未整理のリスト


 

 

2006年09月10日

名代 三角そばや 秋田店 [@秋田・秋田] 【492軒目/748杯目】

4394a752.jpg
さて、今回は秋田市民市場の一角にある十文字ラーメンのお店「名代 三角そば」の支店に来てみました。
もちろん、本店は十文字にあります。

店内はカウンター8席にテーブル7卓。
15:30頃の到着で先客は無し。
おばちゃんが客席でくつろいでおり、市場内にあるので、生臭い(笑)
ちなみに秋田市民市場は所謂卸売市場ではなく小売りのお店。
魚介系なども安く、乾物などのお土産なども豊富にそろっているお店で秋田駅から徒歩数分、駐車場あり。

メニューは三角そぱに大盛三角そばのみ。
あと持ち帰り麺。
あとは季節限定の冷やし中華。こちらは品切れだったので終了してたかも。
とりあえず、大盛をチョイス。

注文しましたら、いきなり漬物を持ってこられました。
これもお持ち帰り品あり。商売上手!!

さて、ラーメン。
まず、特徴的なのは、麩が入っていること。
これはヒタヒタか、サクサクかと迷いましたが、迷う間もなく、普通にヒタヒタにすべきだろうと気付きました(笑)

麺は極細の縮れ麺。
シコシコとした歯触りもあって、なかなかンマイんですが、これ、伸びるの早そーと思う間もなく伸びてきた!!

チャーシューはパサパサ。
スープは焼き干しが使われているそうで、その風味が強めに出ていますが、基本的には澄んだスープで、シンプル。
これ、それなりにンマイんですけど、うーん、って感じ。
基本的には懐かしの中華そばって感じなんですが、こういうレベルのラーメンはどっかの地方の田舎でひっそりと営業しているお店で出会えそうな感じのラーメンなんですね。
つーか、そもそも支店が無ければ、ここもその通りなわけで。

不味くはないんですが、満足度的はどうなんだろう?
自信を持って、秋田に来たらぜひ食べなーとは言えない感じ。
微妙な商売っ気が鼻に付くような人は悪態ついて出てきそうな気もするしー(笑)


名代 三角そばや 秋田店
【秋田市中通4-7-35 秋田市民市場1F】
7:00〜17:00/市場休業日(不定)
三角そば 大盛 ¥800-


[GPS情報URL]
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=1&unit=0&lat=%2b39.42.44.55&lon=%2b140.07.45.74&fm=0
  

 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 22:21Comments(0)TrackBack(1)││

2006年09月09日

麺屋 我龍 [@埼玉・北坂戸] 【491軒目/747杯目】

a005659c.jpg
さて、今回は坂戸にあります「麺屋 我龍」に来てみました。
北坂戸の駅からは徒歩圏内で、車の人は駐車場が用意されています。

が、駐車場が分かり難い!!
案内図のファミマつぶれてるし。

指定された駐車場はコインパーキング。
?と思ってると提携店に名前があり、なるほど、と駐車。
ところが駐車券が必要で、普通あのスタイルの駐車場で駐車券があるなんて思わないって!
料金支払機を操作して駐車券を発行するらしい。
なんてややこしいんだ!
ほんで駐車コインを貰って駐車場で清算するらしい。
もう、いいじゃん普通にコインだけくれれば。

と車を止めて店に入るまでで一苦労(笑)
あ、でもここまでの事は案内図に書いてありますので、こういう説明をキチンと読むタイプの方なら大丈夫。

メニューは我龍ラーメンにつけめん、つけ坦々に塩ラーメン、鶏そばは数量限定で30食限定。
とりあえず、つけ麺チャーシューめんの大盛をチョイス。

店内はカウンター14席にテーブルが3卓。
土曜日の22:00頃の到着で先客は3組ほど。

さて、つけ麺。
具などは麺側にある、小○さん的にはキライなパターン。
しかも、ツケダレはヌルく、これも残念。
甘味や酸味に頼らない今どきな感じのツケダレなんですが、保温だけでなく撹拌もイマイチな感じ。
ツケダレにレンゲ付きなのが謎。食べにくいってば(笑)
ただ、魚介系…鰹系などの旨味は良く出ていて、撹拌しつつ食べればなかなか。

んで、麺側に載せられたチャーシュー冷たく、脂身も凝固していて、正直イマイチ。
チャーシューもちょっと焦げ臭い感じでやや苦く、その苦味も麺に移っていてイマイチ。
持ち帰り用のチャーシューも販売しているんですが、ちょっとなー。

麺は極太麺で弾力がありながら、最後の最後でプツンと切れて心地よいです。
この麺はなかなかにンマイです。
ここ最近でのヒットですねー。ベスト5くらいに入るかも。
いろいろ不満はありましたが(笑)、総合的には麺の茹で具合の良さで救われたかな、と。

あとはツケダレをゴリっと暖めて頂いて、チャーシューをもっと苦味のないように作っていただいて、かつ暖めないまでも冷たくない程度にしてくれれば…って
やっぱ注文多いか;;;


麺屋 我龍
【埼玉県坂戸市末広町5-1-101】
11:00〜14:30,17:30〜23:00、土日祝日11:00〜23:00/火曜休
つけチャーシューめん ¥1,000-
大盛 ¥100-


[GPS情報URL]
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=1&unit=0&lat=%2b35.58.15.73&lon=%2b139.23.55.78&fm=0
  
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 23:29Comments(4)TrackBack(1)││

2006年09月08日

ら〜めん 大久保家本舗 [@神奈川・相模原] 【490軒目/746杯目】

f2dd30c7.jpg
さて、今回は店主のブログを読んで気になっていた相模原にあります「ら〜めん 大久保家本舗」さんに来てみました。
名前からすると家系っぽいですが、違います。

最寄りはJR相模原駅でけっこう歩きます、車の場合は駐車場があります。
すぐ目の前は米軍相模原総合補給廠。

店内はカウンター10席ほどに手作り感のある小上がりが1席。
外観から想像するより、煤けた店内でちょっと意外でした。

メニューは、豚骨醤油に味噌の各ラーメンに、つけ麺に激辛メニューの赤鬼に期間限定の冷やし坦々麺。
あとはおつまみ類に生ビールにサワー類といったところ。
ちょっと迷って、チャーシュー麺をチョイス。
大久保麺ってのも気になったんですが…

さて、ラーメン。

麺は細めのストレート麺。
ややほぐれてないところがあったのが気になりましたが、茹で加減等は悪くないです。
でもちょっと匂いがあるかなぁ。

チャーシューは温めてから載せていて、スープを冷やさないのはいいんですが、イマイチ堅いんですよね。
脂身もそれなりにあるんですが、パサつく感じもあり、ついでに言うとあんまり味がしないんです。
醤油の味がしないのではなく、肉の味もしない感じ。正直、頂けない。

んで、スープの方は表面の油が保温効果があるのと前述のとおりチャーシューも温めているので、熱々。
ラーメンは熱いだけで正義ですから(笑)、これだけで嬉しくなっちゃう。
やや塩味が強く出ている感じの豚骨スープ。
後味は決して悪くないんのですが、塩気が強く印象に残り、言い換えるとそれ以外はあまり印象に残らないです。

総合的には不味くはないんだけどなー、という感じ。
ちょっと期待して来すぎたかも(笑)
つけ麺や冷やし坦々も気になるので、次回はそちらで。


ら〜めん 大久保家本舗
【神奈川県相模原市宮下本町1-8-2】
11:30〜15:00,19:00〜26:00日・祝日12:00〜15:00,17:00〜24:00/月曜休
※祝日の場合は翌日休
※土日祝日はスープ切れ終了あり
チャーシュー麺 ¥850-


[GPS情報URL]
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=1&unit=0&lat=%2b35.35.13.30&lon=%2b139.22.33.32&fm=0
  
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 18:24Comments(0)TrackBack(0)││

2006年09月07日

にんにくや 谷保店 [@東京・谷保] 【001軒目(22)/745杯目】

5e5805aa.jpg
さて、久しぶりに「にんにくや」さんに来てみました。
前回は小平だったので、ある種、ホームにんにくやの谷保へ。

お店はJR谷保駅からちょっと歩いた商店街の一角にあり、またその一角にコインパーキングがあります。
店内はカウンター10席ほどで食券を買うスタイル。
替え玉に関しては現金でも大丈夫。

水曜日の深夜、24:00先客は1組でしたが、後客もコンスタントにやってきてはいました。
ただ待ちは発生しない程度。

メニューは限定の担々麺は終了していたので、基本のらーめんと味噌らーめんにトッピング違い。
あと、谷保店名物の高菜。
味付玉子は9月中旬まで休止中。
今回はのりチャーシューめんと高菜をチョイス。

さて、ラーメン。
久しぶりの谷保のにんにくやですが、やっぱりいつも変化しているような印象があります。
以前より脂が抑え目になり麺が堅くなったように感じますが、どうにも小平の印象とだぶってしまってダメですね。
そもそも、ここ訪問回数の割にメニューのバリエーションが無いので、書く事無くなって久しいです(笑)。

まー、久しぶりに来た理由はちょもらんまのチャーシューが案外美味しかったので、にんにくやのチャーシューが食べたくなったのと、他のとある店で(失念)あまりに海苔がイマイチだったのがひっかかっていたため。
ほんと、ここの寿司海苔はサラッと崩壊するのにスープを濁すことなくてンマイんですよね。

で、替え玉して満足満足。
正直、あまりにいろいろなラーメンを食べ過ぎたこともあり、最初の頃の感動はもう無いんですが、未だここのチャーシューはンマイなぁと思ってしまいます。
また、しばらくしたら、来たいですねー。
あ、ちなみに営業時間変更を検討されていましたが、当面このままみたいです。


にんにくや 谷保店
【東京都国立市富士見台1-8-9】
19:00〜26:00/日祝日休
のりチャーシューめん ¥1,000-
替え玉 ¥100-
高菜 ¥200-


[GPS情報URL]
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=1&unit=0&lat=%2b36.23.03.15&lon=%2b138.13.34.77&fm=0
  
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 20:50Comments(4)TrackBack(0)││

2006年09月06日

らーめんの 円熟屋 [@山梨・中央] 【489軒目/744杯目】

e6b83420.jpg
さて、今回は諏訪の「一矢」の2店舗目にあたる山梨にオープンしました「円熟屋」さんに来てみました。
ぽっぽっ屋から見ると孫店舗になるのかな。

JR身延線の常永駅が最寄りかな?歩くと結構ありそう。
車の場合は駐車場が用意されています。
住所的には山梨県中央市。
えっと、市町村合併で出来た新しい市ですね。概ね、甲府近郊といっていいでしょう。

店内はカウンターのみで11席。
日曜日の14:45頃の到着で先客は無し。

若い店主らしきお兄ちゃんとお母さんくらいの年齢に見える女性の二人で営業されています。
かと思ったらもう一人いた。製麺でもしてたのかな。

とにかく、お母さんの接客がいい感じで、お兄ちゃんもお母さんに味を相談していたりして謎です。
ただ、お兄ちゃんの方はあまり愛想良くなく(笑)、また丼を暖めた水は麺茹で機ではなくシンクに捨てて欲しい(笑)

メニューはしょうゆやみそのラーメンにつけ麺。
あとは、限定で面白い事をやってるみたい。
最初に食券を買うスタイル。
いろいろお酒なども揃っていますので、飲んじゃいたいですけど、ロケーション的にはなぁ。
このへんは「一矢」も同じなんですが。

食券の自販機には大盛が見当たらず、中盛だけというのが気になります。
つーか、中盛券2枚で大盛ってことでOKなのかなぁ?
ラーメンの方はいろいろ味が調整出来るようで、ソース増しなんてのも出来るみたい。

さて、つけ麺。
具などは基本的には麺側に。
チャーシューはサッと湯通ししてあります。
これは面白いですね。もうちょっと長く通さないと温かくならないですけど、水っぽくならないあたりを狙っているのかな。
とりあえず、冷たくないだけでも嬉しいです。

節系の強く効かせた醤油ツケダレはあまり量が多くないです。
所謂、ざるラーメンみたいなものを想像して頂ければ、遠くない感じ。
表面に油が浮いているんですが、これだと海苔はいらないかなぁ。
海苔をツケダレにつけても油だけ持ち上げる感じになりますし。

んで、自家製と思しき、中太の麺はモチモチ感もあって、なかなかンマイです。
これ中盛だと足りないかもなぁ(笑)

総合的にはこれまたなかなか美味しいお店で、一矢さんよりは近いということで、また行って見たいですね。
先月あたりは二郎風の限定メニューをやっていたので、要チェックですね。


らーめん 円熟屋
【山梨県中央市若宮46-1】
11:30〜15:30,17:00〜21:30/2006年9月は無休
特・つけめん ¥790-
中盛 ¥100-


円熟屋
[GPS情報URL]
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=1&unit=0&lat=+35.36.34.68&lon=+138.32.39.37&fm=0

  
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 19:02Comments(2)TrackBack(1)││

2006年09月05日

俺らラーメン ちょもらんま [@長野・松本] 【488軒目/743杯目】

d8668f18.jpg
さて、今回は松本市にあります「俺らラーメン ちょもらんま」さんに来てみました。
最近、小○さん的に気になるのは「変な名前の店」か「妙に小洒落た外観や内装の店」なんですが、こちらはダブルで当てはまるわけです。

お店は、南松本駅から歩くとちょっと歩く感じ。
国道19号線からは脇に入ったところにあり、駐車場も用意されています。

店内はカウンター状の長テーブル席が7席に2人掛けテーブル席が4卓、小上がりに座敷席といった感じ。
外の看板のところもそうなのですが、足場板をうまく使った内装はなかなか洒落ていていい感じ。
ちなみに電照看板の方はなんとなく昔のユニクロを思い出させます。

メニューは鯵しょうゆに鯵チャーシューがそれぞれ背脂ありとなしがあって、あとは、コクとり塩にコクとりチャーシューにカレーラーメンといったところ。
ひとまず、看板メニューとも言える「鯵チャーシュー」を背脂アリで。

さて、ラーメン。
もう匂いからして、なるほど、鯵ですねー。

チャーシューは適度な脂身ながら、柔らかく、なかなかンマイんですが、味がもう少し付いてたら嬉しかったかな。
基本的には好きなタイプのチャーシューです。

麺は中くらいの縮れ麺。
もっちり感もあって、スープとの絡みも良い方だと思います。

背脂はさほど強くは無く、むしろ拍子抜けするほど。

鯵の風味はそれなりに強く、特徴的に仕上がっています。
背脂なしを選ぶとより風味が引き立つんでしょうけど、一般的には背脂ありの方が美味しいと思う人が多いのかもしれないですね。
個人的にはなしを選んでも良かったかも知れないです。

それにしても、スープはなかなか後を引きますねー。
もう少しだけエグミが抑えられていると嬉しいかな。

総合的にもなかなかレベルが高いような気がしますし、なにより替えが効かない味なのがいいですね〜。


俺らラーメン ちょもらんま
【長野県松本市宮田4-13】
11:30〜15:00,18:00〜21:00/水曜・木曜休
鯵チャーシュー 背脂あり ¥950-


[GPS情報URL]
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=1&unit=0&lat=%2b36.12.21.06&lon=%2b137.57.44.47&fm=0
  
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 22:18Comments(0)TrackBack(0)││

2006年09月04日

拉麺酒房 熊人 [@長野・上田] 【487軒目/742杯目】

dc1993c2.jpg
さて、今回はなかなか来にくい上田にあります「拉麺酒房 熊人」さんに来てみました。
気にくいのはロケーションもありますが、営業時間の短さもあります。

最寄り駅は上田電鉄の赤坂上駅ですが、結構歩きます。
もちろん駐車場も用意されていますが、外観はほとんど民家なのでわかりにくいです。
しかし、ここを最初に見つけた人が偉いと思いますね(笑)

店内はカウンター6席に座敷席6卓。
先客は3組。
メニューは醤油拉麺につけ麺が基本。
ちなみにつけ麺だと「かけつけ麺」にあたり、醤油つけ麺だと具有りとなります。
また50円増しで長野県産の石臼挽き小麦粉「夢あさひ」を使用した麺になります。

で、ノーマル麺、夢あさひ麺、太麺をそれぞれ1玉づつ盛る3種盛というのもあります。
一応、全部食べたかったのでつけ麺の3種盛をチョイス。

ここで、反省をこめつつ、お詫び。
実は、この日、ちょっと体調が悪いけど、まぁ、大丈夫くらいのコンディションだったのですが、お店について、注文したあたりからみるみる具合が悪くなり、つけ麺が到着したあたりでもうフラフラ。
なんとか食べてお店を後にしたあと、そのまま上田市内の病院に向かうという失態でございました。
小○さんを始めて以来、一回もやらなかった麺を残すということをしてしまいました。
本当にお店の方に申し訳ないです。決して不味かったから残したのではないです。
(結局、薬飲んでサラッと直ったわけで先に病院行けば良かった)

というわけでリポートの方も体調の関係で、ちょっと怪しくなりますので、サラッと。
細麺は細麺で美味しく、そして夢あさひ麺はまるでそばのような見た目ですが、風味は蕎麦のそれではなく、独特の風味があります。
それを醤油とダシの風味が強いツケダレにつけて頂きます。これはンマイ!!!

ただ太麺は個人的にはちょっといまいち。
確かにあまり見ないタイプの麺ではあるのですが、もうちょっとプツンとした歯応えが欲しい感じです。
茹で具合の関係でしょうか。
一方の細麺の方は細いながらもコシがあってンマかったですねー。
予め割スープもついてきて、薬味が皿に入ってくるほか、お通しがまずやってくるなど蕎麦屋さん的ムードもあります。

拉麺酒房を名乗るだけ有り、こう日本酒でも頂きつつ食べたいんですが、営業時間とロケーションがなぁ(笑)
今度は万全の体調でリベンジしたいと思います。


拉麺酒房 熊人
【長野県上田市上田原1588-4】
11:30〜L.O.14:00/月・火曜休
つけ麺 ¥650-
3種盛 ¥450-


[GPS情報URL]
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=1&unit=0&lat=%2b36.23.03.15&lon=%2b138.13.34.77&fm=0
  
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 18:21Comments(4)TrackBack(1)││

2006年09月03日

ラーメン屋 はる太郎 [@東京・八王子] 【450軒目(5)/741杯目】

a4a35554.JPG
さて、今回は久しぶりに八王子の「はる太郎」さんに来てみました。
あまりお客さんが入っていない時間帯もあるようで、いつも待たずに食べられるのは、ピーク時に来たことないからかも。

場所的にはJR八王子駅から近い繁華街の一角にあり、周辺にはいくつかのコインパーキングがあります。

メニューはうにバターラーメンにラーメンに厚切りチャーシューメンにつけ麺。

今回は前から気になっていた疑問を晴らすべく、「チャーシューつけ麺って出来ます?」と問うてみましたら、200円増しで可能とのことで、そちらを注文。

もう一つの麺茹で機で茹でるのとフライパンで茹でるのと同じメニューでも茹で方が違う謎は解けずじまい。
今回は麺茹で機で。
注文の入りっぷりとかと関係あるのかな。

さて、つけ麺。
二層スープのツケダレという謳い文句は未だにピンと来ませんが、なんというか今のトレンドとも大勝軒などのオールドスタイルとも違う旨さがあります。

各メニューとも独特な作りで、そこそこに美味しいんですけどねぇ。
いや、頑張って頂きたいです。


ラーメン屋 はる太郎
詳しくは後ほど
つけ麺 ¥700
大盛 ¥100


[GPS情報URL]
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=1&unit=0&lat=%2b35.39.16.83&lon=%2b139.20.17.23&fm=0
  
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 00:06Comments(5)TrackBack(0)││

2006年09月01日

らー麺 隼 [@東京・八王子] 【460軒目(2)/740杯目】

5544dbf7.jpg
さて、今回は楓の新店舗「隼」で、つけ麺が増えたというのをさやぴぃさんのところで知って来てみました。
味噌専門店なので、もちろんつけ麺も味噌。

店内はカウンターのみで8席。
食券を自販機で買うスタイル。
コインパーキングはちょっと離れたところにあり、JR八王子駅の南口から徒歩数分といった立地。

18:00ちょっと過ぎの到着で先客はナシ。
このつけ麺、昼・夜各10食限定ということで、早めの訪問が吉かと。
隼特製スパイスというのが卓上に用意されていますが、これが楓のものと違うかどうかは不明。

麺はラーメンのものとあまり違わないように見えますが、茹で時間が違ったような…。
冷やして締める時間を計算に入れて後から茹で始めたのかもしれませんけど。
んで、氷を入れたボールを使って、ゴリッと冷やし、丹念に水切りして、到着です。

麺の方には白髪ネギにマー油がかかったものと、青ネギがパラリと添えられていて、楓っぽい盛りつけ。
ツケダレの方はラーメンよりはちょっと魚介が強く出てるのかな。
味噌の風味が効きつつも、若干辛さもあって、複雑な風味ではあるんですが、うーん、池谷のアレの次だと薄く感じてしまいますね。

そういう意味では麺も物足りなく感じてしまって、歯応えやのど越しというよりは麺自体の風味の面でなにか物足りなく感じました。
これ、ツケダレがもっと濃厚というか濃いめだと合うのかもしれないですね。
限定数からいくとあまり贅沢は言えないですが、こうもっとモッチリと強い麺の方が味噌つけ麺には合いそうだけどなぁ、なんて素人考え。

見た目に美しいマー油がけの白髪ネギも対処にちょっと悩む感じ。
えいや、とツケダレに麺とともに投入し、口中に放り込むとニガーイとなるわけで。
これは全体に麺をかき混ぜてから頂くのか、早めにツケダレ側に投入してしまうべきなのか、ちょっと悩ましいところ。

決して不味くはないんですが、ちょっと好みとズレてしまった感じもあり、また食べたいなーとはあまり思いませんでした。
限定数も少ないですからね。時間ねらっていかないといけないですし。

ただ、これから涼しくなるにつれ、味噌ラーメンの方がまた気になってきますし、「白飯」というメニューが出来まして、それはご飯をスープに投入しておじや風にして頂くというので、同行者がやっていたのをちょっと貰いましたらなかなかンマかったので、今度は自分もそちらの方で。


らー麺 隼
【東京都八王子市子安町1-29-3】
18:00〜24:00/日曜休
つけ麺 ¥780
チャーシュー ¥250


[GPS情報URL]
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=1&unit=0&lat=+35.38.55.41&lon=+139.20.33.19&fm=0

  
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 19:38Comments(0)TrackBack(1)││

2006年08月31日

池谷精肉店 [@東京・秋川] 【129軒目(7)/739杯目】

0715a93f.jpg
8月限定の「我流つけそば」がンマかったので、最後にもう一度…と秋川の池谷精肉店にやってきました。

水曜日の18:50頃の到着でほぼ満席ながら待ち無しで着席。
これはラッキーでした。
19:00を過ぎたあたりで続々とお客さんがやってきて、15〜6人は並んでいましたからね。

前回はサラッと大目で食べたんですが、今回はガッツリと特我流つけそばを特盛で。
ちなみに、並と大目は同じ値段。
大目だと300g、大盛だと50円増しで400g、特盛だと100円増しで500gとなります。
自家製のモッチリとした太麺を100円増しで200g増やせるってのは嬉しいですね。

さて、我流つけそば。
もうお別れかと思うと、残念ですが、やっぱりこれ、しょっぱンマー!!!
大量に振りかけられた背脂がキチャナイですけど(笑)、見た目ほど脂っぽくなく、極太麺には濃い味ってのは正義だぜーと思っちゃうほどンマイ。
魚介系も効いていますし、ジャンクかもしれないけどいいですねー。
もちろん好みがわかれるところでしょうから、なんだこれ!!という人も多そうですけど。

んで、この太麺。
今日は前回よりはモッチリ感が弱い気がしましたが、これもなかなかにンマイですね。
我流つけそばの暴力的なツケダレとのコンビネーションで普段のつけそばより美味しく感じます。

で、「特」になると鶏ワンタンがつくのですが、これも熱々で美味しいんですけど、つけ麺と合わせることには若干の疑問が。
皮も半透明のツルツルで美味しいですけど、もっと強い皮の方が好きです。
あとのトッピング類は、特盛の麺を投入してワシワシ食べている間にどっかにいってしまったほど柔らかいチャーシューにちょっと堅めの半熟玉子に茎ワカメ
など。

んで、最後に自分の中の天使が「危ないよ、スゴい塩分だよ、スゴい脂だよ」と囁くなか、自分の中の悪魔が「いや、このツケダレ、割ったら絶対ンマイって、もう最後だぜ、このメニュー」と大葛藤。
最終的には悪魔の勝利で、スープ割を。
さすがに全部は飲みませんでしたが、ググッと和の感じになってこれも良かったなー。

というわけで、もっと早く知っていれば良かった…という我流つけそば。
ここ最近のつけ麺の中では最高のお気に入りですねー。
次回はつけそば食べたい気持ちを抑えて我流ラーメンを頼んじゃいそうです。
あと、レギュラーメニュー化希望。


池谷精肉店
【東京都あきる野市秋川1-2-5】
11:30〜15:00、18:00〜21:00 土曜11:30〜21:00 ※麺切れ終了/月曜休
我流つけそば ¥700-


[GPS情報URL]
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=1&unit=0&lat=%2b35.43.30.02&lon=%2b139.17.30.77&fm=0
  
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 13:42Comments(2)TrackBack(0)││

2006年08月30日

釜玄 ラーメン専門店 竹の家 [@東京・八王子] 【486軒目/738杯目】

10478596.jpg
さて今日は「あれ、ここ取り上げてなかったっけか」という感じの八王子の放射道路沿いの老舗「竹の家」さんに来てみました。
このブログ始める前には行ったことのある店なんですけども。

店舗はなかなかに渋く、カウンターが23席にテーブル5卓くらいと非常に広め。
ただ時間が悪かったのか、火曜日の15:30頃の到着で先客は1名。
後からもポツリポツリといった程度の入り。
渋ーい店舗の気だるい午後ということもあって客層も渋い感じ。
看板の「釜玄」とか「オートボイル式」って文字もちょっと気になります。
正式な屋号は「釜玄 ラーメン専門店 竹の家」でいいのかな?

ロケーションとしては、JR八王子駅からは徒歩数分で、周辺にいくつかのコインパーキングがあります。

で、入ってすぐのカウンターで食券を購入します。
この食券は昔の学食みたいなプラスチックのプレート。
右手のカウンターには古風な大釜に古風な麺茹で機。
この麺茹で機、ザルがいくつも円周上に並んでいて、一周する間に茹で上がり、湯切りをして(してないかも)、ドンブリに投入するという一連の動作をやってくれるものです。
ちょっと都まんじゅうや金萬製造機に通じるものがありますね。あ、あとこういう焼き鳥マシーンも見たことあるような…。

メニューはかけラーメン、ラーメン、チャーシューメン、冷やし中華といったところ。
ひとまず、チャーシューメンをチョイス。

さて、ラーメン。
所謂八王子系とはちょっと違う、シンプルでかつ懐かしい感じの醤油ラーメンです。
トッピングはメンマと長ねぎ、あとチャーシューにチャーシューの裏に貼り付いていて気付かなかった海苔。

中太の麺は縮れが強く、いい加減に茹でているように見えて、さすが機械なので、ベストな茹で上がり…なんでしょうね。
スープとの絡みも良く、スルスルと頂けます。

チャーシューもまたレトロスタイル。
やや堅めながら、決してパサパサではなく、シコシコという表現が使えるような歯触り。
いろいろ巡り巡ってこういうチャーシューも最近好きなんですよね。
ただ、一般的には古くさいチャーシューとして一蹴されちゃいそうではあります。

そして、スープは醤油醤油醤油!!といった感じ。
基本、醤油です。
さほど、しょっぱくは無いですが、印象としては醤油。
もちろん、豚骨やら鶏ガラやら煮干やら昆布やらのダシも効いているのですが、古くからある醤油の風味で食べさせる醤油スープです。
これが、意外と後をひきます。

随分、ご無沙汰で、最後に食べたときの印象で敬遠していたところがありますが、意外と悪くなかったな、という感想を持ちました。
渋いお店の雰囲気もいいですしね。
そういや、最後に行った時はピークタイムに近く若干殺伐としていたことも敬遠材料でした。
あと、ひょっとしたらですが、一時より味的にも盛り返して来たのかもしれません。

古くからある老舗のラーメンをプラッと買い物帰りに寄って帰るお婆さんなんかがいて、なかなか粋でいいなぁ、と。
ひょっとしたら、チャーシューメンなんかを頼むのは無粋で、かけラーメン(¥400-)をいただくべきなのかもしれません。
…って、んなこたないか。


釜玄 ラーメン専門店 竹の家
【東京都八王子市中町4-2】
10:00〜19:30/水曜・第3木曜休
チャーシューメン ¥800-


[GPS情報URL]
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=0&unit=0&lat=%2b35.39.29.56&lon=%2b139.20.12.12&fm=0
  
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 16:33Comments(2)TrackBack(1)││

2006年08月29日

中華そば 椿 [@東京・足立区・西新井] 【485軒目/737杯目】

456d68d4.jpg
さて、今回のお店は西新井にオープンして以来、各所で話題のお店「椿」に来てみました。

ロケーション的には西新井の駅から徒歩数分で、車の場合は周辺にコインパーキングがいくつかあります。
店内はカウンター10席にテーブル1卓4席。
日曜日の17:15頃の到着でほぼ満席。

内装はなかなか凝っていて、噂のファミレスのドリンクバーみたいなコーナーから水と氷をセルフサービスで汲むわけですが分かりにくい(笑)
蛇口のバランスも微妙だし、特に氷の位置がわかりにくい。
苦労して水を汲んで席についてふと目をカウンター上にむけると、普通に冷水ポットが置かれていて脱力したりします。
ただ、かめに蓋したような椅子や古材を使ったカウンター上部の意匠が面白いですね。

音楽もなかなかに若者向けですし、液晶モニターで映像を流していたりします。
この日の映像は「猿の惑星」かな。
年配のたぶん店主夫婦にバイトのお兄ちゃんという構成に見えますが誰の趣味なのか…
意外にあの店主が若い趣味かも知れませんし、コンサルの指導なのか、はたまたバックに大手資本があるのか…

メニューは中華そばとつけめんにそれぞれ特製にトッピング類。
書いていて青葉と同じ構成だと気付きました。
あと、アンデス高原豚を使ったハーブ焼豚は1500円の持ち帰り用あり。

中華包丁に中華まな板を使って切られるハーブ焼豚はなるほど、なかなかンマイですね。
ちょっと武蔵武骨を思い出しましたが、あちらの汚らしい切り方ではなく、慎重に丁寧に切っておられました。
んで、この焼豚、ツケダレ側に無いのですが、温かくはないのですが、冷たくもないのでまぁいいかな、と。
部位によってはやや脂身が多めのこともあり、そこはイマイチ。
ただ、味付けもさほどツケダレに影響することなくてイイ感じです。
水菜などの具も見た目に美しくて、これまた今どきのつけ麺な感じ。

小麦粉とタピオカを合わせた麺は太麺でラーメン系とは違うもの。
モッチリした中にも堅めの独特の歯応えでンマーイ。
ただ、水切りがイマイチなのは残念。

んで、ツケダレは熱々。
煮立たせるようで表面に小さな泡が浮いています。
魚介系を効かせた今どきのつけ麺のツケダレ味で、酸味や甘味はあまり前に出てきません。
麺とのバランスもなかなかに良く、なるほど話題の新店なわけです。

総合的にもなかなか美味しいんですが、やはり失礼ながら店主さんの見た目と味付け、店の雰囲気のギャップが気になりますねー。
流行りそうなラーメン屋にきちんと仕立てて来ているわけで、もしコンサルとかがついていないのであれば、スゴいの一言です。
このへんの謎は後でいろいろググって(←日本語はいいらしいですよ;;)調べてみようかな。


中華そば 椿
【足立区西新井栄町2-19-2】
11:00〜15:00,17:00〜22:00/水曜休
特製つけめん ¥950-


[GPS情報URL]
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=0&unit=0&lat=%2b35.46.33.73&lon=%2b139.47.08.84&fm=0
  
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 18:11Comments(0)TrackBack(0)││

2006年08月02日

八王子 屋台屋 [@東京・八王子] 【188軒目(2)/716杯目】

a9788b1a.jpg
さて、今回は懸案の「八王子 屋台屋」さんに来てみました。
以前、くまざわ書店の裏で使われていた屋台をどかーんと入れてしまった大胆なお店ということで気になっていました。
※一応、軒数的には連番扱いにしました

駅からはやや離れていますし、駐車場もちょっと離れたところにしかないので、かなり行きにくい感じのお店ですが、営業時間が妙に長いので、そういう意味では行きやすいでしょう。
メニューは醤油あっさり、醤油こってり、塩、味噌。
あと、ネギ豚飯に深夜のみのラーメン茶漬なんてメニューがあります。

店内はカウンターが数席、屋台をはさんで大きめのテーブルがひとつ。
屋台はリヤカー部分が取り払われ、法律に適合させるために換気扇なども目立たないようにですが取り付けられています。
なんでも屋台を入れるために、いったん壁を壊してから入れたそうな。拘りですね。

ご主人は元々は博多にいたそうで、博多の屋台の雰囲気もイメージされたとのこと。
確かに言われてみれば、博多の屋台ってこんな大テーブル出して、こんなテレビが脇に置いて有りますね(笑)
そんなわけでテーブルのあたりは夜の街のイメージが壁面に描かれています。
これは美大生に書いてもらったとのこと。
あと、チャルメラと街の喧騒のBGMも用意して有るとか…すげー!!
そんなわけでビールを飲みつつ、つまみを食べつつ、ラーメン食って帰るってのがいい感じなんでしょうね。

さて、ラーメン。
そんな話を聞きつつ頂くとストレートの細目の麺が九州っぽいかも。
茹で加減も悪くなく、スルスルっと頂けます。

ただスープなんかは普通に関東地区のオーソドックスなラーメンスープといった感じ。
ベースのスープから各ラーメンを作り分ける感じですね。
醤油のこってりは背脂が多めに載っています。

チャーシューなんかもなかなか良く出来ていますね。
全般的になかなかに美味しいかも。

ただ、一緒に頼んだネギ豚飯に落とし穴が。
これが、すげーしょっぱいの。
たぶん今までの人生の中で食べたドンブリもののなかで一番しょっぱいと思う。
たぶんなにかの間違いがあったと思うんですが、このせいで実はラーメンの味がほとんどわからなくなってしまったんですね。
ラーメンスープがチェイサー的な(笑)

基本的にはなかなか美味しかったと思いますし、深夜メニューのラーメン茶漬けも気になります。
今度はビール飲む!!と決めて来ようかな。
とりあえず、ご主人は今のところ1人で(バイトが入るときもあるけど)、8時の仕込みから4時の閉店までいるってんだから、スゴいわ。
頑張って頂きたいですねー。


八王子 屋台屋
【東京都八王子市本町33-2】
11:00〜14:00頃 17:00頃〜翌4:00/月曜休
醤油ラーメン こってり ¥650-
ネギ豚飯 ¥350-


[GPS情報URL]
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=1&unit=0&lat=%2b35.39.37.58&lon=%2b139.20.8.78&fm=0

  
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 21:36Comments(0)TrackBack(0)││

2006年08月01日

天下一品 八王子店 [@全国チェーン] 【044軒目(16)/715杯目】

347256b6.jpg
すげー久しぶりに天一こと「天下一品」へ。

どれくらい久しぶりかと言うと、約半年ぶり。
そっかー、そんなに来てなかったかぁ。
どうりで、ベッキーの丼とかが当たるキャンペーン知らないわけだ(笑)

ちょっと迷って「餃子定食」
ラーメンは青ネギチャーシューメンに。

さて、久しぶりの天一。
やっぱり八王子店の麺の茹で具合はなかなか。
シコシコとした歯ごたえが楽しめます。

薄切りのチャーシューや山盛りのネギは関西っぽく、やっぱり京都発祥だよなぁ、という印象。

そして、天一の特徴のドロッとしたスープ。
知らない人はきっと怒り出すと思う(笑)

んでこういう特徴的なものは、大袈裟に記憶してたりするので、実際に食べてみると「あれ?意外に薄いじゃん!」となりがちですが、さすが天一、「やっぱり濃いわ」と思いますね。

最後はご飯とともに。
うーん、満足。
やっぱ、たまには来なきゃダメだわ。


天下一品 八王子店
【東京都八王子市東町12-7】
11:00〜27:00 日曜11:00〜23:00/無休
青ネギチャーシューメン ¥950-
(餃子定食化 +\250-)


[GPS情報URL]
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=1&unit=0&lat=+35.39.17.1&lon=+139.20.27.5&fm=0
  
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 21:45Comments(2)TrackBack(0)││

2006年07月31日

ラーメンショップ チャイナタウン [@秋田・秋田] 【471軒目/714杯目】

43f32068.jpg
さて、今回は秋田市は卸町にある「チャイナタウン」に来てみました。
繁華街から続く道が国道にぶつかる交差点の角に立っていてそこそこ目立つお店です。

駅から歩くのはやや辛い距離ですが、駐車場が用意されています。
店内は、カウンター14席程度にテーブル6卓。
平日の19:45頃の到着で先客は3組。

メニューはみそ、しょうゆ、しおのチャンポンに各大盛、夏期限定のチャーシュー麺、餃子にイカ餃子にビールといったところ。
この「チャンポン」が曲者で、所謂よく見るちゃんぽんとは別物のよう。
ちょっとしたローカルグルメみたいなものを想像して頂ければよろしいかと。
この店に来るのはすげー久しぶりなので、ちょっと迷ってから「みそチャンポン」をオーダー。

店員は3人もいますから、そこそこ儲かっているのかも。
茹で上がった麺にフライパンで仕上げた餡をかけていくスタイルで調理しています。
厨房内禁煙という貼り紙が泣かせます。

さて、チャンポン。
ドンブリになみなみと注がれた柔らかめの餡が利いているせいで、兎に角熱い!
アツアツハフハフと頂くより他はありません。

んで、あまり味噌は強くないですが、それなりの塩気はやっぱりありますね。

麺は中太麺。
やや柔らかめの茹で上がり。
そこそこ量があるので、餡と合わせて食べていると見る見るお腹一杯になる人もいるのでは?
一応、ミニサイズも用意されています。

まー、なんというかちょっとビミョーなチャンポンですが、こうやってピカピカのお店に建替えられるくらい支持を受けているわけです。
また、タケノコ、イカ、木耳、白菜、ネギ、エビ、豚肉などといった具材もたっぷり入っているので栄養的にもよろしいかと思います。

んで、最後に辛味噌を入れて食べるとまた雰囲気が変わって面白いです。
これ、辛味噌が最初から入ったメニューがあっても面白いですね。

全般的にちょっとくたびれた感じはするお店ですが、いやいやそれでもコンスタントお客さんが入っているのでさすが。
量も充分だし、なにより熱いのは正義です(笑)

しかし、ここで修行した人が真剣にこのタイプのチャンポンを改良してより美味しくしたぜーみたいなお店がもしあるのなら、そちらにも是非とも行って見たい感じですねー。
関東地区でも充分にやっていけると思うんだけど。


ラーメンショップ チャイナタウン
【秋田県秋田市卸町2-2-1】
11:00〜15:00 17:00〜21:00/月曜休
みそチャンポン ¥800


[GPS情報URL]
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=1&unit=0&lat=%2b39.42.03.76&lon=%2b140.06.34.57.18.23
  
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 23:50Comments(0)TrackBack(0)││

2006年07月29日

藍華 [@東京・八王子] 【022軒目(11)/713杯目】

7188f916.jpg
さて、前の日にそこそこのつけ麺を食べたので、それなりの…つーか、なかなかのつけ麺が食べたくなりました。
んで、そんな時、八王子周辺からあまり離れられないとなるとこちら。ってことで藍華にやってきました。

JR八王子駅から少し離れた場所にあり、コインパーキングもやや離れた場所にあります。
店内はカウンターのみで9席。
平日の14:55頃にギリギリで到着。
先客は1名のみ。

いつも書きますが、やや店主さんが見た目に怖く、微妙な緊張感とともにいつも頂くわけです。

んで、いつもたまにはラーメンとも思うんですが、たいてい藍華にやってくる時はつけ麺が食べたい気分でやってきますんで、だいたいつけ麺なわけです。
ってことで、いつものチャーシューつけ麺魚粉入りで。

さて、つけ麺。
モチモチの太麺はここんとこずっとちょっと柔らかめな気がします。
あと、ツケダレがいつもよりぬるめに感じたのは夏仕様ですかね。

シコシコした食感のチャーシューもメンマもしょっぱンマー。

藍華のつけ麺はゴリッとしょっぱいツケダレに太麺をサッとつけて(ココ重要!!)、ワシワシ頂くのがンマくて気に入っているのですが、刺激に慣れたのかもしれませんがちょっと最近味薄く感じます。
つけ麺のツケダレは不必要に麺をしゃぶしゃぶしなくてもいいようにツケダレは濃い味!!というのが持論の私としてはちょっと不安になります。

でも、ンマかったー!!!
でも、ここもはや書くことがあまりなくて、記事にすること考えると頭が痛くなるので、ちょっと控えないと(笑)


藍華
【東京都八王子市元横山町2-22-3】
11:00〜15:00頃 18:00〜22:00頃
2006年3月より実験的に営業時間延長
不定休→週1回、お店に確認してください。
チャーシューつけ麺 ¥950
大盛 ¥100


[GPS情報URL]
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=1&unit=0&lat=%2b35.39.34.74&lon=%2b139.20.11.34&fm=0
  
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 23:50Comments(0)TrackBack(0)││

2006年07月28日

ラーメン屋 はる太郎 [@東京・八王子]【450軒目(4)/712杯目】

62cb3ed9.jpg
さて、移転改名開店以来、そこそこ近い、それなりにンマイということでちょくちょく来ている「はる太郎」へ。

JR八王子駅からほど近い繁華街の一角にあり、ちょっと先には東池袋大勝軒。
駐車場は近くにいくつかあります。

14:45頃の到着で前後客無し。
移転改名開店日に食べて以来のつけ麺で。
自慢の2層だれというキャッチがついていますが、最終的につけ麺なので、さっさとブレンドされちゃう感じではありますが…。

前に昼は違ったよ〜とコメント頂いていたフライパンでの麺茹での件。
やっぱり今回もフライパンで麺を茹でていましたけど、こだわりというよりはガス代節約なのかも(笑)と思ったら、つけ麺の方は確かに麺茹で機で茹でてました。

丼に麺を入れてからもスープかけるなどしていることからこだわりなのかなぁ。
なんとなく、ここの店主さんも話し掛けにくい感じ…(笑)

さて、つけ麺。
以前より、やや、しょっぱく感じましたが、それなりに美味しく食べられます。
いや、つけ麺のツケダレがしょっぱいのは個人的には歓迎でございます。

ただ、前よりもちょっとノーマルラーメンから離れた感じがしました。
なんつーか、模索中なんでしょうかね。
中太の平打ち麺もなかなか美味しいです。

んで、最後にスープ割。
割ってもしょっぱいのはちょっとダメかなぁ。
若干ツケダレ捨てて割っていいんですけどもね。

個人的には近くの某店より美味しいと思うんですが、そっちより空いているのが納得いかない感じ。
一度、昼のピークに行ってみようかなぁ。


ラーメン屋 はる太郎
【東京都八王子市中町10-2】
営業時間はまだ未定
概ね11:00〜21:30から22:00くらい
特製つけ麺 ¥700-
大盛 ¥100-


[GPS情報URL]
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=1&unit=0&lat=%2b35.39.16.82&lon=%2b139.20.17.47&fm=0
  
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 22:40Comments(0)TrackBack(0)││

2006年07月27日

【番外編】讃岐うどん いそや (20) [@東京・八王子]

560698a8.jpg
さて、「讃岐うどん いそや」さんへ。
14:50近くの到着でもしかしたらちょっと時間の経った茹で置きかもーと思いつつ行ったら、茹で中でラッキー。

そうなると釜玉などの誘惑も出てきますが、いつもの冷たい醤油の中で。
しばし待つ間に天ぷらを頂きます。
今日はささ身×2にいそべ、コロッケ。
コロッケはカレーでした。

「おでんはいいですか?ビール飲みたくなっちゃいますもんね」
と絶妙のセールストーク(笑)を頂き、おでんも注文。
牛スジと大根。
でも、ビールは自粛。

さて、うどん。
ダシ醤油っていうんでしょうか、ちゅるーとかけてングングと頂き、ンマーイ!!
つーか、ちゅるーとかけてかき混ぜたところで写真忘れてたことに気付きました(笑)

天かすを投入し、醤油追加で、ンマーイ!!
と頂きます。

ただ今回はゆで立ての割りにはコシがイマイチだったかな。
どちらかと言うとモッチリ方面で。
食べ終わったところで「UDON」のチラシを頂きました。
ちょっと面白そうなんで見に行きたいですけど、お台場冒険王のうどん屋はちょっとパスで。
夏休みで混んでそうだし、イマイチっぽいもんね(笑)


讃岐うどん いそや
詳しくは後ほど
しょうゆ 中 ¥400-
天ぷら ×4 ¥400-
おでん 牛スジ ¥150-
おでん 大根 ¥100-


[GPS情報URL]
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=1&unit=0&lat=%2b35.39.28.98&lon=%2b139.20.34.19&fm=0
  
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 22:18Comments(0)TrackBack(0)││

2006年07月26日

【訪問未遂】八王子屋台屋 [@東京・八王子]

ef5cbaf3.jpg
さて、八王子駅北口と高尾で屋台のラーメン屋をやっていたとこの店舗版が出来たということで、「八王子屋台屋」に行ってみました。

ちなみに高尾駅前の屋台は今やってないそうです。

が、休憩中で振られてしまいました。
訪問は15:00少し前だったので、昼と夜営業の間で中休みがあるのかもしれません。

また、そのうち来ます。

  
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 12:47Comments(0)TrackBack(0)││

2006年07月24日

実之和食堂 [@千葉・小見川] 【470軒目/711杯目】

468b62cb.JPG
さて、青山の「かれー麺 実之和」に行こうと思っていたのですが、いっそと思って、実家の方の「実之和食堂」に来てみました。

各地で半ば同時多発的に発生したと思しき、カレーラーメンですが、最古のカレーラーメンと言われているのがこちら。
なんと51年前から作っているらしい!

店内はカウンターのみで7席。
小見川駅からさほど遠くない住宅街の一角にあります。
小見川駅前に駐車場があり、たぶん使ってもいいと思う…。
(周辺商店の買い物の際利用して…みたいな事が書いてあった)

メニューは街の食堂的にいろいろありますが、ここは迷わずカレーラーメンを。
肉増し系のメニューが無いのが残念。

さて、カレーラーメン。
パッと見で、もうカレーラーメンとわからないくらいカレーが支配的。

そしてなにより熱い!
熱々の厚いカレー層が熱々の麺の熱をキープしているような印象。

カレー自体のトロ味は僅か。
コクと旨味の中にそれなりの辛さがあり、熱々な事もあり、汗ダラダラ。

麺はやや柔らかめの白い麺で、ツルツルとンマいことはンマいんですが、バランス的にはうどんでもそばでも、勿論ご飯でもいいや〜という感じで、美味しいことは美味しいけどラーメンとして見ると、若干、謎な部分もある気がします。

まぁ、地元密着の美味しいお店であることには変わりなく、これを小洒落た感じにした青山や六本木のお店がどんなものかという興味はまだ残りますね〜。
そのうち行ってみよう。


実之和食堂
詳しくは後ほど
カレーラーメン ¥530-


[GPS情報URL]
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=1&unit=0&lat=%2b35.50.57.19&lon=%2b140.36.32.73&fm=0

  
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 10:36Comments(0)TrackBack(0)││

2006年07月22日

割烹 美好 [@埼玉・所沢] 【469軒目/710杯目】

f8fd7117.jpg
さて、今回は懸案の所沢にある「割烹 美好」に来てみました。
ラーメンのランチメニューがある割烹料理屋さんです。
っていうか、料亭ラーメンとして有名ですかね。

駅からはやや離れていますが、歩けない距離ではなく、駐車場も完備されています。

仏事などでも良く使われる割烹のようで、庭も凝ってますが、なぜか庭にサッカーボールを持ったタヌキの置物があったり、テレビの取材で訪れたタレントの写真を嬉々と飾ってあったりして、微妙に格式は高くない感じ。
そんなわけで、ラーメンランチがあるのでしょう。

南アフリカのルイボスティを練り込んだ麺と板前さんの絶妙なスープでとっても個性的なラーメンとのこと。
セット内容は、ごまだれ豆腐に厚焼卵、ご飯にキムチと香物が付くとのこと。
ちなみに他のランチメニューにハヤシライスやフォールカツレツ(フランスのフォール大佐に因む)などの洋食メニューもあります。

さて、ラーメンセット。
和服の女性が持ってきてから「こちらの麺はルイボスティーを練り込んでございます」「こちらのスープは…」みたいな感じでいちいち説明してくれるのが割烹料理屋さんぽくていいんですが、ラーメンの時は伸びるから!!!

トッピングもなかなか凝っています。
串にささったホタテなんかはあまり他のお店では見ないですよね。
兎に角見た目にも美しく、このあたりはさすがに料亭ラーメンという感じですね。

あと、角煮もなかなかに美味しいです。
これは、きっと他のメニューと共用の角煮なんでしょうね。

ルイボスティーを練り込んでいるという麺はやや柔らかめ。
ただ意外と癖がない感じでなかなかンマイです。

スープは普通に美味しい。
ラーメンスープじゃなかったとしても美味しい感じ。
何やらいろいろ入っているんだけど良くわかりません。
予想よりは油が多く、和に引っ張られていないのがスゴいな、と。

小皿でキムチがついてきて、味の変化を楽しんでくださいという趣向だったんですけど、これは余計かも。
普通に美味しいスープですから、そのままの方が美味しい気がします。

付け合わせ系のものは厚焼玉子が予想外に熱々でンマかった〜。
ごまだれ豆腐はまぁ、普通。
海苔が敷物的に使われていたのにビックリ。

あまり極端に高級感あふれるわけではないんですけど、それなりに満足しました。
ちょっと変わったラーメンセットを食べてみたいという方はぜひ。
でも、このランチを食べたからといって、夜ここに来たいとあんまり思わないですから、ランチメニューとしてどうなんだ?…とも思います(笑)
むしろ洋食系メニューが気になりましたね。


割烹 美好
【埼玉県所沢市有楽町13-8】
11:30〜14:30(L.O.14:15) 17:00〜22:00(L.O.21:30)/水曜休
※ラーメンはランチタイムのみ
料亭のラーメンセット ¥1260-


[GPS情報URL]
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=1&unit=0&lat=%2b35.47.24.48&lon=%2b139.28.18.23&fm=0

  
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 21:52Comments(0)TrackBack(0)││

2006年07月20日

フジヤマ製麺 [@東京・中目黒] 【468軒目/709杯目】

5eb7d57b.JPG
さて、今回は中目黒にあります「フジヤマ製麺」に来てみました。

東急東横線の中目黒駅の北側、線路沿いの商店街にあります。
駅の真横で、駐車場は未確認ですが、きっとコインパーキングがありましょう。

店内はテーブル14卓くらいだったかな。
日曜日の20:40頃の到着で8割近くの入り。
自家製麺ということで入口脇に製麺機やら小麦粉の袋がありました。

メニューはつけ麺がメインであとはラーメン系。
ホッピーがあるのが嬉しいですね。
近くにあったら、ちょくちょく寄りたくなる雰囲気。

なんであれ、つけ麺がウリのようですから、マル得つけ麺を大盛で。
ちなみに特盛、ウマ盛と続きます。

さて、つけ麺。
まずは具だけ先に登場。
別盛の具は野菜は熱々だけどチャーシューが冷たいので、ビミョーかな。

ツケダレは、まず甘さが強いかなーと思うと、酸味もある感じ。
あとから、じわっと胡椒系の辛さがやってきます。
で、その全てを覆っているのは柚子風味。
池谷精肉店のゆずつけそばで懲りていた(笑)んで、ちょっと身構えてましたけど、じんわりとしたイイ感じの効き具合です。
それでも苦手な人向けか柚子無しのメニューもあり。

麺は中太。
モッチリ感のある麺ですが、もっと太い麺を想像してきたのでちょっと拍子抜け。
でも、それはきっと最近の「太麺インフレ化」のせい。
蓮爾や池谷あたりの麺を太麺とすればこの麺は太麺じゃないもの(笑)
とは言え、モチモチした麺でなかなかンマイですねー。

野菜が来るとボリュウムが出て嬉しいんですけど、ちょっとツケダレが薄まっていく弊害の方が強いかもしれない。
チャーシューが冷たい事を考えるとあまり嬉々としてトッピング多めのメニューを頼むのはここの場合ダメかもね。

最後にスープ割。
そば湯を入れるような容器に入ってやってきました。
うーん、すげーンマイわけではないけど、結構飲んじゃうかなぁ。

しかし、気になったのは、ダンドリの悪いこと!
斜め向かいのカップルはあつもりと冷しを間違えられて、作り直ししてたり、うちの席にもお冷が二度来たり。
あと、スープ割も明らかに忘れられていたし。

それと、レジが奥の方で目立たず、システムがわかりにくいです。
とりあえず席に座って注文し、食べ終わったら伝票持ってレジに行くシステムですけど。
店員さんが多めでファミレスで使うようなハンディの注文入力機みたいなの使っている割りにはちょっとお粗末かなぁ。
独立したてのお店ならともかく、頑徹さんのセカンドブランドのわけですから、もっと頑張って頂きたいですね。


フジヤマ製麺
【東京都目黒区上目黒3-3-9】
11:00〜25:20/無休
マル得つけめん ¥900-
大盛 ¥50-


[GPS情報URL]
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=1&unit=0&lat=%2b35.38.27.12&lon=%2b139.42.05.76&fm=0

  
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 21:23Comments(0)TrackBack(0)││

2006年07月18日

らーめん OHANA [@神奈川・辻堂] 【467軒目/708杯目】

b301203c.JPG
さて、今日は辻堂にある「らーめん OHANA」に来てみました。

本日のメモでも書きましたが、モスバーガーやなか卯を経営しているオーナーさんの経営で、なんで「ちりめん亭」じゃないのよ!!という(笑)
(注・なか卯は元モスバーガー傘下で両方経営しているフランチャイジーも多い。ちりめん亭は現在もモスバーガー傘下)
店舗は元モスバーガー。

辻堂駅の北口からちょっとのところにあり、車の場合は平和堂ホールの隣に6台分の駐車場が用意されているとのこと。

カウンター4席に8人掛けの大テーブルに移動可能な2人掛けテーブルが5卓。
カウンター以外はモスを踏襲してるのかな。
厨房のガラス張り部分なんかを見ると、あのへんグリドルだったのかなー、とか思ったりして。
基本的にはハワイテイストを狙っている感じ。

メニューは豊富。
醤油ベースの和らーめんの「向日葵」、塩とわかめとあさりのスープの「桜」、豚骨と鶏と野菜のWスープの「百合」、豚骨に辛味噌の「紅葉」、豚骨に魚介系の「牡丹」、つけ麺の「葵」と花の名前がついています。
店名のOHANAはハワイの言葉で家族らしく「お花」ではないみたい。

向日葵と桜は中細平打ち麺、百合と紅葉と牡丹は中ストレート麺で、自家製麺。
しかし、突発的にモスバーガーのフランチャイジー(加盟店)から生まれたにしてはメニューも多いし、自家製麺だし、スゴい気合いだなぁ。

葵はつけ麺で黒麺という黒い麺が特徴的でちょっと気になりましたが、ハワイ産の塩を使っているという「桜」のチャーシューメンをチョイス。
あと、せっかくハワイなのでロコモコを。
ロコモコは具の違いで鶏と豚とエビがありましたが、豚をチョイス。

さて、ラーメン。
白濁したスープはなかなか良い香り。
塩があまり前面に出てきてはいませんが、麺との相性も良くスルスルいけちゃいます。

その麺は平打ちでやや堅めの茹で具合なのですが、ツルツル感があって、なかなかいけます。
最近、自家製麺というと太麺!!というイメージなので、これまた新鮮。

メンマが堅いのがちょっと気になりましたが、基本的には各具材は良く出来ています。
ワンタンも柚っぽい香りがしますし、チャーシューはちょっと脂が強く臭みもありますがキライではないです。

総合的にはなかなか良く出来ている言えますし、これなら他のメニューも期待出来ますね。
店員さんが持ってきてくれた「わさびおろし」を使うとさっぱりとした辛さが加わって、夏向きな感じがしてきます。

ただ、ロコモコは玉子冷たいのがマイナスポイントかなぁ。
豚はハンバーグ状だったんですが、ソースもちょっと薄味で物足りなかったなぁ。

全然海からは離れているんだけど、漂うリゾート気分にビールも注文。
ビールが生なのもイイ感じ。
さっとネギチャーシューを小皿でもってきてくれたのも嬉しかったなぁ。


らーめん OHANA
【神奈川県藤沢市辻堂神台2-1-21】
11:30〜14:30 18:00〜24:00、土曜11:30〜24:00、日祝日11:30〜22:00/無休
桜チャーシュー ¥900
ロコモコ(豚) ¥320
生ビール ¥450


[GPS情報URL]
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=1&unit=0&lat=%2b35.20.16.03&lon=%2b139.27.07.70&fm=0

  
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 21:35Comments(2)TrackBack(1)││

2006年07月16日

拉麺 能登山 [@神奈川・藤沢本町] 【466軒目/707杯目】

431c405d.jpg
さて、今日は藤沢本町にある「拉麺能登山」に来てみました。
非動物系スープで有名なお店です。

場所は藤沢本町の駅から歩いて数分。
駐車場は未確認です。

店内はカウンターのみで12席ほど。
明るい接客でなかなか雰囲気も良いです。
BGMはブルーハーツ。

メニューはなかなか豊富で時間帯限定メニューがあったり、つけ麺が始まっていたり、ラーメンとご飯ものなどをセットにしたジャスト1000円セットもあったり、サイドメニューも豊富なんですが、基本的には3種類。
濃厚とろとろスープのらーめん、海苔のスープの拉麺 超あっさり、焼味拉麺 ビターなスープ。

中から基本の基本と思しき、濃厚とろとろスープのらーめんにチャーシュートッピングにねぎ味噌ごはんを大盛で。
名物らしき、玉子は今回はパス。

注射器を使って、たっぷりのダシを注入した玉子は、初めての人と見ると注入実演をした上で、一口で食べるようアドバイスしてくれます。

出来上がるまで、そのまま食べられるゴマという塩味のゴマの試食をさせてもらいつつ待ちます。

さて、ラーメン。
健康系コッテリというキャッチになるほど。
コッテリというほどコッテリではないものの、濃厚で動物系を使ってないとは意外。

こちらの濃厚とろとろスープのらーめんは甘めと辛めがあり、選択可能になっています。
甘めを選んどいてなんですが、アマ〜イ!

麺は中太のストレート。
茹で加減は悪くないですし、スープとの相性も良く、スルスルいけます。

チャーシューはやや贈答品っぽいのが残念かな。

なんせ、ちょっと甘めでしたけど、なかなかにンマいスープで結構飲んじゃいますね。
同行者の海苔のスープも悪くないですし、ねぎ味噌ごはんもなかなかと面白いお店です。
近所にあったら、ちょくちょく行ってしまいそうですね。


拉麺 能登山
詳しくは後ほど
濃厚とろとろスープのらーめん ¥700
チャーシュー ¥200
ねぎ味噌ごはん ¥300


[GPS情報URL]
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=1&unit=0&lat=%2b35.20.38.16&lon=%2b139.28.48.93&fm=0

  
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 14:00Comments(0)TrackBack(0)││

2006年07月15日

経堂 虎 [@東京・経堂] 【420軒目(2)/706杯目】

9440c521.jpg
さて、今日は麺が変わったという「経堂 虎」に来てみました。

水戸などで良く食べられている「スタミナ冷し」を都内でも食べられる珍しいお店です。

経堂駅からさほど離れていない場所にあり、店内はカウンター8席にテーブル1卓6席だったかな。
土曜日の13:00頃の到着で先客は1組。

正直、前の麺を覚えていないので比較は出来ないんですが…
箱に大丸ピーコックと入っていたのが気になりました。
ピーコック自体は近所にあるわけで、中身の麺は違うと思われます(笑)

「レバーが苦手な方に」とスタミナ冷しのレバーを豚肉に変えたものもあり、レバーが苦手じゃないけど、そちらを注文。

思い立って、肉大盛にしてみようと思ってお願いしてみたら「バランスが悪いかも知れませんよ〜」とアドバイス頂き、取り止めに(笑)

作るところを見てますと、豚肉にするとだいぶ手間がかかるのかなぁ。
ちょっと悪い気がしますね。

さてスタミナ冷し(しょうが焼きスタミナ)。
甘辛い熱々の餡にキャベツ、カボチャ、ニンジンなどともに豚肉が。
これが結構多めに入っていて、またなんというかシコシコとした食感まであって実にンマいです。
ここのレバーはレバーでンマいんですけど、こりゃ迷うわ〜。
ハーフandハーフとかってダメですよね(笑)

熱々の餡が載る麺はキリッと水で締められています。
新しい麺はやっぱり比較は出来ないんですが、モッチリ感もあって、なかなかかと。
餡とのバランスも良く、もっと食べたい!

辛いのがあまり得意でない自分としては、こちらの餡の辛さだと、挑戦にならずに美味しく食べられるリミットにほとんど近いんですけどね。


経堂 虎
詳しくは後ほど
スタミナ冷し(しょうが焼きスタミナ) 大盛 ¥750-


[GPS情報URL]
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=0&unit=0&lat=%2b35.39.02.86&lon=%2b139.38.19.47&fm=0

  
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 19:17Comments(2)TrackBack(0)││

2006年07月13日

中華そば屋 伊藤 [@東京・王子] 【113軒目(2)/705杯目】

5b75295b.jpg
角館と連番扱いでいいかな…
王子の伊藤に来てみました。

中央通り商店街の一角にあり、駅で言うと王子神谷になるのかな?
駐車場は豊島橋とつながる通り沿いにコインパーキングがあります。
のれんが店内にかかっているので終了!?と思ってしまいますが、営業中の札が。

メニューは肉そばとそばと大盛だけ。
カウンター6席とテーブル2卓。
日曜日の16:55頃の到着で先客は二組。
ちなみに自分らで終了でした。
もちろん、肉そばはとっくに売切れ。

ピースボートの世界一周の船旅のポスターここにもあった…。
ラーメン屋を重点的に回っているのかな?

さて、そば。
煮干の香りが強く、スープの表面にも浮いています。
シンプルなそばですと、トッピングもネギだけとなります。

細めのストレート麺はまさにシコシコとした歯応えで堪りません。
自家製麺という貼り紙があります。

煮干や鰹節といった和の素材から作られたこの醤油スープはなんつーかDNAに訴える味と言えましょう。
最高にンマ〜イ!!!
でもきっと煮干系キライな人は全く受け付けないと思います。

うーん、角館ってこんなだったっけか、とつい思ってしまいます。
あちらはあちらで良く変化しているみたいですからね。

いやー、実にンマかった。
隣の席のカップルの女性の方が「美味しい。もう3杯は食べられる」と言っていましたが、私もそれに賛成です。


中華そば屋 伊藤
【東京都北区豊島4-5-3】
11:00〜スープがなくなり次第終了/'06年8月より月曜休
そば ¥500-


[GPS情報URL]
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=1&unit=0&lat=%2b35.45.35.78&lon=%2b139.44.57.36&fm=0

  
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 14:21Comments(0)TrackBack(0)││

2006年07月11日

次念序 [@埼玉・鴻巣] 【465軒目/704杯目】

60262d14.jpg
さて、今日は東池袋大勝軒、六厘舎で修行した方のお店、鴻巣にある「次念序」に来てみました。

鴻巣フラワーセンターの横にあるパンジーセンターという施設内にあり、施設の無料駐車場を使えます。
公共交通機関はコミュニティバス的なものがあるみたい。

店内はカウンター8席にテーブル2卓。
日曜日の14:30の到着でほぼ満席。

東池袋大勝軒の味と寸分違わぬ味が鴻巣でも食べられるというのを売りにしています。
うーん、一般的にはそうだけど、六厘舎の味を再現!!の方がラーメン好きには受けるよねぇ(笑)

ま、そんなこんなで「もりチャーシュー」を大盛で。

麺もなかなかのボリュウム。
そしてチャーシューのデカいこと!

「うはっ、食べきれるかなぁ」が、すぐに「うわぁ…、これ食べきれるかなぁ」に変わりました。
って、分かり難いですよね。
兎に角、チャーシューの堅いの不味いの。
これ、角切りだったらまだいけたかも知れないけど…。

ツケダレはすげー熱くて、大盛を食べきるまでそれなりの温かさをキープしていたのは流石。

酸味や甘味が突出することなく、八王子や相模原の大勝軒で感じた嫌な感じはあまりありません。
麺もそれなりに弾力もあり、美味しく頂けました。
概ね、なかなか美味しく、かえすがえすもチャーシューだけが残念な感じ。
そう、それ以外はまぁ、満足。

とはいえ、わざわざ行くほどかと言われればビミョーですけど、まぁ地域に於いてはクォリティの高いつけ麺屋さんとして人気になるのは頷けます。
もしまた来る機会があれば今度はラーメンの方ですかねぇ。


次念序
【埼玉県鴻巣市埼玉県鴻巣市寺谷145】
11:00〜16:00頃/火曜休
もりチャーシュー ¥950-
大盛 ¥100-


[GPS情報URL]
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=1&unit=0&lat=%2b36.04.41.23&lon=%2b139.30.21.27&fm=0

  
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 17:17Comments(2)TrackBack(0)││

2006年07月09日

麺家 はっかい [@東京・浅草] 【464軒目/703杯目】

451d84c1.jpg
さて、今日は浅草に新しくオープンした「麺家はっかい」に来てみました。

国際通りに面しており、浅草ビューホテルのちょうど向かい側。
駅で言うと浅草駅から近く、車ですと国際通りにパーキングメーターがあります。

「めん徳 二代目 つじ田」で修業されたという兄弟のお店だそうで、なるほど似ているような…
ただ、良く考えてみたら、つじ田に行ったことないわけで、順番としてはそっちに先に行くべきでしたね。
まぁ、しょうがないです。

店内はカウンターとテーブル2卓。
土曜日の18:40頃の到着で先客は2組だったかな。

ラーメンの方をちょっともらって食べてみたんですが、濃厚でトロみのあるスープ。
すごく単純化して例えると天下一品魚介が効いた版みたいな感じ。
パッと見は味噌ラーメンに見えるくらい。
んで、それをベースにしたつけ麺という感じ。

麺側にはすだちのみ。
スープ側にゴロゴロとチャーシューやら味玉が入っています。
パッと見、ツケダレ側にネギが多そうに見えるんですが…食べてみるとそうでもないですね。
「すだちは麺に搾って食べてください」
とのことで、搾ってみましたが、種とか皮とかを置く小皿があると良かったねー。

麺はコシが強く、なかなか。
チャーシューや味玉も丁寧に作られている印象でこれも美味しいですね。

ツケダレも濃厚でなかなか美味しいんですが、容器のせいもあるのか冷めるのが早いのと、薄まるのが早く大盛だと後半ちょっとつらいかなぁ、という印象。
実際、最後はスープ割要らないかもなー、と思うくらいだったんですが、一応、スープ割。
魚介がグッと前に来て、なかなかンマイ。

ところで、私が行った時に、まるでドラマに出て来そうな下町のおじさん(声がデカイ)とその奥さんと娘さんらしき家族連れが入ってきまして…。
おじさんはつけ麺を頼んだものの口に合わなかったようで麺がかてぇよ、なんだこりゃ的に文句をいい、奥さんと娘さんはラーメンだったんですが、なんか苦痛そうにラーメンを食べていました(笑)
おじさんはさっさと席立っちゃうし。
おそらく、想像していたラーメンと違うんでしょうね。

そんな感じで立地的に苦労すると思うんですが、TXの影響もあって若い人も来るでしょうから、頑張って頂きたいですね。


麺家 はっかい
【東京都台東区浅草2-13-3】
11:30〜21:00/無休
はっかいつけ麺 ¥850-
大盛 ¥100-


[GPS情報URL]
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=1&unit=0&lat=%2b35.42.43.40&lon=%2b139.47.45.72&fm=0

  
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 10:44Comments(2)TrackBack(1)││

2006年07月07日

弘富 [@東京・八王子] 【090軒目(3)/702杯目】

54b404cd.JPG
さて、すげー久しぶりに弘富に来てみました。
八王子系ラーメンの店では一番好きなお店です。

八王子駅から線路沿いに豊田駅方向に歩いた場所にあり、その道沿いにコインパーキングがあります。
店内はカウンターのみで約10席。
木曜日の13:40頃の到着で8割ほどの入りでした。

で、ここのラーメンなんですが、オーソドックスながらも煮干を強めに効かせた醤油ラーメンで、八王子ラーメンらしくタマネギ入り。
細いストレート麺も歯触り良く、先に書いたようになかなかの八王子ラーメンのお店なわけです。

が、ちょっと暑いこともあり、つけ麺をチョイス。
つけ麺は醤油味と辛味噌味がありますが、醤油味で。

さて、つけ麺。
やや、堅めに茹で上がった麺はノーマルよりは太い平打ち麺。
というか、ちょっと堅すぎかなぁ。

で、ツケダレの方は予想よりは煮干が聞いていない感じでややピリっとラー油が効いている感じ。
麺がさほど太いわけではないんですが、それでもちょっと弱いかなぁ、と。

麺側に具が載ってくるのはずいぶん前に頼んだ時の記憶であったので、予想通りなんですけど、ちょっと残念かな。
まぁ、わかっててチャーシュー追加したんですけどもね。

総合的には残念って感じかなぁ。
なんつーか、あんなにラーメンは美味しいのに…と思っちゃう。
でも、世の中的につけ麺が磨かれて来たのって最近だから、そう思うとそれなりのつけ麺だけど、相対評価でイマイチって感じなのかもね。
次はラーメンで。その次も。


弘富
【東京都八王子市明神町3-11】
11:00〜19:30(祝日11:00〜18:00)/日曜休
つけめん 醤油味 ¥650
チャーシュー増し ¥200
大盛 ¥50


【GPS情報】
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=1&unit=0&lat=+35.39.5.81&lon=+139.20.50.66&fm=0

  
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 17:07Comments(0)TrackBack(0)││

2006年07月05日

にんにくや 小平店 [@東京・小平] 【001軒目(21)/701杯目】

1cc8058a.JPG
すげー久しぶりに小平のにんにくやへ。
気が付いたら11ヶ月ぶりの訪問に。

近隣に駐車場は無く、最寄り駅は一橋学園かな。

店内はカウンターのみで10席。
火曜日の23:20頃の到着で4人待ち。
意外にもチャーシューは切れてませんでした。
お、これなら、小平にんにくやにももうちょっと来れるなぁ。

元是政の助手さんが店主を務めるこちらのお店は店主さんの人柄も特徴のひとつ。
着実に地元に根付き、お客さんも増えているようでなにより。
すげー久しぶりなのにしっかり覚えていてくれて嬉しかったですねー。

さて、ラーメン。
小平店は味卵が小皿に載って別で先に来ますので、スープを冷やしてしまうので、載せるタイミングに迷うんですが…
すげー熱い。
そうでした、にんにくやといえば、どこもラーメン熱めだったのを思い出しました。
なので、替え玉後でもいいやー、と方針転換。

元是政のご主人は今谷保のご主人なんですが、ちょっと前の印象だと、谷保より小平の方があっさり…という印象だったんですが、いつの間にか、客層に合わせてか小平の方が脂大目な感じに変わってますね。
味もはっきりしている印象で、全体的に若者向けなのかな、という感じを受けました。

また、チャーシューがちょっと落ちるのも小平の印象だったんですが、今日のチャーシューはバッチリ。
未だに、にんにくや系のチャーシューがベストチャーシューですねぇ。

替え玉後は胡麻なども投入して、ンマインマイと頂きます。
替え玉の方が堅めなのは、にんにくや系共通の謎。

最終的に投じたニンニクは3個。
やっぱりにんにくやは生にんにくクラッシュしないとね。

また寿司海苔も口中で貼り付くことなく、かといってスープに溶け過ぎて濁すことなくいい感じ。
個人的にはちょっとネギが多すぎかなぁ、とも思いますが…。
今度はそんなに間隔空けないで来たいですねー。


にんにくや 小平店
【東京都小平市学園東町436-1】
9:00〜27:00/日祝日休
のり味噌チャーシュー麺 ¥1100-
味卵 ¥100-
替玉 ¥100-


【GPS情報】
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=1&unit=0&lat=+35.43.24.86&lon=+139.29.27.90&fm=0

  
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 21:15Comments(2)TrackBack(0)││