未整理のリスト


 

 

2006年12月04日

ラァメン家 69'N'ROLL ONE [@神奈川・相模原(最寄駅は町田)] 【459軒目(2)/838杯目】

e80da55d.jpg
さて、今回は相模原の…っていうか、最寄り駅は町田なので町田のって言った方が良さそうな「69'N'ROLL ONE」にやってきました。
東京1週間の新人賞を取ったお店ですね。元々はキリン食堂などで活躍されていた方で、大崎さん曰くイチローが大リーグで新人賞取ったみたいという…(笑)

超らーめんナビのオフ会の2次会で向かいに座らせてもらい、帰り際に「またお店行きますっ」と宣言してきたので、忘れられてしまっているかもしれないですけど、約束は約束ということで訪問です。

と、入口に腕章を付けた方がいらっしゃいますねー。案内係的な方でしょうか。
で、入って、食券を買います。
メニューは、1号はお休み中で2号と3号のラーメン。
店内はカウンターのみで8席。
土曜日の15:40頃の到着で先客6名ほど。
後客3名ほど来たところで、打ち止めとなってしまいました。

シンっと静まり返った店内はある種、独特の緊張感があります。
店主の方も怖いってことではないのですが、見る人がみたら怖いですわな。
ただ、一挙手一投足がなんというか緻密。
湯切りもカッコいいです。これは珍しい感想で、所謂、有名店の有名湯切りには思わずプッと思ってしまう私ですが、ここの湯切りは湯切りも湯切りに向かうまでの姿勢もカッチョイイ、と思います。

さて、ラーメン。
「写真撮らせてもらっていいですか?」
と問いますと、一度、下げてあれほど緻密に盛りつけしていたのを再確認されます。すげー。
そういえば、二次会の席でピッチャーからビールを注ぐ時にあれほど緻密に注がれる方を見たことがありません。
(少しづつ入れていくと、美味しいらしいです)

2号ラーメンは比内地鶏のスープにいい醤油というスープ。
麺の美味しいこと!!
スルスルと食べ進めます。

ただ、秋田県出身者としては、いい比内地鶏スープに醤油の味付けとなると、どうしても「きりたんぽみたいだなぁ…」と思ってしまいます。
そう思ってしまうともうダメで、きりたんぽ味としか思えなくなってしまいますね。ま、家庭によってきりたんぽ味が微妙に違うんでしょうけど。

チャーシューも、鶏チャーシューもすげーンマイけど、脂がやや強いので、元々の油と相まってちょっとしつこくなるかもしれませんね。
ノーマルで食べるのがいいかもしれないですけど、鶏チャーシューもンマイからと悩みのループに入るところ。

引き算のラーメンとも評されていますが、まさにその通りでシンプルなンマイラーメンだと思います。
きりたんぽっぽいんだけども…(笑)

気付かれているかどうかわからないですけど、ごちそうさまでした、と挨拶をして会釈して出てきました。
いやー満足満足。だけどキンチョーしますね、ここ。
これで、平日も行ける店だったらなー。


ラァメン家 69'N'ROLL ONE
【神奈川県相模原市上鶴間本町4-34-7】
11:00〜18:00/月曜休※スープ切れ終了
2号チャーシューラーメン ¥950-


[GPS情報URL]
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=0&unit=0&lat=%2b35.32.15.78&lon=%2b139.26.41.82&fm=0
  

 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 22:26Comments(4)TrackBack(1)││

2006年12月03日

らーめん天神下 大喜 [@東京・文京区・湯島] 【535軒目/837杯目】

919e83f8.jpg
さて、今回は湯島にあります「らーめん天神下 大喜」にやってきました。
東京1週間の塩ラーメン部門でトップだったんだっけか。

これまた「意外に基本的な有名店行ってないな、自分」解消計画としてやってきました。
これにて第4弾かな。

お店は千代田線湯島駅から歩いてすぐで、駐車場は確認してないですが、きっと近隣で見つかるでしょう。
店内はカウンター11席にテーブル2卓6席だったかな。
自販機で食券を買ってから、お店を右にみて、車道側に並んでいくスタイルみたいです。
待ち4名でしたが、すぐ入れました。

メニューは、しょうゆ、うめしお、とりそば、つけそば、みそ、たんたん…と何気に豊富。
昼夜30食限定のフラッグシップと思われる「新とりそば」があったので、そちらをチョイス。

さて、ラーメン。
一瞬、写真でみると溶き卵入り!?と思ってしまいそうですが、鶏そぼろが浮いた透明な塩スープにストレート麺。

スープは言うまでもなく、鶏ベースでンマイ…だろうなぁ。
正直、すげっ!!、ンマイ!!!さすがっ!!!!くらいを想像してきてしまったので、あー、美味しいよねぇ、うんくらいだと、拍子抜け。
いや、これ、申し訳ない。東池袋大勝軒と逆の反応になってしまった。

トッピングは白髪ネギに、カイワレ、ネギ、玉子、鶏チャーシュー。
鶏チャーシューもなかなかンマイですねー。
ただ、カイワレはいらないかなー。

麺はあまり主張しない感じの麺でスルスルと頂けます。
スープとの相性も良く、コンビで考えると実に良くできた美味しいラーメンと言えましょう。
塩辛さもさほどなく、かといって麺が強くないので、麺料理として美味しく、かつスープまでスルスル飲めちゃうという。
すげー並んで入るとどうかわかりませんが、今回待たずに済んだのも好印象の要因。

店内はカップル客も多く、とにかく繁盛している感じですが、女性グループなどでも美味しいラーメン店の話題が交わされていたりして、面白かったですねー。
いや、もちろん、そこに出てくる店名に目新しさは無かったですけども(笑)


らーめん天神下 大喜
【東京都文京区湯島3-47-2】
12:00〜15:00,17:30〜21:00/日曜休
新とりそば ¥850-


[GPS情報URL]
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=0&unit=0&lat=%2b35.42.30.42&lon=%2b139.46.10.13&fm=0
  
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 20:21Comments(0)TrackBack(0)││

2006年12月02日

東池袋 大勝軒 [@東京・豊島区・東池袋] 【074軒目(8)/836杯目】

6ed39332.jpg
さて、今回は聖地とも言える東池袋大勝軒にやって来ました。
つけ麺の元祖とも言われ、歴史あるお店も再開発のため、来年初頭には姿を消すとのこと。

池袋近隣にそこそこ住んでいたのに今さら、初訪問です。
しかも、つけ麺好きなのに…(笑)
「意外に基本的な有名店行ってないな、自分」解消計画の第3弾って事になります。

店内はカウンター8席ほどにテーブル2卓8席。
平日の14:00頃の到着で、先客6名ほどで行列はナシ。これはありがたい。

取材の人たちもたまたま訪れていて、パシャパシャと写真を撮っています。
なんというか、「終わり」が近いんだなぁ、と。
メニューはいろいろありますが、基本の「特製もりそば」をチョイス。

さて、特製もりそば。
麺の水があまり切れていないのはわざとですかね。
だとすると水全然切れてないじゃん!という某大勝軒の記事に書いた批判は的外れだった事になります。
失礼しました(笑)。
なんというか給食のソフト麺に食感、見た目ともに近いですね。
懐かしい小学生時代を思い出します。

ツケダレは想像より薄いもので、意外に酸味が弱く、意外に辛かったな、という印象。
きっとこんな味だろうという味とは違ってました。

チャーシューはえらくパサパサなものが入ってくるイメージをもってきたんですが、予想より美味しかったですね。
端が入っていたのも嬉しかったですね。

と、凄くよ〜く書いてますけど、正直、うーん。
もちろん、歴史のことも考えて、味云々じゃないと思いますし、雰囲気をね、味わいに来たんですから。
ただ、予想よりは美味しかったのもまた事実。
今どきのつけ麺の方がもちろん好きなんですけど、もっと酷い(失礼)状態を想像してきただけに「来なきゃ良かった…」とは思わずに済みました。
これから、お別れ訪問の方も増えてくるんでしょうけど、行ったこと無い人は行っておくといいかもしれないです。


東池袋大勝軒
【東京都豊島区東池袋4-28-3】
11:00〜15:00/水曜休
特製もりそば ¥650-


[GPS情報URL]
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=0&unit=0&lat=%2b35.43.37.53&lon=%2b139.43.10.70&fm=0
  
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 21:09Comments(0)TrackBack(1)││

2006年12月01日

渡なべ [@東京・新宿区・高田馬場] 【534軒目/835杯目】

462716d0.jpg
さて、今回は高田馬場駅から歩いてちょっと行ったところにあるラーメンコンサルタント・渡辺樹庵氏のホーム(で良いんですよね?)「渡なべ」に来てみました。
表通りからちょっと入ったところにあり、外観的には洒落た飲み屋さんかと思うようなお店です。

「意外と基本的な有名店で食べてないな、自分」解消計画の第2弾といったところでしょうか。
ここみて、「お、くろくとかに雰囲気近いなー」とか思っちゃうようではダメなんです。
(補足・くろくはお弟子さんの店)

店内はカウンター8席で、入口のところで食券を買うスタイル。
水曜日の16:20頃の到着で先客2名。
メニューはらーめんと、つけめん、トッピング違いに大盛といったところ。
あとは、ちゃーしゅーごはんなどもあります。
とりあえず、ちゃーしゅーめんをチョイス。

さて、ラーメン。
魚介系の香りが強くでた、濃厚なドロッとした感じの豚骨スープにストレート麺。
巨大メンマが3枚にチャーシューという渡なべスタイルってことでいいのかな。
見た目もなかなかに美しいラーメンですね。

麺はもうちょっとパリッとしていた方が好みですが、基本的には美味しいです。
って意味不明な書き方ですね。
なんというか、写真に例えるとぼかしがかかっているような麺なんですよね。
なんだろう?表面がとろけやすいのかな。

チャーシューの脂身にはまいったなぁ。
1枚だけだったら、ジューシーなチャーシューは口の中でとろけるよう…みたいな書き方がかろうじて出来ないこともないんですが、まんまとチャーシュー麺にしてしまったので、脂が具合悪い感じ。
もうちょっと赤身部分、多目でお願いしたいです。

とはいえ、さすがと思わせるのはやっぱりさすがですね。って日本語が変だな、また。
とにかく、さすがなんですよ。
メンマがちょっとしつこいなー、とか前述のチャーシューの脂が…とかそのくらいしか気にならないのもまた事実で。
臭みやエグ味なく、ここまで濃厚なスープってのもきっとスゴいんだと思う。
濃厚魚介香る豚骨ラーメンのひとつの到達点といっていいんでしょうね、きっと。

ちょっと気になったのは、店員さんが風邪気味だったのか、やたらと鼻をこすること(笑)。
もちろん、食材を触る前は手を洗うでしょうから問題ないんですけどもね。
モスコールみたいなアルコールスプレーおいておくと、いいかもしれない。
つーか、樹庵氏も風邪みたいなので、皆さん、お大事に(笑)


渡なべ
【東京都新宿区高田馬場2-1-4】
11:00〜20:00/無休
ちゃーしゅーめん ¥1,100-


[GPS情報URL]
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=0&unit=0&lat=%2b35.42.42.83&lon=%2b139.42.34.63&fm=0
  
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 16:25Comments(2)TrackBack(0)││

2006年11月30日

さっぽろ 純連 東京店 [@東京・新宿区・高田馬場] 【533軒目/834杯目】

d8973fc7.jpg
さて、今回は高田馬場にあります「純連(じゅんれん) 東京支店」にやってきました。
札幌の有名店ですね、「純連(すみれ)」のご兄弟がやっているお店になります。

最近、ラーメンフリークの方に会う機会に何回か恵まれていまして、そこで痛感するのは「意外と基本的な有名店で食べてないな、自分」ということ。
というわけで、「意外と基本的な有名店で食べてないな、自分」克服計画ということで、やってきたわけです。

お店は高田馬場から西側に歩いてちょっと。二郎の先といえば、わかりやすいのかなぁ(笑)
店内はカウンターのみで17席。
水曜日の15:30頃の到着で先客10名。
食券制になっていて、店員さんが水を置いたところに座るシステム。
これくらいなら自由に座らせて欲しいなー、と思ったのけど、気持ちもわからんでもない。
でも、お客さん少ない時間帯はせめてどちらかが開けていると嬉しいなぁ。

メニューは味噌、醤油、塩に各チャーシュー麺にそれぞれの大盛。
あとお土産とかもありますね。
ま、味噌なんだろうな、ということで味噌チャーシューの大を。

さて、ラーメン。
黄色の縮れ麺は味噌ラーメンっぽいですね。
ただ、麺は堅めで、てっきりモチモチかと思ったら、プツンプツンとした食感です。

モヤシ、タマネギなどの具をショウガなどとともに炒めて載せている王道の味噌ラーメンで、すげー熱々。
また表面に油の層が出来ているのも熱々効果を高めていますね。

スープはちょっとしょっぱいかなぁ、という印象もあります。
また、後味がちょっとしつこいような気もして、結構口の中にくどく旨味が残るような感じも。
まぁ、これは好みですね。食べたーっていう満足感は高いです。

チャーシューはンマイんですけどコストパフォーマンス的にはあまり良くないかな、とも。

総合的にはなかなかにンマイ味噌ラーメンだなー、と。
なるほど、有名店だけのことはありますが、感動!!!ってほどではないんですよね。
これは、もう自分がすっかりすれてしまっているからなんですが、そんなわけで、再訪するとしたら、かなり先でしょうねぇ、とも。


さっぽろ 純連 東京店
詳しくはのちほど
味噌チャーシュー 大 ¥1,000-


[GPS情報URL]
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=0&unit=0&lat=%2b35.42.46.71&lon=%2b139.42.01.99&fm=0
  
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 17:54Comments(0)TrackBack(1)││

2006年11月29日

麺 ボニート・ボニート [@東京・品川区・武蔵小山] 【532軒目/833杯目】

c7e95c51.jpg
さて、今回は「ボニート・ボニート」さんにやって来ました。
なんとなく、店名から強烈煮干な店を想像してしまいますが、ボニートはスペイン語、フランス語などで鰹とのこと。

近くまで来て迷ってしまい、超らーめんナビで確認したら、あれ?今日定休日じゃん!
愕然、呆然。
せめて外観だけでも…って店を探し続けたら、営業してました!嬉しい!!
定休日が変わっただけでしたね。
お店は武蔵小山の駅からほど近く、かつての線路沿い。(今は地下化工事の仕上げ中?)

以前、本日のメモでも取り上げましたが、麺が変わった顛末はぎずもさんのブログと、そちらからのリンクで確認してみてください(笑)

メニューは正油、味噌のらーめんとつけめん、ヘルシーめんに、めしラーメン、トッピング類にじゃこめし、煮豚丼などなど。
火曜日の21:40頃の到着で先客はナシでしたが、すぐにお客さんが立て続けにやってきました。。

写真いいですか〜?をきっかけにご主人と話が弾みます。
曰く
「携帯で写真を撮る人は個人用かな。1枚しか撮らないね。デジカメで撮る人は何かに載せてるんでしょう?こう箸で麺を持ち上げて撮ったり、自販機まで撮っていくよねぇ(笑)」
わははは、ブロガーがお店を観察する以上にブロガーも観察されています。

さて、ラーメン。
表面にはやや層になった油があり、結果的に保温性が高い感じ。

強烈に鰹節が聞いた味で、強烈煮干に通ずるものがありますねぇ。
個人的には気に入りましたが、一般的にはどうでしょう?

熱々のところを問題の麺を頂くと、うん、なかなかですね〜。
ノーマルと印象どれくらい違うんだろう?

大きめのメンマもなかなかだし、角煮的な豚肉もなかなかですが、これに関してはあまり好みでは無いなぁ。
美味しいのは美味しいですけども。

粗挽きという事で、スープを飲んでいくと、底に大量の鰹節の欠片が。
決して、柔らかでは無いんですが、食べらんない堅さではなく、思わず、完食、完飲。

化調バリバリのラーメンを食べると、帰り道、舌が美味しくなっているんですが、こちらの場合は夜寝るまで体内が強烈魚介系な感じになっちゃったのは、たぶん底の欠片までいったせい。

「ラーメンは好みがあるだろうから、そう言わないけど、これは自信がある。まずは醤油ナシで食べてみて」
と言われた「じゃこ飯」のンマイこと!
なんとも言えない美味さと柔らかさです。これはオススメ。

締めは高知名物アイスクリン。
なんとなく、ババヘラを思い出しました。

いや〜、満足満足。
楽しく、美味しく頂けました。


ボニート・ボニート
【東京都品川区小山4-1-8】
11:30〜16:00,17:30〜22:30/月曜休
正油らーめん ¥680-
煮豚 ¥250-
半じゃこめし ¥300-
アイスクリン ¥200- ※超らーめんナビクーポン使用
お茶漬け鰹(お土産用) ¥200-


[GPS情報URL]
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=0&unit=0&lat=%2b35.37.10.34&lon=%2b139.42.08.89&fm=0
  
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 21:29Comments(4)TrackBack(2)││

2006年11月28日

麺龍 [@東京・八王子] 【137軒目(8)/832杯目】

eee6d962.jpg
さて、今回はすげー久しぶりの八王子の「麺龍」さんにやってきました。
えーと、前回は…と、あー3月ですから、半年以上ぶりになります。

店内はカウンターのみで8〜9席ほど。
月曜日の21:40頃の到着で先客は3名。

メニューはラーメンのトッピング違いだけだったのですが、いつの間にか「塩とんこつ」というメニューが加わっています。
これが気になったので「チャーシュー麺の塩とんこつって出来ますか〜?」と注文。OKとのこと。
ちなみに後から来た人も同じの頼んでましたね(笑)

ご主人丁寧な作業で作っていきます。
こちらのご主人は本当に研究熱心な方で、どんどん変化していきますが、個人的には移転前のラーメン(あまり儲からないらしい)が一番好きだったんですけどもねー。

さて、ラーメン。
ノーマルとは違って、見た目、シンプル。
キャベツやマー油が入らない分、味玉が1/2個入っています。

麺は普通のと一緒ですね、ズズーっと頂いてみると、お、これ前食べたことある!!!
これ、つまり、アレです、移転直後くらいのバージョンの復活って事ですね。
マー油追加はじめ、濃厚方面に進んでいく前の麺龍味ってことですね。
これはこれでンマイですね〜。ニンニクもいい感じ。
マー油が加わった現行のバージョンだと香ばしさが苦味まで行っている部分ありますから、好きな人は好きでしょうけど、嫌いな人はとことんダメな気もしますしね。

チャーシューは相変わらず小さいですが、これまた脂が強くないのに柔らかで、しっかりとした肉の旨味もあって、好みのチャーシューです。

んで、替え玉。
麺龍さんは見ていると麺を茹でるところにボトルネックがありそうですね。
もうちょっと一度に茹でられるといいんでしょうけども…。
替え玉はちょっと時間がかかるので、早めに注文が吉です。ってのは前も書いたっけ。

というわけで、懐かしの中期麺龍味ってことでいいんでしょうか。
ご主人曰く「実験的にやっているので、無くなっちゃうかも〜」とのことでしたが、2パターンあるとタイヘンですけど、続けていただきたいですねー。


麺龍
【東京都八王子市大谷町48-9】
18:00〜25:00/不定休
塩とんこつ チャーシューメン ¥850-
替え玉 ¥100-


[GPS情報URL]
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=1&unit=0&lat=%2b35.39.56.98&lon=%2b139.21.23.10&fm=0
  
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 18:49Comments(4)TrackBack(1)││

2006年11月26日

麺屋青山 [@千葉・成田(富里)] 【263軒目(2)/829杯目】

5e84a3e4.jpg
さて、今回は成田にあります「麺屋青山」にやって来ました。
「麺屋こうじ」から名前が変わったんですが、要するに「こうじドリーム」グループから独立したってことかな?

前回は改名前の訪問だったのが軒数は継続でカウントにしますね。

店内はカウンター11席ほどにテーブル1卓4席。
土曜日の21:15頃の到着で8割程の入りでしたが、すぐに待ちが発生してました。

メニューは醤油ラーメンにつけ麺、塩ラーメン。
醤油は豚骨ベースで、さらに仕上げの違いで「豚骨醤油」「豚骨魚介」「にんにく油」の3種類。
それと鶏ベースであっさり、こってりの2種類…で良かったかな。
さらにメニューによって、麺の太さも違うそうです。
あと、名物の生クリームが入った味玉。
で、なにを選ぶか…なんですが…。

ちょっと話は脱線して、ちょっと前に話は戻ります。
土曜日の夕方に自宅を出て、渋滞にやられながら、あとちょっとで成田ってとこでふと気付きました。
「あれ?俺今行こうとしている店、本当は行きたい店と違わね?」と。
いえ、確かにね、超らー麺ナビで営業時間と住所を調べて、営業中に着くな〜と思いながら、走ってきたわけですが、そもそも店を勘違いしてるんじゃ…と気付いたわけです。
そう、成田は成田であっているのですが…。
車を止めて、じっくりらーナビのお店の紹介文を読むと、うわ、間違ってた!!!
この店じゃない!!!!
もはや、車は目的地まで数キロ。後戻りは出来ません。
もう一方の店は…と、あ、土曜日は夜営業してないのね、一応、念のため見に行ってみるか…
やってないっ、そうでした、超らー麺ナビさんごめんなさい、一瞬でも記載内容を疑ってしまいました。
でも、わかっていたんです、きっと情報は正しくて営業してないだろうってことは…。

で、間違って目的地に設定していたのがこちら「麺屋青山」。
店名変わったとはいえ、前来たことあるし…。
と、店に来た時点でテンション落ちてたんですよ、ええ。いや、渋滞酷くなければここまで落ちてないでしょうけど。

んで、メニューを眺めて、つけ麺かなぁ、と漠然と考え、チャーシューつけ麺の大を頼もうと自販機の「チャーシューつけ麺」のボタンを押そうとしたらその一つ下に「塩チャーシュー」の文字が見えました。
お、塩つけ麺かぁ、ちょっと試してみるか…と一気に落ち込んだ気分からウキウキ気分でボタンを押して、店員さんに渡して席につき、もう一度記事に書くために値段を確認しようとボタンをよ〜く見てみたら「塩チャーシュー麺 大」
…。
……。

さて、塩つけ麺。もとい塩チャーシュー麺。
麺は細いストレート麺。
ツルツルとした食感で、他のメニューの太麺と比べるとちょっと面白くないかも。

ただ、鰹系の風味が強く香る塩スープはなかなかにンマイですねぇ。
左右で味が違うらしく、要するに香味油の掛け方なり、魚粉のかけ方なんでしょうけど、いや、これはいいですよ。楽しいもの。
ホタテはあまりわからなかったですけど。

チャーシューは薄めのものが炙られてこちらもなかなか。
名物のクリーム味玉は、外側と中身に注入という形で生クリームが使われています。
といっても甘ーいわけではないので、ご安心を。

スープがなかなか美味しく、後を引きますが、前述通りの精神状態だったので…

「ごちそうさま〜」と帰りますと「またいらしてください」と。
そうだね、また来た方が良さそうだね、このお店は全然悪くないですもん(泣)


麺屋青山
【千葉県富里市日吉台2-19-11】
11:00〜14:30,17:30〜22:00/無休
塩チャーシュー麺 大 ¥1,050-
クリーム味玉 ¥100-


[GPS情報URL]
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=1&unit=0&lat=+35.46.04.94&lon=+140.19.28.65&fm=0
  
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 22:11Comments(0)TrackBack(0)││

2006年11月25日

蓮爾 登戸店 [@神奈川・川崎・向ヶ丘遊園] 【377軒目(7)/828杯目】

蓮爾(7):ラーメン
さて、今回は麺が変わった!!と噂の登戸の「蓮爾」に来てみました。
町田二郎の流れを汲むお店ですね。極太のポキポキとした麺で中毒者を多数産んでいるお店です。

ってあっさり書くとアレですけど、あまり良くわかってないです。
現・大山のご主人の町田二郎時代のお弟子さんにあたる方がやってるお店ってことでいいんでしょうか?
町田時代とは店主さんが違うという話を聞いたような…。
そうして、ラーメン学のご主人とは兄弟弟子という関係でいいんでしょうか?
いろいろと気になるところです。

金曜日の21:30頃の到着で外3名ほどの待ち。
豚切れメニューになっていました。
メニューはノーマルに、蓮えび、たまの3種類で、それぞれラーメンとつけ麺があります。
麺は多め、少なめが選択可能で、ノーマルは360g
入口の食券機で食券を買い、外で待ちます。くはー、超寒い。薄着で大失敗。

ということで蓮えびの小をチョイス。
「大の少なめ頼めば?」「貼り紙で書いているサービスなんだから良いのでは?」と賛否ありますが、遠慮なく、麺多めで注文。
同行者は麺少なめを頼んでいるのでお許し頂きたい。

さて、ラーメン。
でき上がったところでコール。
野菜・ニンニク。

なるほど、麺、変わりましたね。
これまでの正方形に近い断面から平打ちっぽい断面になった気がします。
また、麺の色もやや白くなり、ポキポキした食感からはモチモチ方向に振られている気がします。

うーん、これはこれでンマイですねぇ。
前の麺って行っても開店当初からいろいろ変化していたので、どこと比較するか難しいんですが、強烈な麺という印象は変わらないです。
ただ、もっとプツンプツンした歯触りが欲しいって人も多いでしょうね。
ある意味、角が取れた気もしますが、前回、つけ麺食べた時はあまりに粉っぽいのでは?と思ったくらいなので…。

豚は脂っぽすぎず、パサパサすぎず、いい感じ。

蓮えびの最大の特徴であるところの海老油は海老の含有量も増えている気がします。
せっかくの海老風味ですが、ちょっと試してみたかった「ガラムマサラ」をかけて海老カレーに。
店舗中央付近、給水機の近くに赤いのがありますので、気になる方はお試しを。

ちょっとニンニクが多かったかなぁ。
今度は「ニンニクちょっと少なめ」って言おう…
あまり生ニンニク大量に取るとお腹がゆるくなりますからね。
いやー、満足満腹。
しかし、行列につられて来た一見さんか、大量に残して帰る人もまだ多いですねー。
外に書いてあるんですけどねぇ。


蓮爾 登戸店
【神奈川県川崎市多摩区登戸1770】
18:00〜24:00 土曜12:00〜15:00、17:00〜20:00/日曜休
蓮エビ 小 ¥850-


[GPS情報URL]
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=0&unit=0&lat=%2b35.37.13.46&lon=%2b139.33.42.00&fm=0  
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 14:32Comments(6)TrackBack(2)││

2006年11月22日

経堂 虎 [@東京・世田谷区・経堂] 【420軒目(3)/826杯目】

0a44aa7c.JPG
さて、今回は経堂の「虎」さんにやって来ました。
都内で(おそらく)唯一の水戸名物のスタミナ冷しが食べられるお店です。

スタミナ冷しというのは、冷えた麺にレバー入りの熱々の甘辛の餡をかけて頂くメニューで、以前のリポートで取り上げているのですが、今回はこちらの裏メニューというか、カスタマイズメニューというかなんというか…の「みそ二郎」を食べに来たわけです。
くるりのご主人やotaqeさんのブログに思いっきり影響されました。
まぁ、そんなわけで、正式メニューではないので、おそるおそる注文します。

さて、みそ二郎。
みていると、所謂、一般的な味噌ラーメンな作り方ですね。フライパンで仕上げていく。
元々こちらでは、スタミナ冷しとともに味噌ラーメンやスタミナラーメンも提供されていますので、そちらも似た作り方になるのかな。
作り方の都合で肉増しや野菜増しは最初に言わねばなりません。
標準で麺は150gとのこと。
せっかく、二郎風なわけですから、ここは2玉で300gといっておきましょう。

んで、出来たところで「ニンニク入れますか」と。
「お願いします」と言うと、店主さんがおろし金でワシワシワシと擦ってくれます。うーん、なんか贅沢。

で、出てきたみそ二郎ですが、やっぱり熱々ですねー。
ラーメンは熱々に限りますよ。
野菜の上には唐辛子が標準でかかってきます。味噌ラーメン的なピリカラになりますね。

麺は二郎ということではちょっと細目の麺ですが、充分な満足感の歯応えがありますね。

豚はやや堅めのもの。
こちらはおそらく普段はもう少し薄めに切られて味噌ラーメンに入っているのかな?
堅くてもパサパサするわけじゃないですから、美味しく頂けます。

特筆すべきは野菜で、スタミナ冷しのものでしょう、元々美味しい野菜なんでしょうが、二郎とは違って炒められているので、シャキシャキ感があっていいんですよー、ンマイ。

スープは麺との相性的にはOKですけど、単体で飲むにはややしょっぱめかな。
このへんは好みですね。
小○さん的には、ラーメンは美味しく麺が食べられればOKなので、単体で飲みきれなくても全然アリです。

というわけで、満足満足だったわけですが、やっぱり人がスタミナ食べてるの見ると、スタミナが食べたくなりますね。
次回は普通にスタミナ冷しで。豚とレバーのハイブリッド版をお願いしちゃおうかな。
ご主人も言っておられたのですが、もっとあちこちでスタミナ冷しが食べられるようになるといいですねー。


経堂 虎
【東京都世田谷区経堂1-17-12】
11:30〜15:00,18:00〜25:00/水曜、第1木曜休
みそ二郎 ¥700-
ダブル +¥100-


[GPS情報URL]
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=0&unit=0&lat=%2b35.39.02.86&lon=%2b139.38.19.47&fm=0
  
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 18:40Comments(2)TrackBack(0)││

2006年11月21日

マンモスラーメン ポクポクポクチン [@神奈川・横浜・日吉] 【364軒目(5)/825杯目】

908f232f.JPG
突然の味変更に戸惑うお客さんも多かった日吉にあります「マンモスラーメン ポクポクポクチン」さんにやってきました。
店名もメニュー名もユニークなお店なんですが…

お店は日吉駅からほど近く、周辺には有名なラーメン店がいくつかありますね。
駐車場はみずほの裏を定番にしていたのですが、みずほのある通り沿いに新しくコインパーキングが出来ていたのでそちらへ。
前よりはちょっと歩きますかね。

お店はカウンターのみで10席ほど。
月曜日の22:17頃の到着で、先客は3名ほど。
食券制で、入店前に買うようになっています。

辛さ全開の「バナポクチン」と「みそポクチン」が前回訪問時よりメニューが増えていますね〜。
小○さんは辛いのダメですから、「みそ肉ポクチン」を。
並だと270gですから、大の400gで。
同行者は「バナポクチン」を注文したので後で一口貰ってみましょう。

さて、みそ肉ポクチン。
味噌の香りが漂ってイイ感じです。

トッピングのフレーク状の肉がたまらないですねー。

私は良く、ラーメンは熱いだけで美味さ3割増しと言っていますが、超熱いです!!!
いつもの機材が故障したので違うカメラで撮ったら全景を取り損ねたのに気付かなかったのもきっと熱さのせいです(笑)!!!

極太麺と味噌との相性も悪くなく、大にしたので、相当な量の麺なのですが案外苦無く食べられる感じです。
熱いのが苦手でなければ(笑)
また、これだけ熱く出来ているのに、麺がデロデロにならないのも良いですねー。
しっかりとした歯応えのある麺です。

フレーク状の肉ですが、これ、しょっぱくてすげーンマイんですよね。
倍入ってても美味しく頂けますね(笑)
と個人的には気に入っていますが、やや味が濃い故に、肉の味と味噌スープの味が喧嘩しているかのように感じてイヤと思う人もいると思います。
あと、肉という響きから二郎やかつてのマンモーみたいなのを想像していくと肩透かしをくらうやもしれません。

いやー、なかなか美味しいんじゃないでしょうか、新しくなったメニューに馴染めなかった方でも充分に楽しめるような気もします。
ちなみにバナポクチンは一口貰っただけでもしばらく口の中がマヒしてました。
熱さと辛さで、正直、良く分からなかったです(笑)


マンモスラーメン ポクポクポクチン
【神奈川県横浜市港北区日吉本町1-2-6】
12:00〜23:00/日曜休
みそ肉ポクチン 大 ¥1,030-


[GPS情報URL]
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=1&unit=0&lat=%2b35.33.02.23&lon=%2b139.38.56.16&fm=0
  
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 18:41Comments(8)TrackBack(0)││

2006年11月20日

UNDER GROUND RAMEN [@埼玉・西川越] 【531軒目/824杯目】

464c085c.jpg
さて、今回は西川越にあります「UNDER GROUND RAMEN」へやってきました。
頑者、ガンジャ、ひかりなどの系列店で、ガンジャ閉店後はこちらでガンジャのラーメンが食べられるようになったとのこと。

最寄り駅は西川越で歩くと少し距離があります。
駐車場が用意されていますが、ちょっと出入りがタイヘン。
店内はカウンター12席ほどで、土曜日の19:30頃の到着で先客は8名ほど。

メニューは、ラーメン、もりそば、カレーラーメン、ガンジャラーメンに各チャーシューメン。
カレーラーメンはノーマルの他に辛口、激辛があり、トッピングのチーズなんてのもあります。
ひとまず、ガンジャチャーシューメンをチョイス。

さて、ラーメン。
見た目には背脂がびっしりでかなり重たそうな印象。

チャーシューもかなりのボリュウム。
巻いて作られるタイプのチャーシューは脂身が多いので、崩壊してはいますが、赤身はツナ風の食感。
赤身部分だけに関して言うと、ちょっとパサパサ感があって、量食べるには辛いかも。
ただ一般的には柔らかいチャーシューと言って差し支えないかと。

他にメンマと玉子がトッピングされています。
玉子は普通の茹で玉子ですが、意外とこういうラーメンにはこれでいいのかも知れないですね。

縮れの強い細麺は歯触りよく、スープとの絡みも悪くなくスルスルといけちゃいます。

スープは豚骨ベースでニンニクが入っているもので、塩気はさほど強くないです。
見た目はこってりですが、案外、きつくなく食べられますね〜。
でも、あとからズシっとくるかもしれないですけども。

なんとなく、取材拒否店とか、変な看板(笑)というガンジャの噂から、すごーくハードルの高そうなお店という勝手な印象があったのですが、そんなことなく、家族連れやカップル客も多く、お店側も若いご主人(息子さんか)と、お母さんというコンビでいい感じの雰囲気でした。


UNDER GROUND RAMEN
【埼玉県川越市今成3-15-8】
11:30〜14:30,17:30〜21:30/日曜休
ガンジャチャーシューメン ¥950-


[GPS情報URL]
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=0&unit=0&lat=%2b35.55.15.75&lon=%2b139.28.01.14&fm=0
  
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 18:46Comments(3)TrackBack(1)││

2006年11月19日

中華蕎麦 とみ田 [@千葉・松戸] 【530軒目/823杯目】

d69cb271.jpg
さて、今回は松戸駅の東口から歩いてちょっとの所にある「中華蕎麦 とみ田」にやってきました。
元こうじグループの大黒屋さんで独立を機に名前が変わったみたいです。

土曜日の15:25頃の到着で7人待ち。
混雑時は先に食券を買ってから並ぶルール。

店内はカウンター6席にテーブル1卓4席だったかな?
メニューは中華そばとつけそばに、それぞれトッピング違い。
つけチャーシューの中をチョイス。

さて、つけそば。
自家製の太ストレート麺は堅め。
弾力もあり歯触り良く、なかなかンマイですねぇ。

ツケダレは大量のネギが浮いていて、魚粉もかかっています。
若干甘さがあるものの、嫌にならない甘さですね。
柚子の皮が入っていて爽やかな感じもしますが、総合的な印象としては濃厚といったところか。

また唐辛子系の辛さが最初あるなぁと思って食べていたのですが、最終的には胡椒系の辛さに。
こちらも気になるほどではないです。
とにかく、今どきのつけ麺っぽいんですが、その中にあってもツケダレは非常に良く出来ていると言えましょう。

チャーシューは麺側にあってそれ自体は良くできているのですが、やっぱり麺側にあるのはイマイチかなぁ。

なんであれ、ンマインマイとスルスル頂いて、スープ割り。
ネギとチャーシューが追加されるんですね、これは嬉しい!!!
こちらを飲んでいきましたら、底には久留米ラーメンのような髄が大量に。
なるほど、濃厚なツケダレなわけです。

いやー、確かにこれは行列するだけのことはあります。
なかなかンマイつけ麺でした。
こちらも奥様でしょうか、女性の方の接客が良いですねー、行列店なのに殺伐としなくていいです。
最近のつけ麺のンマイ店に多い傾向ですね(笑)

機会があれば、っつーか、無くても作ってまた来たいですねー。


中華蕎麦 とみ田
【千葉県松戸市松戸1339】
11:00〜19:00/水曜休 ※売切れ終了あり
つけチャーシュー 中 ¥950-


[GPS情報URL]
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=0&unit=0&lat=%2b35.46.54.51&lon=%2b139.54.03.46&fm=0
  
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 22:40Comments(0)TrackBack(2)││

2006年11月17日

たけちゃんにぼしらーめん 調布店 [@東京・調布] 【528軒目/821杯目】

857c6f94.jpg
さて今回は深大寺から調布東口からすぐのところに移転して来ました「たけちゃんにぼしらーめん」にやってきました。
ちょっと前からの有名店ですねー。

前述のとおり、駅からアクセスしやすい場所に移転し、また駅前なので適当にコインパーキングも周辺で見つかるでしょう。
店の近隣はちょっと道が狭いので手前で見つけるといいかと。
店内は、テーブル席2卓6席にカウンター19席くらい。
木曜日の21:30頃の到着で、ほぼ満席。大繁盛ですな。

メニューは説明が多くてちょっとややこしいかな。食券制ですね。
えーと、まず大きく分けて、細麺と平打ち麺があって、あとつけ麺。
それぞれのトッピング違いに、塩らーめんがあるのと、餃子、にぼし飯と。
ひとまず、チャーシュー麺を…と買ったら、間違えて平打ちチャーシュー麺の券買っちゃった。
最近、このパターン多いなぁ(笑)

6人でオペレーションしている店内は賑やか。
繁盛しているのもわかるけど、こんなに店員さんいるんだったら、やっぱりらーめん高めなのもしょうがないかなぁ…などと思ってしまいました(笑)

さて、ラーメン。
煮干っというよりは、まず柚子の香りが漂います。いい香り。
ナルトの存在も懐かしくていいですね。

平打ち麺はプッツリとした弾力のある麺でなかなかンマイですが、量は少ないかもなぁ。
で、スープなんですが「ね、今のラーメン、煮干強かった?」と思わず帰り道に同行者に確認するほど、あまり煮干が強くなかったなぁ。
まぁ、名前から強烈な煮干を想像していたせいだと思うけど。
ちょっと前の基準で行くと、煮干強めってことになるのかもね。

あと、チャーシューが冷え気味で今一つだったかなぁ。
風味が強めについているのとちょっとコゲっぽいので、煮干との相性が良くないかもねぇ。
煮干が弱く感じたのはチャーシューのせいもあるかも。
スープに沈めてもなかなか熱が入らない、脂の感じから行くと熱入っていれば柔らかで良さそうではあるんだけども。

うーん、しかし、お客さんは途切れなくやってきますねー。
確かに麺もなかなか美味しく、決して不味くはないスープですから、わかるんですが、でもちょっとコストパフォーマンス悪いのになぁ、とか思っちゃいますね。貧乏性みたい(笑)
パッと頭に浮かんだ文字は「ラーメン1.0」。
いや、実際、ちゃんと時代わけしていくと「ラーメン3.0」くらいなんだろうけど、今は「ラーメン5.0」くらいになっているのか(笑)
きっと、何年か前に初めて出会っていたら、大感動で通いつめていたかもしれないなぁ。


たけにぼ:麺たけにぼ:チャーシューたけにぼ:変わった箸たけにぼ:外観
たけちゃんにぼしらーめん 調布店
【東京都調布市布田1-45-9】
11:30〜23:00/無休
平打ちチャーシュー麺 ¥1,050-
Livedoor Mapはこちら→このへん


[GPS情報URL]
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=0&unit=0&lat=%2b35.39.07.39&lon=%2b139.32.43.71&fm=0
たけちゃんにぼしらーめん 調布店


■これまでの訪問記録



■参考サイト
・livedoorグルメ > このお店の情報
・食べログ > このお店の情報



  
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 18:01Comments(6)TrackBack(1)││

2006年11月07日

九州らーめん 桜島 [@東京・八王子] 【189軒目(4)/812杯目】

2c8a45f2.jpg
さて、今回は「卑怯に美味しい」ラーメンの「九州らーめん 桜島」さんへやってきました。
もうね、ここの味噌ラーメン、美味しいんですよ、卑怯なくらい…という(笑)

要するに毎度書きますが、日本人のDNAと自分の記憶に訴えかけてくる味なので、マズイって言えないラーメンなんですね。
なので、時々、無性に食べたくなってしまうという。
簡単に言うと、鍋物っぽい味なんです。豆腐の欠片とかも入っているし。
これ、マズイって言えないもの、だから言葉は悪いですが「卑怯に美味しい」わけ。

で、今日は半チャーハンセット。
正油、味噌、塩から選択可能ですが、迷わず味噌を。

お店はダイエー八王子店の近くで、駅からは余裕の徒歩圏。
近隣にコインパーキングや立体駐車場があります。
また、京王線の場合は、京王八王子駅近くに支店もあります。
って、どこが本店で支店かあまりわかっていないですけども(笑)

今まではチャーシューをトッピングしていたので、最初から撹拌された状態で来ていましたが、今回はこんもりと味噌が載っていて、それを溶かしながら食べることになります。
ですから、すげーしょっぱい状態で食べたり、薄い状態で食べたりと、味に変化がついていくのも楽しめます。

麺もモチモチとした食感もある平打ち麺で、スルスルと食べられる感じ。
ノーマルの状態だとチャーシューはどこかに消えてしまったような感じにいつの間にか食べちゃってますね(笑)

チャーハンはちょっとイマイチかもしれないですねー。
白飯で充分かも。
北国出身の自分的には満足なんですが、スープはあれしょっぱいって文句言う人もいるでしょうねー。
もちろん、くるりさんなんかと比較されたりすると困っちゃうんですが、なんというか、懐かしくも、卑怯な味なもんですから、美味しく食べれちゃうんですよ。ええ。


九州らーめん 桜島 東町店
【東京都八王子市東町10-6】
11:00〜23:00/無休
半チャーハンセット ¥650-


【GPS情報】
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=1&unit=0&lat=+35.39.19.76&lon=+139.20.30.38&fm=0
  
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 15:20Comments(6)TrackBack(0)││

2006年11月06日

RESTAURANT ORIZURU [@静岡・富士スピードウェイ] 【522軒目/811杯目】

e8ef0e09.jpg
さて、今回が最後になります、SuperGTの最終戦が開かれている「富士スピードウェイ」から。
これまではグランドスタンド前のイベント広場に出来た仮説店舗群の出店からのリポートでしたが、今回は常設のレストラン「RESTAURANT ORIZURU」へ。

場所的にはAパドックのあたり、ヘアピンを臨む高台にあります。
これF1開催時は入れなさそうな位置だねぇ…。

カフェテリア形式でガーリックステーキプレートやジャンボ海老フライなどというメニューもありますが、ラーメンもあり、一応日替わりみたい。
ただ本日のラーメンが「醤油ラーメン」という表示だったので、実際どの程度日替わっているのかは知りません(笑)
ひとまず、本日のラーメンの醤油ラーメンをチョイス。

さて、ラーメン。
非常にオーソドックスな醤油ラーメンで、特に書くことはないです、終わり。
…と書いてしまいたくなるようなラーメン。

これまでの富士スピードウェイにおけるラーメンの中でチャーシューは最も本格的なものなんですが、パサつく感じ。
不思議と一番ダメと言えましょう。

麺は冷凍麺。
こういうのはだいたい作っているところが限られるはずなんで、前も食べたことがあるかと思うんですが、不思議とちょっと柔らかめ。
ちょっとしつこく湯がきすぎなんじゃないだろうか。
蕎麦にしろ、うどんにしろ、冷凍麺って意外といい感じの歯応えだったりするもんだけどねぇ。

んで、スープはいつかどこかで食べた味。
これ、食べた人はたぶんきっとそう言うはず(笑)
しかし、このスープどこで作ってるんだろう。
意外とこのテのラーメンの中では寡占状態じゃなかろうか。

窓越しにヘアピンを駆け抜けるマシンを見ながら食べる食事はなかなかに楽しく、なんというか列車の食堂車で味を問わないでしょ?一番の美味しさは流れる車窓でしょ?みたいな気持ちになってきた。
ガーリックステーキプレートも食べてみたけど、結論としてはここではラーメンじゃない方が良さそうということ。
後は、なにか変わった日替わり麺だったら食べてもいいかもねー。という感じ。

ここと比較するべきはサーキットホテルとかのレストランになるのかなぁ。
富士スピードウェイで一番の供食施設だとすると、もう少し頑張っていただきたいかも。


RESTAURANT ORIZURU
【静岡県駿東郡小山町中日向694 富士スピードウェイAパドック付近】
イベント開催時などによる?8:30〜16:30?
ラーメン ¥800


[GPS情報URL]
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=0&unit=0&lat=%2b35.22.20.04&lon=%2b138.55.32.62&fm=0
  
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 18:41Comments(0)TrackBack(0)││

2006年11月05日

三代目 豚丸亭 [@静岡・富士スピードウェイ] 【521軒目/810杯目】

0f6fe318.jpg
さて、今回もSuperGTの最終戦が開かれている「富士スピードウェイ」から。
来年からF1の日本グランプリが鈴鹿から富士に移るわけですが、前回はラーメン的には鈴鹿の方がいいんじゃないの?と思ったわけですが(笑)
グランドスタンド前のイベント広場に出来た仮説店舗群の中にもう一店「三代目 豚丸亭」というお店があり、今度はそちらのラーメンを。

これねぇ、まず、店名が本格的なこともあるんですが、もう一つ演出という可能性が高いんですが、豚骨やらニンニクやらが見える位置に飾ってあって、いかにも良いスープ取ってるよ〜オーラを醸し出しています。
もちろん、こういうところのラーメンなんで過剰な期待はしないですが、これ、一般的にはいい戦略だと思う。
看板の「黒豚とんこつラーメン」というのもヒキが強いし。

あと、豚の角煮も売っていて、これもいいアイディア。
ラーメン食べないまでも角煮とビールみたいな買い方の人もいるだろうし、角煮が見えているだけで、ラーメンも美味しく感じちゃうもの。

メニューはラーメンとチャーシューメンで、チャーシューメンをチョイス。

さて、ラーメン。
案の定、さきほどの豚の角煮が入っています。

麺は平打ちの太麺。
こういうところではどうでもいい中華麺を使うことが多いのにこれは珍しい。
もう、これだけで、先ほどまでの演出を信じて買って良かったー!!と思うこと受け合いです。
ただフニャフニャな茹で具合なんですけどね。

角煮はボリュウムがありますが、ややパサつく感じもあります。
トロトロの豚角煮という謳い文句にケチをつけたくなる人もいるでしょう。
やや甘い味付けがスープに悪影響を与えているかなぁ。

そんなわけで。スープもやや甘いのもあるんですが、高菜、紅生姜などが最初から入っているのもイマイチかもね。
こういうオプションものは縁日のじゃがバタのバターつけ放題みたいなノリで後から入れさせた方が絶対にいい。

ただ、こういうところのラーメンにしてはなかなかンマイ方に入るんじゃないでしょうか?
少なくてもスープに関して絶望的だった前回の店と比べると雲泥の差であり、街中でこのスープのラーメン屋に出会っても、さほど苛々せずに済みそうです。

なるほど、施設が充実しているだけあって、鈴鹿から富士にF1移ってもいいかもねー、と思わないことも無いですが、ラーメンの味だけで見たら、茂木なんだよなぁ(笑)


三代目 豚丸亭
【静岡県駿東郡小山町中日向694 富士スピードウェイイベント広場】
SUPER GT などイベント開催時オープン
とんこつチャーシューメン ¥1,000-


[GPS情報URL]
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=0&unit=0&lat=%2b35.22.20.04&lon=%2b138.55.32.62&fm=0
  
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 17:35Comments(4)TrackBack(0)││

FOOD ONE [@静岡・富士スピードウェイ] 【520軒目/809杯目】

983aaf47.JPG
さて、今回はSuperGTの最終戦が開かれている「富士スピードウェイ」にやってきました。
来年からF1の日本グランプリが鈴鹿から富士に移るわけですが、コースやアクセス・観客輸送、周辺施設の面で鈴鹿の方がいいんじゃないの?というレースファンの声も多く聞かれ、トヨタなんだかなぁという感じになってます。
そんな富士ですが、ラーメンの面ではどうでしょう?という(笑)

まずは、グランドスタンド前のイベント広場に出来た仮説店舗群の中で二店舗確認できた「FOOD ONE」というお店のラーメンを。
曰く「名店の味を再現」とありますが、どことは書いていないという(笑)
あとは「チャーシューに自信あり」だそうです。
ということなので、チャーシューメンをチョイス。

あと、看板に広告代理店の名前が書いてあったのがちょっと気になりました。

さて、ラーメン。
まぁ、こういうところのラーメンなんで…。

ただ、ちょっと酷いかも(笑)
とにかくスープがしょっぱく、旨味が全然前に来ていない感じ。
麺は云々言うレベルじゃないんだけど、これなぁ、やっぱスープが駄目すぎだわ。

で、自慢のチャーシューですが、これはある意味美味しい。
ラーメンのチャーシューという感じではなく、良くあるお歳暮詰め合わせハム・チャーシューのチャーシューって感じ。
もちろん、好みによるんだろうけど、下手なチャーシューよりはなんぼかマシ。

なんであれ、こういうところのラーメンなんで…。
うーん、ドネルケバブとかホットドック食べた方が幸せになれそう。
味だけ見たら、茂木、鈴鹿とは大きな隔たりがありますな。
うーん、これやっぱり鈴鹿でF1やった方がいいんじゃないかな(笑)


FOOD ONE
【静岡県駿東郡小山町中日向694 富士スピードウェイイベント広場】
SUPER GT などイベント開催時オープン
チャーシューメン ¥800-


[GPS情報URL]
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=0&unit=0&lat=%2b35.22.22.23&lon=%2b138.55.31.14&fm=0
  
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 13:16Comments(2)TrackBack(0)││

2006年11月04日

三代目 けいすけ [@東京・立川・ラーメンスクエア] 【513軒目(2)/808杯目】

61301a23.jpg
さて、今回は立川のなんでマンハッタンなんだ?でお馴染のラーメンスクエアの話題の新店2店舗の一方「三代目けいすけ」にやってきました。
実は初代はまだ行ったことが無いんですが、初代のメニューもここで食べられるのです。

祝日の金曜日の夜22:00頃の到着で先客1名。

前回はこの三代目用に開発された新メニューであるところの紅香油らーめんを食べましたが、今回はちょっと迷って、初代ブラックカリーメンをチョイス。

前回もらった紙エプロンは今回は無し。
んー、やめちゃったのかな?
前回と服装はあまり変わらないはずですが…。

さて、ラーメン。
普通の容器で出てくるとちょっとつまんないと思ってしまうのは「けいすけ」ならでは(笑)

平打ち麺は堅めの茹で上がり。
モッチリとした歯触りはなかなか。

で、スープですが、意外に表面に油が多め。
スパイスの香りが強く、苦味、辛味が続けてやってきます。
これ、正直、あまり好きじゃないですね。
確かに辛さは得意ではないんですけど、それ以前に、日本人が喜ぶパターンの王道カレーじゃないのもマイナスポイントかな。
いや、決して不味いカレーじゃないんだけども。

前も書きましたが、ブラックカレーというとどうしてもあのカレー将軍こと鼻田香作氏制作の史上最強にして二度と越えるものが現れることのない「ブラックカレー」をイメージしちゃいますが、味的に一般的じゃないところは一緒でも「クァーッカッカカカカ」ともならないわけで…(笑)
麺との相性も決して良いとは思えず、だからといってライスがあうかと言うと、それもビミョーな感じ。ナンとかで食べるべき?

話のタネに一回はいいかもしれないけど、また食べたいとは思わないかなぁ。
あ、でもこれ、ほんと、好みがわかれるかも。
カレーをすごく食べ歩いているような人の意見を聞いて見たい気もする。

スープの中に入っている玉ねぎ甘さがいいアクセントになっていますが、鶏チャーシューが変に冷たくてイマイチだなぁ。とも。
うーん、難しいなぁ、これ。

このテのカレーが好きな人はとことん好きなんだろうけども。


三代目けいすけ (立川アレアレア・ラーメンスクエア)
【東京都立川市柴崎町3-6-29 アレアレア2 3F ラーメンスクエア】
11:00〜24:00 (L.O.23:30) /無休
初代ブラックカリーメン ¥820-


[GPS情報URL]
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=1&unit=0&lat=%2b35.41.34.26&lon=%2b139.24.58.14&fm=0
  
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 23:33Comments(0)TrackBack(0)││

2006年11月03日

屋台ラーメン キン内メン [@神奈川・横浜市青葉区・平和島] 【519軒目/807杯目】

キン内
さて、今回はむぐむぐさんのところで見かけて、すげー気になった「屋台ラーメン キン内メン」さんに来てみました。

軽トラの荷台を使った屋台にターフで出来た客席という構成で、テーブル2卓12席。
あとは車の後部カウンター上のところが3席。

柿生から都筑方面に抜ける道沿いのフットサルコートの駐車場に出店しています。

んで、ここはなんと言っても店員さんがユニーク。
そう、名前で薄々わかるかもしれませんが、店員さんはキン肉マン風。
金髪のモヒカンにおでこに肉ならぬ「内」の字がかかれています。
わははは、そっくりですね〜。

さて、ラーメン。
麺が太麺と細麺が選択可能なので、太麺にしてみまました。

案外、モッチリ感があって美味しい麺ではあったのですが、堅いというよりは茹でが足りないような感じも…
屋台ということで火力や水替えの面で不利があるからタイヘンなんでしょう。

チャーシューはやや風味の面で弱さを感じるものの、脂も抑え目でなかなかンマイですね。
しかも味玉をサービスで頂いたんですが、これが良く出来ているのなんの。

スープはやや醤油が強い濃厚なものでこれも屋台外れしたもの。
めちゃめちゃ美味しいかと言われればビミョーですが、屋台なんかで食べるんじゃなかったーみたいな後悔をする必要はまったくない感じ。
充分、普通に美味しいかと。

いやー、しかし、店員さんのインパクトと意外にフレンドリーな接客、外で食べる楽しさがなによりですね〜。


屋台ラーメン キン内メン
【神奈川県横浜市青葉区鉄町字宮前344】
17:00〜5:00/定休日聞きそびれ
チャーシューメン ¥850-
  
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 23:57Comments(8)TrackBack(0)││

2006年11月02日

ラーメン 髭 [@東京・大田区・平和島] 【518軒目/806杯目】

5fe11e29.jpg
※本文訂正しました。
さて、今回はずーっと行きたかったんだけど、その前に閉店してしまった二郎風ラーメンを出す店の「大勝」跡地に誕生した同じく二郎風のラーメンを出すお店の「ラーメン 髭」にやってきました。
なんつーか、独特のネーミングですね。飲み屋さんとかならありそうなんだけど。

お店は環七沿い大森東交差点そばにあり、すぐ近くには「さつまっこ」や「うまい ラーメンショップ うまい」もあり、ちょっと先には「暖々」もあるという激戦区。
最寄り駅は京急の方の「平和島」で、車の場合は環七外回り大森東交差点手前のコインパーキングが一番近いです。

店内はカウンター8席。
水曜日の:00頃の到着で先客ゼロ。
食券の自販機が外の目立たない位置にあるので、買わずに入る人がいるかも。
あやういところでした。

メニューはラーメンとチャーシューメンとそれぞれの大盛、あとビール。

とりあえず、チャーシューメンをチョイス。
野菜は注文と同時にその分茹で始めていました。
野菜増しが出来るかどうかは不明。

出来上がったところで、お約束の「ニンニク入れますか?」と問われます。
特にトッピングに関しての説明は無かったので「はい、お願いします」とだけ答えます。

さて、ラーメン。
なかなかよく出来た二郎風のラーメンと言えましょう。
値段面からも文句はつけられないですね。太郎よりはるかにいいです。

豚は脂が控えめな分、ややパサつく感じがしますが悪くない感じ。

特筆すべきは、麺。
さほど、太いわけではないのですが、独特の風味のある平打ちの麺。
モッチリとしつつも歯ごたえ良く、これ、なかなかンマいですね〜。
しまった、これもっと食べたかった。

スープはやや酸味を感じるような気がします。
単体で味わうと醤油が強いかなという気もしますが、全体を通してのバランスは良く、なかなかンマイですね。

野菜もこれ、下手な二郎より美味しいわけですが、増しをやると原価的に辛くなるんじゃないかと若干心配。
あと、ニンニクは入りすぎな感じもしました。
良く考えると、前日、にんにくやでニンニク絞って食べているわけで、なんつーか、ニンニク食べすぎなんじゃないかと気になります(笑)
総合的にはなかなか良く出来た二郎系ラーメンで、かつ量もそんなでは無い上、待ちも少ないので、心構え無しで行けるのでいいかも。
ま、自分の活動地域からは遠いんですけども(笑)


ラーメン 髭
【東京都大田区大森本町2-28-5】
11:30〜14:30,17:00〜22:00、土日祝日11:30〜22:00/火曜休
※麺切れ終了あり
チャーシューメン ¥700-


[GPS情報URL]
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=0&unit=0&lat=%2b35.34.39.55&lon=%2b139.44.13.61&fm=0
  
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 18:24Comments(6)TrackBack(0)││

2006年11月01日

にんにくや 谷保店 [@東京・谷保] 【001軒目(23)/805杯目】

655e5827.jpg
どうもこうも忙しく、やっとこさ捻出した時間で行ったお店に振られ、代替店にも振られ…時間切れ。
一度、そのまま飯断ちしたまま仕事に戻って改めて深夜に出撃したのは「にんにくや 谷保店」です。

こちらはJR谷保駅からちょっと歩いた商店街の一角にあります。
自動車の場合は、商店街の一角にコインパーキングがあります。
店内はカウンター10席ほどで食券を買うスタイル。

火曜日の深夜25:30頃の到着で先客が1名。
あまりに変わった食べ方をしていたので、てっきり障碍のある方が不自由ながらも食べにいらっしゃているのかと思ったら、泥酔している人でした。
若干、意識がはっきりしないながらも、カウンターにつっぷすかのようにして、かき込むように麺を口の中に投入しています。
これはある意味スゴいかも…。そこまでラーメンが食べたかったのか…。
これは自分も気を付けないといけないかもしれませんね。

メニューはらーめん、味噌らーめんにトッピング違いなど。
今回はのり味噌チャーシューめんで。
あと、替え玉に高菜。
ちなみに高菜は一人だと多いと思います。
自分の場合は同行者とシェアします。

谷保のにんにくやあまりに来過ぎていて、ほんと書く事が無いですね(笑)
チャーシューが美味しいのと、海苔がンマイ。
自分的にはここのチャーシューがトップとまではいいませんが、かなり上位であり、そして、良く食べる故、これが基準になってしまいました。
あ、あと、今回は替え玉の麺の茹で具合がいつもより堅かったくらいでしょうか…。

スープはここんとこ味噌の方が好きで、逆にいうとちょっとノーマルに物足りなさを感じているのかもしれません。
どちらにしても、ポイントは卓上の生ニンニクをクラッシュして頂くとグッと美味しくなるということ。

一見、とっつきにくそうなオヤジさんですが、話し好きのよい方です。
タバコを厨房で吸うのだけは頂けないですが、端の方でしゃがんで吸ってますし、1人営業だから難しいところでありましょう。
今回は店主さんとのオハナシの中で前からチャーシューと海苔に関して気になっていたことをちょっと聞いてみたりしてね。

あそこの海苔は風味が良いのもさることながら、スープを吸うとしっとりして、口中でホロリと崩れるのにスープ内では崩れないという…
こんな海苔を上あごに貼り付くだけの紙みたいな海苔を使っているもっとあそこの店とかそこの店とかにも使って欲しいなぁ。
意外と原価高くなかったみたいですし…(笑)
とか、書いちゃダメか…;;;


にんにくや 谷保店
【東京都国立市富士見台1-8-9】
19:00〜26:00/日祝日休
のり味噌チャーシューめん ¥1,100-
替え玉 ¥100-
高菜 ¥200-


[GPS情報URL]
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=1&unit=0&lat=%2b36.23.03.15&lon=%2b138.13.34.77&fm=0
  
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 23:03Comments(0)TrackBack(0)││

2006年10月31日

めんや 蔵 [@東京・北野] 【517軒目/804杯目】

bffa3a04.jpg
さて、今回は北野にあります「めんや 蔵」に来てみました。
何気に初訪問。八王子に意外と大きな課題店が残っていたものです。

もよりの北野駅からは余裕の徒歩圏。
車の場合は、駐車場が2台分用意されている他、近隣にコインパーキングもあります。
店内はカウンター5席にテーブル2卓、小上がり2卓。
月曜日の20:15頃の到着で先客6名とまずまず。

食券式で、メニューは豚骨魚介の「醤油」に「味噌」あとはご飯類にトッピングなど。
飲み屋的にも使われているようで、分煙されていないです。
ひとまず、味噌チャーシューめんをチョイス。

さて、ラーメン。
西山製麺の黄色い縮れ麺はモッチリとした強い食感で、スープとのバランスも悪くはなく、なかなかンマイです。

トッピングにはキャベツやモヤシが載っており、シャキシャキとした食感で、いいアクセントになってますね〜。
チャーシューもスープに浸すとグッと柔らかくなり、なかなかですが、個人的にはこのタイプのチャーシューはあまり好きではないです。

スープはやや甘い感じ。
単体で飲むといい感じの加減ですが、麺と合わせると甘さが際立ちます。
このへんは好みがわかれるところですが、優しい味わいとも言えましょう。

なかなか美味しい味噌ラーメンなのは間違いなく、八王子の美味しい店としてしばしば名前が挙がるのも納得です。
でもなんかここじゃないと!!なヒキは弱いので、都内の美味しい店として名前が挙がるわけじゃないのもまた納得なわけで。
でも、まぁ、近いですから、また来てみたいですね〜。
醤油の方も気になりますし。


めんや 蔵
【東京都八王子市打越町1195-5】
11:30〜14:30,17:30〜22:00/木曜休
味噌チャーシューめん ¥950-


[GPS情報URL]
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=1&unit=0&lat=%2b35.38.24.53&lon=%2b139.21.25.41&fm=0
  
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 19:44Comments(4)TrackBack(1)││

2006年10月30日

くろく [@宮城・仙台] 【516軒目/803杯目】

ec359887.jpg
さて、今回は仙台駅東口近くの「くろく」に来てみました。
渡なべで修行された方のお店だそうで、なかなかにおしゃれな感じのお店です。

店舗はビルの1階にあり、入口は裏手の歩行者専用道路に面しています。
店内はカウンター8席に大テーブル1卓14席。
カエル好きとみえ、看板や大テーブルなどところどころに置物があります。

メニューは塩の「白」に、醤油の「黒」
夜限定の「つけめん」に、期間限定麺。
訪問時の限定麺は「海老香る鶏そば」でした。
また、トッピング全のせにあたるのが店名のくろくで、例えば全載せの黒なら「くろくの黒」となります。
あと、なにげに「赤」というトッピングあったのが気になりました。
他にお酒類も充実していまして、生ビールはハートランド。

食券を購入し注文しますと、紙エプロンを持ってきてくれます。
最近、こういうの多いですよね。
というわけで、「くろくのつけめん 大盛」をチョイス。

さて、つけめん。
平打ちの中太の麺には海苔のペーストがかかっています。
これは面白いですねー。
茹で加減はやや堅めでプツンプツンとした歯触りを楽しむことができます。

やや赤みを帯びたツケダレは表面に油の層が結構多くあり重たそうな印象ですが、混ぜつつ食べてみると、魚介系が前に出てきてなかなかンマイです。
ただ、これ、すぐ冷めるのがちょっと気になるかなぁ。
来たときはすげー容器も熱々だったんだけども…。ひょっとしたらあつもりの方がいいかもしれないです。

チャーシューは炙りチャーシュー。
メンマはすげー大きい正方形タイプのもの。
味玉もとろとろでこのあたりはさすが…ってところでしょうか。

スープ割をすると魚介系がより鮮明になりますが、とはいえまだやや油の印象も強く、いっそもう少し残ったツケダレを捨ててから割ってもらえたら…と思いました。
なかなかンマイつけめんでしたが油のせいか飽きるのも早いかも。
大盛にするくらいなら、ラーメンとダブルで頼んだ方がいいかも(笑)。

ちなみに同行者がそれぞれ、黒、白、限定海老と頼んでいましたので、ちょっとづつスープを頂いてみましたら、どれも美味しいですね。
なんせ、ちょっと目立たない場所ながら、駅からは近く、精力的に限定麺にも取り組んでいるなかなかいいお店なんじゃないでしょうか?
仙台にもこういう店が一軒くらい無いとダメでしょうし、あまり混んでいないようですが、頑張って頂きたいですし、機会があればまた来てみたいと思います。


くろく
※くろくの漢字は火へんに玄
【宮城県仙台市宮城野区榴岡2-2-12】
11:30〜14:30,18:00〜23:00/無休
くろくのつけめん ¥1,000-
大盛 ¥150-


[GPS情報URL]
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=1&unit=0&lat=%2b38.15.31.41&lon=%2b140.53.15.11&fm=0
  
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 21:44Comments(0)TrackBack(0)││

2006年10月29日

づゅる麺 池田 [@東京・目黒区・目黒] 【509軒目(2)/802杯目】

1a95c384.JPG
さて、今回はリベンジ「づゅる麺 池田」さんへやって来ました。
前回、食券を買い間違えてチャーシューつけ麺ではなく、チャーシュー麺になってしまったののリベンジです(笑)

塩つけ麺やタイカレーつけなど気になるメニューもあったんですが、迷わず、チャーシューつけ麺で。
あれ?間違えて味玉チャーシューつけ麺の食券買っちゃったけど、まぁいいや(笑)
注文すると普通と大盛が選択可能。

店内はカウンターのみで10席ほど。
あと二階席もあるそうです。
激戦区目黒にあり、駅からは徒歩数分です。
金曜日の20:00頃の到着で先客1名。

さて、つけ麺。
水切りがとても念入りなのが好印象でした。

麺は縮れの強い太麺で、堅め。
最近、こういう麺が流行ってるよなぁ〜という麺(笑)
でもなんだかんだでこういう麺が好きなんですけど。

ツケダレ側に野菜などが入る他、チャーシュートッピングと味玉は麺側に。

チャーシューは堅めでちょっとパサつく感じ。

ツケダレは甘さや酸味が突出しない魚介の強いもので、これまた今どきの感じではあります。
しかし、全体的にはバランスも良く、麺もいい感じで、なるほどこりゃンマいわ。

営業時間も充分でアクセスも良いので、また来たいですね〜。
次回こそは食券を間違えないように(笑)


づゅる麺 池田
【東京都目黒区目黒1-6-12】
11:30〜23:00、土曜11:30〜17:00/日・祝日休 ※スープ切れ終了
味玉チャーシューつけ麺 ¥1,000-


[GPS情報URL]
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=1&unit=0&lat=%2b35.37.52.76&lon=%2b139.42.54.82&fm=0
  
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 17:02Comments(2)TrackBack(1)││

2006年10月27日

池谷精肉店 [@東京・秋川] 【129軒目(8)/801杯目】

bfbc48e0.jpg
さて今回は、8月までの限定だった「我流つけそば」が人気で継続という事で安心して、しばらく食べてなかった(笑)「池谷精肉店」へやって来ました。

いや〜、限定終了間際に食べて、あまりに気に入ったので、最終日にも食べに行ったくらいなんですけど、まんまと間が空いてしまいました。

木曜日の19:50頃の到着で、先客7名。
意外に空いてましたが、店舗前の駐車場は満車。
ただ最寄りのコインパーキングの方は空いていたので良かった〜。
ここがふさがっていても、もうちょっと行けばまだまだコインパーキングはあるわけですが…

壁には店主さんが、野猿二郎、川崎二郎、きら星のご主人達と行った九州ラーメン食べ歩きのリポートが貼られていて、それを読みつつ、しばし待ちます。

今日の注文は「特我流つけそば 大盛」
野菜入れますか?には「お願いします」で。

さて、つけそば。
一口食べて、ん?ちょっと粉っぽいかな?
いつもの強烈なモチモチとはいかない感じですが、それでも充分なレベル。

そして、これでもかと背脂が振りかけられたツケダレはしょっぱンマ〜。

もちろん、たぷたぷに付けて、しゃぶしゃぶっぽく食べるのでしたら、危険ですが、サッと付けて食べるには最高です。
ある種、自分の理想のつけ麺に限りなくビンゴなつけそばです。

特にしたのでワンタンも入ってやってきます。
チャーシューはじめ具材はなかなか良く出来ています。

最後はスープ割り。
割ってもまだ暴力的だけど、いやはや、満足でした。


池谷精肉店
詳しくは後ほど
特 我流つけそば ¥950-
大盛 ¥50-


[GPS情報URL]
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=1&unit=0&lat=%2b35.43.30.02&lon=%2b139.17.30.77&fm=0
  
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 19:32Comments(0)TrackBack(1)││

2006年10月26日

つけめん 美豚 [@東京・熊川] 【472軒目(2)/801杯目】

885f6bcf.jpg
さて、今回は夜遅くなっちゃったけど、ンマイつけ麺が食べたいッ、ということでちょっと迷って久しぶりに「つけめん 美豚」へ。
いわゆる石神本にも掲載された話題のお店です。
最近、聖蹟桜ヶ丘にも出来たらしいです。

最寄り駅は熊川駅。
道路の反対側に駐車場が用意されています。

店内は、カウンター9席にテーブル2卓。
水曜日の22:10頃の到着で、先客6名。

メニューはつけめんに、煮魚出汁つけめん、らーめんに、鶏塩らーめん。
ノーマルのラーメンにも追加で煮魚出汁を入れられます。
ラーメンは麺の大盛が0.5玉ごとにプラス100円。
つけめんの場合は1.5玉までは無料で2玉から0.5玉ごとにプラス100円となっています。
ということで、煮魚出汁つけめんの全部入りを2玉で注文。

スープにしろ、ツケダレにしろ最終的にはフライパンで仕上げている様子。

さて、つけめん。
別皿にはトッピングの数々。ネギがすげー多いですねー。

前回もやや気になったのですが、ツケダレがちょっと自分には甘いようです。
鯖味噌のペーストから来る魚介系の風味も良く、濃厚でンマイんですけどねー、やっぱり甘い。
ついでに言うと、チャーシューも甘いんだよなぁ。
ただ同行者のラーメンの方はそんなことなく、逆にストレートに魚介系って感じで個人的にはこちらの方が好みかな。

麺は中太麺。
あまり強く水切りされていない様子。これは狙いなのかどうかはわかりません。
思いの他、ツケダレが冷めることや薄くなることに悪影響を与えてはいなかったかな。
ツルツルとしたのど越しの麺です。

最後にスープ割。
れんげを使って良く混ぜてということでしたが、なるほど底の方に沈殿しているわけですね。
スープ割すると甘味がグッと下がっていい感じですね。

あ、そうそう。
店内超寒かった。エアコン強すぎ。
それはさておき、このレベルでなんと翌4時までやっているわけで、多摩地区で遅い時間につけめん!!という時に使えるお店でございます。


つけめん 美豚
【東京都福生市熊川689-40-2】
11:30〜翌4:00、日祝日11:30〜23:00(祝日前日の日曜日は翌4:00まで)/火曜休
煮魚出汁つけめん 全部 ¥1,200-
麺の大盛 2玉 ¥100-


[GPS情報URL]
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=0&unit=0&lat=%2b35.43.32.68&lon=%2b139.20.05.90&fm=0
  
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 19:04Comments(4)TrackBack(0)││

2006年10月25日

らーめんダイニング ど・みそ [@東京・中央区・京橋] 【515軒目/800杯目】

90b90711.jpg
さて、今回は店主さんのブログでお馴染み(?)京橋の「らーめんダイニング ど・みそ」にやって来ました。
らーめんダイニングと名乗るだけあってお酒類も豊富な様子。

最寄り駅は銀座線京橋駅ですが、有楽町駅や東京駅から歩いてもあんまり苦にならないかも。
車の場合は周辺でコインパーキング等が見つかると思います。
店内はカウンター8席で火曜日の20:00頃の到着で、先客は4名。あんまり皆呑んでないのね。

メニューは大きく分けて三種類。
みそのこってりに、みそ、しょうゆ。
あとはトッピングなどなど。

ビールがベルビュー・クリークの生なのがちょっと変わってますね。
あとは前述のとおり、焼酎やウィスキー系も豊富。
ひとまず、オススメのようなので「特みそこってり」をチョイス。
あと、話が前後しますが、やっぱり気になったので後から「ベルビュー・クリーク」を注文。
こちらは食券ではなく現金で。

さて、ラーメン。
モヤシの量があるので見た目は意外とボリュウムがある感じ。

平太の麺はやや堅い茹で上がり。
プツンとした歯触りが心地よいです。
一方のトッピングで載ってくるモヤシはシャキシャキしていい感じですね〜。
こちらのモヤシは炒めるのではなく茹でたものが載ります。
あとはコーンなど、味噌ラーメンっぽいトッピングも入ります。
玉子は普通のゆで卵かな。
こってりとしたラーメンにあってはシンプルな玉子の方が口直しになっていいですね。

またチャーシューはかなり柔らか。
個人的には好みとちょっと違いますが、トロトロの崩壊系のチャーシューが好きな方は嬉しいかと。

スープは僅かな辛さがあり、ピリッとしますが、麺との絡みも良く美味しく頂けます。
単体で飲んでみると、塩気はあまり感じないので不思議。
黒ゴマが口の中で弾けた時にいいアクセントになりますね。

こってりということで、油も背脂も多目。
それでもスルスル食べれちゃいます。
でも人によっては後からズッシリと来そうな気もしますね。
だからこってりと普通と分けているんだと思いますが。
総合的には満足度が高いラーメンでした。

場所柄、いろいろと大変かと思いますが、頑張って頂きたいですね〜。
あまり混み始めると「呑む」ことに重きを置けなくなりますが、果たしてどうなるんでしょうか?
今度は醤油なども試してみたいと思います。


らーめんダイニング ど・みそ
【東京都中央区京橋3-4-3】
11:00〜15:00,18:00〜23:00、土曜11:00〜15:00/日祝日休 ※材料切れ終了
特みそこってり ¥850-
ベルビュー・クリーク ¥500-


[GPS情報URL]
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=1&unit=0&lat=%2b35.40.19.75&lon=%2b139.46.17.07&fm=0
  
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 21:24Comments(2)TrackBack(3)││

2006年10月24日

ラーメン二郎 八王子野猿街道店2 [@東京・八王子] 【099軒目(21)/799杯目】

db073fcd.JPG
さて、なにかこう、ガシガシ麺が食べたいと思って、ちょっと悩んで野猿のラーメン二郎へ。

太郎を食べたから、次は本物を…という心境になったってのもある。

最寄り駅は京王堀之内。
車、バイクの場合は店舗裏にそれなりの台数分の駐車場が用意されています。

月曜日の21:00頃の到着。
雨だから、ひょっとしたら、空いてるかも〜てやって来ましたら、空き4席。

謎のテーブル席があるんですね〜。
うーん、席が空く前提で作ったけど、空かなかった時用の避難席でしょうか?

でも、気付いたら待ちも発生しましたが、8名ほどなので、すぐ回転する感じ。
天気が悪いのと週の頭なのが良かったみたい。

学生ばっかりで賑やかなイメージでしたが、意外に年配の方や、カップルもいてビックリ。
ビミョーに移転以来、客層が変わってきたのかもしれません。

さて、注文は野猿二郎オリジナルの和風BB。
食券に新しく「和風BBブタ」が出来てるんですね。
以前は、和風BBの食券+現金でやっていたはず…

ちょっと待って、トッピングを聞かれます。
「野菜ニンニク」で。

若い店員さんがもうほとんどやられていますね〜。
店主さんより野菜の量が多いかも。

麺もサクサク食べて、そうそうこういうのが食べたかったのよ。
野菜もブタもンマいね〜。
和風BBの特徴であるところの和風パウダーもスープと絡まってンマいですね〜。

しかし、ブタ増しだと、そろそろキツくなって来ました。
悲しいことですが(笑)、もう次回からは増さない方針で。

でも脂の塊みたいなのは入らず、柔らかで良かったな〜。

こんな感じにあまり待たないなら、野猿にはちょくちょく来たいんですが…うーん。


ラーメン二郎 八王子野猿街道店2
詳しくは後ほど
和風BB ブタ ¥900-


[GPS情報URL]
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=1&unit=0&lat=%2b35.37.34.60&lon=%2b139.24.16.51&fm=0
  
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 17:09Comments(4)TrackBack(2)││

2006年10月23日

麺屋 才蔵 [@静岡・焼津] 【514軒目/798杯目】

5bdf4a32.jpg
さて、今回は静岡県は焼津市の「麺屋 才蔵」にやってきました。
ご主人は中村屋出身だそうで、焼津でもなかなかの人気店みたいです。

店内はカウンター8席にテーブル1卓。
日曜日の18:45頃の到着で8割の入り。
店舗の前に駐車場が用意されておりますが、車以外のアクセスだとちょっと辛そうな立地。
それでも日曜の夜なのにそこそこ混んでいて、すぐ待ちが発生していたのは立派。

メニューは大きく分けて、塩、醤油、鶏油塩、鶏油醤油、鶏辛麺にトッピング違い。
それにビールとかご飯類とか。
かけラーメンってのがあるのがポイントでしょうか。個人的にはチャーシュー麺が無いのが寂しい(笑)
ということで鶏味玉塩

外装、特に看板がなかなか良く出来ているんですが、それだけでなく店内も高い天井と白を基調とした壁に効果的なロゴタイプの使い方が印象的。
とても良く出来たお店です。

さて、ラーメン。
見た目もこれまたなかなかキレイな感じです。

ストレート細麺は白っぽい麺で、茹で加減よく、なかなかンマイです。
スープは生姜の味がやや目立っているところが気になるくらいでこれまたすごく良く出来たスープ。
各旨味ももちろんバランス良く、麺とスープとのバランスも良く出来ています。
個人的にはちょっと油が強かったかも。

んで、ここで感動したのが、チャーシュー。
香ばしい風味がつけられたチャーシューは脂っぽいところは無いのに、すげー柔らかでなのに充分な厚みがあって、実にンマイです。
これまでのチャーシューで5本の指に入るくらい好みとドンピシャです。
かえすがえすも、チャーシュー麺が無いのが残念。
いやー、しかし、さすがレベルが高いお店でした。


麺屋 才蔵
【静岡県焼津市石津71】
11:00〜14:30,17:30〜21:00/木曜休
鶏 味玉 塩 ¥700-


[GPS情報URL]
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=1&unit=0&lat=%2b34.50.26.53&lon=%2b138.18.51.40&fm=0
  
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 21:10Comments(2)TrackBack(1)││