「麺処 ほん田」さんにやってきました。
ラオタ的には「麺屋青山」出身のまだ21歳と若い店主が「玄蔵」跡地にオープンさせた店ということで、なるほど〜となるという。

お店は、ほぼ「玄蔵」時代と一緒ですかね。
カウンターのみで席くらい。
日曜日の19:00頃の到着で待ち3名。

訪問時のメニューは3ラインで、「あっさり」の「香味鶏だしラーメン」、「こってり」の「濃厚豚骨魚介ラーメン」、「濃厚豚骨魚介つけ麺」といった具合。
つけ麺は「魚介」と「柚子」から選択可能。
他に四季の限定、カレーつけ麺、ごまつけ麺、本日のデザート、とらさんなんてボタンもこの時はありました。

ひとまず、「特製濃厚豚骨魚介つけ麺」を柚子で。

麺処 ほん田:具材麺処 ほん田:チャーシュー
麺処 ほん田:麺麺処 ほん田:玉子


さて、つけ麺。
具材は、麺側に豊富に。
まぁ、追加分が主に麺に載っている感じですかねー。

ツケダレは、確かに濃厚で魚介ではあるんですが、個人的にはちょっと甘すぎかなぁ。
それでも、後味はスパイシーな感じです。

中太のストレート麺は食感が心地よく、美味しく頂けますねー。

で、特にこれは書いておかなきゃいけないことですが、各具材が非常に良く出来ていますねー。
このあたりは、話題の店だけの事はあります。
チャーシューとかもなかなかンマイもの。まぁ、これはきっとラーメンでちゃんと熱が入った状態で食べるのがベストなんだろうけど。

なるほど、さすがといった感じですが、やっぱりちょっとツケダレが好みじゃなかったですね。
あと、期待値がむちゃくちゃ高かったので、イマイチ感があるんですよねぇ。
これは申し訳ないことなんだけども。

なので、あまり期待せずに食べに行くと、感動的に美味しいような感じがすると思います(笑)
あと、開店時から洗い箸が使われているのはいいですねー。


麺処 ほん田:外観麺処 ほん田:メニュー


麺処 ほん田
【東京都北区東十条1-22-6】
11:30〜15:00,18:00〜売切れまで(20:00〜21:00頃)/水曜休
特製つけ麺 ¥930-
Livedoor Mapはこちら→このへん

[GPS情報URL]
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=1&unit=0&lat=+35.45.34.217&lon=+139.44.1.855
麺処 ほん田



■これまでの訪問記録
・ナシ


■参考サイト
・livedoorグルメ > このお店の情報
・食べログ > 麺処 ほん田 (めんどころ ほんだ) (ラーメン / 東十条)


  

 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 20:44Comments(0)TrackBack(2)││

2008年10月21日

中華そば わた井 [@東京・足立区・北綾瀬]【696軒目/1124杯目】

わた井:特製つけそば

まだまだ、2008年5月のオハナシ。
北綾瀬に4月にオープンした「中華そば わた井」さんへ。

しかし、なかなか北綾瀬までは行く機会が無いですやねぇ。
で、お店はその北綾瀬駅のすぐ横にあります。

日曜日の14:00頃の到着で4人待ち。
なかなか繁盛しています。
店内は、カウンター10席にテーブル席が1席あるけど、こちらは潰されている感じ。

その他に製麺室なんかがあって、柄木田製粉の「華天龍」という粉が積まれておりました。
メニューは、「中華そば」と「つけそば」とそれぞれの特製。
ウリは「つけそば」っぽいので、フラッグシップと思しき、「特製つけそば」で。
ちなみに、麺の量は標準で250g。ここは標準にしておきました。

わた井:麺わた井:ツケダレ
わた井:チャーシューわた井:チャーシュー2
わた井:具わた井:玉子


さて、つけそば。
具材は麺の上に。まぁ、追加分だからね。
追加分以外の具材はツケダレ内に。

自家製の麺は、若干の縮れがある太麺。
これが、なかなかモッチリとしていてンマイです。

特製ということで、追加されるチャーシューは、ちょっと脂身が多いかなぁ。
冷え冷えでは無いだけいいんですけども、ちょっとなぁ。

で、ツケダレは、魚介系が効きつつも、さほど濃厚では無い感じ。
ちょっと辛さもありつつ。

最後は、ポットに用意された割りスープでスープ割。
まぁ、効率的ではあります。
待ち時間からもわかるように、なかなか繁盛してますからねー。

基本的には、最近のパターンのつけ麺ですが、なかなか良くできているかと。
近所にあると嬉しいけど、北綾瀬だからなぁ。


わた井:外観わた井:メニュー


中華そば わた井
【東京都足立区谷中2-9-2】
11:30〜売切れまで(17:00頃)/不定休
特製つけそば ¥900-
Livedoor Mapはこちら→このへん

[GPS情報URL]
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=1&unit=0&lat=+35.46.23.648&lon=+139.50.8.109
中華そば わた井



■これまでの訪問記録
・ナシ


■参考サイト
・livedoorグルメ > このお店の情報
・食べログ > わた井 (ラーメン / 北綾瀬)


  
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 20:34Comments(6)TrackBack(3)││

2008年03月24日

讃岐うどん・旬食 糀や [@東京・葛飾区・堀切菖蒲園]【666軒目/1068杯目】

糀や:特得拉麺

さて、今回は「堀切菖蒲園」にあります「糀や」さんのリポート。
これまた1月くらいのリポートなので、その後の変化には対応していません(^_^ゞ。
近くで「ラーメン大」「天照」を経営している方のお店。

店内はカウンターのみで、9席。
平日の19:00頃の到着で先客5名ほど。
こちらのお店は、拉麺だけでなく、饂麺、讃岐うどん、讃岐おでんなんかもあります。

また、たこぶつ、小海老ときのこのピリ辛マリネなどのメニューが黒板に書かれていまして、ビール、日本酒、焼酎、サワーなどなどの酒類も提供されていますので、飲み屋さん的使い方をするのが正しいのかも。
また、本来うどん用なのかもしれませんが、トッピングがかなり豊富。
揚げ玉や各種天ぷらがあります。

ちょっと迷って「糀や特得拉麺」をチョイス。
んー、大盛にすれば良かったかな?
大盛は375gで100円増し、特盛は500gで200円増しになります。ノーマルは250g。

糀や:麺糀や:メンマ
糀や:鶏ほぐし糀や:チャーシュー


さて、ラーメン。
おおー、あまりラーメンっぽく無い見た目。

トッピングがまず、うどんっぽいですね。
鶏のほぐし身にチャーシュー、ネギ、穂先メンマ、味玉が載っています。
この味玉が実にんめえー!!!!
あと、ほぐし身が意外といい感じです。
豚ほぐしよりこっちの方が麺類のトッピングとしてはいいのかもしれないって思ったくらい。

麺はプルプルした食感が心地よいです。
形状もあまりラーメンっぽくないですねー。

和風魚介といった感じのスープは、それなりに濃厚です。
今ドキのつけ麺のツケダレのスープ割っぽい味とも言えますが、だからといってどっかに似てるってわけでも無いんですよねぇ。
説明しにくいなぁ。

でも、基本的には、なかなか美味しく頂けました。
とはいえ、場所が場所だけになかなか行く機会は無いよなぁ(笑)


糀や:外観糀や:メニュー


讃岐うどん・旬食 糀や
【東京都葛飾区堀切4-57-15】
11:30〜15:00 (L.O.14:30),17:00〜23:30 (L.O.23:00)/無休
糀や特得拉麺 ¥880-
Livedoor Mapはこちら→このへん

糀や
[GPS情報URL*携帯電話用]
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=1&unit=0&lat=+35.44.42.880&lon=+139.49.48.670



■これまでの訪問記録
・ナシ


■参考サイト
・livedoorグルメ > このお店の情報
・食べログ > このお店の情報


  
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 23:28Comments(0)TrackBack(0)││

2007年09月24日

麺屋武蔵 江戸きん [@東京・台東区・浅草] 【642軒目/1021杯目】

麺屋武蔵江戸きん:お祭りら〜麺

話題の新店に今更行くシリーズ(笑)ということで、麺屋武蔵の8店目…で良かったのかな、浅草にオープンした「麺屋武蔵 江戸きん」にやってきました。
お店は地下鉄の浅草駅を出て、雷門に行く途中にあるといったロケーション。

カウンター11席にテーブル5卓くらいかな?
9月半ばの15:45頃の到着で先客9名ほど。
うち観光客的なおばちゃんグループが8名といった具合。
場所柄を反映した客層ですが、麺屋武蔵的にはアウェイな感じがしますよね(笑)

テーマは金魚らしく、金魚金魚な店内。
椅子やカウンター、箸立てに金魚の絵。
ドンブリにも金魚、見上げれば風鈴にも金魚。

メニューは大まかに3ライン。
ら〜麺に、金魚を模したワンタンの入ったお祭りら〜麺、つけ麺、黒胡麻つけ麺などなど。
ワンタンだけのメニューもあったりします。
とりあえず、フラッグシップっぽい御祭りらー麺をチョイス。

自販機の横に紙エプロンが用意されていたりする心遣いはさすがといえましょう。
ただ、これ、誤解を恐れずに書くと…
客層を考えるとヒジ下までタトゥーが入っている店員さんがいるのはどうなんだろう?
飲食店においてはピアスもご法度という考え方もあるわけで、こと、浅草においてはこのへんは保守的であってもいいのかもしれない。
ただこのタトゥーの店員さん自体はすごく人当たりが良く接客的にはバッチリだったということは書いておきたい。
渋谷や新宿だったらまぁいいやって思うんだけど、まぁ余計なお世話ですやね。

麺屋武蔵江戸きん:麺麺屋武蔵江戸きん:ワンタン
麺屋武蔵江戸きん:チャーシュー麺屋武蔵江戸きん:スープ


さて、お祭りら〜麺。

太めの麺はプッツリとした歯触りとモッチリした食感があってなかなか心地よいです。
スープは所謂オーソドックスなトンコツ醤油を和風な感じでちょっと拘って仕上げました…といった感じ。

で、トッピングの金魚を模したワンタンですが、カラフルで見た目にもキレイですし楽しくていいですねー。
それぞれ味と色が違い、1個はかなりしょうがっぽいなぁ…と思ったら、紫蘇、生姜、辛味という味らしいです。

また、チャーシュー、メンマ、味玉などの各具材もさすが麺屋武蔵といった感じでレベルが高いです。

なるほど、なかなかンマイですね。
正直、渋谷、高田馬場と、うーん…どうなんだろう?と思っていた麺屋武蔵の新店なんですが、個人的にはこの浅草はなかなかよろしいんじゃないかと。
前述のおばちゃんグループはつけ麺の概念があまりわかっていなかったようで、つーか今どきのラーメン店の概念があんまりわかっていなかったようで、店員さんをいちいち呼んでいたりして面白かったですね。
つーか、面白かったというか、たぶん、それがロケーション的には求められていることなんでしょうけどね。
でも、ここでうまく回るようになったら、次は巣鴨でも大丈夫じゃないかな(笑)

ところで、なんで金魚?という疑問も。
いや、場所的に江戸っぽさってことで、金魚なんだろうけど、金魚と食べ物屋って結びつかなくないですか?
金魚自体、口に入るものじゃないですし、あまり金魚金魚してても食欲が減退する方向にある気もするんですよねー。
ワンタンあたりは気にならないんですが、あんまりリアルな金魚の絵があるとなんか濁った金魚鉢の水とか思い出してねぇ(笑)


麺屋武蔵江戸きん:外観麺屋武蔵江戸きん:外観2
麺屋武蔵江戸きん:店内麺屋武蔵江戸きん:店内2
麺屋武蔵江戸きん:入口の石麺屋武蔵江戸きん:メニュー

麺屋武蔵 江戸きん
【東京都台東区浅草1-2-3】
12:00〜21:00/無休
御祭りら〜麺 ¥950-
Livedoor Mapはこちら→このへん

[GPS情報URL*携帯電話用]
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=1&unit=0&lat=+35.42.27.91&lon=+139.48.0.16
麺屋武蔵 江戸きん



■これまでの訪問記録
・ナシ


■参考サイト
・livedoorグルメ > このお店の情報
・食べログ > このお店の情報


  
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 23:29Comments(0)TrackBack(1)││

2007年06月12日

らぁめん達人 [@東京・江戸川区・西葛西]【606軒目/964杯目】

達人:つけ麺

さて、今回は西葛西にあります「らぁめん達人」さんにやってきました。
噂によると元寿司職人さんのお店だそうで…。

お店は西葛西の駅から歩いてすぐのところにあり、車の場合でもいくつかのコインパーキングが周辺にあります。
6月はじめの平日の17:30の到着で先客6名ほど。
あれ?17:00からだったのかな?
店内はカウンター6席に小上がり1卓4席くらい。

メニューは正油、塩、胡麻担々のラーメンとつけ麺
あとトッピングなど。
自家製麺ということなので、ここは一つ、つけ麺…と思ってきたんですが、味が3種だと選択に悩んじゃうなぁ。
まぁ、普通に…ということで、醤油つけ麺でチャーシュートッピングで。

レモン風味のついたお冷やを飲みつつ、作業を眺めているとなかなか丁寧ですね。
麺が取りやすいようにわざわざ緻密に盛っているのが印象的。
和食方面の職人さんっぽい気遣いと言えましょう。

トッピングのチャーシューは別皿で登場。
皿の脇に洋ガラシがもられているのが印象的です。うん、これはひょとしたらつまみ用なのかもしれません。

達人:麺達人:ツケダレ
達人:メンマ達人:チャーシュー


さて、つけ麺。
見た目にもなかなか美しい感じ。
ただ、予想よりは細めの麺です。

これがちょっと麺の表面がヌメる感じもあって、ちょっとうまく締まってない感じなのかな。
滑らかという感じではなく、とろけちゃってる感じかなぁ。たまたまかもしれないです。
歯応え、歯触りともに印象に残らない感じですが、本当はもっと美味しい麺なんだろうなぁ、と思います。

ツケダレはやや薄い感じ。
見た目にも色が薄い感じですが、味の方もそんな感じです。
ただ、なかなかに複雑な旨味が出ていまして、揚げネギなどもいい感じです。
表面の脂がちょっと強い感じで、最初の方はよく撹拌して食べないとダメかもしれないです。
甘さ酸っぱさが強くなく、かといって極端な魚介系というわけでもないのは最近は久しぶりな気も。

具材系はなかなかに美味しいです。チャーシューは柔らかであまり味はしないタイプですが、ンマイですねー。
メンマの形もちょっと面白いですねー。

最後に徳利状の容器でスープ割。
こちらの割スープは最初から提供されています。
総合的にはなかなか美味しい感じでしたが、奥さんが最初厨房に入っていなかったこともあって、ちょっとバタバタする印象もありました。
それゆえにイマイチ麺のコンディションが良くなかったのかも。
いろいろ気になるメニューもありますので、機会があれば再訪してみたいですねー。


達人:外観達人:自販機

らぁめん達人
【東京都江戸川区西葛西6-25-6】
11:30〜14:00,17:30〜22:00、土日祝日11:30〜20:00/月曜・第3火曜休
正油つけ麺 ¥650-
チャーシュー ¥300-
Livedoor Mapはこちら→このへん


[GPS情報URL*携帯電話用]
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=1&unit=0&lat=+35.39.35.81&lon=+139.51.56.19
らぁめん達人


■これまでの訪問記録
・ナシ



  
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 22:25Comments(2)TrackBack(0)││

2007年03月21日

麺屋 向日葵 [@東京・北区・十条]【584軒目/922杯目】

向日葵:八香味つけめん

さて、今回は前回訪問時には臨休で振られてしまった十条にあります「麺屋 向日葵」さんにやってきました。
なんとなーく、今回もイヤな予感がしていたのですが、予想に反してちゃんと営業してました(笑)、失礼!!

ご主人は「ひるがお」出身だそうです。
お店は埼京線十条駅からちょっと歩いたところにあります。
車の場合は店からそんなに離れていない場所にコインパーキングがあり、そもそも店の前の道にはパーキングメーターがあります。

意外と5号池袋線の板橋本町から近いので車の便が良いですね。
なんとなく、6号とか1号の方かと思ってたら、5号でちょっとだけ意外でした。
案外、都内の地理感覚がちゃんとしてなかったですね。

で、メニューですが、らーめん、つけめんともに3種類あって、らーめんは、それぞれスープ、麺、香味油が違うというのが、一応の謳い文句。
らーめんは、濃厚醤油、淡麗醤油、濃厚節、そして4種類目になるのかな昼限定の清涼塩。
つけめんは、元祖つけめん、八香味つけめん、特濃醤油つけめんの3種類。
本当は濃厚醤油目当てで来たのですが、売りきれのようでしたので、ちょっと迷って「八香味つけめん」をチョイス。
メニューに赤字で「新」と書かれていることから、新メニューだと思います。

麺は、大黒屋製麺所のものらしく、つけめんは中盛、大盛、特盛が同じ値段。
これまたちょいと迷って、特盛を。
値段は一緒ですが、自販機で食券を買う時には違うボタンを押して、違う食券を買うことになります。
ちなみに麺の量は、200g、300g、400gだそうです。
ついでにチャーシューの食券も購入。

作るところを見てますと、水切り「そんなにやらなくても…」と思うくらい丹念で好感が持てますね。

向日葵:麺向日葵:ツケダレ
向日葵:チャーシューとか向日葵:麺とツケダレ


さて、つけめん。
無化調ということですが、全然物足りなさはなく、美味しく仕上がっています。

八香味というのがなにを指しているのかちょっとわからないのですが、スパイス系が効いていて、ツケダレを一言で評すれば、辛いツケダレということになります。
とはいえ、唐辛子系の辛さが強いというよりは、胡椒とか山椒とかの辛さが強いといえばいいでしょうか。
なんというか、そんな感じです。
甘い、酸っぱいつけ麺があまり好きではないので、辛さが苦手な自分としてはこちらでも全く歓迎です。

チャーシューはサイコロ状に切られたものが、ツケダレ内に沈殿しています。
炙りチャーシューで熱が入っているのですが、ちょっとパサつく感じもあります。
ただ、そんなにチャーシュー多くないよなぁ…、チャーシューの食券忘れられたのかな?でも増やしてこの量だといえばこの量かも…一般的にはチャーシュー多い方の部類に入るよなぁ…というビミョーな分量でした(笑)
いっそ、たんチャーシューを頼んだ方が変化もあって良かったですね、きっと。

麺は中太の麺で、モチっとした歯触りが心地よく、なかなかンマイです。
辛めのツケダレとの相性も良く、特盛にしたものの、まだまだ食べたいと思わせるヒキすらあります。

次回こそ、濃厚醤油つけめんで、たんチャーシューにしましょう。
八香味もなかなか美味しかったので、期待できます。
ただ、一度、振られたお店はどうしても警戒して、なかなか訪問に踏み切れないんですよねぇ。
近くにあるんだったらいいんですけども。


向日葵:外観向日葵:メニュー看板
向日葵:メニュー下:八香味の上には「新」の文字

麺屋 向日葵
【東京都北区上十条3-8-8】
11:00〜15:00,18:00〜21:00/木曜休
八香味つけめん ¥750-
チャーシュー ¥200-
Livedoor Mapはこちら→このへん

[GPS情報URL]
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=1&unit=0&lat=+35.45.28.34&lon=+139.43.14.89
麺屋 向日葵



■これまでの訪問記録
・ナシ


■参考サイト
・livedoorグルメ > このお店の情報
・食べログ > このお店の情報

  
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 20:21Comments(2)TrackBack(0)││

2007年01月23日

玄蔵 [@東京・北区・東十条] 【564軒目/882杯目】

玄蔵:つけ麺
天然素材にこだわった店として伝説の店であった「ラーメン創房 玄」をやられていた田中玄氏が復活されオープンした東十条の「玄蔵」にやってきました。
店主さんのブログで復活までの様子、そして今も情報発信しているのを追ってきましたがお店に来るのは随分遅くなってしまいました。

店内はカウンター11席くらいで日曜日の20:15頃の到着で先客3名。
駅で言うと東十条駅が最寄りで徒歩数分。
車の場合は周辺にいくつかのコインパーキングがあります。

メニューは塩ベースの「玄流麺」と鶏白湯の「玄流白湯麺」を基本に、野菜トッピングの「玄菜麺」「玄菜白湯麺」「味噌玄菜麺」、それにさらに動物系素材を抑えた「玄菜麺・ベジタリアン」とかなり豊富。
それに「つけ麺」もありまして、かなり迷います。
が、とりあえず「つけ麺」をチョイス。
あっさりとこってりがあるということで、これまた迷いますが、「清湯と白湯です」と言われたので、あ、じゃあ鶏白湯ならこってりで、と。
あと大盛で。

しかし、なんとなくその伝説とラーメンに対する姿勢から勝手に怖い人を想像していたのですが、物腰柔らかい接客でぴっくりしました。
見ていますと助手の方とともにきちきちっと作業される他、自ら進んでカウンターの拭き作業や食器下げもやられています。
で、つけ麺ですが白湯をフライパンでサッと温めています。

玄蔵:麺とチャーシュー玄蔵:麺とワサビ
玄蔵:ツケダレ玄蔵:チャーシュー
玄蔵:麺玄蔵:麺とツケダレ

さて、つけ麺。
こちらは浅草開化楼製の…というかカラス氏の「q=(^ー゚)チーメン」になるわけですね。

堅めの麺ですが、表面は滑らかで、なかなかにンマイですね。
これ気のせいかもしれないですが他の店のより美味しいかも(笑)

ツケダレは焦がしネギが浮いていて、ややしょっぱめに仕上がっていますが、麺とのバランスはバッチリ。
チャーシューもなかなかにンマイですねぇ。
ただ個人的には麺側に具があるつけ麺はあまり好きではないんですが、チャーシューがゴリッと冷えてないのは幸い。

んで、皿の端にワサビが付いてきたんですが、これをツケダレに溶かさずに刺身を食べるが如く、麺にちょっと付け、サッとツケダレに付けて食べると実にンマイです。
いやはや参りました。
ツケダレが早々に冷える仕様ですが、それでも美味しく頂けますもん。
このわさびつけて食べるつけ麺は今年食べた中で一番ですよってまだ1月の2/3くらいですけども…。

最後にスープ割。
つーか、スープ割の有無がわからなかったので、そのまま食器を下げて帰ろうとしたら、助手の方に「スープ割はよろしいですか(笑)?」と勧められちゃいました(笑)
じゃあってんでお願いしますと、おおー、すげーンマイ鶏白湯ラーメンっぽいぞ。
って、きっと玄流白湯麺のスープに近い味になったんでしょうね。
これ、好みがわかれましょうが、同行者の玄流麺をちょっともらっての比較では個人的には甲乙つけがたいですね。
容器を真ん中で別けてハーフ&ハーフとかどうです?って2回行くか、2食食べろってハナシですよね(笑)


玄蔵:外観玄蔵:メニュー
玄蔵
【東京都北区東十条1-22-6】
11:00〜15:00,17:00〜23:00 (LO.22:30)/水曜休
※スープ切れ終了あり
玄流つけ麺 (白湯) ¥780-
大盛 ¥100-
Livedoor Mapはこちら→このへん

[GPS情報URL (携帯用)]
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=0&unit=0&lat=%2B35.45.45.95&lon=%2B139.43.50.43&fm=0
玄蔵


■これまでの訪問記録
・ナシ


■参考サイト
・livedoorグルメ > このお店の情報
・食べログ > このお店の情報


  
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 23:13Comments(2)TrackBack(0)││

2006年11月12日

麺処 遊 [@東京・台東区・鴬谷] 【526軒目/815杯目】

d21e52f7.jpg
さて、今回は角館の名店「伊藤」のご兄弟が王子で同じく「伊藤」という店をやっているんですが、そちらの息子さんが鴬谷に出店した「麺処 遊」にやってきました。

鴬谷駅の南口を降りて、跨線橋を渡りきってそのまま階段を進んだ左手に目立たないようにあります。
よーく、見れば中華そばという貼り紙がありますが、まず気付かない店です。
店内は、カウンター5席で食券制。
立ち食いそば屋っぽい作りなのでカウンター席背後の壁際のカウンターで立ち食いが出来るかも。

秋田も王子も厨房と客席が切り離されているんですが、こちらは普通にカウンター。
だけど、ブラインドで区切られて、やっぱり厨房は客席から見えないようななっているんですねー。
これはもう芸風なんでしょう(笑)

王子の伊藤のご主人の息子さんだけあって、こちらのご主人は普通に若いお兄ちゃんという感じ。
流れる音楽も本人好みのものですね、きっと。

土曜日の14:50頃の到着で、先客1名。
もう間に合わないかもーと思いながら来ましたが、大丈夫でした。

メニューは中華そばに肉中華そば。それぞれ大中小。
伊藤とは違って、中華そばにも一応、チャーシューがついてきます。
伊藤ではいつも「足りなひ」と思うので、肉中華を大で。

さて、ラーメン。
さすがにいい香りが漂います。

麺は平打ち麺でプッツリとした歯触りがありますが、伊藤ほどのザクザク感は無いです。

スープは、あまり塩味も強くなく、煮干しの風味もさほど強烈ではなく、普通に旨味と醤油が前に来ている感じですね。
チャーシューもやや脂身が強く、個人的にはキライではないですが、若者は煮干しを好まないという勝手な思い込みも合わせると、やっぱり若い人向けの伊藤なのかも知れないですね。

あ、そうそうあと、カイワレなんかが載っているのも違うところでしょうか。
なんせ、山手線の駅から歩いて数分という好ロケーションなもんですから、また来たいですねー。
限定メニューもちょくちょくやっているみたいですし。


麺処 遊:麺麺処 遊:スープ麺処 遊:肉麺処 遊:外観
麺処 遊
【東京都台東区根岸1-3-20】
11:30〜19:00、土日11:30〜15:00/不定休 ※材料切れ終了
肉 中華 大 ¥950-
Livedoor Mapはこちら→このへん

[GPS情報URL]
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=1&unit=0&lat=+35.43.15.18&lon=+139.46.47.28&fm=0

麺処 遊


■これまでの訪問記録



■参考サイト
・livedoorグルメ > このお店の情報
・食べログ > このお店の情報



  
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 22:41Comments(2)TrackBack(2)││

2006年06月18日

吉左右 [@東京・江東区・木場] 【456軒目/687杯目】

09ac0bcc.JPG
さて、その評判の高さからずっと来たかった吉左右に来てみました。

木場駅からちょっとの所にあり、車ですとアパホテルの裏のコインパーキングが近いかな?

土曜日の11:40頃の到着で6人待ち。
さすがに混んでいますねー。みるみる列が伸び始めます。

メニューはらーめんとつけ麺、トッピング違いなど。
らーめんは200gで大盛だと300g
つけ麺は300gに大盛だと450gになります。
自家製麺ということで期待して待ちます。
暖簾を留めているカエル型のクリップが可愛いなぁ、と。

店内はカウンターのみで10席。
食券ではなくレジで支払うスタイル。
落ち着いた内装で卓上の醤油差しなども趣味の良いものが選ばれています。

さて、つけ麺。
中太の白い麺は想像よりは細く、ツケダレからの香りは想像よりも良く、別皿のチャーシューにはガッカリ。
トッピング分のみ別皿なのでまぁ、いいかな。

吉左右:麺吉左右:ツケダレ
吉左右:チャーシュー吉左右:具
水切りをする時にもう1回だけギュッと押し付けたら違うんじゃないかなぁ…と作っているのを見て思ってましたが、それはその通りかも。
勝田台丸長のご主人ほどやれとは言いませんけど…
モチモチ感もあって、ツケダレとのバランスもよく、スルスルと頂けます。

あまり酸味や甘味が目立つことはなく、まろやかな味わいのツケダレもなかなかンマイですね。
もっと魚介を!!と思わんこともないですが、麺とのバランスはバッチリなので、これでいいんですよね。

スパイシーでやや辛いなぁ、と思い始めるのは後半にかけて。
これは楽しい変化かな。

沈殿しているチャーシューも別皿のチャーシューもなかなかにンマいです。

最後にスープ割りをして頂くとこれまたンマイの。
底の方にいろいろ溜まっていたわけですが、これまた楽しい。
奥さんでしょうか…混んでいながらも感じ良い接客も気持ちよいです。
大満足で席を立つと、さらに伸びた行列が。
うーん、木場の人は幸せですねー。


吉左右:外観1吉左右:外観2
吉左右:カエル吉左右:メニュー
麺屋 吉左右
【東京都江東区東陽1-11-3】
11:00〜15:00/日曜休 ※スープ切れ終了
チャーシューつけ麺 ¥1,000-
Livedoor Mapはこちら→このへん

[GPS情報URL]
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=1&unit=0&lat=%2b35.39.54.85&lon=%2b139.48.48.80&fm=0
麺屋 吉左右

  
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 09:41Comments(0)TrackBack(5)││

2006年05月22日

ヒロシです [@東京・墨田区・曳舟] 【447軒目/663杯目】

5deb4a1f.jpg
さて、今回はとにやんさんのページで見て、そのインパクトある店名で気になっていた曳舟の「ヒロシです」へ。

東武曳舟駅からほど近く、狭い路地に面しているので、車でのアクセスは困難ですが、さほど遠くない曳舟川通り沿いはパーキングメーターがあるので、車の場合はそちらに止めてくるといいでしょう。
店内はカウンターのみで10席。
日曜日の19:00ちょっと過ぎの到着で先客は7名。

メニューはラーメンに味噌ラーメン、つけめんに味噌つけめんなど。
あと、餃子が良く出るみたい。
店主が慌ただしく動き回りなかなかに厨房が忙しい感じに見えます。
というか、ある程度、待たせてもお客さんは、さほど怒らないと思うので、落ち着いた方がいいと思います(笑)というくらいテキパキ。
だけど、ちょっとミスがあったり…

さて、つけめん。
自家製という麺はやや柔らかめ。
これ、バタバタしていたせいかなぁ、こんなもんなのかなぁ、ちょっと微妙。
自家製という言葉の響きにちょっと期待しすぎたのかも。
大勝軒っぽい麺です。
ただ、柔らかいことを除けば、なるほど、なかなかの麺でして、これきっと美味しいに違いないと思います。

ヒロシです:麺ヒロシです:ツケダレ
ヒロシです:麺とチャーシューヒロシです:スープ割

ツケダレはやや甘めでちょっとぼんやりとした味かなぁ。
魚介系の風味はそれなりにするんですけども。
早々に冷えてしまいましたし。
味もやや薄めで麺とのバランスもイマイチ。

で、気になったのが、味玉。
これが柔らかい。
気を付けて食べないと爆発します。つーか、ブシャっと爆発させました。
要注意。

チャーシューは冷えているんですが、これも、もうちょっとぬるかったきっと美味しい。
麺もチャーシューもすごい残念とです、ヒロシです(笑)。

そして残念と言えば、もうひとつ。
ツケダレ薄まったのでスープ割は要らないかなぁ…と思っていましたら、店主さんよりスープ割の薦めが。
では、と受けてみますと、ンマイでないの!
しかも熱々になって!
煮干などの和風魚介系の風味がピンっと立って、ぼやけていた味もキリッとしまりました。
これは想定外。
なるほど、意外とラーメンが美味しいのかもしれないですし、味噌もいけるのかもしれません。
なかなか訪問機会の無い地域ですが、駅からとても近いので機会があればまた行ってみたいですね。


ヒロシです:外観ヒロシです:メニュー
ヒロシです
【東京都墨田区東向島2-14-3】
火〜日曜11:00〜26:00、月曜11:30〜14:00、18:00〜26:00/無休
大盛チャーシューつけ麺 ¥900-
Livedoor Mapはこちら→このへん

[GPS情報URL]
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=1&unit=0&lat=%2b34.58.35.95&lon=%2b137.06.33.63&fm=0
ヒロシです
  
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 22:08Comments(2)TrackBack(2)││

2006年01月28日

麺や 多久味 [@東京・江戸川区・船堀] 【393軒目/559杯目】

42faefbc.JPG
さて今日は船堀の東京健康ランドの向かいにある「多久味」に来てみました。

船堀駅からは徒歩圏内。
車でしたら、斜め前のセブンイレブンの裏手や店を通り過ぎて新大橋通り沿い都心から見て右側などにコインパーキングがあります。

  続きを読む
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 23:09Comments(2)TrackBack(2)││

2005年05月19日

京都銀閣寺 ますたにラーメン [@東京・台東区・御徒町] 【023軒目(2)/333杯目】

SN310387.jpg
さて、御徒町の京都銀閣寺ますたにラーメンに来てみました。

麺屋武蔵武骨の斜め向かいですね。
やっぱり関西方面発祥のラーメンはいいですね〜。

※写真はクリックで拡大します。

  続きを読む
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 12:54Comments(2)TrackBack(1)││

2005年04月28日

麺屋武蔵 武骨 [@東京・台東区・御徒町] 【104軒目(2)/313杯目】

SN310337.jpg
むやみに広い厨房に派手なアクションで茹で汁やらチャーシューならぬ豚の角煮の脂をバキッバキッと切る際にばらまきキチャナ〜イ厨房でお馴染みの麺屋武蔵武骨に久しぶりに来ました。

※写真はクリックで拡大します。
  続きを読む
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 20:16Comments(1)TrackBack(2)││

2004年10月31日

支那そば屋 蘭丸 [@東京・江東区・西大島]【136軒目/154杯目】

041031_1312~02.jpg
凝ったダシで作られるあっさりとした
塩ラーメンはなかなか美味しい


西大島にある塩ラーメンで評判の店、蘭丸に来てみました。
桜エビを使ったラーメンということで、店内に入るといい香がします。
  続きを読む
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 22:41Comments(0)TrackBack(0)││

2004年10月15日

つけ麺本舗 ばくだん屋 [@東京・八重洲] 【128軒目/140杯目】

041015_1955~01.jpg
広島からやってきた、つけ麺で話題となった店ばくだん屋に来てみました。

FC展開始めたみたいですね。
  続きを読む
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 21:07Comments(3)TrackBack(3)││

2004年09月28日

【117軒目】凛 [@東京・大崎] 122杯目

040928_1841~01.jpg
マカユでお馴染み(?)、凛に来ました。
二郎好きの心を掴む(笑)、ラーメンを出すお店ということで…

マカユのマカは賄いのマカだそうです。


  続きを読む
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 20:04Comments(7)TrackBack(3)││

2004年09月16日

麺屋武蔵 武骨 [@東京・御徒町] 【104軒目/107杯目】

040916_1618~01.jpg
有名店、麺屋武蔵のそのいくつか目、武蔵武骨に来ました。
店内に入ると、なにやら変な甲殻類っぽい匂いが…

実は甲殻類の匂いではなく、イカスミの匂いだったんですかね。  続きを読む
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 18:10Comments(6)TrackBack(8)││

2004年09月10日

【100軒目】松葉

040910_1749~01.jpg
いよいよ、ゴール。
このチャレンジの最後の一軒に辿り着きました。
南長崎・・・というよりは椎名町と言った方がいいかもしれません。
「松葉」です。

マニアックな方なら、ああなるほど!と膝を打ってくれるでしょうが、少しく説明が必要かもしれません。

松葉は決して美味い店ではないかもしれませんが、伝説の店であるのです。
  続きを読む
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 18:03Comments(4)TrackBack(2)││

【098軒目】らーめん香月 [@東京・恵比寿]

040910_0458~01.jpg
背脂が浮いたラーメンでおなじみ、香月に来ました。
  続きを読む
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 05:29Comments(6)TrackBack(3)││

2004年09月06日

【088軒目】みんみん(王へんに民)

040906_2313~02.jpg
リクエストの多かった?白髭橋のみんみんに来てみました。

古くからの有名店です。
取材拒否の店としても知られているそうですが…
  続きを読む
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 23:13Comments(3)TrackBack(2)││

2004年09月05日

【084軒目】支那そば ちばき屋

040905_2112~01.jpg
なかなか、日曜日の夜は、ラーメン屋探すのも大変ですってことで、葛西のちばき屋へ。


半熟煮玉子の元祖の店だそうで…
  続きを読む
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 21:44Comments(0)TrackBack(2)││

2004年09月02日

【073軒目】スナックイン

04-09-02_18-11
せっかく池袋に来たんですから、池袋の名店に行かないとね。

実は、以前池袋界隈に住んでまして、なんか懐かしい感じがします。


さて、池袋の名店といえば…


スナックランドですね(笑)
  続きを読む
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 19:49Comments(0)TrackBack(2)││