カップ麺、おみやげ麺、自作麺などのリスト


 

 

2011年01月10日

【番外編】明星 鬼どろそばプラス 魚介豚骨醤油 [@カップ麺]【1137杯目】

鬼どろカップ:完成

いまさらですが、あけましておめでとうございます。
今年も宜しくお願い致します。

さて、番外編。
先日の、大崎さん、石神さんプロデュースで、「きら星」の星野さんも参加したというカップ麺「鬼どろ」のリアル版?実写版の試食会で、その話題のカップ麺もいただいて参りました。

この「明星 鬼どろそばプラス 魚介豚骨醤油」は、12月6日発売ということで、リアル版の味を忘れないうちに…
てか、そしてせっかくの事前試食ですから発売日前に書かないとダメですよね…
すみません。

しかし、作る前にいろいろ読み込まないといかんですね。
えーと、お湯を入れる前に入れるのは帯麺だけで、5分経ったら粉末スープを入れてかき混ぜたら、液体スープを入れて、最後にペッパー鰹あんを入れる…と。
おおー、ドロドロになったー!!!

鬼どろカップ:パッケージ鬼どろカップ:横の説明鬼どろカップ:内フタの説明鬼どろカップ:中身いろいろ
パッケージと中身のいろいろ


前作同様、具材なしという斬新なスタイルのカップ麺です。
この具材なしってのがリアル版との大きな違いですね。

リアル版と同様なのは、平太麺と中太麺、そしてまるでワンタンのような帯麺が混ざっているとこ。

スープというかタレの方は、うーん、これは別物かもねー。
なんというか、リアル版の方がベトつく感じの粘度の高さにたいして、カップ麺の方は粘度は高いんだけどベトつかないというか。
カップ版の方は豚が濃厚に出ているからドロっとしてるというよりは、片栗粉的なものの影響でトロみがついたというようなイメージになっています。
また、しょっぱさ、辛さはカップ版の方が強く出ていますね。
名前から脂コッテリ胸ヤケヤケを想像されそうですが、そんなことは無いのは、リアル版同様で。

それにしても、リアル版でもそう思いましたが、(昨年版を食べ損なっていることもあり)今まで体験したことのないラーメンですね。
ラーメンなのか混ぜそばなのかわからないけど。
そして、リアル版同様ご飯合うでしょ!と投入。やはりあう〜。
ご飯まで考えると相当満腹かつ満足なカップ麺なわけで、これは普通に買って食べたいなぁ〜。


鬼どろカップ:麺鬼どろカップ:帯麺
鬼どろカップ:麺と餡鬼どろカップ:ごはん投入

鬼どろそばプラス 魚介豚骨醤油
頂き物
¥237- (…らしい)



■以前の関連リポート
ラーメンきら星 [@東京・武蔵境] 【108軒目(2)/----杯目】


  

 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 08:46Comments(5)TrackBack(0)││

2009年07月09日

【番外編】八王子ラーメン [@コンビニ麺・セブンイレブン]【1133杯目】

セブンイレブン八王子ラーメン:パッケージ

さて、久しぶりの本編更新だけど、番外編。
セブンイレブンのレンジアップ麺って言うのかな?要するにレンジで温めて食べる麺の「八王子ラーメン」ってのが、ちょっと前…春頃に出ていまして、それを買ってみたオハナシ。
これは「八麺会」が、開発段階から全面的に協力したとのこと。

前回の「つけ麺 (あつもり)」が良くできていただけに期待を持って買ってみましたが、まぁ良く出来ているって感じかなぁ。
前回ほどの感激はナシ。
温めてみますと、ザ・中華そばという匂い。うんうん、こういうラーメン良くある。

ただ、麺ですが、イマイチ歯触りが悪い。
なんというか、不思議な食感なんですよねぇ。
柔らかだけど、プッツリ感がちょっとだけあるんで、伸びている感じはしないというか。

具材の方は、チャーシューがパサつくけど、脂はトロリとしていて、まずまず。

んで、八王子ラーメンの特徴であるところの玉ねぎがンマイですねー。
味が染みていて、味噌ラーメンの玉ねぎ的な感じのアクセントになっています。
ただ、これは八王子ラーメンの玉ねぎとは違うよなぁ。と。

スープは醤油ベースの良くある感じのスープなんですが、ちょいと甘い感じ。
これは、玉ねぎの影響かなぁ?

まぁ、良くできていますが、これ八王子地区で販売していたっていうのが謎なんですよねぇ。
いや、コンビニで時間を気にせずに買えるってのは、大きいけども、自分がなかなか行けない地域の変わったラーメンならともかく…。

そして、やっぱりちょっと高いかなぁ。398円。
んでもって、ちょっと八王子ラーメンとも違う感じだし…。
なんというか、八王子ラーメンをこれ食べてどっかで食べてみようとは思わないような気もするんで、うーん、言葉は悪いけど、誰も幸せになれないラーメンかと…(^_^ゞ


セブンイレブン八王子ラーメン:完成セブンイレブン八王子ラーメン:麺
セブンイレブン八王子ラーメン:チャーシューセブンイレブン八王子ラーメン:メンマ

八王子ラーメン
セブン−イレブンにて購入
¥398-



■以前の関連リポート
【番外編】つけ麺 (あつもり) [@コンビニ麺・セブンイレブン]【1132杯目】


  
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 18:34Comments(7)TrackBack(0)││

2009年02月18日

【番外編】つけ麺 (あつもり) [@コンビニ麺・セブンイレブン]【1132杯目】

セブン・つけ麺:つけ麺 (あつもり)

さて、番外編。
セブンイレブンのレンジアップ麺って言うのかな?要するにレンジで温めて食べる麺の「つけ麺 (あつもり)」ってのが、目に付きまして買ってみる事に。

温めますか?と問われたものの、温めてもらうと伸びるんじゃね?と思ってそのまま持ち帰ってきて、手元のレンジで温め。
でも、ゆで麺だから変わらないのかな…とか思いつつ。
んで、フタ開けて、ネギだけよせて、レンジで500Wで4分30秒。
レンジでまとめて温めるから、あつもりになっちゃうわけね。

さて、つけ麺。
濃厚とんこつ醤油味(魚介風味)ってことで、今どき風なのかな…と思っていたら、魚粉パウダー代わりに削り節が入っています。
ほんで、麺の入っている場所に別体加工でツケダレ容器が。
おおー、これはかなり本格的ですな。

んで、麺もちょっと太め。
ちょっとほぐれにくいから湯通ししたいけど、それはこの商品としては邪道なのでそのまま頂きます。
茹でおき状態なので、全然期待してなかったんだけど、意外にも食感が良く、美味しい。
んー、世の中、進歩してたんだねぇ。

ツケダレも粘度のある今どき風。
かなり濃厚ですよ、コレ。

いや、もちろん、お店で食べるのとは別物ですよ。
でも、どうでもいい店のつけ麺食べるくらいなら、こっち食べるわーって感じ。
麺の量も300gで結構ボリュウムもあります。
ちょっと具が寂しいかな。モヤシとネギとメンマくらいなもんで。

んー、しかし驚いた。
ちょっと、コンビニのレンジ麺もいろいろ食べてみよう〜。


セブン・つけ麺:パッケージセブン・つけ麺:麺とか
セブン・つけ麺:麺セブン・つけ麺:ツケダレ

つけ麺 (あつもり)
セブン−イレブンにて購入
¥398-



■以前の関連リポート
・ナシ

  
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 19:14Comments(1)TrackBack(0)││

2008年09月16日

【番外編】樹海の杜 比内地鶏らぅめん [@お土産麺]【1115杯目】

比内地鶏らぅめん(2):調理例

さて、番外編。
頂き物の「樹海の杜 比内地鶏らぅめん」を自宅で。

しかし、あれですよねー「本場大館比内の味」とかありますけど、別に地元では比内地鶏のラーメンが地ラーメンとしてあるわけじゃあ無いと思うんですけどもねー。
以前カップ麺バージョンを食べたんですが、すっかり忘れてました。

さて、ラーメン。
適当に豚肉とネギと海苔が追加されていますが、実際にはスープと麺だけです。
スープは比内地鶏を謳うだけあって、わかりやすく美味しい味。

麺はもちろん調理方法にもよるんですが、意外とパッツリとした仕上がりになりました。
すごーーーく良く言うと、伊藤風とも言えますが、そこまでの距離は相当にある感じです(笑)
とはいえ、これをベースにもう一手間かけるとなかなか楽しいんじゃないかと。


比内地鶏らぅめん(2):麺比内地鶏らぅめん(2):スープとか
比内地鶏らぅめん(2):パッケージ比内地鶏らぅめん(2):パッケージ裏

樹海の杜 比内地鶏らぅめん
樹海の杜本舗製
頂き物
¥350-



■以前の関連リポート
【番外編】比内地鶏らぅめん [非店舗系カップ麺] 139杯目


  
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 19:54Comments(0)TrackBack(0)││

2008年07月09日

【番外編】カップヌードル リフィル (4) [@カップ麺]【1101杯目】

リフィル(4):シーフードヌードル

さて、番外編。
せっかく買ったカップヌードル・リフィルを活用しようと今度はシーフード味で。

チキンラーメンのリフィル容器の方は電子レンジ調理ができるものが出たそうで…
うらやましいなぁ(笑)

ちなみに使っているフォークは、スガキヤのラーメンフォーク。
カップヌードルと言えば、昔はフォークで食べるものと決まっておったので、こちらで。
いや、CMとか自販機とかでは、フォークがついてたんですよ。

味の方はいつものシーフードヌードルですから、特に書く事はありません(^_^ゞ


日清 シーフードヌードル リフィル
日清食品製
コンビニにて購入
¥122-

  
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 22:12Comments(0)TrackBack(0)││

2008年06月30日

【番外編】カップヌードル リフィル (3) [@カップ麺]【1099杯目】

カップヌードルリフィル(3):カップヌードル

さて、番外編。
せっかく買ったカップヌードル・リフィルを活用しようと醤油味で。

いやー、やっぱりカップヌードルは醤油味に限りますなあ。
玉子と海老と肉を各1個づつ、お湯をかける前につまむのは、もう直らない癖ですね(笑)

ところで、日清は、このあと、カップヌードル・リフィルをどうするんですかねぇ。
チキンラーメンのリフィルも出たので、そいつも選べるっちゃ選べるんで、カップヌードルの醤油とシーフード、それにチキンラーメンってことで、選択肢は3パターンだけど、少ないよねぇ。
個人的には早くカップヌードル・カレーのリフィルを出して欲しいんだけど、あれは、汚れを洗うのがタイヘンなのかもねぇ。
その他、チリトマトとかマイナーなやつも出して欲しいんだけど…

でも、実は、もうリフィルやめるのかもねぇ。今一つ普及してないし…
カップヌードルが紙容器のエコパックに変わってから、実はリフィル容器と環境負荷が大差なかったりしてね。
そのあたりどうなんだろう。

悪くないアイディアだと思うんで、出来れば、リフィルも続けて欲しいんだけどなぁ…
ちなみに、リフィルですが、今、日清のサイトで買うと、送料無料だったりします。


カップヌードルリフィル(3):麺とか具とかカップヌードルリフィル(3):容器

日清 カップヌードル リフィル
日清食品製
コンビニにて購入
¥122-
  
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 23:53Comments(0)TrackBack(0)││

2008年06月10日

【番外編】日清 Chin ソース焼そば [@カップ麺]

Chin:麺

続けて、番外編。
久しぶりにカップ麺の記事で「日清 Chin ソース焼そば」を。

最近、カップのソース焼そばにいろいろ新技術が投入されていますが、こちらもまた新しい感じで、電子レンジ調理のもの。
同じく日清の「日清焼そばU.F.O NEXT GENERATION」も電子レンジ調理で湯切り不要でラクチンですが、水を入れてからレンジ調理する必要があったのに対して、「Chin」シリーズは水すら不要。
そう、シリーズと書きましたが、「ソース焼そば」「五目焼そば」「スパゲッティ ボロネーゼ」「上海焼そば」「アラビアータ」の5種が出ています。

容器は、なんというか海外のテイクアウト中華のボックス風の紙容器。
これはなんというか新しい感じがします。

パッケージを開けると、液体ソース、液体調味料、レトルトの具、生タイプ麺が出てきます。
これらを投入して、レンジで加熱。
出来上がったら、かき混ぜて完成とかなりお手軽です。

で、食べてみた感想なんですが、これがなかなかンマイんですよ。
もちろん「焼そばなのに焼いてないじゃん問題」は残るのですが、それでもかなり本格的な気がします。
おそらく、このライバルは、コンビニで弁当の棚に並んでいる焼そばってことになると思うんですが、具材に凝ったものだとちょっと勝負にならないかもしれませんが、充分に対抗できますし、むしろ麺はこっちの方がはるかにいいかも。

残念なのは量。
明らかに足りない感じ。
って、あれですね、カップ焼そばは「1.5倍」とかが普及しているからでしょうねぇ。
でもそういうカップ焼そばってカロリー表示みると恐ろしいことになってるんですよねぇ(笑)


Chin:パッケージChin:中身
Chin:セットChin:加熱後
上左:パッケージ 上右:内容物
下左:加熱前 下右:加熱後

日清 Chin ソース焼そば
日清食品製
コンビニにて購入
¥237-

  
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 22:25Comments(0)TrackBack(0)││

2008年05月29日

【番外編】ちばき屋 炙りチャーシュー寿司 [@ラーメン以外の食べ物]

炙りチャーシュー寿司:炙り寿司

さて、続けて番外編です。
羽田空港で見かけた「ちばき屋 炙りチャーシュー寿司」

いや、これ驚いた。
まず、炙りチャーシュー寿司っていう存在に驚いたけど、その上で「ちばき屋」ブランドがついているんだもんなぁ。
ちなみに、このメニューは実店舗でも出しているのかな?

まぁ、そんなわけで、バタバタと手荷物検査場を抜け、搭乗口に向かう途中の売店で発見して、バタバタと買ったので値段とかは失念です。
わかっているのは、第2ターミナルで買ったこと。
でも、第1ターミナルでも売ってそうね…
ただ、こういうところのは、売れ行きが悪かったら、あっさり外されると思うので、今も売っているかどうかは不明です。

搭乗して、離陸、ベルト着用サインが消えて、電波を出さない電子機器の利用が認められたところまで待って(笑)、頂きます。
真空パックに入ったチャーシュー寿司に付属のタレを付けて頂きます。
あらかじめ切れ目が入っているとはいえ、せまい機内では食べ難いなぁ。
スーパーシート向けかもしれないけど、今どきのスーパーシートは食べ物出るしねぇ。あ、普通にお土産用か。

冷めていることを考えると充分ンマイと言えるんですが、まぁ、こんなもんだよねぇって感じ。
逆に押し寿司じゃなく、普通のにぎりで、ある程度熱を入れた状態で食べるとうまかろうねーって感じでした。


炙りチャーシュー寿司:パッケージ炙りチャーシュー寿司:パッケージオープン
炙りチャーシュー寿司:中身炙りチャーシュー寿司:中身取り出し
炙りチャーシュー寿司:持ち上げ炙りチャーシュー寿司:窓の外

ちばき屋 炙りチャーシュー寿司
【羽田空港にて購入 】
価格失念

  
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 18:11Comments(2)TrackBack(0)││

2008年03月18日

【番外編】サンクス・野菜と蒸鶏入りフォー [@カップ麺]

野菜と蒸鶏入りフォー:出来上がり

番外編。
サンクスで買ってきた「野菜と蒸鶏入りフォー」

これが、まっっっったく期待していなかったんですが、なかなかに本格的でンマイです。
って書いて、本格的?って思って、そういえば本場で食べてないなぁ(笑)

いえ、本格的というか、まぁ、コンビニで買ってきたにしてはンマイってことですね。
きっと、本場の味では無いですね。癖があまり無いですから。
なんというか、インドカレーと日本のカレーくらいの差はあるのかと。

このテのレンジで温める麺は、最近コンビニに増えているんですが、まぁどれもこれも良く出来ていますやね。
こと、フォーであれば、麺のコシが無いよ…みたいなクレームにならないでしょうから、いいんでしょうねー。
小腹が空いた時はぜひお試し下さい。


野菜と蒸鶏入りフォー:肉野菜と蒸鶏入りフォー:パッケージ

野菜と蒸鶏入りフォー
サンクスにて購入
¥290-

  
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 22:37Comments(0)TrackBack(0)││

2008年03月13日

【番外編】YOSHIDA SAUCE SPICY 焼そば [@カップ麺]

ヨシダソース焼きそば:パッケージ

さて、続けて番外編。
あの「ヨシダソース」を使ったカップ焼きそばがありました。

で、「ヨシダソース」とはなんぞや?といいますと、まぁ、私も詳しくないのですが、アメリカで有名なソースで、面白い格好してテレビに出ている吉田社長が一代で無一文から年商200億円のビジネスを立ち上げた、まさにソースでアメリカンドリームを実現したってわけです。
まぁ、詳しくはウェブサイトにて。

で、その「ヨシダソース」はコストコなんかでも買えていたんですが、最近、日本でも積極的に展開していまして、今回は「YOSHIDA SAUCE SPICY 焼そば」の登場となったわけですね。
製造は「加ト吉」
まぁ、こういったヨシダソースのバックグラウンドみたいなものは、パッケージを開けたフタのところでも説明されています。

中に入っているのは、普通のソースに、普通のかやく、そして「ヨシダグルメのたれスパイシー」。

ヨシダソース焼きそば:内フタヨシダソース焼きそば:中身


基本的には甘い風味なんですが、後からピリッとスパイシーな風味になりますねー。
さすが、スパイシーってだけのことはあります。

麺やかやくはまぁ普通ですが、肉がちょっとだけ豪華かなぁ。
でも、焼きそばにぴったり合うか…と問われると微妙ですが、こういうのもアリかな、と。
今後また食べたくなったら、普通の焼きそばに「ヨシダグルメのたれスパイシー」をかけると再現出来そうですねぇ。


ヨシダソース焼きそば:ソースかけたの図ヨシダソース焼きそば:完成図
ヨシダソース焼きそば:麺ヨシダソース焼きそば:具

YOSHIDA SAUCE SPICY 焼そば
加ト吉製
¥198-

  
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 22:53Comments(0)TrackBack(0)││

2008年02月01日

【番外編】博多大名あごだしラーメン [@おみやげ麺]【1056杯目】

博多大名あごだしラーメン:完成の図

さて、続けて番外編。
お土産で頂いた「博多大名あごだしラーメン」です。

その名のとおり、福岡市中央区大名に本社を置く、醤油メーカー「ジョーキュウ」さんの品。
あまり九州以外では知られていないのかな?
実は、関西でも有名だよ!みたいな事がありましたら、ごめんなさい。
でも大きそうなメーカーさんではあります。

んで、青色の目立つパッケージに入って売られているわけです。

で、食べてみますと…
まず、茹で加減とかは、こちらの問題なので置いておくとして、麺が意外にンマイんですね。
要するに醤油とかを作っているところのものなので、まぁ、スープはそれなりだろうよ…と思ってはいたんですが、細麺の滑らかな喉越しはなかなかでした。

で、スープの方もあっさり目でこれまた案外ンマイんですよね。
変に具を入れないで食べて正解です。
もちろん、こういうインスタント麺なのでそれなりではあるんですが、なかなか満足度は高かったですねー。


博多大名あごだしラーメン:麺博多大名あごだしラーメン:スープ
博多大名あごだしラーメン:パッケージ

博多大名あごだしラーメン
ジョーキュウ製
¥210- (らしい)
※お土産で頂く

  
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 22:13Comments(0)TrackBack(0)││

2008年01月23日

【番外編】カップヌードル リフィル (2) [@カップ麺]【1053杯目】

カップヌードルリフィル(2):調理中

さて、続けて番外編。
失敗しました、まとめて書けば良かった。
そう、同じく頂いたのは「カップヌードル リフィル 醤油味」であります。

書くべきことは、およそ前回に書いてしまいましたが、おさらいを。
最近あまりスーパーで見かけない「カップヌードル リフィル」ですが、再利用可能なマイカップに詰め替え用のヌードルを投入して食べる「カップヌードル」なんですね。
ちょっと具体的な数字はわかりませんが、複数回使えば、きっと地球に優しいものだと思います。

で、味の方はいつものカップヌードルですから、書く事無いですなぁ。
相変わらず美味しかったです。

カップヌードルといえば、とある年齢以上の方は、自動販売機で買った思い出ってのがあるのでは無いでしょうか?
私の歳ですと、高速のサービスエリアで見たものを別にすれば、小学生くらいにちょっと錆びついて今思えば衛生的に微妙だったかもしれない薄汚れた自販機の思い出があります。
で、その自販機でカップヌードルを購入して、自販機のドアを開けてセットしてお湯を入れて、取り出し口近くのドアを開けて、プラスチックのフォークでカップヌードルを食べたものです。
そう、カップヌードルといえば、フォークで食べるものでした。
これが、明らかにカップラーメンとは一線を画すものである証だったかと思います。

そうそう、あとカップヌードルといえば、個人的には具材をお湯をかける前に食べるのが好きでしてね。
ここまでは結構同意して下さる方も多いのですが、どの具材が一番乾燥状態で食べて旨いかというと、揉めるますね、たいてい。
私的には海老のサクサク感も捨てがたいのですが、やはりここは玉子の甘さとしっとりさを推したいところですね。
それでもあの肉のしょっぱさがいいのだとか、いや一番美味しいのはカップヌードルカレーのジャガイモである、なんて言う人もいて、議論が尽きないところです。

あのカップヌードルのお湯をかける前の具材をスナックにして販売すると、一定量売れる気がするんですけどねぇ。
どうでしょう?

ってことで、適当につらつら書いていましたら、いつもの長さまで来ましたね(笑)


カップヌードルリフィル(2):具カップヌードルリフィル(2):麺とか

カップヌードル リフィル
日清食品製
¥122- (リフィルパックのメーカー希望小売価格)
※スーパーアルプスで買ったと思う

  
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 23:30Comments(0)TrackBack(0)││

2008年01月20日

【番外編】カップヌードル リフィル [@カップ麺]【1051杯目/1052杯目】

リフィル:お試しパック

最近、とんと見掛けなくなりましたが、コンセプトは悪くないと思うんだけどなぁ…という「カップヌードル リフィル」
すっかり時期を外してしまいましたが、今ごろリポートを。
マイカップと詰め替え用のカップヌードルがセットになった「お試しパック」と詰め替えヌードルを購入してみました。

で、この「カップヌードル リフィル」ですが、簡単に説明すると、これまで使い捨てだったカップヌードルの容器を再利用可能にしたマイカップに毎回簡易舗装された別売りの中身を投入して食べるというスタイル。

リフィル用の詰め替えヌードルはオリジナルのカップヌードルと、シーフードヌードルだけなのがちょっと…というか、かなり残念。
この詰め替え用のカップヌードルを見ると、カップヌードルはカッブの中で麺が浮いているというのが良くわかりますやね。
随分前にカップヌードルスケルトンってのがあって、構造が良く観察出来たのを思い出しました。

リフィル:取説リフィル:パッケージ裏
左:取扱説明書 右:裏の説明
リフィル:詰め替えヌードルリフィル:フタを開ける
左:詰め替えパック 右:フタを開けるとこんな感じ
リフィル:フタの説明リフィル:セット
左:フタの説明 右:セットしたらこんな感じ


味の方は普段と一緒なので特に無いです。
詰め替え用のカップヌードルをカップに詰めるのにちょっとコツがいるかな?
逆さまにして投入する関係で具材とともに粉末スープが底に入っているんですが、この粉末スープがちょっと残りかちです。

でも、なによりも味が少ない事と、とにかくお店で見かけないのが残念ですねー。
あと、カップヌードル以外の縦型カップラーメンは既に紙容器となっているんですが、こちらと比較した場合に実際どの程度エコなのかな?ってのも気になるところではあります。

カレーやチリトマトといった違う味も増やして欲しいなぁ。
あとは、流通各社さんはなるべく売れなくても取り扱ってやってください(^^ゞ


リフィル:お湯入れたリフィル:完成形
左:透明のフタをして待つ事3分 右:完成
リフィル:シーフードリフィル:シーフードの完成

カップヌードル リフィル
左:シーフードのパッケージ 右:シーフードヌードル
日清食品製
¥379- (お試しパックのメーカー希望小売価格)
※スーパーアルプスで買ったと思う

  
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 23:47Comments(0)TrackBack(0)││

2007年09月26日

ラァメン家 69'N'ROLL ONE [@カップ麺] 【459軒目(3)/1022杯目】

69'N'ROLL ONE(3):カップ麺

さて、今ごろこれ食べる?と言われそうですが(笑)、買い置きしてあった「69'N' ROLL ONE」のカップ麺を。
言わずとしれた町田の人気店です。ここがカップ麺を出すとはねー、というのが率直な驚き。
一応、「TOKYO★1週間」とのコラボ企画ってことでいいのかな?

で、パッケージからしてなんとなくただものでは無い感が漂っているのですが、それはフタを開けてからもそうです。
袋が通常よりもやや多めです。
が、しかし、かやく的なものが少ないよなぁ、とも。

内訳は「だしスープ」「液体スープ」「粉末スープ」「あとのせかやく」
業界初という「無菌充填だしスープ」ってのがポイントなんでしょうね。
ところで、このスープの袋の表記なんですが、「食べる直前」と「召し上がる直前」というのが混在してますね。
もしかしたら、どっちかが先なのかもしれないのですが、だとしたら「こんどの電車」と「つぎの電車」のどっちが先よ?みたいな話になりそうですが、単純な校正ミスだと思われます(笑)

で、最初に入れるのは粉末スープだけです。これもちょっと意外。
で、待つこと5分。

仕上がったところで、残りのスープとかやくを投入して頂いてみましょう。
とにかくいい香が漂います。
気になったので、問題の「無菌充填だし」の袋から残ったスープを舐めてみましたら、これ単体でもンマイですもんね。

で、スーパーノンフライ製法の細麺ですが、一応時間を計ったものの、ちょっと麺が堅い気も?
温度が低かったのでなければ、こういう狙いなんでしょうね、歯応えが心地良いです。

で、スープですが、食べ進むにつれ、胡椒が強いなぁ、という印象。
これ「かやく」に杯っていた鶏のほぐし肉についていた胡椒の印象もあるのですが、唐辛子チップも辛さに一役買っているんでしょうねー。

で、「69'N' ROLL ONE」で店主さんがやるように(笑)かなり緻密にお湯の量を調節したつもりですが、標準量だとしょっぱい気がします。
ただ、スープ自体がなかなかにンマイので、薄めて飲みたくなりますねー。
これ、雑炊にするといいかも…みたいなことをGIGAZINEで書いてあったのも頷けます。

ただ、これンマイのはンマイんですが、ちょっと具材が寂しいなぁ…というのもまた正直な感想。
でもそこまでカップ麺に求めるのもちょっと求めすぎなんでしょうけどねー。


69'N'ROLL ONE(3):麺69'N'ROLL ONE(3):具とスープ
69'N'ROLL ONE(3):パッケージ69'N'ROLL ONE(3):中の袋

明星 職人の神髄 ロックンロールワン THE・醤油
明星食品製
¥240-
※購入場所失念




■これまでの訪問記録
ラァメン家 69'N'ROLL ONE [@神奈川・相模原(最寄駅は町田)] 【459軒目(2)/838杯目】
69'N'ROLL ONE [@神奈川・相模原(最寄駅は町田)] 【459軒目/695杯目】


■参考サイト
・livedoorグルメ > このお店の情報
・食べログ > このお店の情報

  
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 16:35Comments(0)TrackBack(0)││

2007年06月18日

【番外編】ラーメン発見伝 [@カップ麺]【968杯目/969杯目】

さて、今回はなんと漫画から飛び出したカップ麺です。てか、今さらリポート…という感じもしますが(笑)
ビックコミックスペリオールに連載されている「ラーメン発見伝」とのコラボ商品ですね。

漫画を読んでいない人にはわかりにくいですが、芹沢さんというラーメン職人と、藤本クンという商社に勤めながら夜は会社に内緒でラーメン屋台を引くフリークの対決を基本に話が進んで行くんですが、その中で「自然食レストラン大地」での「銚子港フェア」用のラーメンを競い合った話をベースに生まれたカップ麺です。
わかりやすく説明すると、海原雄山で山岡士郎で究極のメニューと至高のメニューの対決で…みたいに例えるのはもしかして禁句なんでしょうか(笑)

まぁ、なんであれ、漫画の中に出てきたものをイメージしたものが食べられるってのは新鮮です。
私もビック錠先生が繰り出すところのメニューを再現したもの食べたいですもん。
てか、そういうお店があったら毎日通いますよ、例えブラックカレーでも。

で、芹沢さんメニューが「焼魚旨味〈醤油豚骨〉」、藤本クンメニューが「魚介旨味〈塩〉」として再現されています。
これは公平に(?)一気に頂いてみたいと思います。

まずは原作通りに芹沢さんの、「焼魚旨味〈醤油豚骨〉」から。

ラーメン発見伝カップ:焼魚旨味醤油豚骨

パッケージを開けると、「ふりかけ」「液体スープ」「粉末スープ」「レトルトチャーシュー」といった具合。
原作では焼魚の絞り汁を使ったラーメンでしたが、それを再現するべく、魚風味がかなり強烈みたい。
とくに液体スープ原液はかなり強力な香りです。
んで、チャーシューかと思ってよくみたら、これが鰹です!すげー。こんなカップ麺珍しいです。

ラーメン発見伝カップ:醤油豚骨パッケージラーメン発見伝カップ:醤油豚骨内容物ラーメン発見伝カップ:醤油豚骨鰹ラーメン発見伝カップ:醤油豚骨麺
ラーメン発見伝 焼魚旨味醤油豚骨


さて、実食。
カップ麺基準で中太の麺が良く出来ているねー。
つるっとした歯触りでなかなかのもの。
もちろん、普通の麺にはかなわないですけど、生麺タイプでもないのになかなかだなーって思いました。

最終的にもスープは魚介が強い感じ。白髪ネギがスープに映えます。
僅かにエグさすら感じるほど。こんなカップ麺やっぱり前代未聞です。
で、唐辛子がちょっと強いのが気になるかなぁ。
それにしても、このカップ麺より不味いリアル店舗いくらでもありますよ。驚いた。



続いて、藤本クンの「魚介旨味〈塩〉」。
パッケージを開けると、「かやく」「液体スープ」「粉末スープ」なのでさっきよりちょっと物足りない感じ。

ラーメン発見伝カップ:魚介旨味塩

こちらは柚子の香りが漂う感じ。
当たり前ですけど、粉末の時の方が強く感じて、スープ化されるとそれほどでも無かったかな。
具のつみれは良くできているんだろうけど、インパクト的にはさっきの方が強いよなぁ。

で、一応鯛スープに貝類、そして動物系…豚という複合スープが原作だったわけですが、不思議とカップの方は鶏っぽいんだよなぁ。
でもかなり旨味が複雑に仕上がっていて、スープ単品でもンマイです。
クコの実、チンゲン菜といった具材も入っているのですが、意外にシャキシャキ感があってフリーズドライ侮りがたし…といった印象です。

ラーメン発見伝カップ:旨味塩パッケージラーメン発見伝カップ:旨味塩内容物ラーメン発見伝カップ:旨味塩つみれラーメン発見伝カップ:旨味塩麺
ラーメン発見伝 魚介旨味塩


で、麺はさきほどとは大きく違ってかなり細麺。
歯触りが心地よい麺になっています。…ってこれは作り方によるか(笑)

つみれも不味くは無いんですが、ちょっと飽きがきちゃうかなぁ。
カニカマっぽい味に感じられます。

うーん、個人的には「芹沢さんの勝利!!」かなぁ。
原作の方の結果は原作マンガにてご確認ください(笑)
そうそう、パッケージ裏フタのQRコードを携帯で読み取ると該当のお話が携帯でタダで読めます。
このリーダーが意外とっつーか、かなり良くできていて、実は今回一番びっくりしたのはここだったり。


ラーメン発見伝カップ:裏ぶたラーメン発見伝カップ:携帯画面

ラーメン発見伝 焼魚旨味醤油豚骨/魚介旨味塩
日清食品製
各¥250-
※イトーヨーカドーにて購入
  
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 23:45Comments(0)TrackBack(1)││

2007年05月24日

ありがとう池袋大勝軒つけめん [@カップ麺] 【074軒目(12)/958杯目】

大勝軒カップ:完成図

さて、番外編はあったものの、久しぶりの「カップ麺」のリポートを。
先日、惜しまれながらも閉店(休止?)となった東池袋大勝軒とタイアップした「ありがとう池袋大勝軒 つけめん」を。
一部でかなり評判良いみたいです。

てか、「つけめん」なんですね。わかりやすくていいですけど。
ただ正直、これをコンビニで見かけた時は、申し訳ないですけど「閉店ビジネス…」「便乗商法…」みたいなのが、頭の中でグルグル浮かんでいたのもまた事実です。
正直、ちょっと辟易しているところもあります。
パッケージの寄せ書きもちょっとあざとく感じてしまいます。

ま、いいとして、カップのつけ麺ってのは、たぶん前にもなにかで食べた気がするのですが、それでも斬新ですよね。

まず、目を惹くのがパッケージに書かれた「お湯はたっぷり1リットル用意して下さい」の文字。
なるほど、麺を戻すのとツケダレ用ですね。
てっきり、「焼きそば バゴーン」とか「焼きそば弁当」的なものかと思ってました。
まー、麺を戻したお湯でツケダレを作っても大丈夫な、コッテリタイプのツケダレだったら、そっちの方が良いですよね。
これ、コンビニで用意しているポットのお湯を使って食べる時とか迷惑な量のお湯を使いそうです(笑)

で、開けてみると、大きなカップの内側に小さなカップが。
いろいろと注意書きがありまして、中に入っているのもいろいろありますね。
カップ麺とかカップ焼きそばに慣れている人でも、つけ麺には慣れていないですから、ちょっと注意していろいろ見てみないと…と戸惑う感じですね。
麺ほぐし油ってのが新鮮です。

でも、作り方を見ると、水で締める工程は無いんですね。
その分、麺ほぐし油なわけですけど、このへんが苦労したポイントなんでしょうね。
ちなみに麺は5分ですが、かやく+スープ=ツケダレの方は3分です。

大勝軒カップ:パッケージ大勝軒カップ:フタの作り方の解説
大勝軒カップ:お湯に関する注意大勝軒カップ:開けてみた
大勝軒カップ:いろいろな袋大勝軒カップ:仕上げのほぐし油
上右:ちょっとややこしい作り方
中左:お湯はたっぷりと用意 中右:開けてみると小さいカップが
下左:いろいろな袋 下右:ほぐし油


さて、食べてみますと…。
まずは当たり前ですけど、麺は細いですよね。
これはしょうがない。
結果、あつもりになっているんですが、これにはあまり違和感が無いです。

ツケダレはもうちょっと酸味があった方が大勝軒っぽいかもしれませんね。
唐辛子からのピリ辛感がなかなかいい感じではあります。
再現度…という意味ではビミョーですけど、普通に美味しく出来ていますが、味が薄いなぁ。
でも、そういえばスープ割という概念も無いので、細目の麺に、薄めのツケダレってことでバランスさせているんでしょうね。
最後の方は、これしょうがないんですけど、ほぐし油のせいで若干、油がきつくなっちゃったかな。

まぁ、良く考えてみたら、あくまでも「東池袋大勝軒」に対して、ありがとうって言っているだけの商品なので、再現度云々は関係ないのかもしれないですね。
なんであれ、カップのつけ麺はもうちょっと工夫があれば楽しい食べ物になりそうではあります。
やっぱり麺は一回水通しした方がいいんじゃないだろうか?…なんて思っちゃいますね。
ちなみに残念ながらどんぶりは当たりませんでした。


大勝軒カップ:麺大勝軒カップ:ツケダレアップ
大勝軒カップ:麺とツケダレ大勝軒カップ:ツケダレ最後の方
下右:ツケダレ末期はちょっと油っぽいかも

ありがとう池袋大勝軒つけめん
エースコック製
¥260-
※ローソンにて購入




■これまでの訪問記録
東池袋 大勝軒 八王子店 [@東京・八王子] 【074軒目(11)/907杯目】
お茶の水 大勝軒 [@東京・千代田区・小川町] 【074軒目(10)/900杯目】
東池袋 大勝軒 八王子店 [@東京・八王子] 【074軒目(9)/887杯目】
東池袋 大勝軒 [@東京・豊島区・東池袋] 【074軒目(8)/836杯目】
東池袋 大勝軒 八王子店 [@東京・八王子] 【074軒目(7)/752杯目】
東池袋 大勝軒 相模原 [@神奈川・相模原] 【074軒目(6)/668杯目】
東池袋大勝軒 八王子店 [@東京・八王子] 【074軒目(5)/633杯目】
東池袋 大勝軒 八王子店 [@東京・八王子] 【074軒目(4)/557杯目】
【074軒目(3)】大勝軒 [@東京・八王子] 266杯目
【074軒目(2)】大勝軒 [@ベビースターラーメン丸]
大勝軒 八王子 [@東京・八王子] 【074軒目/074杯目】

  
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 23:21Comments(0)TrackBack(0)││

2007年05月20日

【番外編】できたてファミマキッチン フライドポテト焼そば

フライドポテト焼そば:パッケージ

さて、番外編です。
ラーメン以外にもそれなりに好きな食べ物がある小○さんですが、かなりの中毒性をもって常用したくなるのが「ファミリーマート」の「ファミポテ」の「サラダエレガンス味」です。

いやー、あの粉はヤバいですよ。
お店によって振りかけ具合が違うんですが、あれは多め希望です。
盛大にかけてくれるお店で、ホットケースの中でちょっと寝かせられて干からびかけているカリカリしょっぱーいのが最高なのです。

で、そんなファミポテのサラダエレガンス味ですが、以前、ポテトチップスになったのですが、今度は焼きそばになってしまいました。
これは食べないわけにはいかないでしょう。
その名も「できたてファミマキッチン フライドポテト焼そば」です。

まずその「フライドポテト」を焼きそばにするというあたりがいい感じでぶっ飛んでいるんですが、その名に恥じず、ポテトが結構入っています。
まずはお湯を投入する前にかやくのポテトを一口。
うーん、お湯でもどす前のサクサク感や風味はカップヌードルカレー味のポテトの方がいいですね。
ま、お湯で戻してから…が大事なんですけど。

フライドポテト焼そば:かやくフライドポテト焼そば:フタフライドポテト焼そば:お湯捨て口
上左:かやく 上右:いろいろ説明付きのフタ
下:お湯捨て口


しかし、最近の焼きそばはパッケージは凝ってますね。
一度にフタあけちゃダメなんですね。
うーん、ちょっとハードルが高く感じますが、お湯捨てとかラクですね。

さて、焼きそば。
適当にマセマゼして頂きますが、思ったよりあの「ヤバい粉」、サラダエレガンス臭は弱いですね。
というか、普段、ポテトの時にはあまり目立たなかったセロリ系の香りが随分、前に出ている印象です。

ポテトの再現度は意外に高いです。
あと、あのサラダエレガンス味は焼きそばにしてもかなりンマイです。
ソース系の焼きそばとはまた違ったンマさがありますねぇ。
いや、これ、塩焼きそばの系統なんでしょうけど、相当にンマイです。

あ、自分、サラダエレガンス中毒なんで割り引いて聞いて欲しいんですけど、この焼きそばは定番化して欲しいですね。
お店で食べてみたい気もします。
ただ、本末転倒なんですが、ポテトはポテト、焼きそばは焼きそばでいい気がします。
つか、ポテトが多すぎなんですよ、この焼きそば。当たり前だけど(笑)!!!

数量限定らしいので、そろそろ売ってないかもしれないです。


フライドポテト焼そば:麺、お湯捨て後フライドポテト焼そば:粉振りかけ中
フライドポテト焼そば:粉振りかけ後フライドポテト焼そば:出来上がり
上左:お湯捨て後。 上右:粉振りかけ中
下左:粉がかかれました 下右:混ぜて出来上がり

できたてファミマキッチン フライドポテト焼そば
エースコック製
¥195-
  
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 11:40Comments(4)TrackBack(0)││

2007年01月26日

麺許皆伝 しお味 (ヤクルトラーメン) [@インスタント麺]

ヤクルト:ラーメン
さて、番外編を続けます。久しぶりのインスタント麺です。
その名も「麺許皆伝 しお味」、通称ヤクルトラーメンでございます。

といってもスープにヤクルトが入っているわけでも、ヤクルト味がするわけでもなく、ヤクルト製のインスタントラーメンなだけです。
以前、本日のメモで取り上げて以来、気になっていまして、会社に出入りしているヤクルトおばち…レディにお願いしまして、一袋5個入りを持ってきてもらいました。
本当は箱で買うらしいです。

パッケージにはヤクルトマークとともに脱力系ネーミングともいえる「麺許皆伝」の文字が。
しお味とわざわざ書いてあることからわかりますようにしょうゆ味、みそ味、焼きそばもあるそうです。
最大のポイントは「コシのあるクロレラめん」というキャッチでしょう。

ヤクルト菌は入っていないものの、クロレラが入っていたわけです。
他にビタミンB1、B2、カルシウム強化と謳われています。

さて、ラーメン。
味がわかりやすいように具は別盛にしまして、ネギだけで頂いてみます。
まず、ビジュアル的には緑色の麺、緑がかったかに見えるスープが独特の雰囲気…。

ただ、ヤクルトラーメンと思ってますので、こういうこともあろうかと心の準備が出来ていますので、別に緑色だからといって食欲減退はしません。
香りはオーソドックスなインスタント麺風の油で揚がった麺の匂いの中にもなんとなく独特のものがある気がします。

で、わざわざ謳っているコシですが、うん、確かに普通のインスタント麺とは違ってコシがあります。
もちろん、生めんタイプや冷凍麺などいろいろある中での比較としては普通のインスタント麺レベルを出ていないのですが、明らかに麺が美味しい!!

スープもまぁ、普通に美味しく、薬臭いとかいったことはなく、美味しく頂けました。
なるほど、これなら箱で取り寄せたくなる岩村の気持ちもわからんでも無いです。

1食に成人の1日に必要な量の約半分のカルシウムとビタミンB1、B2がとれるわけですから、このラーメンなかなかいいかもしれませんねー。
元々はヤクルトラーメンという製品名だったらしいですが、うーん、麺許皆伝というダジャレ脱力系ネーミングよりは、そのまま素直に「ヤクルトラーメン」の方がインパクトあって好きなんですけどね〜。
でも、ヤクルト味のラーメンを想像する人が多かったんでしょうねぇ(笑)


ヤクルト:麺ヤクルト:具ヤクルト:パッケージ1ヤクルト:パッケージ2ヤクルト:パッケージ3
麺許皆伝 しお味 (ヤクルトラーメン)
ヤクルト本社製
¥65-
(ヤクルトレディより購入)  
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 00:35Comments(7)TrackBack(1)││

2006年11月27日

自作ラーメン祭り 拉麺志士編 [@自作麺イベント] 【830杯目/831杯目】

自作ラーメン祭り 拉麺志士編:よろしくラーメン自作ラーメン祭り 拉麺志士編:あごの香る鶏醤油ラーメン

さて、今回は「自作ラーメン祭り 拉麺志士編」に行ってきました。
えーと、実は今まで全然知らなかったのですが、こういう自作派の人の集まりがあったんですね。

で、会場は渋谷の凪。
あくまでもお店と客ではなく、オフ会の延長で、材料費負担というスタンスですかね。
午前と午後の2部制となっており、Hiryuさんにお声掛け頂いたので、2部のHiryuさんのラーメンがある方に参加させていただきました。
ちなみに1部のラーメンはパパ富徳氏の「三代目ぶりぶりざえもん」と志々福白斎さんの「牛麺 白醤油仕立て」

しかし、渋谷の凪に来るのは3回目ですが、1回目はオフ会の2次会で満席で入れず、2回目は英喜屋の営業に合わせて、3回目が今回でまともに営業している凪を体験したことが無いですね、自分(笑)

というわけで、一種、独特のムードの中、会は進行。
ラーメンフリーク界の有名人の方々もちらほら。初参加なので必要以上にオドオドとしてしまいます(笑)
大崎さんも中抜けして参加されていました。

まずは、小林氏の「よろしくラーメン」
元・渡なべ、現・立川凪の方のラーメンですね。

黄金色のキレイなスープの上に挽き肉と味噌でできた玉が載っています。
これを溶かしながら食べることで、どんどん味噌ラーメンに変化していくという趣向。
麺は開化楼ちぃ麺でいいのかな?

これはさすがの一言で「スーパーであるもので、美味しいものを作る」というテーマらしいんですが、すげー!!!こんなの出来ちゃうんだという印象。
変化も面白い!!最初の状態がかなり上品な味なんですが、後半はややピリッとした味噌ラーメンになるのが楽しいですね。
美味しかったです。
あえて、難点を上げれば、塩気に塩気を足していくので最終的にはちょっとしょっぱかったかなぁ。

自作ラーメン祭り 拉麺志士編:よろしくアップ自作ラーメン祭り 拉麺志士編:よろしく麺
自作ラーメン祭り 拉麺志士編:よろしく具自作ラーメン祭り 拉麺志士編:よろしくスープ

そして、2杯目はHiryu氏の「あごの香る鶏醤油ラーメン」
こちらはもう完全に素人さんなわけですが、なかなかどうして、素晴らしい出来。

エシャロットをあげた油で風味付けとカリカリの食感が付加されたラーメンは和風醤油系の味。
ダシも充分に前に出ていて、なんというか、美味しい鍋物のような感じでスルスルいけちゃいます。
特筆すべきは、自家製麺で、これは普通にンマイですよ、いい歯触りです。
味玉も鶏チャーシューもなかなかの出来栄えです。
こちらにもあえて難点を上げれば、鶏チャーシューのンマイ風味付けが却ってスープの邪魔をしてたかもなーということ。

自作ラーメン祭り 拉麺志士編:あごの香る鶏醤油ラーメン:玉子自作ラーメン祭り 拉麺志士編:あごの香る鶏醤油ラーメン:麺
自作ラーメン祭り 拉麺志士編:あごの香る鶏醤油ラーメン:スープ自作ラーメン祭り 拉麺志士編:あごの香る…:鶏チャーシュー

こういうイベントで難点上げるのも無粋ですが、でも、褒めっ放しだと、アレなんで、ほんと、どちらもあえて難点を出したくらい。
美味しく頂けました。

一応、4杯食べる人もいるということでハーフとフルサイズが用意されており、ハーフを2つと注文したわけですが、やっぱり物足りなく、2つめをフルサイズに変更しちゃいました。
そして「チャーシュー丼も食べます?」とのお誘いを受け、そちらも頂きます。
玄米の上にこちらは豚のチャーシューが載ったもので、これもンマかったですねー。

自作ラーメン祭り 拉麺志士編:チャーシュー丼自作ラーメン祭り 拉麺志士編:チャーシュー丼アップ

なんというか、皆さん、ほんと、ラーメンが好きでいらっしゃる。
自作派の人たちの輪に混ぜてもらって、すごく、新鮮で楽しかったです。
また参加したいですけど、作り手に回らないと若干肩身が狭いような…(^^ゞ
ごちそうさまでございました。


自作ラーメン祭り 拉麺志士編:外観自作ラーメン祭り 拉麺志士編:店内
自作ラーメン祭り 拉麺志士編
【於:渋谷 凪】
小林氏作:よろしくラーメン
Hiryu氏作:あごの香る鶏醤油ラーメン  
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 19:22Comments(6)TrackBack(2)││

2006年11月17日

秀ちゃんラーメン [@カップ麺、おみやげ麺など] 【527軒目/820杯目】

秀ちゃん:ラーメン
ラーメンSNSのオフ会で、はんつさんに頂いた「博多 秀ちゃんラーメン」のお土産麺をようやくいただきました。
そういえば、お店のラーメン以外は、すげー久しぶりですねー。

「だるまラーメン」という名前で昭和38年から福岡市の箱崎で営業していたお店がありまして、それを越えるべく大阪で修業していた二代目が立ち上げたのが「秀ちゃんラーメン」だそうです。
そう、中の説明に書いてありました。
ん?良く考えると、だるまラーメンは血縁なだけで関係ないような…(笑)

さて、ラーメン。
これ、お土産麺にしては、なかなか本格的に濃厚なスープの豚骨ラーメンですねー。
ドロッという表現すら可能です。

麺は細麺。
んー、ついつい茹で過ぎてしまいますね。
ラーメン側には具無しで、スープと麺とネギだけで頂いたんですが、なかなかンマイんじゃないでしょうか?
これ、お店でも食べてみたいですねー。

でも、お土産麺でも結構匂うので、本物だとさらに匂うかなぁ。

んで、家でラーメンだとどうしても具まで手が回らないのですが、今回はキャベツ・モヤシ・豚・ニンニクを用意してみました(笑)
もうこれだけで、アレみたいな匂いと味になってきますね。
なので、丼側にいれずに別盛りで頂くことに。

いやー、しかし、今どきのお土産麺は良く出来ていますねー。
はんつさん、ありがとうございましたー。m(_ _)m
ご興味の方はぜひ、とらさんショップでお買い求め下さい…と思ったら、売ってなかったですね(笑)


秀ちゃん:パッケージ秀ちゃん:中身秀ちゃん:麺ブタ・ヤサイ・ニンニク
秀ちゃんラーメン
頂き物につき詳細不明
実店舗は福岡県福岡市中央区、他  
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 14:59Comments(0)TrackBack(0)││

2006年05月25日

【番外編】UNITED Chinese Noodles きつねらあーめん [@カップ麺]

UNITED:蓋付き
さて、今回は番外編。
カップ麺食べるのも久しぶりだー。

えーと、お土産で頂いた(笑)、UNITEDの「Chinese Noodles きつねらあーめん」です。
これ、UNITEDの機内食で出てきたそうな。
機内食でカップ麺といえばJALの「うどんですかい」なんかが有名ですけど、UNITEDも出していたんだなぁ。

製造元はカップを横から見ればすぐわかる東洋水産。
赤い帯の入ったカップは、まんま赤いきつねです。
つーか、きつねらあめんって…!?

お湯を入れてしばし待ちますと、おおー、まさにきつねらあめんです。
サイズが普通のカップ麺の1/4くらいなので、お揚げも細かくなっています。
うーん、こういうの意外と外人に受けるのかも知れないですね。

で、味はというと、赤いきつね味かと思いきや、さにあらず。
あえて、例えるなら「カップヌードル+赤いきつね÷4」って感じでしょうか。
はい、醤油がかなり抑え目であると感じました。

原材料欄を見るとなかなかに興味深く、「Palm Oil」「Tapioca Starch」なんてのもあります。
「Seasoned Fried Soybean Curd」ってのが油揚げのことかな。

フタに作り方があるんですが、これは中国語も付いています。
うーん、冷静に考えると「Chinese Noodles」と書いてあるけど、これ、中国人的には「違うだろ?」って感じなんでしょうねぇ(笑)



UNITED:作る前UNITED:サイド
UNITED:出来上がりUNITED:麺
UNITED Chinese Noodles きつねらあーめん
東洋水産製
非売品(米国便エコノミークラスにて配布)  
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 13:15Comments(2)TrackBack(0)││

2005年03月25日

【226軒目】ラーメン昭和 [@カップ麺] 286杯目

SA310004.jpg
携帯を修理に出したので、慣れぬ代替機からの更新です。

愛知万博で盛り上がる名古屋からのコンビニ、サークルKサンクスの名古屋フェアの一貫でしょうね、名古屋の有名店ラーメン昭和のカップ麺です。
  続きを読む
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 22:37Comments(0)TrackBack(1)││

2005年03月16日

【223軒目】牛角 [@カップ麺] 278杯目

SN310217.jpg
コンビニで見かけて、なぬっと思って即効購入しました、牛角のカップ麺。
はて、お店でラーメンだしてましたか?
  続きを読む
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 17:20Comments(2)TrackBack(3)││

2005年02月21日

【206軒目】ちゃぶ屋 (カップ麺)256杯目

SN310187.jpg
風邪引きました。
何が困るってラーメンがまっとうに食えないんです。

こう、一口、口に入れたところで、痛んだ気管を湯気が刺激してむせまくります。
なので、むせつつ、チュルチュルチュル…と地味にしかラーメン食えません。

というわけで、久々のカップ麺を。

※写真はクリックで拡大します。
  続きを読む
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 23:05Comments(0)TrackBack(2)││

2004年12月13日

【164軒目】黒らーめん 好来 [カップ麺] 195杯目

041213_2057~01.jpg さて、久々のカップ麺は、熊本の黒らーめん好来。
またしても十勝新津製麺製…と思いきや、横山製麺工場製。

なんか芸風似てますね。
麺はビミョーに違いますけど、甲乙つけがたいですね。
やや、十勝新津のがンマイかも。

違いは、氷結乾燥ノンフライ麺と、真空凍結乾燥フリーズドライ麺ですか、よく分かりません(笑)

十勝新津のもそうなんですが、お湯を入れた後、調理完了までの蓋の地価が上がりすぎではないですかね。

レトルトの具材に、香味油、液体スープ。
全てが乗るはずないのに蓋に乗せて暖めろと来やがります。

それとも、パズル的に頑張れば乗るんでしょうか?
謎であります。

さて、ラーメン。

もう、これは黒マー油につきます。
この黒マー油が全てを左右していると言っても過言ではありません。

出来がイイかと言われればビミョーなんですが、かといって、無きゃ無いで語ることが無いカップ麺とも言えるわけで…

あと、気になったといえば、キクラゲが短いこと(笑)
もうスープの底に沈みっぱなしで、麺に絡まることも無いです。

チャーシューはカップ麺にしては頑張っていますが、レトルト臭いですし…

全体的にビミョーなんですが、渋谷の麺喰王国に支店があるようなので、近々、実店舗で食してみます。


九州熊本 黒らーめん 好来
横山製麺工場製
ミニストップで購入、?298
オリジナルのお店は、熊本市帯山、他  
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 21:44Comments(2)TrackBack(0)││

2004年12月02日

【157軒目】だるま大使(カップ麺)184杯目

041202_1305~01.jpg
久しぶりにカップ麺いってみましょう。
とんでもない夏の頃は、毎日のように食べてたんですが…

店舗ブランドを使ったカップ麺の勇、十勝新津製麺の、だるま大使です。

結論から言うと、非常に良く出来ています。

やや油分の強いトンコツという素性がカップ麺に適してるんでしょうね。

また、製品開発がこなれてきたという事もあるでしょう。
チャーシューやメンマのレトルト臭さも良く抑えられていて、これまでの十勝新津製麺のカップ麺の中で、一番良いデキなんではないでしょうか?

麺がなかなか良く出来ているのはいつものこと。

変な臭みもなく、下手な店のトンコツよりンマイかも知れません。

これなら、オリジナルの店の方に行ってみようか…という気になりますね。
案外、オリジナルのお店の方は強力なトンコツだったりするんでしょうけど。
オリジナルの再現度はともかく、なかなかンマイカップ麺である、と。


だるま大使(カップ麺)
十勝新津製麺製 ローソンにて購入。 \298
オリジナルのお店は、群馬県高崎市剣崎町、他
  
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 13:32Comments(0)TrackBack(2)││

2004年11月12日

【144軒目】らーめん世界(カップ麺)165杯目

041112_2253~01.jpg
久しぶりに十勝新津製麺のカップ麺を。
モデルは、金沢のらーめん世界です。
店主監修の文字あり。

あれですね、パッケージの店舗の写真を見たら、ラーメン横綱を思い出しました。
看板の感じが似てます。
まぁ、現物は大きさ(笑)とか、全然、違うんでしょうけど。

さて、ラーメン。

とんこつ醤油とありますが、醤油成分はあまり強くありません。

麺は、さすがの十勝新津製麺ということで、なかなか食わせます。

モヤシもシャキシャキ感をかろうじて再現しているみたい。

問題はチャーシューですね。
かなり多めにレトルトのが入っているんですが、なんていうんでしょうレトルトの独特の酸味が口に残るんですね。

スープもあっさりしてますから、とにかくこの変な風味だけが、ただただ口に残るんですね。

スープ自体にも、やや酸味があるのかなぁ。
うーん。

んー、肉で減点ですねー。


金沢 らーめん世界 (カップ麺)
十勝新津製麺製
サンクスにて購入 \298
オリジナルのお店は石川県金沢市西泉、他
  
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 23:09Comments(2)TrackBack(0)││

2004年11月10日

【142軒目】大砲ラーメン(カップ麺)163杯目

041110_2313~02.jpg
私がまだ小○さんになる前…世を忍ぶ仮の姿の頃に何度か行った久留米ラーメンのお店のカップ麺です。

この間の山頭火と逆パターン。

大砲ラーメンは久留米界隈を中心に結構な店舗数を展開しています。

廃校になった古い校舎の廃材を利用し、ホーロー看板などで飾りつけた合川店などは多少鼻につく面もありますが、基本的には嫌いなお店ではありません。

オリジナルラーメンではなく、店舗限定の昔の大砲ラーメンを再現した昔ラーメンが今回のカップ麺のモデルになっています。

ポイントはカリカリと呼ばれる背脂の揚げ玉。

これがいい味出してます。

食べてて悲しくなるメンマや、他のカップ麺と共通でしょといった感じのチャーシューあたりは気になりますが、これだけで救われます。

麺は細めで固め。
似て非なるもカップ麺としてはよくやっています。

スープなんかも決してマズくはないんですが、ちょっと油がキツイかなぁ。
規定量よりちょっと多めにお湯を入れるが吉です。


大砲ラーメン(カップ麺)
明星食品製
オリジナルのお店は、福岡県久留米市、他
サンクスにて購入 \239
  
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 23:34Comments(0)TrackBack(2)││

2004年10月14日

【番外編】比内地鶏らぅめん [非店舗系カップ麺] 139杯目

041014_1605~02.jpg
さて、久しぶりにカップ麺です。
超レア物の比内地鶏のラーメン。
もちろん、秋田のお土産品であります。
  続きを読む
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 23:11Comments(0)TrackBack(1)││

2004年10月04日

【番外編】極み食感・ふんわりたまごのワンタン麺 [非店舗系カップ麺] 129杯目

041004_1704~01.jpg
えー、店舗系以外のカップ麺を食うのは久しぶりです。

明星の極み食感・ふんわりたまごのワンタン麺。  続きを読む
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 17:32Comments(5)TrackBack(1)││