東京・八王子・中心部のリスト


 

 

2006年10月06日

藍華 [@東京・八王子] 【022軒目(12)/774杯目】

6a7f95b6.jpg
さて久しぶりに…だったかな、まぁ、良く来てしまう「藍華」へ。
いや、もちろん美味しいから来るんですけども、近いから…という理由もかなりデカイですが…。

お店はJR八王子駅から少し離れた場所にあり、目印としてはいちょうホール。
いちょうホール沿いの道路にコインパーキングがやや離れた場所にあります。
店内はカウンターのみで9席。

平日の14:40頃の到着で先客は1名。
ここではいつものチャーシューつけ麺、大盛、魚粉をチョイス。
最近、若い店員さんがよく作業されていますね。
ま、迫力のある店主の方も若いんですけども…。

さて、つけ麺。
相変わらずモッチリとした太麺がンマイですね。
最後の最後のところまで弾力があって歯を跳ね返すんだけど、最終的にはプツリと切れるその切れるところが本当に深いところにあるという感じの麺です。
でも、どっかの製麺所の麺なんですよね。たぶん。良く出来ているなぁ。
同じ麺を使っている店にも行ってみたい。

ツケダレはやっぱり前より薄くなったと思うんですが、それでも一般的なつけ麺よりもまだ濃いめかと。

シコシコした食感のチャーシューも麺との合わせ技ですげーンマく感じます。
うん、近くになくてもちょくちょく行くかもなぁ。
まぁ、ここまでは来ないだろうけど。

また、やや以前に比べて辛さが出てきた気がしますが、うーん、気のせいかもしれないですね。
なんせ書く事がもはやあまり無いので重箱隅的なことしか書けないです(笑)


藍華
【東京都八王子市元横山町2-22-3】
11:00〜15:00頃 18:00〜22:00頃
2006年3月より実験的に営業時間延長
不定休→週1回、お店に確認してください。
※2006年10月は毎週火曜+25日がお休み
チャーシューつけ麺 ¥950-
大盛 ¥100-


[GPS情報URL]
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=1&unit=0&lat=%2b35.39.34.74&lon=%2b139.20.11.34&fm=0
  

 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 19:52Comments(2)TrackBack(0)││

2006年10月05日

ラーメン屋 はる太郎 [@東京・八王子] 【450軒目(6)/773杯目】

aa0e2a6c.jpg
さて、久しぶりに…でも無いか八王子の「はる太郎」へ。
某所で新メニュー?という噂がありましたが、そうではなく「つけ麺」をアピールするように新しい看板が出ていたのが真相。

場所的にはJR八王子駅から近い繁華街の一角にあり、周辺にはいくつかのコインパーキングがあります。
店内はカウンターのみで、11席。12:55頃の到着で先客は1名。
初めて昼の時間帯に来てみたのですが、女性の店員(奥さん?)もいたのがすごく新鮮。

新しい看板では初めての味ということでこちらの売りの二層のツケダレをアピール。
つけ麺の大盛は400gだよ〜というアピールも忘れません。
というわけで今回もつけ麺。
チャーシューつけ麺の大盛で。

見ていると小皿で味のチェックもしていたりして真剣なん表情。
あと、やっぱりフライパンではもう茹でてないみたい。
そういう技法かと思ったら、やっぱり違うようだ。

さて、つけ麺。
堅めの茹であがりの麺は弾力がありながらも最後のプツリと切れる歯触りが心地よいです。
ツケダレは前はあまり気にならなかったんですが、塩分がさらに前に出てきた印象。
個人的にはしょっぱいツケダレ歓迎ですけど、なんというか丸さが取れて角のある塩辛さが出てきた気がします。

二層ということもあって複雑な風味なんですけども、なんというかバラバラになってきた印象がありますね。
こう、ちょっとしたバランスですごーく美味しくなりそうな気もします。

麺のボリュウム的にも満足いきますし、ツケダレ側に具が入っているところもいいですね。
またあまり他に無い味なので代替が効かないという点も悪くないので応援したいお店ですねー。


ラーメン屋 はる太郎
【東京都八王子市中町10-3】
11:00〜21:00、日祝日11:30〜21:00/不定休
チャーシューつけ麺 ¥900-
大盛 ¥100-


[GPS情報URL]
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=1&unit=0&lat=%2b35.39.16.83&lon=%2b139.20.17.23&fm=0
  
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 18:35Comments(0)TrackBack(0)││

2006年09月28日

風我 [@東京・八王子] 【502軒目/766杯目】

715e1d4f.jpg
さて、今回は八王子の伴麺亭の跡に新しくオープンした「風我」に行ってみました。
店内はカウンターのみで8席かな。

水曜日の20:00頃の到着で、先客は3人組1組のみ。
この先客が店主と知り合いなのかな?それとも早くも常連か…入口に近い席でビール飲んで談笑していたのが印象的でした。

メニューは正油、塩、みそ、辛みその各らーめんにライスとトッピング。

ちょっと迷って、正油らーめんにチャーシュートッピングで。
フライパンを振るいつつ作る味噌が名物っぽいんだけどね。あえて。

と思ったら、正油もフライパンで作るんですね。
味見しながら作るところは好感が持てますけど、要するに正油もフライパンで仕上げるってことはスープとかはフライパンで熱を入れる仕様になっているってことだよね。

さて、ラーメン。
挽き肉が沈殿しているあたり味噌ラーメンっぽいですね。

チャーシューはちょっと臭みがあるなぁ。
これは好みとかの問題ではなく、もっと頑張れって感じのところ。
さやぴぃさんも、さんぴんさんもダメだししてたのわかってて、チャーシュートッピングしたんだけど、人の言うことは素直に聞くべきって思った。

メンマもヘロヘロというかなんと言うか。
具材関係は総合的にイマイチと言わざるを得ません。

スープは醤油の味が強く出ています。
前出のとおり限りなく味噌ラーメンに近い作り方で濁った醤油スープ。
これどっかで似たようなものを食べたことあるなぁ。たぶんアレなんでしょう。アレ。
最初に緑色のあれ行者にんにくかなぁ、入れているようで、すた丼をラーメンにするとこのスープに近いものが出来そうな気もしました(笑)

小林製麺の暖簾がかかっていたので、小林製麺であろう麺は黄色みの強い縮れ麺。
麺は、それなりだけど、全体的にはちょっと変わってはいるものの、普通のラーメン屋さんって感じかなぁ。
いっそ、サイドメニューを増やして飲み屋さん的になっていった方がいいような気もする。

これ、前にも似たような事書いたんだけど…。
谷保のにんにくやを気に入っていて、ちょくちょく行っている人が言うべき事では無いんだけど、厨房でタバコを吸うのはやっぱりやめて欲しいなぁ。
別に喫煙する事はいいんだけど、スペース的に辛かったり1人営業でその場を離れられないなければせめて厨房の端で、出来ればお客から見えないところで吸っていただきたいんだけどなぁ。

ただでさえ、ラーメンに対してあまりいい印象がなかっただけにまた来たいという気持ちがかなり薄らいだのは事実なわけで…。


風我
【東京都八王子市本町12-14】
11:00〜20:00頃?/不定休?
正油らーめん ¥600-
チャーシュー ¥300-


[GPS情報URL]
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=1&unit=0&lat=%2b35.39.29.04&lon=%2b139.20.12.19&fm=0
  
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 15:56Comments(0)TrackBack(0)││

2006年09月15日

甘味茶房 糸ぐるま 八王子店 [@大手チェーン] 【493軒目/753杯目】

5256e8cf.jpg
さて、今日は「甘味茶房 糸ぐるま」に来てみました。
八王子そごうの10階にあります。

「糸ぐるま」の系列店で甘味系のメニューが充実したものです。
んで運営母体は往年のセゾングループの外食系を担当していた西洋フードシステム。
意外だったなぁ。

メニューはかなり豊富。
ラーメン系だけ抜き出してみても、醤油、味噌、塩、にぼし、黒酢と辛味のあんかけ、冷やし麺、つけ麺、焼きそば…といろいろ。
それに炊込みご飯などがつくセット系やら甘味があって、もうとにかく豊富なメニューってこと。

とりあえず、名物っぽい「豆乳と湯葉のらーめん」をチョイス。
あと、冷やっこと生ビール。
お通しに出てきたのは、お茶の葉の佃煮。へー珍しい。

さて、ラーメン。
麺はかなりダメダメ。つーか、カタマリで来ましたよ。
不味くはないけど。
これも意外だよなぁ、要するによく出来た麺ってことなんですよね。
ある程度、テキトーにやってもそこそこになるという。

スープは微妙。
ヘルシー志向なら油をもっと極端なくらい抑えないとなーとか思っちゃいます。
ただ豆乳の臭みはあまり感じず、説明されなかったら気にならない程度。
基本的には美味しい方。
柚子胡椒がついてきますんで、その美味しさで持たせている部分がありますけど、結構飲んじゃいますね、コレ。

これ、考え方なんだけど、豚骨+化調バリバリのラーメン食べるくらいだったら、こっちのが健康的なのかもね…という。
リンガーハットの豆乳ちゃんぽんもそれなりに美味しかったもんな〜。

いや、いろいろ意外でしたけど、また来てもいいやーと思いますし、甘味茶房じゃない方の糸ぐるまに行ってもいいかな、と。


甘味茶房 糸ぐるま 八王子店
【東京都八王子市旭町1-1 八王子ターミナルビル9F】
11:00〜22:00/無休
豆乳と湯葉のらーめん ¥780
生ビール 中 ¥480
冷や奴 ¥280


[GPS情報URL]
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=1&unit=0&lat=%2b35.39.10.08&lon=%2b139.20.33.24&fm=0
  
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 15:19Comments(0)TrackBack(0)││

2006年09月14日

東池袋 大勝軒 八王子店 [@東京・八王子] 【074軒目(7)/752杯目】

6c3a54fb.jpg
さて、今日は東池袋大勝軒八王子店に来てみました。
ややこしいですが、東池袋ではなく、八王子のお店ですよ。

店内はカウンター席にテーブル席があり、水曜日の14:00頃の到着で、先客は4組。
壁に大きな額入りのメニューがあったような気がするけど…はてぇ。

メニューは中華そばにもりそば。
あと、塩もりかな。
八王子店名物(?)の限定は「もりカレー3」ということで、もりカレー3をチョイス。

さて、もりカレーですが、カレーは予想外に本格的な感じ。
味はともかくビジュアル的にはこのままライスにかけていっちゃいたい感じ。
鮮やかな色彩で見た目でまず食欲をそそってくれます。

ブロッコリーや柔らかくなった大きな玉ねぎ、チーズ、そして肉が…これ柔らかくて…うん、なかなかンマイんじゃないでしょうか?
概ね、塩気の強く、スパイスが煩くないツケダレで麺とのバランスも悪くないです。
いや、麺がもう少し強かったらもっとンマイかもです。
所謂カレーつけ麺と呼ばれるメニューの中でもバランスなんかの面ではなかなかの出来じゃないかと思います。

ま、カレーって大概何でも美味しくなるんですけどね(笑)

麺はいつもの大勝軒麺。
茹で加減は悪くなく、スルスルといけちゃいます。
でも、これもっと太麺のがイイよーとも思いますが、そこまで求めるのは酷ですね。

正直、あんまり大勝軒美味しくないよなぁ…と思い始めていた矢先なだけに、これは嬉しい驚きですね。
八王子店のご主人は限定メニューでいろいろ遊ばれていますが、いつか六厘舎のような感じでも、こうじグループみたいな感じでもどこかのタイミングで東池袋大勝軒味から飛躍してみたらいいんじゃないかなぁ…と勝手に思ってしまいました。

ま、余計なお世話なんですけども。


東池袋大勝軒 八王子店
【東京都八王子市中町11-4】
11:00〜15:00,17:00〜20:30、土日祝日11:00〜20:30 ※売り切れ終了/木曜、第1・3水曜休
もりカレー3 ¥750-


[GPS情報URL]
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=1&unit=0&lat=%2b35.39.16.96&lon=%2b139.20.15.57&fm=0
  
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 18:36Comments(0)TrackBack(2)││

2006年09月13日

ラーメン二郎 八王子野猿街道店2 [@東京・八王子・京王堀之内] 【099軒目(20)/751杯目】

a2596770.jpg
路駐問題などにより移転して開店したラーメン二郎八王子野猿街道店改メ「ラーメン二郎八王子野猿街道店2」。
とにかくスゴい混雑だぜ!!!という噂だけ聞いて、そういや移転前も混んでいたもんなぁ〜と避けていたのですが、まぁ、そろそろ行って見るか…と訪問。

以前より徒歩のアクセスがしやすくなったのと、駐車場が用意されて訪問しやすくなりましたね。
野猿街道自体は開店後も何度か通っていて、野猿二郎2もちょくちょく見掛けていたんですが、あの大看板電気付けないんですかね。
まんまと一回通り過ぎてしまいました(笑)

町田街道方面(北野方面)から行くと店の前を通り過ぎて最初の信号を左折、次の角を左折で店の裏側に駐車場が用意されています。
案内スタッフが立っていることもあります。うーん、タイヘンだ。
いろいろ、噂で聞くように貼り紙でマナーアップ的なことを訴えている様子。
火曜日の18:50頃の到着で店内待ち5名。
店内はカウンターのみで18席かな。
待合い席が10席でその外には愛知万博で見かけたようなジグザグのコーンで作った行列スペースが。

幸いにして空いているタイミングだったみたいです。
とにかく店内が広く、キレイになっていてびっくりですね。
あと、浄水器(本体)のデカイこと!!
そしてレンガ柄の壁紙に思わずニヤリで。

本日は、和風つけ麺をチョイス。
ふと廃人日記の「ヤマト風」を思い出します(笑)

待ち席にいる間に食券の半券が回収され、カウンターが開いたら座ってカウンター上に残りの半券を載せます。
席について、ちょっとしたらもうコール。
野菜・ニンニクで。
これ、結構ギリギリのオペレーションっつうか、グタグタ食べている人がいるとロス出しそうですね。
話が前後しますが、ひとまず、ロット内で一番に食べて、席を空け、同行者が出てくるのを待ちつつ眺めていますと、私の空けた空席に座った人にもすぐラーメンが出ていましたし、かなり綱渡りしてないかい?と。

というわけで和風つけ麺。
大量にかかった魚粉に野菜。
この野菜がまたンマーイのね。久しぶりの野猿ということもあるんでしょうけど。

豚はスルっと入っていくような絶妙な出来。
脂のカタマリではなく、パサつきもなく。嬉しいーと早々にもう一かけらを食べたらパサつく豚でした(笑)

麺はこんな細かったっけ?と思うのは蓮爾と池谷の後遺症。
他の二郎に比べたらもちろん太めなわけです。これもンマイね。
明るさや照明の色のせいでしょうか、麺の色も違って見えます。
前はもっと汚く見えたもの(笑)

和風つけ麺だとさほど脂が強いわけではなく、あまり毒を取っている印象が無いんですけども、やっぱり体に毒な食べ物こそがンマイんだよね。
と思った、久々の野猿二郎でした。


ラーメン二郎 八王子野猿街道店2
【東京都八王子市堀之内2-13-16】
16:00〜23:00 土曜11:00〜20:00/日祝日休
和風つけ麺 ¥900-


[GPS情報URL]
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=1&unit=0&lat=%2b35.37.34.60&lon=%2b139.24.16.51&fm=0
  
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 18:19Comments(7)TrackBack(1)││

2006年09月12日

哲麺 [@東京・八王子] 【391軒目(3)/750杯目】

哲麺
たまたま八王子の「哲麺」の前を通りがかりましたら、自販機に「冷しラーメン」という文字があるのが、パッと目に入ってきてしまいました。
全然、行くつもりは無く、一度通り過ぎたものの、やっぱり気になって食べてみることに(笑)

考えてみると久しぶりかな。
運営母体はお好み焼きチェーン店のままかどうかは未だに不明ですが、たぶんそうでしょう。
店内はカウンターのみで12席。
月曜日の21:00頃の到着で先客はナシ。
迷わず「冷しラーメン」
哲麺は物足りないのでトッピングか替え玉か…と思いましたが、それらが合うかどうかもわからないので、様子見。

制作過程を見ているとすべからく段取りが悪く見えて、麺が伸びてそうだなぁ後から来た人のラーメンが先に出て、その人が替え玉頼むくらいの時にやっと出来上がったし。

さて、冷しラーメン。
ビジュアルは白いスープに入った普通のラーメン。

…難しいですねぇ。
いえね、ンマイラーメンだったら、「お前は、有名人の霊と交信中の大●●法かよ!!!」ってくらい適当な言葉でもスラスラ出てくるものですし、そうじゃないにしても店構えが変わっていたりすると書くことは一杯あるんですけどもねー。
うーん。

ノビノビかと思っていた麺は意外に大丈夫。
やっぱり冷して〆る効果があるみたい。

白濁したスープは酢が強力に効いています。
脂が凝固しているのには閉口しました。

明太子が載っているあたりも変わっていていいと思います。
なにせよ、よそで食べたことが無いメニューなだけに新鮮ではあります。

でも、もうイラナイ。


哲麺
【東京都八王子市中町2-19】
11:00〜24:30/無休
冷しラーメン ¥680-


[GPS情報URL]
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=1&unit=0&lat=+35.39.17.97&lon=+139.20.26.94&fm=0
  
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 22:14Comments(0)TrackBack(0)││

2006年09月03日

ラーメン屋 はる太郎 [@東京・八王子] 【450軒目(5)/741杯目】

a4a35554.JPG
さて、今回は久しぶりに八王子の「はる太郎」さんに来てみました。
あまりお客さんが入っていない時間帯もあるようで、いつも待たずに食べられるのは、ピーク時に来たことないからかも。

場所的にはJR八王子駅から近い繁華街の一角にあり、周辺にはいくつかのコインパーキングがあります。

メニューはうにバターラーメンにラーメンに厚切りチャーシューメンにつけ麺。

今回は前から気になっていた疑問を晴らすべく、「チャーシューつけ麺って出来ます?」と問うてみましたら、200円増しで可能とのことで、そちらを注文。

もう一つの麺茹で機で茹でるのとフライパンで茹でるのと同じメニューでも茹で方が違う謎は解けずじまい。
今回は麺茹で機で。
注文の入りっぷりとかと関係あるのかな。

さて、つけ麺。
二層スープのツケダレという謳い文句は未だにピンと来ませんが、なんというか今のトレンドとも大勝軒などのオールドスタイルとも違う旨さがあります。

各メニューとも独特な作りで、そこそこに美味しいんですけどねぇ。
いや、頑張って頂きたいです。


ラーメン屋 はる太郎
詳しくは後ほど
つけ麺 ¥700
大盛 ¥100


[GPS情報URL]
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=1&unit=0&lat=%2b35.39.16.83&lon=%2b139.20.17.23&fm=0
  
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 00:06Comments(5)TrackBack(0)││

2006年09月01日

らー麺 隼 [@東京・八王子] 【460軒目(2)/740杯目】

5544dbf7.jpg
さて、今回は楓の新店舗「隼」で、つけ麺が増えたというのをさやぴぃさんのところで知って来てみました。
味噌専門店なので、もちろんつけ麺も味噌。

店内はカウンターのみで8席。
食券を自販機で買うスタイル。
コインパーキングはちょっと離れたところにあり、JR八王子駅の南口から徒歩数分といった立地。

18:00ちょっと過ぎの到着で先客はナシ。
このつけ麺、昼・夜各10食限定ということで、早めの訪問が吉かと。
隼特製スパイスというのが卓上に用意されていますが、これが楓のものと違うかどうかは不明。

麺はラーメンのものとあまり違わないように見えますが、茹で時間が違ったような…。
冷やして締める時間を計算に入れて後から茹で始めたのかもしれませんけど。
んで、氷を入れたボールを使って、ゴリッと冷やし、丹念に水切りして、到着です。

麺の方には白髪ネギにマー油がかかったものと、青ネギがパラリと添えられていて、楓っぽい盛りつけ。
ツケダレの方はラーメンよりはちょっと魚介が強く出てるのかな。
味噌の風味が効きつつも、若干辛さもあって、複雑な風味ではあるんですが、うーん、池谷のアレの次だと薄く感じてしまいますね。

そういう意味では麺も物足りなく感じてしまって、歯応えやのど越しというよりは麺自体の風味の面でなにか物足りなく感じました。
これ、ツケダレがもっと濃厚というか濃いめだと合うのかもしれないですね。
限定数からいくとあまり贅沢は言えないですが、こうもっとモッチリと強い麺の方が味噌つけ麺には合いそうだけどなぁ、なんて素人考え。

見た目に美しいマー油がけの白髪ネギも対処にちょっと悩む感じ。
えいや、とツケダレに麺とともに投入し、口中に放り込むとニガーイとなるわけで。
これは全体に麺をかき混ぜてから頂くのか、早めにツケダレ側に投入してしまうべきなのか、ちょっと悩ましいところ。

決して不味くはないんですが、ちょっと好みとズレてしまった感じもあり、また食べたいなーとはあまり思いませんでした。
限定数も少ないですからね。時間ねらっていかないといけないですし。

ただ、これから涼しくなるにつれ、味噌ラーメンの方がまた気になってきますし、「白飯」というメニューが出来まして、それはご飯をスープに投入しておじや風にして頂くというので、同行者がやっていたのをちょっと貰いましたらなかなかンマかったので、今度は自分もそちらの方で。


らー麺 隼
【東京都八王子市子安町1-29-3】
18:00〜24:00/日曜休
つけ麺 ¥780
チャーシュー ¥250


[GPS情報URL]
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=1&unit=0&lat=+35.38.55.41&lon=+139.20.33.19&fm=0

  
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 19:38Comments(0)TrackBack(1)││

2006年08月30日

釜玄 ラーメン専門店 竹の家 [@東京・八王子] 【486軒目/738杯目】

10478596.jpg
さて今日は「あれ、ここ取り上げてなかったっけか」という感じの八王子の放射道路沿いの老舗「竹の家」さんに来てみました。
このブログ始める前には行ったことのある店なんですけども。

店舗はなかなかに渋く、カウンターが23席にテーブル5卓くらいと非常に広め。
ただ時間が悪かったのか、火曜日の15:30頃の到着で先客は1名。
後からもポツリポツリといった程度の入り。
渋ーい店舗の気だるい午後ということもあって客層も渋い感じ。
看板の「釜玄」とか「オートボイル式」って文字もちょっと気になります。
正式な屋号は「釜玄 ラーメン専門店 竹の家」でいいのかな?

ロケーションとしては、JR八王子駅からは徒歩数分で、周辺にいくつかのコインパーキングがあります。

で、入ってすぐのカウンターで食券を購入します。
この食券は昔の学食みたいなプラスチックのプレート。
右手のカウンターには古風な大釜に古風な麺茹で機。
この麺茹で機、ザルがいくつも円周上に並んでいて、一周する間に茹で上がり、湯切りをして(してないかも)、ドンブリに投入するという一連の動作をやってくれるものです。
ちょっと都まんじゅうや金萬製造機に通じるものがありますね。あ、あとこういう焼き鳥マシーンも見たことあるような…。

メニューはかけラーメン、ラーメン、チャーシューメン、冷やし中華といったところ。
ひとまず、チャーシューメンをチョイス。

さて、ラーメン。
所謂八王子系とはちょっと違う、シンプルでかつ懐かしい感じの醤油ラーメンです。
トッピングはメンマと長ねぎ、あとチャーシューにチャーシューの裏に貼り付いていて気付かなかった海苔。

中太の麺は縮れが強く、いい加減に茹でているように見えて、さすが機械なので、ベストな茹で上がり…なんでしょうね。
スープとの絡みも良く、スルスルと頂けます。

チャーシューもまたレトロスタイル。
やや堅めながら、決してパサパサではなく、シコシコという表現が使えるような歯触り。
いろいろ巡り巡ってこういうチャーシューも最近好きなんですよね。
ただ、一般的には古くさいチャーシューとして一蹴されちゃいそうではあります。

そして、スープは醤油醤油醤油!!といった感じ。
基本、醤油です。
さほど、しょっぱくは無いですが、印象としては醤油。
もちろん、豚骨やら鶏ガラやら煮干やら昆布やらのダシも効いているのですが、古くからある醤油の風味で食べさせる醤油スープです。
これが、意外と後をひきます。

随分、ご無沙汰で、最後に食べたときの印象で敬遠していたところがありますが、意外と悪くなかったな、という感想を持ちました。
渋いお店の雰囲気もいいですしね。
そういや、最後に行った時はピークタイムに近く若干殺伐としていたことも敬遠材料でした。
あと、ひょっとしたらですが、一時より味的にも盛り返して来たのかもしれません。

古くからある老舗のラーメンをプラッと買い物帰りに寄って帰るお婆さんなんかがいて、なかなか粋でいいなぁ、と。
ひょっとしたら、チャーシューメンなんかを頼むのは無粋で、かけラーメン(¥400-)をいただくべきなのかもしれません。
…って、んなこたないか。


釜玄 ラーメン専門店 竹の家
【東京都八王子市中町4-2】
10:00〜19:30/水曜・第3木曜休
チャーシューメン ¥800-


[GPS情報URL]
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=0&unit=0&lat=%2b35.39.29.56&lon=%2b139.20.12.12&fm=0
  
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 16:33Comments(2)TrackBack(1)││

2006年08月08日

かん世 [@東京・八王子] 【181軒目(5)/721杯目】

9515395c.jpg
さて、すげー久しぶりに「かん世」へ。
てっきり「かんぜ」だと思ったら「かんせ」でした。

  続きを読む
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 10:15Comments(0)TrackBack(0)││

2006年08月04日

らー麺 楓 [@東京・八王子] 【025軒目(21)/718杯目】

2c8848cf.jpg
さて、久しぶりに楓にやって来ました。

金曜日の15:15頃の到着で先客は3組。
お目当ては夏メニューの「棒々鶏とキクラゲサラダの冷やし麺」
ただこれは残念ながら品切れ。
というわけで、意外とンマイつけ楓麺で。

たぶん今回初めて見る店員さんの湯切りは菜箸を持つ手の動きに特徴のある店長型。
ただ先日の麺箱にお湯がかかりそうに飛び散らせていた店員さんより低く構え、またザルを持つ手の手首の返しが鋭く切られたお湯があまり広く飛び散りません。
うーん、素晴らしいッ
…って、そんな事しか観察ポイントがもう無いんだよなぁ(笑)
というわけで、つけ麺。
相変わらず、激熱のツケダレはポイント高いですねー。

楓ってどうにもつけ麺のイメージがなく、つけ麺を食べてみると「案外ンマイじゃん!!」と思うのは冒頭の通りです。
んで、そのイメージを持って食べにくると…つまり今日みたいな場合は「ま、言うほど美味しくはないなぁ」となります(笑)
かように楓のつけ麺は自分の中では微妙な位置づけなのであります。

ちょっと麺が柔らかめだったかなー、とか、ツケダレがいまいち薄いんだよなぁ…あ、混ざってないのかこれ、とか。
まー、いろいろ気になるところはあるんですけども、ブレの範囲とも言えますし、それなりに美味しいわけで、大盛にするとボリュウムもそれなりにあって、満足できるんですけどもね。

たぶん、ローテーションから行くと、次は美味しく感じる番だ。
とか書くと次もイマイチに感じちゃうのか、こりゃいかん(笑)


楓(21):麺楓(21):具
楓(21):ツケダレ楓(21):外観
ら〜麺 楓
【東京都八王子市大和田町5-10-1】
11:00〜23:00 (スープ切れ終了) /日曜休
特つけ楓麺 ¥980-
大盛 ¥100-
Livedoor Mapはこちら→このへん

[GPS情報URL]
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=1&unit=0&lat=%2b35.39.37.40&lon=%2b139.21.22.11&fm=0
ら〜麺 楓


■これまでの訪問記録
らー麺 楓 [@東京・八王子] 【025軒目(20)/694杯目】
らー麺 楓 [@東京・八王子] 【025軒目(19)/659杯目】
らー麺 楓 [@東京・八王子] 【025軒目(18)/632杯目】
らー麺 楓 [@東京・八王子] 【025軒目(17)/615杯目】
らー麺 楓 [@東京・八王子] 【025軒目(16)/568杯目】
らー麺 楓 [@東京・八王子] 【025軒目(15)/505杯目】
【025軒目(14)】ら〜麺 楓 [@東京・八王子] :460杯目
【025軒目(13)】ら〜麺 楓 [@東京・八王子] 445杯目
【025軒目(12)】楓 [@東京・八王子] 406杯目
【025軒目(11)】楓 [@東京・八王子] 386杯目
【025軒目(10)】楓 [@東京・八王子] 357杯目
【025軒目(9)】楓 [@東京・八王子] 327杯目
【025軒目(8)】楓 [@東京・八王子] 280杯目
【025軒目(7)】楓 [@東京・八王子] 230杯目
【025軒目(6)】楓 [@東京・八王子] 203杯目
【025軒目(5)】楓 [@東京・八王子] 177杯目
【025軒目(4)】楓 [@東京・八王子] 144杯目
【025軒目(3)】楓 [@東京・八王子] 123杯目
【025軒目(2)】らー麺 楓 [@東京・八王子] 108杯目
【025軒目】らー麺 楓 [@東京・八王子]

  
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 20:47Comments(0)TrackBack(0)││

2006年08月02日

八王子 屋台屋 [@東京・八王子] 【188軒目(2)/716杯目】

a9788b1a.jpg
さて、今回は懸案の「八王子 屋台屋」さんに来てみました。
以前、くまざわ書店の裏で使われていた屋台をどかーんと入れてしまった大胆なお店ということで気になっていました。
※一応、軒数的には連番扱いにしました

駅からはやや離れていますし、駐車場もちょっと離れたところにしかないので、かなり行きにくい感じのお店ですが、営業時間が妙に長いので、そういう意味では行きやすいでしょう。
メニューは醤油あっさり、醤油こってり、塩、味噌。
あと、ネギ豚飯に深夜のみのラーメン茶漬なんてメニューがあります。

店内はカウンターが数席、屋台をはさんで大きめのテーブルがひとつ。
屋台はリヤカー部分が取り払われ、法律に適合させるために換気扇なども目立たないようにですが取り付けられています。
なんでも屋台を入れるために、いったん壁を壊してから入れたそうな。拘りですね。

ご主人は元々は博多にいたそうで、博多の屋台の雰囲気もイメージされたとのこと。
確かに言われてみれば、博多の屋台ってこんな大テーブル出して、こんなテレビが脇に置いて有りますね(笑)
そんなわけでテーブルのあたりは夜の街のイメージが壁面に描かれています。
これは美大生に書いてもらったとのこと。
あと、チャルメラと街の喧騒のBGMも用意して有るとか…すげー!!
そんなわけでビールを飲みつつ、つまみを食べつつ、ラーメン食って帰るってのがいい感じなんでしょうね。

さて、ラーメン。
そんな話を聞きつつ頂くとストレートの細目の麺が九州っぽいかも。
茹で加減も悪くなく、スルスルっと頂けます。

ただスープなんかは普通に関東地区のオーソドックスなラーメンスープといった感じ。
ベースのスープから各ラーメンを作り分ける感じですね。
醤油のこってりは背脂が多めに載っています。

チャーシューなんかもなかなか良く出来ていますね。
全般的になかなかに美味しいかも。

ただ、一緒に頼んだネギ豚飯に落とし穴が。
これが、すげーしょっぱいの。
たぶん今までの人生の中で食べたドンブリもののなかで一番しょっぱいと思う。
たぶんなにかの間違いがあったと思うんですが、このせいで実はラーメンの味がほとんどわからなくなってしまったんですね。
ラーメンスープがチェイサー的な(笑)

基本的にはなかなか美味しかったと思いますし、深夜メニューのラーメン茶漬けも気になります。
今度はビール飲む!!と決めて来ようかな。
とりあえず、ご主人は今のところ1人で(バイトが入るときもあるけど)、8時の仕込みから4時の閉店までいるってんだから、スゴいわ。
頑張って頂きたいですねー。


八王子 屋台屋
【東京都八王子市本町33-2】
11:00〜14:00頃 17:00頃〜翌4:00/月曜休
醤油ラーメン こってり ¥650-
ネギ豚飯 ¥350-


[GPS情報URL]
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=1&unit=0&lat=%2b35.39.37.58&lon=%2b139.20.8.78&fm=0

  
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 21:36Comments(0)TrackBack(0)││

2006年08月01日

天下一品 八王子店 [@全国チェーン] 【044軒目(16)/715杯目】

347256b6.jpg
すげー久しぶりに天一こと「天下一品」へ。

どれくらい久しぶりかと言うと、約半年ぶり。
そっかー、そんなに来てなかったかぁ。
どうりで、ベッキーの丼とかが当たるキャンペーン知らないわけだ(笑)

ちょっと迷って「餃子定食」
ラーメンは青ネギチャーシューメンに。

さて、久しぶりの天一。
やっぱり八王子店の麺の茹で具合はなかなか。
シコシコとした歯ごたえが楽しめます。

薄切りのチャーシューや山盛りのネギは関西っぽく、やっぱり京都発祥だよなぁ、という印象。

そして、天一の特徴のドロッとしたスープ。
知らない人はきっと怒り出すと思う(笑)

んでこういう特徴的なものは、大袈裟に記憶してたりするので、実際に食べてみると「あれ?意外に薄いじゃん!」となりがちですが、さすが天一、「やっぱり濃いわ」と思いますね。

最後はご飯とともに。
うーん、満足。
やっぱ、たまには来なきゃダメだわ。


天下一品 八王子店
【東京都八王子市東町12-7】
11:00〜27:00 日曜11:00〜23:00/無休
青ネギチャーシューメン ¥950-
(餃子定食化 +\250-)


[GPS情報URL]
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=1&unit=0&lat=+35.39.17.1&lon=+139.20.27.5&fm=0
  
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 21:45Comments(2)TrackBack(0)││

2006年07月29日

藍華 [@東京・八王子] 【022軒目(11)/713杯目】

7188f916.jpg
さて、前の日にそこそこのつけ麺を食べたので、それなりの…つーか、なかなかのつけ麺が食べたくなりました。
んで、そんな時、八王子周辺からあまり離れられないとなるとこちら。ってことで藍華にやってきました。

JR八王子駅から少し離れた場所にあり、コインパーキングもやや離れた場所にあります。
店内はカウンターのみで9席。
平日の14:55頃にギリギリで到着。
先客は1名のみ。

いつも書きますが、やや店主さんが見た目に怖く、微妙な緊張感とともにいつも頂くわけです。

んで、いつもたまにはラーメンとも思うんですが、たいてい藍華にやってくる時はつけ麺が食べたい気分でやってきますんで、だいたいつけ麺なわけです。
ってことで、いつものチャーシューつけ麺魚粉入りで。

さて、つけ麺。
モチモチの太麺はここんとこずっとちょっと柔らかめな気がします。
あと、ツケダレがいつもよりぬるめに感じたのは夏仕様ですかね。

シコシコした食感のチャーシューもメンマもしょっぱンマー。

藍華のつけ麺はゴリッとしょっぱいツケダレに太麺をサッとつけて(ココ重要!!)、ワシワシ頂くのがンマくて気に入っているのですが、刺激に慣れたのかもしれませんがちょっと最近味薄く感じます。
つけ麺のツケダレは不必要に麺をしゃぶしゃぶしなくてもいいようにツケダレは濃い味!!というのが持論の私としてはちょっと不安になります。

でも、ンマかったー!!!
でも、ここもはや書くことがあまりなくて、記事にすること考えると頭が痛くなるので、ちょっと控えないと(笑)


藍華
【東京都八王子市元横山町2-22-3】
11:00〜15:00頃 18:00〜22:00頃
2006年3月より実験的に営業時間延長
不定休→週1回、お店に確認してください。
チャーシューつけ麺 ¥950
大盛 ¥100


[GPS情報URL]
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=1&unit=0&lat=%2b35.39.34.74&lon=%2b139.20.11.34&fm=0
  
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 23:50Comments(0)TrackBack(0)││

2006年07月28日

ラーメン屋 はる太郎 [@東京・八王子]【450軒目(4)/712杯目】

62cb3ed9.jpg
さて、移転改名開店以来、そこそこ近い、それなりにンマイということでちょくちょく来ている「はる太郎」へ。

JR八王子駅からほど近い繁華街の一角にあり、ちょっと先には東池袋大勝軒。
駐車場は近くにいくつかあります。

14:45頃の到着で前後客無し。
移転改名開店日に食べて以来のつけ麺で。
自慢の2層だれというキャッチがついていますが、最終的につけ麺なので、さっさとブレンドされちゃう感じではありますが…。

前に昼は違ったよ〜とコメント頂いていたフライパンでの麺茹での件。
やっぱり今回もフライパンで麺を茹でていましたけど、こだわりというよりはガス代節約なのかも(笑)と思ったら、つけ麺の方は確かに麺茹で機で茹でてました。

丼に麺を入れてからもスープかけるなどしていることからこだわりなのかなぁ。
なんとなく、ここの店主さんも話し掛けにくい感じ…(笑)

さて、つけ麺。
以前より、やや、しょっぱく感じましたが、それなりに美味しく食べられます。
いや、つけ麺のツケダレがしょっぱいのは個人的には歓迎でございます。

ただ、前よりもちょっとノーマルラーメンから離れた感じがしました。
なんつーか、模索中なんでしょうかね。
中太の平打ち麺もなかなか美味しいです。

んで、最後にスープ割。
割ってもしょっぱいのはちょっとダメかなぁ。
若干ツケダレ捨てて割っていいんですけどもね。

個人的には近くの某店より美味しいと思うんですが、そっちより空いているのが納得いかない感じ。
一度、昼のピークに行ってみようかなぁ。


ラーメン屋 はる太郎
【東京都八王子市中町10-2】
営業時間はまだ未定
概ね11:00〜21:30から22:00くらい
特製つけ麺 ¥700-
大盛 ¥100-


[GPS情報URL]
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=1&unit=0&lat=%2b35.39.16.82&lon=%2b139.20.17.47&fm=0
  
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 22:40Comments(0)TrackBack(0)││

2006年07月27日

【番外編】讃岐うどん いそや (20) [@東京・八王子]

560698a8.jpg
さて、「讃岐うどん いそや」さんへ。
14:50近くの到着でもしかしたらちょっと時間の経った茹で置きかもーと思いつつ行ったら、茹で中でラッキー。

そうなると釜玉などの誘惑も出てきますが、いつもの冷たい醤油の中で。
しばし待つ間に天ぷらを頂きます。
今日はささ身×2にいそべ、コロッケ。
コロッケはカレーでした。

「おでんはいいですか?ビール飲みたくなっちゃいますもんね」
と絶妙のセールストーク(笑)を頂き、おでんも注文。
牛スジと大根。
でも、ビールは自粛。

さて、うどん。
ダシ醤油っていうんでしょうか、ちゅるーとかけてングングと頂き、ンマーイ!!
つーか、ちゅるーとかけてかき混ぜたところで写真忘れてたことに気付きました(笑)

天かすを投入し、醤油追加で、ンマーイ!!
と頂きます。

ただ今回はゆで立ての割りにはコシがイマイチだったかな。
どちらかと言うとモッチリ方面で。
食べ終わったところで「UDON」のチラシを頂きました。
ちょっと面白そうなんで見に行きたいですけど、お台場冒険王のうどん屋はちょっとパスで。
夏休みで混んでそうだし、イマイチっぽいもんね(笑)


讃岐うどん いそや
詳しくは後ほど
しょうゆ 中 ¥400-
天ぷら ×4 ¥400-
おでん 牛スジ ¥150-
おでん 大根 ¥100-


[GPS情報URL]
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=1&unit=0&lat=%2b35.39.28.98&lon=%2b139.20.34.19&fm=0
  
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 22:18Comments(0)TrackBack(0)││

2006年07月26日

【訪問未遂】八王子屋台屋 [@東京・八王子]

ef5cbaf3.jpg
さて、八王子駅北口と高尾で屋台のラーメン屋をやっていたとこの店舗版が出来たということで、「八王子屋台屋」に行ってみました。

ちなみに高尾駅前の屋台は今やってないそうです。

が、休憩中で振られてしまいました。
訪問は15:00少し前だったので、昼と夜営業の間で中休みがあるのかもしれません。

また、そのうち来ます。

  
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 12:47Comments(0)TrackBack(0)││

2006年07月07日

弘富 [@東京・八王子] 【090軒目(3)/702杯目】

54b404cd.JPG
さて、すげー久しぶりに弘富に来てみました。
八王子系ラーメンの店では一番好きなお店です。

八王子駅から線路沿いに豊田駅方向に歩いた場所にあり、その道沿いにコインパーキングがあります。
店内はカウンターのみで約10席。
木曜日の13:40頃の到着で8割ほどの入りでした。

で、ここのラーメンなんですが、オーソドックスながらも煮干を強めに効かせた醤油ラーメンで、八王子ラーメンらしくタマネギ入り。
細いストレート麺も歯触り良く、先に書いたようになかなかの八王子ラーメンのお店なわけです。

が、ちょっと暑いこともあり、つけ麺をチョイス。
つけ麺は醤油味と辛味噌味がありますが、醤油味で。

さて、つけ麺。
やや、堅めに茹で上がった麺はノーマルよりは太い平打ち麺。
というか、ちょっと堅すぎかなぁ。

で、ツケダレの方は予想よりは煮干が聞いていない感じでややピリっとラー油が効いている感じ。
麺がさほど太いわけではないんですが、それでもちょっと弱いかなぁ、と。

麺側に具が載ってくるのはずいぶん前に頼んだ時の記憶であったので、予想通りなんですけど、ちょっと残念かな。
まぁ、わかっててチャーシュー追加したんですけどもね。

総合的には残念って感じかなぁ。
なんつーか、あんなにラーメンは美味しいのに…と思っちゃう。
でも、世の中的につけ麺が磨かれて来たのって最近だから、そう思うとそれなりのつけ麺だけど、相対評価でイマイチって感じなのかもね。
次はラーメンで。その次も。


弘富
【東京都八王子市明神町3-11】
11:00〜19:30(祝日11:00〜18:00)/日曜休
つけめん 醤油味 ¥650
チャーシュー増し ¥200
大盛 ¥50


【GPS情報】
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=1&unit=0&lat=+35.39.5.81&lon=+139.20.50.66&fm=0

  
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 17:07Comments(0)TrackBack(0)││

2006年07月04日

ラーメンのデパート 宮城 [@東京・八王子] 【463軒目/700杯目】

e0a85eb7.JPG
八王子を拠点にラーメン食べ歩きをしているのに、この大御所を取り上げないのはいかがなものか…というクレームを頂いたわけでは無いのですが、咽の奥の小骨のように気になっていたお店「宮城」に来てみました。
通称(?)、「ラーメンのデパート宮城」です。

八王子駅南口から近くにあり、周辺にいくつかの駐車場もあります。
店内はカウンター7席にテーブル席2卓。
おばさん2人が切り盛りしていて、イイ感じのB級テイストが。
キャッチコピーは「新しいかたちのラーメン専門店」「ラーメンのデパート」。

ラーメンメニューは言うまでもなく豊富で、醤油、塩、味噌とあり、それぞれ並、大、特大とあります。
また200円増しでカレーラーメンにすることも可能。
変わったところはちからラーメン、かつラーメン、かき揚げラーメン、唐揚げラーメンなんてのもあります。
まさにラーメンのデパート!

他に枝豆や揚げ出し豆腐などのおつまみメニュー(全品300円)や、揚げ物メニューもあって、もちろんビールや日本酒も。
半ば飲み屋さん的になっていて、常連さんらしき人たちがまだ明るいうちから飲み始めています。
たまらんねー、この雰囲気。

あとファンキーモンキーベイビーズのプロデュースによるファンモン麺ってのもあります。
ところでファンキーモンキーベイビーズってダレだ、と世情に疎いところを披露したところで、カツラーメンを注文。

ふと思い立って、カレーにしてもらう。
つまり、カツカレーラーメン。
メニューには載ってないけど、うまそうな組み合わせじゃないか。
ちょっと高いけど。

さて、カツカレーラーメンカツは揚げたて。
堅めに揚げられているので、熱々カリカリ。
これ、スープに結構な時間、浸かっていてもサクサクしていて、すげーうめぇの。
あ、若干、肉は硬いんだけどね。

で、ベースとなるカレーラーメンだけど、これまたすげーうめぇぇぇ!!!
(注・言うまでも無いのですが、B級的に美味しいということです)
カップヌードルカレー味が好きな人なら誰でも美味しいというし、カップヌードルカレー味は誰でも美味しいというから、つまりこのカレーラーメンは誰でも美味しいというに違いない。

つーか、こういうカレーラーメンこそカレーラーメンであり、良く分からないけど、ご飯もチョーダイって感じだ。

もうちょっと説明すると、辛さはさほどではなく、そこそこしょっぱい感じの所謂カレー味。

八王子のラーメンっぽく、刻みタマネギ入り。
これがまたカップヌードルカレーっぽいんだ。

平細麺はチュルチュルで、これまたカップヌードル臭いといえば臭いんだけども。

他にはカレーに入れるにはどうなんだという感じだけど、ナルトにメンマが華をそえるわけ。
カツラーメンがベースだからチャーシューは無しね。

揚げたてカツの熱さで火傷したところをサクサク衣がえぐっていくという口中的にはかなりつらいメニューだけど、これたまんないわ。
今までちょっと敬遠してきたのが勿体ない、なるほど八王子ラーメン界の大御所だな、っていう感じで。
メニューには無いけど、ここのカレーで、つけ麺、食べてみたいなー。


ラーメンのデパート 宮城
【東京都八王子市子安町4-26-6】
11:30〜22:00/第1・3・5木曜休
カツラーメン 大 ¥1,100-
追加 カレー味 ¥200-


[GPS情報URL]
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=1&unit=0&lat=%2b35.38.58.61&lon=%2b139.20.29.22&fm=0

  
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 15:24Comments(2)TrackBack(0)││

2006年06月30日

らー麺 隼 [@東京・八王子] 【460軒目/696杯目】

59d9ab6c.JPG
八王子にあってレベル高いお店である「らー麺 楓」の新ブランド「らー麺 隼」が29日にオープンしましたので、早速行って来ました。

八王子駅南口からちょっと歩く立地で隣が某製麺所という立地。
ちなみにそこの麺は使っていないというチャレンジ。
斜め向かいちょっと離れてコインパーキングがあります。

店内はカウンターのみで8席。
開店日の20:00頃の到着で先客は6名。
食券は二郎タイプ(笑)とでもいいましょうか、番号を入れるタイプのもの。
お冷やは最近流行りのボトルタイプのウォーターサーバーのもの。
BGMは、SPITZで「ハヤブサ」なんですかね、あれ。

メニューはみそらーめんにトッピング違い、ビール、白飯。
みそらーめんは680円。
ひとまず全部入りの隼みそらーめんをチョイス。

楓の店主さんが来ていて制作を担当されていましたが、じきまた違う人になるのかなぁと。
厨房が狭いせいか湯切りがいつもより大人しめなのがポイント(笑)

唐揚げも都度揚げているのかな…タイヘンそう。
フライパンでスープを仕上げ、最後に熱した油を仕上げにジュワッとかけて出来上がり。

さて、隼みそらーめん。
まずは見た目に鮮やか。
白髪ネギに糸唐辛子が表面にあり、先ほど油をかけていたのはモヤシかな。
トッピングは鶏肉の唐揚げと玉子とチャーシューが追加になると思われます。
玉子はやや堅めの茹で具合、チャーシューは脂身大目。
軟骨の唐揚げはノーマルでも入っていますがこのトッピングは楽しいなぁー。

隼:麺隼:肉
隼:唐揚げ
中太の麺はモッチリ感もあって、なかなかにンマイです。
この麺いいなぁ、隣の麺あえて使わない理由もわかるような…;;;
麺自体の太さだけでなくモヤシの量の関係もあって、全体としてボリュウムもあります。

揚げたての唐揚げは不味いはずもなく、熱々。
フライパンで仕上げたスープも熱した油もとにかく熱々。
店内に入ったときにちょっとエアコン強めかな、と思いましたが、これで正解だわ。
汗がダラダラながれちゃう。

これから暑くなるってのに、味噌らーめん勝負とはなかなかにチャレンジングなのでは?
早々にみそつけ麺とか出るかなぁ。

スープは表面の油が強め。
味噌の香りや味はさほど強くなく、麺とのバランスを考えるとそんなに悪くないです。
ただもうちょっとなにか香りとか風味の面でなにかとっかかりというか強い特徴があった方がいいかなぁ、とも思いますが、限定麺じゃないから、こんな感じか
な。
ついつい、楓の新限定メニューみたいな気持ちで食べちゃうけど。

麺の量もさしてあるわけじゃないけど、かなり満足ーという感じで、よし明日も来るか!!とはなかなか思いにくいのは暑いからだけでしょうか。
なにか強いヒキがあれば、1週間くらいたってまた食べたいッて思うんだろうけど…。
あ、でも決して不味いわけではなく、さすが楓!!という感じですので、はまる人ははまるかも。


隼:外観隼:貼り紙
らー麺 隼
【東京都八王子市子安町1-29-3】
11:30〜14:30、18:00〜24:00/日曜休 ※スープ切れ終了
隼みそらーめん ¥880-
Livedoor Mapはこちら→このへん

[GPS情報URL]
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=1&unit=0&lat=+35.38.55.41&lon=+139.20.33.19&fm=0
らー麺 隼  
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 09:51Comments(0)TrackBack(1)││

2006年06月27日

らー麺 楓 [@東京・八王子] 【025軒目(20)/694杯目】

fc06e03e.JPG
さて、新しい限定麺が出ているということで「楓」へ。

月曜日の夕方17:00頃の到着で先客2組。

見たことない店員さんによる湯切りは店主の物をベースにしたかのような湯切りだけど、どこか変(笑)
店主さんのあれはあれでバランスが良かったようだ。
締めのひとふりは飛ばし過ぎというか角度が悪いね。
食器洗い機や麺箱にかかってるもの。
麺屋武蔵武骨に通じる汚さ。
このへんはもうちょっと頑張りが必要かな。

さて、限定麺。
梅を溶かす前から酸っぱいツケダレは夏に向けていい感じ。
若干辛さもある複雑な味ではありますが、インパクトは薄いかなぁ。
塩つけ麺は難しいんだなぁ…と思っちゃう(笑)

大きめの玉ねぎの甘さも効果的だけど、配置の関係もあって、メニュー名に入っている大葉はあんまり効果ナシな感じ。
むしろエノキの方が目立っているかも。

やや芯が残るような印象の麺はやっぱりなかなかンマい。

具が別盛なのは、うそーんというくらいツケダレを熱くする楓にしても残念。
バラ肉の冷えた脂身の気持ち悪い食感はどうしても残るもの。

総じて美味しく、大満足。
ただ抽象的な批判になっちゃいますが、ありがたみとか、もっと言うと夢が無い感じ。
前回のは良かった。文句なし。
限定麺に求めるものは人それぞれ店それぞれだけど、これだったら別にレギュラーメニューでいいじゃん…?という…そんな感じ。


楓(20):ツケダレ楓(20):麺
楓(20):貼り紙楓(20):外観
ら〜麺 楓
【東京都八王子市大和田町5-10-1】
11:00〜23:00 (スープ切れ終了) /日曜休
楓の塩つけ麺 大葉と紀州の南高梅添え ¥900-
Livedoor Mapはこちら→このへん

[GPS情報URL]
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=1&unit=0&lat=%2b35.39.37.40&lon=%2b139.21.22.11&fm=0
ら〜麺 楓


■これまでの訪問記録
らー麺 楓 [@東京・八王子] 【025軒目(19)/659杯目】
らー麺 楓 [@東京・八王子] 【025軒目(18)/632杯目】
らー麺 楓 [@東京・八王子] 【025軒目(17)/615杯目】
らー麺 楓 [@東京・八王子] 【025軒目(16)/568杯目】
らー麺 楓 [@東京・八王子] 【025軒目(15)/505杯目】
【025軒目(14)】ら〜麺 楓 [@東京・八王子] :460杯目
【025軒目(13)】ら〜麺 楓 [@東京・八王子] 445杯目
【025軒目(12)】楓 [@東京・八王子] 406杯目
【025軒目(11)】楓 [@東京・八王子] 386杯目
【025軒目(10)】楓 [@東京・八王子] 357杯目
【025軒目(9)】楓 [@東京・八王子] 327杯目
【025軒目(8)】楓 [@東京・八王子] 280杯目
【025軒目(7)】楓 [@東京・八王子] 230杯目
【025軒目(6)】楓 [@東京・八王子] 203杯目
【025軒目(5)】楓 [@東京・八王子] 177杯目
【025軒目(4)】楓 [@東京・八王子] 144杯目
【025軒目(3)】楓 [@東京・八王子] 123杯目
【025軒目(2)】らー麺 楓 [@東京・八王子] 108杯目
【025軒目】らー麺 楓 [@東京・八王子]  
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 09:05Comments(2)TrackBack(0)││

2006年06月22日

ラーメン屋 はる太郎 [@東京・八王子]【450軒目(3)/691杯目】

3c2bb928.JPG
一気に3回目の訪問となる「はる太郎」さんに来てみました。

すげー短期間で3回目の訪問となったのはそれなりに近いからという理由も大きいです(笑)

今日は、移転改名前に食べたきりの「うにバターラーメン」で。
本当はつけ麺をもう一度…と思っていたのですが、いろいろ食べといて看板メニューをスルーするのもなぁ…と思い「うにバターラーメン」

水曜日の18:20頃の到着で先客無し。
店内はカウンターのみで、11席。
JR八王子駅からほど近い繁華街の一角にあり、ちょっと先には大勝軒。
駐車場は近くにいくつかあります。

さて、うにバターラーメン。
前回、まだ移転改名前に食べたのは去年の夏ですから、記憶が薄いんですが、こんなだったかなぁ、という印象。
元々、パスタなどを出すお店の昼限定メニューだったこともあり、パスタ的な手法がひかります。

ノーマルラーメン類もフライパンで麺を茹でるわけですが、ウニバターの時はさらに麺とソースを絡める作業もフライパンで行います。

またノーマルのラーメンやチャーシュー麺と同じく、旨味抽出系の素材、昆布やあさり、椎茸などがそのまま具としても生かされています。
ただ基本となるラーメンより、味噌ラーメンっぽいんですよね。
メニューに「生うに苦手な方ご遠慮ください」とある通り、ウニの風味が前に出てきますが、どちらかというとウニペーストなどの瓶詰めウニの風味に近いので生うには得意だけどそっちはダメという方は注意頂きたい。

若干、味が濃いこともあり、もう一息麺にパワーがあればなぁ…とも思います。
まぁ、逆に言うと、もう少しあっさりでもいいのかもね。
好みがわかれると思いますが、確実にここにしか無い味とも言えますので、一度は試してみると面白いと思います。

ただ個人的には2層のツケダレが新鮮なつけ麺の方がオススメっつーか、気に入りました。
次回はつけ麺の大盛、もしくはまた厚切りチャーシュー麺で。


はる太郎(3):麺はる太郎(3):具など
はる太郎(3):外観はる太郎(3):メニュー
ラーメン屋 はる太郎
【東京都八王子市中町10-2】
営業時間はまだ未定
概ね11:00〜21:30から22:00くらい/不定休 ※月1〜2回程度
うにバターラーメン ¥800-
地図はこちら→このへん

[GPS情報URL]
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=1&unit=0&lat=%2b35.39.16.82&lon=%2b139.20.17.47&fm=0
ラーメン屋 はる太郎


■これまでの訪問記録
ラーメン屋 はる太郎 [@東京・八王子]【450軒目(2)/680杯目】
ラーメン屋 はる太郎 [@東京・八王子]【450軒目/673杯目】  
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 13:40Comments(4)TrackBack(0)││

2006年06月21日

藍華 [@東京・八王子] 【022軒目(10)/690杯目】

4e798292.JPG
さて、久しぶりに藍華へやって来ました。
ここのしょっぱくてンマいつけ麺はしょっちゅう食べたくなるのはなにも近いからだけじゃないですね。

火曜日の12:55頃の到着で2人待ち。
いつもの「チャーシューつけ麺大盛魚粉入り」を注文。

さて、つけ麺。
ボリュウムのある麺に、濃い〜ツケダレ。
そうそうこれこれ。
これが食べたかった。

魚粉の効果は最近の流行りの店よりはあまり感じないけど、これなきゃないで寂しい感じ。

ざるそばを食すが如く、麺をあまりしゃぶしゃぶさせないで、さっとつけてさっと頂く。
粋じゃないですか(笑)

んで、ツケダレ側に入った、チャーシューもメンマもンマーイ。
気のせいかもしれないですが、こう夏場に向けてツケダレがあまり温められていない気がする。
なんか春くらいまではゴリっと熱かったような気もするんだけど、はて…。
気遣いなら嬉しいけど、ひょっとしたらたまたまかも。

とはいえ、それなりに対策されていることもあり、最後まで美味しく頂けました。
しょっちゅう食べていると書く事が無くなるの落とし穴にこちらの店でもはまりつつありますね。
うーん(笑)


藍華(10):麺とか藍華(10):外観
藍華:メニュー2藍華:メニュー1
藍華
【東京都八王子市元横山町2-22-3】
11:00〜15:00頃 18:00〜22:00頃
2006年3月より実験的に営業時間延長
この後の2006年6月の休みは毎週金曜日
チャーシューつけ麺 ¥950
大盛 ¥100
地図はこちら→このへん

[GPS情報URL]
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=1&unit=0&lat=%2b35.39.34.74&lon=%2b139.20.11.34&fm=0
藍華


■これまでの訪問記録
藍華 [@東京・八王子] 【022軒目(9)/653杯目】
藍華 [@東京・八王子] 【022軒目(8)/624杯目】
藍華 [@東京・八王子] 【022軒目(7)/591杯目】
藍華 [@東京・八王子] 【022軒目(6)/541杯目】
【022軒目(5)】藍華 [@東京・八王子] 506杯目
【022軒目(4)】藍華 [@東京・八王子] 470杯目
【022軒目(3)】藍華 [@東京・八王子] 374杯目
【022軒目(2)】藍華 [@東京・八王子] 285杯目
【022軒目】藍華 [@東京・八王子]
  
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 14:05Comments(0)TrackBack(0)││

2006年06月20日

○吉たんめん 八王子店 [@東京・八王子] 【362軒目(3)/689杯目】

7281aa3e.JPG
メニューがたんめんと餃子だけで、夏はタイヘンだろうなぁ…と思っていましたら、つけ麺が登場した○吉たんめんへ。
たんめんだけのお店が満を持して投入するつけ麺とは一体!?

正しくは「冷やし浸け麺」というメニューでした。
店内はカウンターのみで15席。
月曜日の14:30頃の到着で先客はナシ。
おばちゃん2人組による気だるいムード(笑)

さて、浸け麺。
ひょっとしたらこういうものが出てくるかもしれないなぁ…と懸念していたものが出てきた!
すげー(笑)

えーと、簡単に説明するとタンメンから麺を抜いて、抜いた麺は冷水で冷やして出てくるというもの。
ツケダレにあたる丼側は相変わらずといってもいいくらいたんめんと変わらず。

店名に違わずたんめんに特化しようというその姿勢は良し。とは思うんですけど。

でも、作るのを見ていたら、たんめんと同時に同じフライパンで作って取り分けていたから、要するに味は変わりません。
つけ麺の意味が…
いや、僅かに酸っぱいような気がします。
ノーマルたんめんからの50円増しは麺冷やし代+酢代と言えましょう。
お得…ではないですよね、やっぱり。

結局、強力にエアコンがかかっているのでまだマシとは言えますが、本格的な夏に向けては辛いですね。
いっそ、自家製のラー油があるわけですから、激辛で汗をかきまくって夏を乗りきれ!!みたいな方向にふった方が良かったかもしれないですね。
なんだかんだで3回も行ってしまった…うーん。


○吉(3):麺○吉(3):ツケダレ
○吉(3):外観○吉(3):メニュー
○吉たんめん 八王子店
【東京都八王子市小門町5-3】
11:30〜21:00 L.O.20:30/水曜休
冷やし浸け麺 ¥700-
Livedoor Mapはこちら→このへん

○吉たんめん 八王子店


■これまでの訪問記録
○吉たんめん 八王子店 [@東京・八王子] 【362軒目(2)/669杯目】
【362軒目】○吉たんめん 八王子店 [@東京・八王子] 501杯目  
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 10:45Comments(2)TrackBack(0)││

2006年06月17日

一平ラーメン [@東京・八王子] 【169軒目(3)/686杯目】

27a12d93.JPG
今日はすげー久しぶりに「ある意味」八王子ラーメン界の雄「一平ラーメン」にやって来ました。

今日の昼間に通りがかった時に、厨房の換気扇から吐き出される「どうでもいいラーメン」臭にやられて、その時から夜の訪問を決めてました。

金曜日の23:30頃の到着で1階席は、ほぼ満席。
2階席もそれなりに埋まっている様子。

ありとあらゆる中華系メニューが揃っているラーメン屋さんで、たぶんどこの町にも一軒はあるようなラーメン店。
夜遅くまでやっていることもあり、飲み屋としても使われる…という感じのお店です。
とりあえず、チャーシューメンと餃子。

あと、ビールを頼みましたら、モヤシの和え物がお通しとしてやって来ました。
いいね、たまんね。

店員のユニフォームからしてちょっと昭和な感じで味わい深いものがあります。

さて、ラーメン。
到着してまずは匂いを嗅ぐと、記憶の底のラーメンの香り。そして味。
ラーメンの入口の味ですね。

一平(3):麺一平(3):チャーシュー
麺、スープともにもう基本中の基本の味。
不足していると言えば、胡椒だけ。
そう、普段は胡椒なんかかけないけど、ここのは胡椒をかけないとあの懐かしいラーメンにならない気がしてしまいます。

もう本当にオーソドックスな量産型のラーメンですげーんめぇぇぇ!!
チャーシューがそれなりにンマいのが残念なくらい。
ここはパサパサのチャーシューじゃないと。
あと、変に八王子を意識してタマネギにしなくてもいいもの。
普通に長ネギの方が合う味。

みんなこれで満足なんだもの、文句なんてないです。
そもそもラーメンの入口の味だもの。
少なくても極端に若くなく、醤油ラーメン文化圏で過ごした人で、このラーメンをキライな人なんていないんじゃないかな?
ラーメンへの目覚めは人によっては春木屋だったりホープ軒だったり二郎だったりひょっとしたら武蔵かもしれないけど。

というわけで、熱々の餃子をビールで流し込み、ややべたつくテーブルにひじをつき、流れるAMラジオと周りのサラリーマンの話に耳を傾け…
うーん、いいなぁ、やっぱりラーメン屋って。
てな感じ。
たまにはこういう店も行かないとね。


一平(3):メニュー一平(3):ビール
一平(3):食品サンプル一平(3):外観
一平ラーメン
【東京都八王子市東町12-4】
11:00〜27:00/無休
チャーシューメン ¥730-
餃子 ¥320-
ビール ¥520-
Livedoor Mapはこちら→このへん

一平ラーメン


■これまでの訪問記録
一平ラーメン [@東京・八王子] 【169軒目(2)/415杯目】
一平ラーメン [@東京・八王子] 【169軒目/201杯目】
  
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 00:35Comments(2)TrackBack(0)││

2006年06月10日

ラーメン屋 はる太郎 [@東京・八王子]【450軒目(2)/680杯目】

8aa06854.JPG
さて、先日移転改名オープンした「はる太郎」にまたやってきてみました。

移転改名前に名物らしき「うにバターラーメン」は食べていて、移転改名オープン日につけ麺は食べていたので残りは厚切りチャーシュー麺だけなので、迷わずそちらをチョイス。あ、そうか普通のラーメンもあるんだった。

金曜日の14:30ちょっと過ぎの到着で、先客は3組。
先日いたアルバイト君はおらず…と思ったら、開店に合わせて手伝いに来てくれたお客さん(!)らしく、引き続きアルバイト募集中とのこと。
なかなかいいバイトが見つからないと嘆いている様子でしたから、ご興味のむきは是非。
ラーメンデータバンクとかに頼むといいんスかね(笑)

横から見ていたら、やっぱり面白い作り方。
スープ(?)をフライパンに入れてそちらで麺を茹でる。
チャーシューは電子レンジを使って温める。
茹でるのに使ったスープはまた戻して、丼側には別のスープを入れて完成。
面白いです。

さて、厚切りチャーシュー麺。
巻いて作られた極厚のチャーシューは熱が加えられていた事もあり、すげー熱々であっさりと口の中で崩壊していきます。
個人的には脂身が多めのこのタイプのチャーシューは好きではないのですが、それでもなかなかに美味しいです。

見た目は和風のあっさりとしたスープに見えますが、案外、表面には厚めに油が貼っていて、若干しつこいなぁ、と思う人もいると思います。
が、まぁ今どきのラーメンを苦無く食べる人なら大丈夫かと。

極太のメンマもなかなかに美味しく、昆布や貝(あさり?)、椎茸、などのうま味抽出的なアイテムもそのまま具として盛り込まれているのも新鮮です。
つーか、うにバターラーメンと当たり前ですが基本構造は一緒ですね。

麺の茹で具合も悪くなく、へーあんな茹で方もありなんだー、と関心しきり。
なかなかに美味しく、次は久しぶりにうにバターを食べて、またつけ麺かな、と。

以前の場所より圧倒的に行きやすくなったのとお店に入りやすくなったので、また行くと思います。


はる太郎(2):外観はる太郎(2):麺
はる太郎(2):チャーシューはる太郎(2):具など
ラーメン屋 はる太郎
【東京都八王子市中町10-2】
営業時間はまだ未定
概ね11:00〜21:30から22:00くらい/不定休 ※月1〜2回程度
厚切りチャーシュー麺 ¥900-
地図はこちら→このへん

[GPS情報URL]
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=1&unit=0&lat=%2b35.39.16.82&lon=%2b139.20.17.47&fm=0
ラーメン屋 はる太郎


■これまでの訪問記録
ラーメン屋 はる太郎 [@東京・八王子]【450軒目/673杯目】  
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 11:44Comments(0)TrackBack(0)││

2006年06月03日

ラーメン屋 はる太郎 [@東京・八王子]【450軒目/673杯目】

はる太郎:特製つけ麺(小写真)

うにバターラーメン(商標登録出願中)でお馴染み(?)だった「和と伊の食卓 めし蔵」が名前を変えてラーメン専門店になって「めん蔵」になって、あー行かなきゃねーとか思ってましたら、6/2から「はる太郎」という名前で移転開店しま
した。

で、この3度目の正直なお店に早速行って来ました。

店内はカウンターのみで、11席。
店主さんとバイト君という構成です。
開店初日の13:50頃の到着で先客は2組。

近隣は繁華街ですので、適当にコインパーキング等も見つかる感じですし、八王子駅からも徒歩圏内です。

メニューはラーメンと特製つけ麺、厚切りチャーシュー麺に、例のうにバターラーメン。
あと水餃子なんてのもあります。
あれ、そういや商標登録出願中が無くなりましたね。

ということで、特製つけ麺をチョイス。
自慢の2層だれというキャッチがついています。

ラーメンの作り方が変わっていて、スープはもう合わせてあるのかな?麺が入った丼に寸胴からスープをかけていたのが印象的でした。
で、つけ麺ですが、確かになんとなく複雑そうに見えます。
これが2層だれってやつでしょうか。

はる太郎:麺はる太郎:チャーシュー
はる太郎:麺はる太郎:ツケダレ


中太の平打ち麺はやや堅めに茹でられています。
んで、ツケダレとの相性はバッチリ。
ツケダレはあまり突出した部分が無いんですが、今どきのつけ麺らしさもありつつ、オリジナリティもありつつって感じ。
揚げネギもなかなかに効果的ではないでしょうか?

ほとんどの具がツケダレ側に入っているのも好み。
チャーシューはこぶりなものですが、これもなかなかに美味しいですね。
もっと食べたい。

麺側におかれたワカメが彩り以外の理由ではいらないような気がします。
あと、ニンニクしょうゆで頂く水餃子というのに惹かれて頼んでみたんですが、予想と違うニンニク醤油でした。
水餃子は、うーん、個人的にはイマイチですね。
ちょっと皮が強すぎかなぁ。

全体的にはなかなかのつけ麺で、場所的には東池袋大勝軒八王子のそばですし悪くないですね。
どっちにいくか?と問われれば、それはもう明らかに「はる太郎」ですし、3度目の再出発、頑張って頂きたいですね。


はる太郎:外観はる太郎:メニュー
はる太郎:水餃子はる太郎:水餃子説明
下段は水餃子とその説明

ラーメン屋 はる太郎
【東京都八王子市中町10-2】
営業時間はまだ未定
概ね11:00〜21:30から22:00くらい/不定休 ※月1〜2回程度
特製つけ麺 ¥700-
大盛 ¥100-
Livedoor Mapはこちら→このへん

[GPS情報URL]
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=1&unit=0&lat=%2b35.39.16.82&lon=%2b139.20.17.47&fm=0
ラーメン屋 はる太郎


■これまでの訪問記録
ラーメン屋 はる太郎 [@東京・八王子]【450軒目(2)/680杯目】
ラーメン屋 はる太郎 [@東京・八王子]【450軒目/673杯目】


■参考サイト
・livedoorグルメ > このお店の情報
・食べログ > このお店の情報


  
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 16:36Comments(2)TrackBack(0)││

2006年05月31日

牛すじつけ麺 竜馬 [@東京・八王子] 【413軒目(2)/670杯目】

竜馬(2):牛すじチャーシューつけ麺(小写真)

さて今回は「開店直後に行ったけどご無沙汰」シリーズ(笑)で、牛すじつけ麺「竜馬」さんへやって来ました。

甲州街道沿いにあり、八王子名所の一つ(?)荒井呉服店とコインパーキングを挟んだ隣にあります。
駅から徒歩は辛いですが、バス停は八日町1丁目で八王子駅から100円均一区間内です。

カウンターは9席、テーブルは4人掛け4席と、2人掛け2席。
火曜日の16:00頃の到着で先客はナシ。

前回の印象があんまり良くなかったので正直重い気持ちで入店。
前回と同じく「牛すじチャーシューつけ麺」をチョイス。
メニューには無いけど、大盛はあるらしいので、大盛を注文。
前回は100円増しと聞いた気がするけど、50円増し。

トイレに行きがてら、なんとなし厨房を覗くと、前回「うわぁ、それはちょっと…」と思った部分が改善されていて一安心。
メニューも整理された感じがあり、だいぶ落ち着いてきたようです。

竜馬(2):麺竜馬(2):ツケダレ
竜馬(2):牛すじ竜馬(2):スープ割


さて、つけ麺。
前回は茹でたてだったけど、茹で置きもあるのを見ていましたが、今回はとりあえず茹で立てで。
麺の茹で具合はちょっと記憶が曖昧ではあるのですが、格段に良くなっています。

ツケダレはやっぱり薄め。
でも、前回は信じられない薄さだったわけですが、今回はまぁまぁ薄味かな、といったところ。
名物の牛すじは柔らかく、これはほんとンマイや。

麺とのバランスはやっぱりまだ麺にツケダレが負けている。

ただ、ツケダレ単体で味わったり、それこそ牛すじスープとして頂くなら、絶妙といえましょう。
いっそ、細麺にしてみては?とすら思います。

結局スルスルと頂いたところでスープ割が到着。
頼まなくてもお客ごとの頃合いを見計らっての気遣いはいいですね。
前回同様、別に割らなくても…と思いましたが、〆としては温かくなったツケダレを頂くのは悪くないです。

総じて、前回の印象よりはグッと良くなった感じがするのはやっぱり開店直後に比べると制作側もだいぶ慣れてきたってこともあるんでしょう。
開店直後に行った店は落ち着いた頃にまた訪問するべき…ということを再認識しました。

ただ、これはほんと言いがかりに近いんですが、なんとなく重苦しい雰囲気だったのがちょっと気になりました。
もっと流行っていいお店だとは思うんですけども、時間帯が悪かったのかなぁ。


竜馬(2):外観竜馬(2):外の黒板
竜馬(2):メニュー

牛すじつけ麺 竜馬
【東京都八王子市八日町9-9】
11:00〜20:00/不定休
牛すじチャーシューつけ麺 ¥700-
Livedoor Mapはこちら→このへん

[GPS情報URL]
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=1&unit=0&lat=+35.39.25.10&lon=+139.20.04.97&fm=0
竜馬


■これまでの訪問記録
牛すじつけ麺 竜馬 [@東京・八王子] 【413軒目/597杯目】


■参考サイト
・livedoorグルメ > このお店の情報
・食べログ > このお店の情報


  
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 15:24Comments(0)TrackBack(0)││

2006年05月30日

○吉たんめん 八王子店 [@東京・八王子] 【362軒目(2)/669杯目】

○吉たんめん(2):たんめん(小写真)

おめぇに喰わせるタンメンはねぇ!というわけで(?)久しぶりに「○吉たんめん 八王子店」へ。
※○に吉

開店直後に行って以来、しばらくのご無沙汰でした。
店内はカウンターのみで15席。
月曜日の13:50頃の到着で先客は2組です。

店内は有線の70年代歌謡曲チャンネルがBGMとなっています。

とりあえずメニューはタンメンと餃子だけなので、タンメン大盛と餃子を注文します。

○吉たんめん(2):麺○吉たんめん(2):野菜
○吉たんめん(2):餃子○吉たんめん(2):餃子のうんちく


さて、たんめん。
かなりの分量の野菜が入ってボリュウムたっぷり。
まずは見た目的には大満足です。

フライパンで仕上げますので、すげー熱々。
ちょっとこれからの季節は辛いかもねー。

麺はあまり特徴のない中太麺で、やや表面が柔らかめ。
たんめんという食べ物の特性上、それはしょうがないかな。

スープはなかなかにンマイんですが、どうにも薄味かな。
白菜が多いせいと思われます。
カウンターの注意書きに「半分位にて、特製手作り。ら油(原文ママ)にて賞味ください」とあり、試してみますと、なるほど!本当だ、こっちのがンマイかもしれないですね。

餃子はジューシーでなかなかンマイんですが、やや生姜の風味が強め。
もうちょっとパリっとしているといいかな。
たんめんも餃子もビールに合いそうな感じですが、仕事途中だったので、グッと堪えました。


○吉たんめん(2):外観○吉たんめん(2):店内

○吉たんめん 八王子店
【東京都八王子市小門町5-3】
11:30〜21:00 L.O.20:30/水曜休
たんめん 大もり ¥750-
餃子 ¥350-
Livedoor Mapはこちら→このへん

[GPS情報URL]
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=0&unit=0&lat=%2b35.39.26.87&lon=%2b139.19.40.23&fm=0
○吉たんめん 八王子店


■これまでの訪問記録
【362軒目】○吉たんめん 八王子店 [@東京・八王子] 501杯目


■参考サイト
・livedoorグルメ > このお店の情報
・食べログ > このお店の情報


  
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 08:57Comments(0)TrackBack(0)││