東京・新宿 / 渋谷のリスト


 

 

2016年10月02日

ホープ軒 [東京・渋谷区]【---】

(2016年10月2日訪問)
貴重な24時間営業のこちらで朝ラーメン。
チャーシューメン!

image


良く考えたら、立ち食いラーメンって今はほとんど見ないなあ。

ここは、美味しいとか、イマイチとか、綺麗だとか、汚いとか、接客がどうとか云々は関係ないんです!
(ダメでもないですし)

imageIMG_0484
image


入れ放題のネギは大量投入。
これから仕事だけどニンニクも入れちゃう。
おしぼりも使っちゃう!

IMG_0481IMG_0480
  

 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 11:36Comments(0)TrackBack(0)││

2009年01月08日

風雲児 [@東京・渋谷区・新宿]【700軒目/1129杯目】

風雲児:かまたまーめん

久しぶりの更新です。
すっかり半年くらい前のラーメンリポートを更新するブログになってしまいました(^_^ゞ
というわけで、昨年の初夏のリポートです。

新宿駅南口というか住所的には代々木の「風雲児」さんに行って来ました。
ちょうど、夕方の営業の始まった17:05頃の到着で、先客10名ほど。
店内はカウンターのみで15〜6席といったところ。
席についてふと見ると、あっという間に満席→待ち発生。
なかなか盛況の様子です。

メニューはらーめんとつけめん、それぞれの得製といった感じ。
ちょうど、夜営業で数量限定の「かまたまーめん」があったので、そちらをチョイス。
麺の量が並と大盛が選べるので、大盛で。

店主らしき人は忙しい中にも的確な指示をあたえていて、キビキビとしたスタッフさんの動きは好感が持てますねー。
ユニフォームから受ける印象と合わせると、どこかのイタリアンとかフレンチ出身なのかな?
ユニフォームにオリジナルのワッペンがついていて、なかなか凝ってます。

風雲児:別皿風雲児:麺
風雲児:チャーシュー風雲児:スープ投入
右下:スープ投入


さて、かまたまーめん。
なるほど、かまたまって感じの見た目で、具材類は別皿でやってきます。
ちょっと食べ難い。

麺は中太でモチモチで食感はいいですが、讃岐うどんと比較されちゃうとどうなんだろう?
うどんもピンキリではあるんですが、やはり「かまたま」ってことだと、直接的に比較されちゃうよなぁ。

別皿の炙りチャーシューの香りがいいですねー。
ただ、その炙りチャーシュー自体はイマイチかなぁ。

最初にかまたま状態で食べて、そこにすだちを入れて食べて、最後にスープ入れて食べるという3変化を勧められています。
特にかまたま状態は、なかなかンマイですねー。
すだちは種混入と手が汚れる問題があるけど、いれてみたんですが、あまり効果的とは言えないかもなぁ。
で、最後のスープは魚粉が強い感じで、今どき風になるわけで、これまたなかなか。

いや〜、各変化の中でもそれぞれ美味しく食べられて、これは楽しいメニューでした。


風雲児:店舗外観風雲児:入口
風雲児:看板風雲児:食べ方
右下:食べ方指南


風雲児
【東京都渋谷区代々木2-14-3】
11:00〜15:00,17:00〜21:00 (スープ終了まで)/日祝日休
かまたまーめん ¥800
Livedoor Mapはこちら→このへん

風雲児
[GPS情報URL*携帯電話用]
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=1&unit=0&lat=+35.41.1.223&lon=+139.41.59.618



■これまでの訪問記録
・ナシ


■参考サイト
・livedoorグルメ > このお店の情報
・食べログ > 風雲児 (ふううんじ) (ラーメン / 新宿、南新宿)


  
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 00:23Comments(2)TrackBack(1)││

2007年09月28日

新潟濃厚味噌 弥彦 [@東京・渋谷区・幡ヶ谷] 【643軒目/1024杯目】

弥彦:越後味噌剛麺

さて、今回は幡ヶ谷の「我武者羅」さんの土日のみのセカンドブランド「弥彦」さんにやってきました。
新潟の東横などでお馴染みの「割スープ付味噌ラーメン」インスパイア…ってことでいいんですかね。

お店は幡ヶ谷の駅から新宿方向にちょっと歩いたところにあります。
9月半ばの土曜日の訪問で14:30頃の到着でほぼ満席。

メニューは3ラインで、濃厚味噌らあめんの「越後味噌剛麺」、濃厚味噌つけ麺の「越後味噌流麺」、濃厚味噌伽哩らあめんの「越後味噌激麺」
それにトッピングなどなど。
ま、割スープ付新潟濃厚味噌ってだけでも凝っているのですが、つけ麺には焼き石が入るみたいで、そのへんも凝ってますねー。

カウンター上に布おしぼり。これは有り難い。
あと、AFTER DEATH sauceという危険そうなソースも…

弥彦:麺弥彦:割スープ
弥彦:ジンジャー豚煮弥彦:具とかスープとか
弥彦:ぶっこみめし弥彦:投入したご飯
下左:ぶっこみめし 下右:投入後


さて、ラーメン。
盆の上にラーメンと割スープ、そして追加で頼んだ「ジンジャー豚煮」、それから生姜の漬物が載ってきました。
で、遅れてぶっこみめしが到着。
レンゲがかなり巨大ですが、これはご飯をこの上でスープと合わせる用かな?

なんというか、ちょっと天理スタミナを思わせるような白菜や、ニラ、糸唐辛子、ニンニクチップなどが入ってまして、東横さんとはまた違った印象ですね。
ジンジャー豚煮が冷たいのは残念でした。

で、麺は極太麺。スープがかなりしょっぱめに仕上がっているので、極太麺との相性はいい感じです。
にしても、デフォルトだと、ちょっとしょっぱめかも。
割スープにも魚粉が入っている感じでこのへんも今風のアレンジというか、アプローチといったところでしょうか。

で、飯をぶっこむか…というところで、ちょっと目に付いて気になっていたご飯の真ん中の赤いのを口にいれましたら…やられた。
もう舌が麻痺するくらい辛いの。いやー、なんでも口にいれるのは良くないですね。

基本的には、スープ割してご飯投入して、ンマ〜って感じなんだけども。
で、調子に乗って、スープを大量に摂取していたら、後からかなりズシンと来ましたので、要注意です。

でも、個人的にはこの割スープ付の新潟味噌ラーメンってある種理想のラーメンなんですよね。
いえね、麺料理として考えた場合、やっぱり日本人は濃い味のおかずとご飯を口の中で混ぜ合わせる「口中調理」になれていることもあって、太麺に合うスープとなると普通には飲めないくらい濃くなるはずなんですね。
そこで割スープです。
麺と合わせる時は濃い味で、スープ単体で飲む時は薄めて…っていうのが理想的な気がするんですよねー。
たいていはスープを意識しすぎて麺を食べるには薄すぎるスープか、逆に単体で飲むには辛いほどスープがしょっぱすぎ…ってパターンですからね。

そういう意味ではこの割スープ付新潟味噌に影響されたラーメンがいろいろ出てきて欲しいなあ、と思います。
あ、そうそう、それより「我武者羅」行かないとね。まだ未訪問だから(笑)


弥彦:メニュー弥彦:弥彦の説明
弥彦:外観

※写真では黒い箸ですが、通常は普通の割り箸となります。
マイ箸クラブに入りました(会員番号781)
新潟濃厚味噌 弥彦 ※我武者羅
【東京都渋谷区幡ヶ谷2-1-5】
土曜11:00〜15:00,18:00〜23:00、日曜11:00〜16:00/月〜金休
越後味噌剛麺 ¥780-
ジンジャー豚煮 ¥100-
ぶっこみめし ¥100-
Livedoor Mapはこちら→このへん

[GPS情報URL*携帯電話用]
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=1&unit=0&lat=+35.40.28.917&lon=+139.40.54.184
新潟濃厚味噌 弥彦



■これまでの訪問記録
・ナシ


■参考サイト
・livedoorグルメ > このお店の情報
・食べログ > このお店の情報


  
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 23:46Comments(1)TrackBack(3)││

2007年09月14日

一汁三にぼし 裏不如帰 [@東京・渋谷区・幡ヶ谷] 【638軒目/1017杯目】

裏不如帰:煮干し煮豚そば

さて、今回は前から気になっていました木曜限定で「ふにょき(・∀・)!!」こと「不如帰」さんが別名で営業される、「裏・不如帰 一汁三にぼし」にやってきました。
いやー、ハードル高いよね、ここ。

訪問は8月23日ですので、今はちょっと違うかもしれません。悪しからず。
で、営業開始5分前くらいの到着で先客1名。
その後、パラパラと人が集まってきて、開店時間でだいたい4人待ちかな?

店内、ロケーション等は「不如帰」の裏営業ですから一緒です。
一応、書いておくと、カウンターのみで8席だったかな。
お店は幡ヶ谷駅が最寄りで、6号通商店街をちょっと歩いて、脇に入ったところにあります。
近隣には駐車場が無いですが、甲州街道沿いにはいくつか…といったところ。

メニューは煮干しそばに煮干しつけそば、サイドメニューにいつもの肉めしの他ににぼ茶めし。
普段のメニューはありません。
ビールはハートランドが追加されてるのかな?。(普段もあるんでしょうけど)

ちょっと迷って、「煮干し煮豚そば」をチョイス。

裏不如帰:麺裏不如帰:海苔とか
裏不如帰:煮豚裏不如帰:メンマ


さて、煮干し煮豚そば。
おおー、確かに煮干しの香りがグッと出てますねー。

見た目がキレイなのもポイントです。
緻密に盛り付けていましたからね。

麺は平打ちの中太かな。
プツンプツンとした歯ごたえが心地よいですねー。

で、言わずもがなですが、スープは煮干しが強く出ていますが、動物系スープもちゃんと効いています。
普段の蛤スープも美味しかったんですが、素材が変わってもしっかりと美味しく出来ているのはさすがですねー。

煮豚はきっと余計なんだろうなぁ…と思いながら、煮豚そばにしたのですが、意外にもそんなに気にならなかったですね。
ただ、めちゃくちゃンマくて大満足ってわけでは無かったですけども…(^^ゞ

揚げジャコ?のようなものが載っているのも気になりました。
これがなかなか効果的なんですかね。
食感的にも変化があって楽しいですね。

ただ、やっぱりこの店名を見ると、超強烈煮干しを期待してしまうんですが(自分だけ?)、飽く迄も上品にまとまりのある仕上がりになっていました。
そういう意味ではちょっと残念ですけど、そういう期待無しで来ればかなり美味しくて大満足ってとこだと思います。


裏不如帰:外観裏不如帰:メニュー

一汁三にぼし 裏不如帰
【東京都渋谷区幡ヶ谷2-47-12】
11:30〜15:00/木曜日のみ営業
煮干し煮豚そば ¥900-
Livedoor Mapはこちら→このへん

[GPS情報URL*携帯電話用]
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=1&unit=0&lat=+35.40.33.48&lon=+139.40.49.32
不如帰



■これまでの訪問記録
・ナシ


■参考サイト
・livedoorグルメ > このお店の情報
・食べログ > このお店の情報


  
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 17:06Comments(0)TrackBack(0)││

2007年08月06日

ひるがお 新宿御苑店 [@東京・新宿区・新宿御苑前] 【525軒目(2)/999杯目】

ひるがお(2):炙りチャーシュー塩つけ麺

さて、今回は限定が残ってたらいいなぁ…けど時間的には絶対ムリだよなぁ…と思いながらやってきたら、まんまと限定が残っていなかった新宿御苑前の「ひるがお」さんにやってきました。

お店は新宿御苑前の駅から歩いてちょっとのところにあり、隣が新宿1丁目の西公園になります。
店内はカウンター13席くらいで、平日の16:50頃の到着で先客はナシ。

メニューは塩らーめん、醤油らーめん、塩つけめんなど。
前回に訪問したときと同じになってしまいますが、「炙りチャーシュー塩つけ麺」の大をチョイス。
炙りチャーシューはもうもう煙を立てながら、注文後に炙ってくれます。
こういうの見てるとビール飲みたくなりますわな。

ひるがお(2):麺アップひるがお(2):ツケダレ
ひるがお(2):麺と箸ひるがお(2):炙りチャーシュー


さて、つけ麺。
炙りチャーシューはツケダレ側に沈殿しています。

麺は中太の平打ち麺。
モチモチとした食感が心地よいです。

んで、このチャーシュー、ンマいですねー。
ただ細かく切られているので、脂身だけのパーツがあるので、それはちょっとパンチがありすぎますな。

そう、パンチといえば、なんとなく前回の印象で、あっさりとした塩味のツケダレって印象だったんですが、意外と今回は油が強いような気がします。
って、チャーシュー増した所為なんでしょうけど。
ホタテ片やらが沈殿したツケダレは魚介系がしっかりと効いてンマイんですけどねー。

で、スープ割。
スープ割はポットからやってくれます。
ちょっと寂しいような…でもこちらの方が確実だし早いんでしょうね。
そこの方にはいろいろと沈殿物がありまして、それに対する好奇心もあって、ついつい最後まで飲んじゃいますねー。

いやー、満足満足。
総合的にはやっぱりンマーイ塩つけ麺って感じです。


ひるがお(2):外観ひるがお(2):メニュー
ひるがお(2):うんちく
下:蘊蓄。ちょっと語りすぎ?

ひるがお 新宿御苑店
【東京都新宿区新宿1-32-4】
11:00〜20:00/無休
炙りチャーシュー塩つけ麺 大 ¥1,100-
Livedoor Mapはこちら→このへん

[GPS情報URL]
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=0&unit=0&lat=%2b35.41.25.87&lon=%2b139.42.42.18&fm=0
ひるがお 新宿御苑店



■これまでの訪問記録
ひるがお 新宿御苑店 [@東京・新宿区・新宿御苑前] 【525軒目/813杯目】


■参考サイト
・livedoorグルメ > このお店の情報
・食べログ > このお店の情報


  
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 13:36Comments(0)TrackBack(0)││

2007年07月20日

麺恋処 いそじ [@東京・渋谷区・代々木] 【624軒目/993杯目】

いそじ:つけめん

さて、今回は代々木にオープンした「麺恋処 いそじ」さんにやってきました。
イタリアン出身のご主人だそうです。

お店は代々木駅から歩いて数分、最寄りの駐車場はちょっと見つけませんでしたが、きっと近くにあるでしょう、都心ですし。
店内はカウンター11席ほど。食券制。
平日の16:30過ぎの到着で先客ナシ。

メニューは中華そばにつけめん。
チャーシュー、メンマ、味玉が増量される「○得」というのがあります。
麺の量は中盛までは同じ値段で、大盛になると100円増し。
麺の量はノーマルが210gで、増すとそれぞれ、315g、420gとなります。

ちょっと迷って、○得つけめんを中盛でチョイス。
それから、チャーシューも追加で。
…と食券を買ってから、○得の上にチャーシュー追加は買いすぎだろ…と思い直しましたが、手遅れです(笑)

作るところを見てますと、昆布ダシなどが入った鍋で麺を茹でるんですねー。
つけ麺ですと、冷やして〆るので、どの程度効果があるかは不明ですが、ラーメンの方は効きそうですよね。
店の奥に製麺機がありまして、自家製麺のようです。
と、スープに柚子を入れるか聞かれます。

いそじ:麺とツケダレいそじ:チャーシュー
いそじ:ツケダレいそじ:麺丼の底
下右:こういうのは嬉しい


さて、つけめん。
案の定、チャーシュー多すぎですが、これは私の注文ミスだからしょうがないですね。
麺側にいろいろ具材が載っていまして、チャーシューなんかは冷えっぱなしになっているのが残念。

麺は中太の麺で、やや堅い感じ。
しっかりとした歯応えがありながらもモチモチとした歯触りもあって、なかなかンマイですねー。

ツケダレは魚粉の効いた今どきっぽいツケダレでなかなかです。
柚子の風味も時折やってきて、気分転換になりますね。

チャーシューはやや脂身が強い感じですが、なんせ量食べてるので、印象が強くでてしまうので、あまり参考にしないで下さい。
ただ、これ、冷えてるの勿体ない。
ラーメンでこのチャーシュー食べてみると、絶対もっと美味しく感じるはずです。
味玉はちょっとふにゃっとしてまして崩壊しやすかったです。

最後にスープ割。
ここで、ネギなどが追加されます。
スープが早めに冷えていただけに温かくなるとじんわりとンマさが際立つ感じでしょうか。

なかなか美味しかったんですが、もうちょっとだけなにかフックになるようなものがあると、大ブレイクしそうな感じがします。
逆に言うと、今はまだ「ここじゃなきゃ!!」というのが少ないかも。
でも駅から近いですし、さほど混んでないですし、完成度は高いですし、また来たいですねー。


いそじ:外観いそじ:メニュー

麺恋処 いそじ
【東京都渋谷区代々木1-14-5】
11:30〜19:00/日祝日、第2・4月曜休 ※第4日曜は営業
○得つけめん ¥880-
チャーシュー ¥300-
Livedoor Mapはこちら→このへん

[GPS情報URL*携帯電話用]
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=1&unit=0&lat=+35.40.41.24&lon=+139.42.12.86
麺恋処 いそじ



■これまでの訪問記録
・ナシ


■参考サイト
・livedoorグルメ > このお店の情報
・食べログ > このお店の情報


  
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 22:04Comments(4)TrackBack(3)││

2007年07月17日

ラーメン二郎 高田馬場店 [@東京・新宿区・高田馬場] 【099軒目(24)/990杯目】

二郎(24):小豚

さて、今回はすげー久しぶりの「ラーメン二郎」にやってきました。
うかがったお店は初めての訪問となる「高田馬場店」

お店は高田馬場駅を降りて、早稲田とは反対方向に歩いていった先にあります。
車の場合は、お店のすぐ隣がコインパーキングになっています。

店内はカウンターのみで10席ほど。
平日の21:00頃の到着でちょうど満席。
これ、困りますねー。
初めての二郎でこの立場は…(笑)
いえね、食券買ってから並ぶべきか否か、並ぶならどこから並べばいいのか…さっぱりわからないので。
正解は食券を一応買って並ぶみたいで、列が長くなってくると、店員さんの指示に従って店の奥の階段を降りて待つみたいです。
後客がどんどん増えてきたので、そうなりましたが、自分はすぐに座ることが出来ました。

量の見当がつかないのも初めての二郎で迷うところですが、野猿やめじろ台で慣れていれば…という自信がついたので(笑)、小豚を野菜・ニンニク増しで。
高田馬場店の自販機の表記で言うと「小ラーメンの豚大盛」ですね。

二郎(24):麺二郎(24):麺と野菜
二郎(24):豚二郎(24):野菜のアップ


さて、ラーメン。
うん、この量なら大丈夫ですね。
野菜を盛ったりしている間に溢れたスープを捨ててから追加で盛って渡してくれるのが、なんか豪快かつ新鮮。

麺は細く感じますねー。
これは野猿とかあっちの二郎食べているからかもしれないですねー。
たぶん、標準的な二郎の太さなのでしょう。平たい麺です。
プツンとした歯応えが心地良いです。
ただ、若干、絡まって茹で上がっているのが残念かな。

スープは薄く感じました。
濃厚かどうか以前に薄く感じたって感じです。
これ、やっぱり二郎でも野菜増したら、「辛め」は必須かもしれないですねー。
なんというか二郎にしてはおとなしく上品に感じますが、久しぶりなので頭の中の二郎像がエスカレートしていただけかもしれません。

豚はフレーク状にほぐれたものが多く、ゴロっとした部分は少なめ。
ほぐれているくらいなので、柔らかでンマイですねー。

ガッツリ食べて、満足満足。

うーん、しかし、二郎でこんなこと言ってもしょうがないんですが、高田馬場店は特に油っぽいですね、いやラーメンではなく店が。
とにかく、カウンター、台拭き、丼がベトベト。
ありえないくらいギトギトになった手をどうしようか悩みつつ、帰路についたのでした。
つか、高田馬場駅のトイレで手を洗った水を弾きましたよ(笑)


二郎(24):外観二郎(24):メニューとかいろいろ

ラーメン二郎 高田馬場店
【東京都新宿区高田馬場3-12-1】
11:30〜15:30,17:30〜21:30、日曜11:30〜15:30,17:30〜21:00/月曜休
小ラーメン 豚大盛 ¥750-
Livedoor Mapはこちら→このへん

[GPS情報URL*携帯電話用]
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=1&unit=0&lat=+35.42.36.54&lon=+139.42.16.90
ラーメン二郎 高田馬場店



■参考サイト
・livedoorグルメ > このお店の情報
・食べログ > このお店の情報


■これまでの訪問記録
ラーメン二郎 八王子野猿街道店2 [@東京・八王子] 【099軒目(23)/897杯目】
ラーメン二郎 ひばりヶ丘駅前店 [@東京・ひばりケ丘] 【099軒目(22)/861杯目】
ラーメン二郎 八王子野猿街道店2 [@東京・八王子] 【099軒目(21)/799杯目】
ラーメン二郎 八王子野猿街道店2 [@東京・八王子・京王堀之内] 【099軒目(20)/751杯目】
ラーメン二郎 歌舞伎町店 [@東京・新宿区・新宿] 【099軒目(19)/717杯目】
ラーメン二郎 府中店 [@東京・府中] 【099軒目(18)/672杯目】
ラーメン二郎 八王子野猿街道店 [@東京・八王子] 【099軒目(17)/662杯目】
ラーメン二郎 府中店 [@東京・府中] 【099軒目(16)/655杯目】
ラーメン二郎 八王子野猿街道店 [@東京・八王子] 【099軒目(15)/618杯目】
ラーメン二郎 八王子野猿街道店 [@東京・八王子] 【099軒目(14)/587杯目】
ラーメン二郎 八王子野猿街道店 [@東京・八王子] 【099軒目(13)/551杯目】
【099軒目(12)】ラーメン二郎 めじろ台法政大学前店 [@東京・八王子] 508杯目
【099軒目(11)】ラーメン二郎 仙川店 [@東京・仙川] 466杯目
【099軒目(10)】ラーメン二郎 横浜関内店[@神奈川・関内] 396杯目
【099軒目(9)】ラーメン二郎 府中店 [@東京・府中] 382杯目
【099軒目(8)】ラーメン二郎 八王子野猿街道店 [@東京・八王子] 304杯目
【099軒目(7)】ラーメン二郎 八王子野猿街道店 [@東京・八王子] 242杯目
【099軒目(6)】ラーメン二郎 仙川店 [@東京・仙川] 232杯目
【099軒目(5)】ラーメン二郎 野猿街道店 [@東京・八王子] 225杯目
【099軒目(4)】ラーメン二郎 八王子野猿街道店 [@東京・八王子] 183杯目
【099軒目(3)】ラーメン二郎 八王子野猿街道店 [@東京・八王子] 146杯目
ラーメン二郎 めじろ台法政大学前店 [@東京・八王子] 【099軒目(2)/124杯目】
【099軒目】ラーメン二郎 三田本店 [@東京・三田]
幻の9X軒目 ラーメン二郎仙川店、合掌。


  
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 21:18Comments(0)TrackBack(2)││

2007年07月15日

タイ国ラーメン ティーヌン 渋谷道玄坂店 [@東京・渋谷区・渋谷] 【621軒目/989杯目】

ティーヌン:バーミヘン

さて、今回はタイ料理やタイ国ラーメンの「ティーヌン 渋谷道玄坂店」さんにやってきました。
都内各地で店舗を展開していますが、こちらの渋谷のお店はラーメン系中心の1Fの店舗とタイ料理中心のB1のダイニングに別れています。もちろん、1階の方で。

お店は井の頭線の渋谷駅のすぐそばにあります。
真っ赤な看板に麺を引っ張っているムエタイ選手の愉快なロゴマークが目立ちます。
つか、最近ムエタイといえば「KICK☆」なので、看板見るだけで頭の中でネタが展開されてしまいますね。

メニューは大ざっぱに言って、トムヤムスープ、ナンプラースープ、油そばの3ラインがあって、それぞれ中華麺、細ビーフン、中細ビーフン、太ビーフンが選べるようになっています。
辛いのが好きな人は迷わず「トムヤムスープ」になるんでしょうけど、ちょっと迷って「油そば」を中華麺でチョイス。
メニュー名で言うと「バーミーヘン」。こいつにチャーシューをトッピングで注文。

卓上にはいろいろな調味料があって、これでカスタマイズして食べるといいみたいです。

ティーヌン:麺ティーヌン:チャーシュー
ティーヌン:麺と香草ティーヌン:スープ


さて、油そば。
見た目は日本の油そばに限りなく近いですね。いっしょについてくるスープはナンプラースープ。

で、これ、うーん、難しいなぁ。
書くのが難しいのは、あまりにもしょっちゅう食べていて書くことが無いパターンと、ちょっとアレだったんでどう書こうか迷うパターンの二つなんですが…。

え、麺の茹で加減は堅め。つーか、ちゃんと茹って無いような…。
んで、麺の表面にヌメリがあって、それ故に麺が固まってる感じです。
一口目食べようと思ったら、麺が丸々持ち上がっちゃった。

救いは味はそんなに悪くは無いってことです。
思った以上にくせがなく食べやすいですね。

パクチーや生モヤシが若干、異国感があって好みがわかれるかもしれないです。
あとはナッツなんかなんで、今どき油そばに近い感覚かな。
いっそ、チーズとか入れたい感じ。

チャーシューはなんというか高級ハムっぽい風味のチャーシュー。
でも普通のチャーシューよりはこういうのに合うのかもしれないですねー。

ついてきた「ナンプラースープ」もなかなかにンマかったので、こちらのナンプラースープ系のメニューもいいかもしれないです。

いやー、しかし、レシピは悪くないんだろうけど、出来が悪かったなぁー。
これ他の店だったり、同じ店でも店員さんが違うとだいぶ違うでしょうね。
組立て自体は悪くない気がしますんで、機会があればまた来てみたいですし、ラーメン系だけじゃなく普通のタイ料理も試してみたいですね。


ティーヌン:外観ティーヌン:看板
ティーヌン:メニュー1ティーヌン:メニュー2
ティーヌン:卓上の調味料

タイ国ラーメン ティーヌン 渋谷道玄坂店
【東京都渋谷区道玄坂1-5-5 藤木ビル1F】
11:00〜23:00/日曜休
バーミーヘン ¥730-
チャーシュー ¥200-
Livedoor Mapはこちら→このへん

[GPS情報URL*携帯電話用]
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=1&unit=0&lat=+35.39.17.21&lon=+139.42.9.31
タイ国ラーメン ティーヌン 渋谷道玄坂店



■これまでの訪問記録
・ナシ


■参考サイト
・livedoorグルメ > このお店の情報
・食べログ > このお店の情報


  
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 15:38Comments(0)TrackBack(2)││

2007年07月14日

うさぎ [@東京・渋谷区・神泉] 【620軒目/988杯目】

うさぎ:つけ麺

さて、今回は神泉にオープンした「うさぎ」さんにやってきました。
ラーメンが気になったというよりは脱力感のあるうさぎのマークにやられた感じです。

お店は神泉の駅から歩いてすぐのところにあり、店内はカウンターのみで11席ほど。
平日の18:30頃の到着で先客3名。
これが全員女性というのがたまたまかも知れないですが、珍しかったですね。

店内はスケルトンにした時に出てきたであろうコンクリート打ちっぱなし部分と、元のコンクリートが汚い部分の塗り壁がなかなか洒落た感じに仕上がっています。
メニューはらーめんと、そのトッピング違い。
いくら丼なんてのや、おつまみメニューも豊富。
ランチタイムにはセットメニューもあるみたいです。

カウンターの上の方に瓶があったので、キープボトルの焼酎かと思ったら、井上醤油店の古式しょうゆの瓶でした。
これ使ってるのかな。なんとなくパッケージで美味しそうだからあとでググろうと思いました。
安藤醸造元の醤油よりンマイかなぁ?

ちょうど夏季メニューとしてつけ麺があったので、そちらをチョイス。
大盛とかは無いのね。
チャーシューを増やすには炙りチャーシュー400円を頼むのかな?
でもこれはつまみメニューかもしれないので回避します。

うさぎ:麺うさぎ:麺その2
うさぎ:チャーシューうさぎ:店内


さて、つけ麺。
麺側にメンマと炙りチャーシュー。

麺は中細でムッチリとした歯触りの麺です。
なんつーか、悪く書くとカップ焼きそばを早めに湯切りして食べた感じ…。
って書くと、美味しくないみたいですが、そんなことは無いです。

炙りチャーシューはやや炙られ過ぎな気もしなくもないですが、なかなかンマイですねー。
麺側に具が載っているつけ麺はイマイチなんですが、ちゃんと熱が入っているなら言うことは無いです。
まぁ、冷たい麺に載せてるのは勿体ない気もしますが。

んで、この醤油を活かしたツケダレ。
酸味や甘味のあるタイプでなく、かといって魚粉たっぷり濃厚なものではなく、醤油が強いツケダレは珍しい気がします。
節系の風味が効いているので、ちょっとおひたしっぽいなぁ。って書くとこれまた美味しくないみたいですね。

ただやっぱり量が少なかったかな。
もうちょっと食べたかったですねー。
次はラーメンメニューでいってみたいと思います。


うさぎ:外観うさぎ:うさぎのマークうさぎ:券売機うさぎ:壁のメニュー
上右:脱力感があってたまらない、うさぎのマーク

うさぎ
【東京都渋谷区神泉町8-13】
11:30〜15:00,17:30〜23:00/不定休
つけ麺 ¥780-
Livedoor Mapはこちら→このへん

[GPS情報URL*携帯電話用]
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=1&unit=0&lat=+35.39.9.001&lon=+139.41.48.26
うさぎ



■これまでの訪問記録
・ナシ


■参考サイト
・livedoorグルメ > このお店の情報
・食べログ > このお店の情報


  
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 21:36Comments(0)TrackBack(2)││

2007年03月25日

むろや [@東京・新宿区・新宿御苑前] 【417軒目(4)/924杯目】

むろや(4):海老塩つけめん

さて、今回は新宿を通りがかったので、どこ行くべか…と悩んで、135さんのとこで見てちょっと気になっていた「むろや」さんの限定を食べに行ってみることに。

お店は外苑西通り沿いにありまして、最寄り駅は新宿御苑前かな?
車の場合は確か店の前がパーキングメーターがあったような気がします。
店内はカウンターのみで14席くらいだったかな。
木曜日の19:00頃の到着で先客ナシ。

今回の限定は「海老塩」でラーメンとつけめんの両方があります。
ちょっと迷って、つけ麺で。
味噌つけめんの食券を買って、出すときに「限定」で…と伝えます。
てか、店内に限定の告知とか無いですから、すごーく限られた情報伝達方法ですよね。
あと、大盛の食券も買って、大盛にします。

さて、海老塩つけめん。
ツケダレには桜エビが大量に入っていて海老の香りが強め。
また上にはピンクの糸状のものが載っています。
これ、言われないと良くわからないですが、スルメなんだそうです。
事前に知っていたからわかりますけど、知らないとなんだべか…と悩みそうではあります。

むろや(4):麺むろや(4):ツケダレ
むろや(4):肉とスルメむろや(4):水菜と海老
下左:チャーシューとスルメ 下右:水菜とエビ


ただ、ツケダレの味が薄い気がします。
単体で味わってみますと、まぁ薄いかな…くらいなんですが、麺と合わせるとすげー薄いです。
麺は太麺ですから、これ、細麺だったら良かったのかもしれないです。
またアクセント的に入っている柚子がちょっと面白いですね。

その他のトッピング類は、薄切りのチャーシュー、メンマ、水菜など。
薄切りのチャーシューはちょっと寂しいけど、味自体はンマイです。

麺の茹で加減が良いですね。
前はちょっと堅すぎでは?と思うくらいだったんですが、今回はモッチリ感がでているような…。

なかなか美味しかった…と言いたいところですが、やっぱり劇的にツケダレが薄いのがイマイチだったかなぁ。
まして、大盛だったので。
九州ラーメンの替え玉をやっているとこみたいに卓上にタレがあったら間違いなく入れてたと思いますし。
ラーメンだとたぶん印象が違うんだと思います。


むろや(4):外観むろや(4):メニュー

むろや
【東京都新宿区四谷4-25-10】
11:15〜15:00,17:00〜21:00 (スープ切れ終了) /無休
海老塩つけめん ¥800-
大盛 ¥100-
Livedoor Mapはこちら→このへん

[GPS情報URL]
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=0&unit=0&lat=%2b35.41.20.70&lon=%2b139.42.55.61&fm=0
むろや



■これまでの訪問記録
むろや [@東京・新宿区・新宿御苑前] 【417軒目(3)/781杯目】
むろや [@東京・新宿区・四谷4丁目] 【417軒目(2)/698杯目】
むろや [@東京・新宿区・四谷4丁目] 【417軒目/603杯目】


■参考サイト
・livedoorグルメ > このお店の情報
・食べログ > このお店の情報


  
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 00:24Comments(0)TrackBack(0)││

2007年02月19日

【番外編】はなまるうどん 新宿歌舞伎町店 [@東京・新宿区・新宿]

はなまるうどん:うどん(小)
さて、番外編。
第一回の東京大マラソンで、ドドドドトーッとやってくるランナーを見てみようと日曜朝の新宿は歌舞伎町界隈の靖国通りにやってきまして、腹ごしらえってことで、道路沿いの「はなまるうどん」に来て見ました。

いやー、ちょっと前のブームの時はわざわざ遠くまで行ったもんですが、とんとご無沙汰ですね、ここ。
あともう一個「さぬき小町うどん」ってのにもわざわざ行ったもんです。
そして、いつの間にかこちらは「吉野家D&C」傘下になっていたんですね。

さて、うどん。
釜玉〜と思いましたが、10分ほどかかるってことで、それではもう最初に走る車椅子ランナーが来ちゃうだろってんで、冷たい醤油で。
あ、しまった、雨で寒いんだから、温かいのにすれば良かった。

で、さらに言うと、天ぷら等々を取った時についつい「ささみ」と「鳥の唐揚」というかぶるものを取ってたりしましたね。

うどんはそれなりにコシがあってンマイです。
わざわざ遠くから行く程では無いですが、近くに美味しくて安い讃岐うどんの店が無いのなら、行く価値ありますねー、未だに。
というか、普通にそれなりのレベルのうどんだと思います。
ラーメンの世界に於ける専門店とチェーン店の差ほどは無いような気もしますし。
…とか書くと、熱心な讃岐うどんフリークから怒られそうですが…。

ついついいつもの癖で卓上の醤油を追加でかけて食べましたが、この醤油がイマイチ美味しくない(笑)
ま、それはしょうがないですかね。
揚げ物類も冷め気味で、ブームまっさかりの回転が早くて揚げたてのが食べられた頃から思うとちょいと寂しいですが、もちろん、時間帯にもよるのでしょう。

今度はまた時間のある時に来てみたいですねー。
釜玉と、冷たい醤油を二つ食べるのが、はなまるうどんにハマっていた時の定番でした(笑)


はなまるうどん:うどんアップはなまるうどん:店内1
はなまるうどん:店内2はなまるうどん:靖国通り
はなまるうどん 新宿歌舞伎町店
【東京都新宿区歌舞伎町1-16-1】
24時間営業/無休
しょうゆ 中 ¥294-
ささみ ¥95-
鶏の唐揚 ¥74-
ちくわ磯辺揚げ ¥95-
Livedoor Mapはこちら→このへん

[GPS情報URL]
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=1&unit=0&lat=+35.41.25.23&lon=+139.42.19.71
はなまるうどん 新宿歌舞伎町店



■参考サイト
・livedoorグルメ > このお店の情報
・食べログ > このお店の情報

  
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 20:19Comments(4)TrackBack(0)││

2007年02月17日

麺屋武蔵 鷹虎 [@東京・新宿区・高田馬場] 【573軒目/898杯目】

麺屋武蔵鷹虎:らーめん(小写真)

さて、今回は高田馬場に新しくオープンしました「麺屋武蔵 鷹虎」にやってきました。
各店舗ごとに違うコンセプトな武蔵なだけに楽しみではあります。

お店は高田馬場駅のすぐ前。
西武新宿線とJR線に挟まれた路地を入ってすぐのところにあります。

店内はカウンターのみで15席。
平日の18:45頃の到着で先客6名ほど。
まだテレビ放送前の訪問だったのが良かったかな。

で、ここの特徴はカスタマイズ豊富なメニューにあります。
メニューはら〜めんとつけ麺がそれぞれ醤油、塩、味噌とあり、それぞれ鶏と豚のスープの比率が0:4、1:3、2:2、3:1、4:0と選べます。
つまりですよ、ここまでで30パターンに分岐するわけです。
で、さらに魚粉と辛粉、揚げニンニクの有無も選べるので…うーん、凄い数の分岐です。

とりあえず、はんつさんが「ニーニーギョフンニンニク」とおっしゃってましたので(笑)、それを踏襲します。
しまった、醤油、塩、味噌はどうしよう?んじゃ醤油で。
あと、チャーシューと大盛で。

しかし、個人的にはまずメニューが多い店がキライな上、こういうカスタマイズ豊富な店もキライという二重苦ですね。
いや、カスタマイズ豊富なのでもいいんですが、オススメはどれよ?って感じです。
これがウチで一番美味しい自信作、これを食べてくれ!!!!ってドーンと出して欲しいんですよねぇ。
それでも好みで微調整できますよってことのカスタマイズ豊富なら全然OKなわけで、ここの場合はどれ頼めばいいのよ!?と悩むわけです。

フリークならまぁ楽しいって思うのかもしれないですけど、後から来たお客さんも明らかに面食らってまして「普通のラーメンはどれ?」って聞いてました。
で、店員さんはシステムを説明してたんだけど、それはサービスマンとして失格だわな。
正しい答えは「醤油が良くでますよ。最初は2:2で頼んで頂くのがオススメです」みたいな回答でしょう。
でさらに、魚粉と辛粉と揚げニンニクについても選択を迫られるわけで、気の短いおっちゃんならキレて帰りそう(笑)

それはさておき。
店内の壁の武蔵と小次郎と鷹と虎の壁画が面白いですねー。
椅子の座面や丼の底も同じく鷹虎です。
あと、見ていると湯切りが地味ですね。良いことです(笑)
つけ麺とラーメンの麺も違うみたいですね。

麺屋武蔵鷹虎:麺麺屋武蔵鷹虎:チャーシュー
麺屋武蔵鷹虎:スープ麺屋武蔵鷹虎:メンマと魚粉

さて、ラーメン。
ストレートの中細麺で茹で加減も悪くなく、スルスルと頂けるンマイ麺ですねー。

トッピングで最初から入ってきた魚粉も揚げニンニクもあまり主張してないなぁ。
揚げネギと揚げてないネギの方が目立つかなぁ…。

悲しいことは2枚で100円で追加したチャーシューが余り美味しくないってこと。
味も旨味もなく、ややパサつく印象なんだよなぁ。

で、スープですが、これはなかなかにンマイですね。
濃厚で若干トロみのあるまさに「ダブルスープ」に仕上がってます。

これ、武蔵のある意味欠点かもしれないんですが、前の店と違うコンセプトを狙うが故に、武骨外伝とかちょっと迷走気味!?みたいに思ってたんですね。
ことここに関しては注文するまでのシステムが複雑なだけで、ラーメン自体はオーソドックス…いや東京醤油みたいなって事ではなく、今どきのラーメンとして一般的に美味しいわけです。
そういう意味では普通に美味しく続けて食べられそうってのがいいですね。
そう思うとカスタマイズのシステムが活きてくるわけですけど、うーん、普通の非フリーク系のお客さんが一回でイヤというか面倒になって足が遠のかなければいいんですが…。


麺屋武蔵鷹虎:外観麺屋武蔵鷹虎:自販機
麺屋武蔵 鷹虎
【東京都新宿区高田馬場2-19-7】
11:00〜21:30/無休
醤油ら〜めん 2:2 ¥730-
大盛 ¥50-
チャーシュー 2枚 ¥200-
Livedoor Mapはこちら→このへん

[GPS情報URL]
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=0&unit=0&lat=%2B35.42.38.77&lon=%2B139.42.27.75&fm=0
麺屋武蔵 鷹虎



■参考サイト
・livedoorグルメ > このお店の情報
・食べログ > このお店の情報

  
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 22:58Comments(6)TrackBack(3)││

2007年02月10日

TOKYO NOODLE 六坊 [@東京・新宿区・高田馬場] 【511軒目(2)/892杯目】

六坊(2):ちゃーしゅーらーめん
さて、今回は2007年2月18日でビルの取り壊しのために閉店が決まっている高田馬場の「六坊」さんにやってきました。
フードプロデューサーの渡辺樹庵氏の直営店です。

お店は高田馬場駅から早稲田方向に歩いたところにあり、周辺に駐車場はあったかと思うんですが、ちょっとあやふや。
平日の16:00頃の到着で先客2名ほど。

店内はカウンターのみで12席くらい、一番奥に製麺所があります。
非常に洒落た空間で、ラーメン屋離れした感じ。
塗りンクリートでクールな印象ですが、本当は打ちっ放しにしたかっただろうなぁ…というのは前にも書いた(笑)

で、今回は懸案の(?)トイレにもいってみました。
洗面台がすげー凝ってますね、これ。

メニューはらーめんとつけめんとトッピング違い、時々、限定やお遊びといった感じ。
今回は普通のメニューってことでちゃーしゅーらーめんをチョイス。

布おしぼりが出てくるのも素敵な演出、チャーシュー切るときにビニール手袋をつけるのも素敵な演出…てのも前書いたか。
んでも「ニンニク入れますか?」と聞かれるのがまた面白い。別にあそこ系ってわけではないですけど。

六坊(2):麺六坊(2):チャーシュー
六坊(2):メンマ六坊(2):スープ

さて、ラーメン。
チャーシュー、タマネギ、穂先メンマにネギといったものがキレイに盛りつけられています。

んが、この冷たいチャーシュー味しないんだよなぁ。
スープを冷ますだけのものでしかない。
これ、普段はこんなことは無いと思うから、たまたまかもしれないですし、閉店が決まっているから士気が落ち…いやそんなことは無いですね。

スープは濃厚で魚介がしっかり効いたもの。
このテのラーメンの中ではやっぱり美味しい方に入ると思います。

太麺は適当にモッチリで満足感がありますね。
一見、量が無いように見えますが、スープも飲んで、食べ終わるとズンと来るような満足感があります。
あと一歩で重たい失敗したとなりそうですが、ギリギリセーフ。いや、ンマイです。

今となってはもっと凝った内装のお店もありましょうが、やっぱり雰囲気のあるいいお店でした。
でもやっぱりコンクリートは塗りコンクリートだと、質感とか重さの面でイマイチ。
キレイにボルト位置も釘の位置も決めて、滑らかな型枠でカチッと納めた打ちっ放しであって欲しかったかなぁ。
じゃなきゃ、普通の塗り壁とか。
でも、普通ラーメン屋でそこまで思わない、それを思う時点でやっぱりスゴい店だったのかもしれませんね。


六坊(2):外観六坊(2):玄関
六坊(2):洗面台六坊(2):トイレ
六坊(2):店内六坊(2):店内食券機
六坊(2):店内の壁
TOKYO NOODLE 六坊
【東京都新宿区西早稲田2-18-21】
11:00〜20:00/無休
ちゃーしゅーらーめん ¥1,000-
Livedoor Mapはこちら→このへん

[GPS情報URL]
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=1&unit=0&lat=%2b35.42.27.51&lon=%2b139.42.52.79&fm=0
TOKYO NOODLE 六坊



■参考サイト
・livedoorグルメ > このお店の情報
・食べログ > このお店の情報

  
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 12:21Comments(4)TrackBack(0)││

2007年01月24日

中華そば すずらん [@東京・渋谷区・渋谷] 【255軒目(2)/883杯目】

すずらん(2):味噌チャーシューつけ麺
さて、今回はすげー久しぶりに渋谷の「すずらん」にやってきました。
行こう行こうと思ってはいたんですが、都心でふとぽっかり時間が空いたのでバタバタとやってきました。

店内はカウンターのみ約15席で、平日の15:20の到着で先客4名ほど
渋谷駅の東口からちょっと歩いたところにあり、車の場合は…ちょっと見忘れましたが、きっとすぐコインパーキングなりがみつかるでしょう、場所的に。

メニューは味噌中華そばや、海南麺や和牛珈哩麺、鶏白湯などいろいろありますが、基本っぽい味噌つけそばをチョイス。
いろいろ限定麺もやっているみたいですが、この日は特に無かったのかな?
ふと思いついて来たので予習してませんでした。

麺は太麺とひもかわ麺が選べ、大盛無料。
平打、乱打麺も100円増しで選べますが、標準で。
そのかわり味噌チャーシューにして、あとはラー麺SNSのオフ会でktさんから頂いた玉子タダ券を活用させていただきます。m(_ _)m

さて、つけ麺。
味噌つけ麺ということで味噌の良い香りが。
結構、オーソドックスな味噌スープに近い組立で、若干ピリ辛な感じのツケダレです。
炒めたモヤシとニラが入っていて、こちらはシャキシャキ感があっていいですねー。

麺は堅めで歯応えがあり、なかなかつけ麺的にンマイ麺ですね。
ここの麺は確かに他の種類も食べてみたくなりますね。
気のせいか平打ちかひもかわ麺を頼む人がやっぱり多かったような…。

チャーシューは好みが分かれそう。
甘めの味付けで、堅めのものパキパキしたものです。
おそらく、伝統的チャーシューに近いんでしょうけども…。
個人的にはうーん、って感じでしょうか。

玉子はいい感じです。
惜しむらくは、ツケダレが早々に冷めてしまうことかなぁ。
各具材のせいもあるんですが。

ちゃきちゃきした感じのおばちゃんの接客も気持ち良いもので、写真撮影の許可を取りますと「あら、どうぞどうぞ。暖簾まで撮っていただいてありがとうねー」と。
入店前に外観写真を撮っていたのがバレてました。わははは。


すずらん(2):麺すずらん(2):ツケダレと麺
すずらん(2):チャーシューすずらん(2):メニュー
すずらん(2):外観
中華そば すずらん
【東京都渋谷区渋谷3-7-5】
11:30〜15:30,17:30〜23:00/日曜休
※スープ切れ終了あり
味噌チャーシューつけそば ¥1,050-
+玉子 (ktさん、店主さんありがとう)
Livedoor Mapはこちら→このへん

[GPS情報URL (携帯用)]
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=0&unit=1&lat=+35.65767&lon=+139.70485&fm=0
玄蔵


■これまでの訪問記録
すずらん [@東京・渋谷区・渋谷] 【255軒目/324杯目】


■参考サイト
・livedoorグルメ > このお店の情報
・食べログ > このお店の情報


  
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 21:46Comments(0)TrackBack(0)││

2006年12月14日

麺屋武蔵 武骨外伝 [@東京・渋谷区・渋谷] 【543軒目/847杯目】

武骨外伝:温玉肉餡かけつけそば
さて、今回は麺屋武蔵の6店舗目となる渋谷にオープンしたぱかりの「麺屋武蔵 武骨外伝」に来てみました。
つーか、どのへんが武骨の外伝なんでしょうか?このあたり聞いてみたかった。

これで6店舗目なんですが、今までのお店5店を上げていくと、新宿、青山、上野(御徒町)、池袋、吉祥寺と正しく東京を制していっている感じがしますし、そう考えると、渋谷に出来るのが遅過ぎたとすら思えます(笑)
お店は京王井の頭線の西口から歩いてすぐのところにあります。
車は…ちょっとわからないですが、コインパーキングが近隣にあるでしょう。
店内はカウンターのみで17席くらいかな?
土曜日の13:00頃の到着でほぼ満席。

元々の建物の持つ雰囲気を活かしたレトロな外観に、レトロな雰囲気の内装。
これまでの武蔵の中では一番好ましい感じ。
噂のレトロな配電盤もかっちょいいですねー。
自販機横の棚もなかなかいい感じのものです。

メニューは温玉肉餡かけつけそば、つけそば、辛つけそば、かけそばといった具合。
並は200gで茹で上がり340g、中は300gで510g、大は500gの850gという風に茹で上がりの量が併記してあるのが珍しいですねー。
これらは同じ値段です。
とりあえず、一番の看板メニューと思しき、温玉肉餡かけつけそばを中で注文。

店員がすげー声出しするので店内、賑やかですねー。

さて、つけそば。
おおー、その名の通り、甘酢餡かけの肉がゴロっと載っかって、さらに温泉玉子が載っています。
これ、ツケダレつけなくても食べられそう…と思ったら、うん、食べられる。
温泉玉子はどのタイミングで、どうすればいいんだろう?

あー、こういうの苦手なんですよ、食べ方にいろいろパターンがあって、食べる側に委ねられるタイプのは…。
好みを別にすれば、楽しいってハナシですけどもね。
いや、この食べ方が最高に美味いんです、これが自信作です、これで食べてみてください!!!って提示して欲しい派なので、例えば食べ方マニュアルみたいなのをつけて、ここまでは和えそばとして食べて、ここからはつけそばでどうぞ…とか書いてあればいいんだけどさー、後からこう食べた方が美味しいよ!!とか言われると腹立つんですよね(笑)←大人気無い。

で、たぶん、餡と玉子を絡めた麺をツケダレをつけて食べるのが最も正しい形だと思うんですが、うーん、やっぱり甘酢餡が強いかもなぁ。
酸っぱいつけ麺に対する新しいアプローチだなぁ、というのは感じる。
肝心の肉は当たり外れが大きそうな気もします。
だいたい美味しく頂けました。この肉は増したいなぁ(笑)

麺側に載っているもう一つの具、水菜なんかよりは温野菜系の方がいいかもしれないけど、どんどん酢豚化しちゃうよなぁ、と思いながら頂きます。
となにかと考えながら食べちゃってダメかもね。難しいメニューですよ、これ。
うーん、好みがスゴい分かれそうだけど、基本的には美味しくスルスル頂けます。

で、スープ割。
といってもスープというよりは白濁した餡というかなんというか重湯みたいな小麦粉水溶液。
これをレンゲですくいながら、ツケダレを割っていくのが正しいのかなぁ?
その微妙な調整は必要なんだろうか…うーん。

ただ、こんな手の込んだ、一種問題作とも言えるメニューをメインに据えていると見せといて、サラッと「かけそば」なんて気になるメニューもラインナップしているあたり、やっぱりすげぇなぁ、と思っちゃいますね。
スゴいといえば、ブロガーや業界有名人向けの事前試食会をやったり、とらさん掲示板読者向け試食会をやったりする姿勢もスゴいなぁ、と思っちゃいます。(一部追記しました)

ブロガーよりな私としましては、ブロガーをうまく使って、かといってこび過ぎずに取り込んでいくのは、どんどん他の店もやってみて欲しいと思いますねー。
そう「Start Mac」キャンペーンのように。


麺屋武蔵 武骨外伝
【東京都渋谷区道玄坂2-8-5】
11:30〜21:30/無休 ※売り切れ終了
温玉肉餡かけつけそば ¥1000-


【GPS情報】
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=0&unit=0&lat=%2B35.39.30.47&lon=%2B139.41.53.66&fm=0  
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 14:14Comments(6)TrackBack(4)││

2006年12月10日

旬麺 しろ八 [@東京・新宿区・新宿御苑前] 【539軒目/843杯目】

701a3056.jpg
さて、今回は新宿は富久町にある「旬麺しろ八」さんにやってきました。
玄の流れを汲む店としても有名ですかね。

お店の最寄り駅は新宿御苑前。近くの靖国通りにはパーキングメーターが設置されています。
店内はカウンター8席ほどのこぢんまりとしたお店で、先客1名。
メニューは醤油らーめんにこってり醤油らーめん、塩らーめん、味噌バターの各ラーメンにつけ麺、こってりつけ麺など。
特製にあたるのが「しろ八麺」でほとんどのメニューに設定されています。

食券制となっており、ちょっと迷って、普通の醤油らーめんの特製にあたる「しろ八麺」をチョイス。

店内の貼り紙にいろいろ遊び心があって楽しいです。
遊び心といえば、食券機の右下に「はずれ ¥1980」という売りきれランプのついたボタンがあり、ご主人に聞いたところ、ユカイな答えが。
これ、毎回違う可能性もありますが、ぜひ、訪問時には聞いてみてください(笑)

さて、ラーメン。
トッピング有機野菜は月替わりらしく、訪問時は「ほうれん草」

スープは旨味がかなり複雑なもので、鶏、魚介系の風味が良く、さらに柚子の風味まで。
旨味過多に陥る事はないものの、ほんの僅かな苦味があるかのように感じます。
でも、これがじんわりとンマイんですよね〜。

麺は太めの平打ち麺で歯触り良く、スープとの相性も良いのでスルスル食べられます。

ほうれん草のトッピングはありがちな湯がいたものではなく、サラダ感覚の生。
でも、これが意外にラーメンにも合うんですね。
あとは、シャキシャキとした食感が楽しいモヤシもいい感じです。

また、トッピングのチャーシューも柔らかでなかなかですね。
こちらはすげーンマイ!!ってわけではないですけど、しっかりと丁寧に作られている印象です。

最後におろしワサビを入れて違う味で楽しむことも出来る工夫もあり、こちらも楽しそう。
総合的にはなるほど評判の店になるなぁ、という感じで、お店の遊び心も楽しく、近くにあったら通い詰めたい…。
そんな感じのお店でした。


旬麺 しろ八
【東京都新宿区富久町18-5】
11:30〜14:00,17:00〜21:00、土曜・祝日11:30〜15:00/日曜休
しろ八麺 ¥850-


[GPS情報URL]
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=0&unit=0&lat=%2b35.41.30.60&lon=%2b139.42.45.77&fm=0
  
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 20:41Comments(3)TrackBack(1)││

2006年12月01日

渡なべ [@東京・新宿区・高田馬場] 【534軒目/835杯目】

462716d0.jpg
さて、今回は高田馬場駅から歩いてちょっと行ったところにあるラーメンコンサルタント・渡辺樹庵氏のホーム(で良いんですよね?)「渡なべ」に来てみました。
表通りからちょっと入ったところにあり、外観的には洒落た飲み屋さんかと思うようなお店です。

「意外と基本的な有名店で食べてないな、自分」解消計画の第2弾といったところでしょうか。
ここみて、「お、くろくとかに雰囲気近いなー」とか思っちゃうようではダメなんです。
(補足・くろくはお弟子さんの店)

店内はカウンター8席で、入口のところで食券を買うスタイル。
水曜日の16:20頃の到着で先客2名。
メニューはらーめんと、つけめん、トッピング違いに大盛といったところ。
あとは、ちゃーしゅーごはんなどもあります。
とりあえず、ちゃーしゅーめんをチョイス。

さて、ラーメン。
魚介系の香りが強くでた、濃厚なドロッとした感じの豚骨スープにストレート麺。
巨大メンマが3枚にチャーシューという渡なべスタイルってことでいいのかな。
見た目もなかなかに美しいラーメンですね。

麺はもうちょっとパリッとしていた方が好みですが、基本的には美味しいです。
って意味不明な書き方ですね。
なんというか、写真に例えるとぼかしがかかっているような麺なんですよね。
なんだろう?表面がとろけやすいのかな。

チャーシューの脂身にはまいったなぁ。
1枚だけだったら、ジューシーなチャーシューは口の中でとろけるよう…みたいな書き方がかろうじて出来ないこともないんですが、まんまとチャーシュー麺にしてしまったので、脂が具合悪い感じ。
もうちょっと赤身部分、多目でお願いしたいです。

とはいえ、さすがと思わせるのはやっぱりさすがですね。って日本語が変だな、また。
とにかく、さすがなんですよ。
メンマがちょっとしつこいなー、とか前述のチャーシューの脂が…とかそのくらいしか気にならないのもまた事実で。
臭みやエグ味なく、ここまで濃厚なスープってのもきっとスゴいんだと思う。
濃厚魚介香る豚骨ラーメンのひとつの到達点といっていいんでしょうね、きっと。

ちょっと気になったのは、店員さんが風邪気味だったのか、やたらと鼻をこすること(笑)。
もちろん、食材を触る前は手を洗うでしょうから問題ないんですけどもね。
モスコールみたいなアルコールスプレーおいておくと、いいかもしれない。
つーか、樹庵氏も風邪みたいなので、皆さん、お大事に(笑)


渡なべ
【東京都新宿区高田馬場2-1-4】
11:00〜20:00/無休
ちゃーしゅーめん ¥1,100-


[GPS情報URL]
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=0&unit=0&lat=%2b35.42.42.83&lon=%2b139.42.34.63&fm=0
  
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 16:25Comments(2)TrackBack(0)││

2006年11月30日

さっぽろ 純連 東京店 [@東京・新宿区・高田馬場] 【533軒目/834杯目】

d8973fc7.jpg
さて、今回は高田馬場にあります「純連(じゅんれん) 東京支店」にやってきました。
札幌の有名店ですね、「純連(すみれ)」のご兄弟がやっているお店になります。

最近、ラーメンフリークの方に会う機会に何回か恵まれていまして、そこで痛感するのは「意外と基本的な有名店で食べてないな、自分」ということ。
というわけで、「意外と基本的な有名店で食べてないな、自分」克服計画ということで、やってきたわけです。

お店は高田馬場から西側に歩いてちょっと。二郎の先といえば、わかりやすいのかなぁ(笑)
店内はカウンターのみで17席。
水曜日の15:30頃の到着で先客10名。
食券制になっていて、店員さんが水を置いたところに座るシステム。
これくらいなら自由に座らせて欲しいなー、と思ったのけど、気持ちもわからんでもない。
でも、お客さん少ない時間帯はせめてどちらかが開けていると嬉しいなぁ。

メニューは味噌、醤油、塩に各チャーシュー麺にそれぞれの大盛。
あとお土産とかもありますね。
ま、味噌なんだろうな、ということで味噌チャーシューの大を。

さて、ラーメン。
黄色の縮れ麺は味噌ラーメンっぽいですね。
ただ、麺は堅めで、てっきりモチモチかと思ったら、プツンプツンとした食感です。

モヤシ、タマネギなどの具をショウガなどとともに炒めて載せている王道の味噌ラーメンで、すげー熱々。
また表面に油の層が出来ているのも熱々効果を高めていますね。

スープはちょっとしょっぱいかなぁ、という印象もあります。
また、後味がちょっとしつこいような気もして、結構口の中にくどく旨味が残るような感じも。
まぁ、これは好みですね。食べたーっていう満足感は高いです。

チャーシューはンマイんですけどコストパフォーマンス的にはあまり良くないかな、とも。

総合的にはなかなかにンマイ味噌ラーメンだなー、と。
なるほど、有名店だけのことはありますが、感動!!!ってほどではないんですよね。
これは、もう自分がすっかりすれてしまっているからなんですが、そんなわけで、再訪するとしたら、かなり先でしょうねぇ、とも。


さっぽろ 純連 東京店
詳しくはのちほど
味噌チャーシュー 大 ¥1,000-


[GPS情報URL]
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=0&unit=0&lat=%2b35.42.46.71&lon=%2b139.42.01.99&fm=0
  
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 17:54Comments(0)TrackBack(1)││

2006年11月10日

ひるがお 新宿御苑店 [@東京・新宿区・新宿御苑前] 【525軒目/813杯目】

9b739efa.jpg
むろやさんの塩つけを食べた際に「美味しい塩つけ麺ってなかなか無いんだよね〜」と書きましたら、にじばぶさんが「それならひるがおに行ってみ〜」みたいな事をおっしゃってくれましたので、「ひるがお 新宿御苑前店」に来てみました。
せたがやのセカンドブランドっつーか、二毛作の片方であるところの「ひるがお」の支店です。こちらは名前は変わらないです。

店内はカウンターのみで12席くらいかな?
最寄り駅は新宿御苑駅で、駐車場はちょっと調べてないですが、都心なのでちょっと行けばコインパーキングくらいあるでしょう(笑)
木曜日の19:20頃の到着で先客は2名で、注文は食券制。

メニューは塩らーめんに醤油らーめんと、塩つけ麺にデザート、トッピングなどなど。
ちょっと迷って「極太チャーシュー塩つけ麺 大」をチョイス。
「極太チャーシュー」ってどんなのだろ〜と一瞬思ってしまいましたが、「極太塩つけ麺」などというメニューもあることから鑑みて(笑)、太いのはチャーシューではなく麺とわかります。当たり前です。
つーか、「チャーシュー塩極太つけ麺」とか「チャーシュー極太塩つけ麺」が正しいような気がしなくもないような。

ひるがお:麺ひるがお:具ひるがお:ツケダレひるがお:蘊蓄

さて、つけ麺。
見ると、炙りチャーシューは都度炙りですが、かなり早めに炙っているなぁ…と思ったら、角切りにして投入するんですね。

麺は極太ということで平打ちのモッチリとした麺。かなり幅広の麺ですね〜。
こちらの麺はどこまでもモチッとした歯触りで、最後の最後までそのままの感触で噛みきれるような麺。
なかなかンマイんですが、どうにもタレの持ち上げが悪い。

ツケダレ薄いんじゃないの?と思って、必死にしゃぶしゃぶして食べると、意外にしょっぱいわけ。
しまった、これは、普通の麺の方が良かったかも知れません。

んで、そのツケダレですが、貝柱などとともにゴロゴロと入ったチャーシューは堅めだけどパサパサではなく、イイ感じの食感でなかなかいいですね。
でもここまで細かくするなら都度炙らなくても…とかいっちゃダメですね、香りも味のうちでしょう。
なにげに沈殿しているあおさ海苔もいいですねー。

ただ、個人的にはちょっと、ひと味多いかな、という印象も。
「しょっぱい」「旨い」をある程度追求してくれればいいんだけど、なにかもうひと味あるんだよなぁ。
辛いでも酸っぱいでもない…なんらかの旨味素材からくる雑味みたいなもんかもしれないですけど。
ただこれだけの素材をまとめ上げてこれだけのものをつくり出すのはさすがと言っていえましょう。

でも、なるほどンマイですね。
久しぶりに美味しい塩つけ麺を頂くことが出来て満足でございますよ。

こうなってくると限定なども気になるわけで、新宿御苑駅で降りたら、むろやもあるので、限定つけ麺!!みたいな感じになってしまいますね〜(笑)


ひるがお:外観ひるがお:メニュー
ひるがお 新宿御苑店
【東京都新宿区新宿1-32-4】
11:00〜20:00/日曜休 ※スープ切れ終了
極太チャーシュー塩つけ麺 大 ¥1050-
Livedoor Mapはこちら→このへん

[GPS情報URL]
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=0&unit=0&lat=%2b35.41.25.87&lon=%2b139.42.42.18&fm=0

ひるがお 新宿御苑店


■これまでの訪問記録



■参考サイト
・livedoorグルメ > このお店の情報
・食べログ > このお店の情報



  
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 18:44Comments(4)TrackBack(4)││

2006年10月15日

TOKYO NOODLE 六坊 [@東京・新宿区・高田馬場] 【511軒目/792杯目】

e1528bb9.JPG
さて、今回は意外に来たことが無かった「六坊」に来てみました。
渡辺樹庵氏の直営プロデュース店って紹介でいいのかな?

店内はカウンター14席、先客7名ほど。
ラーメンマニア風の人もちらほら。
着席すると布お絞りが出てくるのがいいですね。

メニューはらーめんとつけめん。
あとはトッピング違いと、ちゃーしゅーご飯にビール。
あとは週末恒例の限定ラーメン。
今回は煮干ラーメンということでそちらをチャーシュートッピングでチョイス。

チャーシューがロースと頬肉から選べるということで、頬肉を。
脂の多め少なめも選択させられたのでこちらは普通で。

コンクリートを生かした店内はなかなか雰囲気ありますね。
でも狙いとしてはコンクリートは打ちっ放しにしたかったんだろうなぁ。
あと、奥に製麺室がありますね。
いろんな焼酎やハートランドの生ビールサーバーなどこの辺の演出は流石ってとこでしょう。

丼を麺茹で機の上で暖めたり、見えやすい位置でチャーシューを都度切ったり、青ネギの盛り方なんかも細かいプロデュースの一環ですかね。
すごいなぁ(笑)。

六坊:麺六坊:スープアップ
六坊:頬肉チャーシュー六坊:チャーシュー
六坊:スープ六坊:メニュー

さて、ラーメン。
なるほど煮干し臭いです。
ただエグい感じはあまりなく、強いは強いですが、あくまで上品かな。

ただ、変な話、海苔の風味が強いですね。
高いが故か安いか故かはわからないですが、こと今回の限定麺には強いかなぁ。
あと、ちょっと懐かしい感じのメンマがンマかったですね〜。

チャーシューは別皿で追加分が、それとは別に普通のも。
どちらもンマいけど、頬肉の方は風味付けが強いからこちらがラーメンに入ってないのが正解かも。

極太の縮れ麺はなかなかにンマいですね〜。
この麺だけでも食べに来る価値がありそう。

煮干しは強力だけど、個人的にはもっと強くてもいいかな、と思います。
ただ日々食べてもいいくらいのまとまりな気もしますので、そういう意味では完成度が高いですけど、お遊びとしてはつまらないかもね〜。
…とか思っていたら、今は「お遊び」って言わないんですね。


六坊:外観六坊:entrance
TOKYO NOODLE 六坊
【東京都新宿区西早稲田2-18-21】
11:00〜20:00/無休
限定 チャーシュー ¥1,000-
Livedoor Mapはこちら→このへん

[GPS情報URL]
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=1&unit=0&lat=%2b35.42.27.51&lon=%2b139.42.52.79&fm=0
TOKYO NOODLE 六坊

  
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 09:40Comments(4)TrackBack(1)││

2006年10月14日

むろや [@東京・新宿区・新宿御苑前] 【417軒目(3)/781杯目】

637041a6.JPG
さて、今回は限定の塩ラーメンと塩つけめんが始まった「むろや」に来てみました。

最寄り駅は新宿御苑で、車の場合は店の前にコインパーキングがあります。
店内はカウンターのみで14〜5席ほどで、金曜日の17:15頃の到着で、先客1名。

限定じゃない塩つけめんも券売機にあったので注文時にオドオドしちゃった。
限定塩つけめんの場合はつけめんの大盛の食券を購入し、限定塩ラーメンの場合はラーメンの大盛の食券を購入して注文時に言う形になります。
んで、並と中盛を聞かれます。

さて、限定塩つけめん。
見た目に鮮やかで透明感のあるツケダレ。
それに縮れのある太麺をつけていただきます。

角切りのチャーシューとメンマがンマイですね〜。
ただ茎モノがちょっと多すぎ(笑)

昆布や魚介系の強烈な旨味はもちろん、柚の風味も利いていていいんですが、ちょっとした苦味と僅かな辛さがあります。

文句なしにンマいツケダレですが、正直なところ期待し過ぎた分、つけめんとしては物足りなかったかもなぁ。
意外にもっと細い麺の方がンマいかもしれませんね。

しかし、なかなかンマい塩つけめんってないんですよね〜。
こちらのお店は限定メニューにしろ、レギュラーにしろ大外しがないからもっと流行っても良さそうなのにね〜。


むろや(3):麺むろや(3):具
むろや(3):ツケダレむろや(3):外観
むろや
【東京都新宿区四谷4-25-10】
11:15〜15:00,17:00〜21:00 (スープ切れ終了) /無休
カレーつけめん 中盛 ¥800-
Livedoor Mapはこちら→このへん

[GPS情報URL]
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=0&unit=0&lat=%2b35.41.20.70&lon=%2b139.42.55.61&fm=0
むろや


■これまでの訪問記録
むろや [@東京・新宿区・四谷4丁目] 【417軒目(2)/698杯目】
むろや [@東京・新宿区・四谷4丁目] 【417軒目/603杯目】

  
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 15:48Comments(2)TrackBack(4)││

2006年09月26日

らーめん 喜三 [@東京・渋谷区・幡ヶ谷] 【500軒目/764杯目】

2b590d0d.jpg
さて、今回は幡ヶ谷駅のすぐ上にある「らーめん喜三」に来てみました。
都内に夜遅く帰ってきて、もう英喜屋もやってなかろうし、どこ行こう〜と迷ってこちらへ。
こちらも二郎インスパイア。VISP系でいいのかな。

良く考えたら500軒目ですね。
このブログは元々100軒というのがテーマだっただけに軒数が重要で、200軒目は初の海外、300軒目は地元でルーツに近いものを…となんとなくこだわった店選びをしていたものの実は1XX軒目のところでカウントミスがあったのに後で気付いてすべてダイナシになっております(笑)
なわけで、もうどうでもいいんです。500軒目かもしれないですし、ひょっとしたら513軒目かもしれないし。

店内はカウンターのみで8席。
日曜日の22:45頃の到着で先客は無し。

注文時に麺と野菜とニンニクの大盛を聞かれます。
メニューはらーめん、味噌らーめん、紅らーめんにつけ麺、つけ味噌麺、つけ紅麺にトッピング違い。
トッピングは肉、ワンタンの他、桜海老にかつお節も。

とりあえず、肉らーめんに桜海老を野菜とニンニク増しで。
食券を渡すときにトッピングを聞かれました。

後から入ってきたカップルがあまり事情を知らない様子で、私の野菜マシを見て「どうする?今なら野菜マシ取り消せるよ」などと話し合っていたのが面白かった。

さて、ラーメン。
麺は柔らかめですが、それなりの太さがあり、スープとの絡みも良く、これなかなかンマイかも。
ついでに言うと野菜も柔らかめ。

野菜を増したせいかスープもやや薄めな感じがします。
桜エビは適度な量で、見た目にも鮮やか。
これはいいトッピング。値段が適切かどうかはわからないけども。

チャーシューは脂が多いもので、冷え冷えですが、スープに浸して食べると柔らかで味もしっかり付いていて、なかなかにンマイですね。
夜遅めまでやってるし、全然混んでないので、オススメですけど、どうせ食べるなら…という気も若干しないこともないです。
つけ味噌とか本家には無いメニューを試してみようかな、次があれば。


らーめん喜三
【東京都渋谷区幡ヶ谷2-13-4 】
11:30〜15:00,18:00〜24:00/月曜休
肉らーめん ¥850-
桜海老 ¥100-


[GPS情報URL]
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=1&unit=0&lat=%2b35.40.27.26&lon=%2b139.40.47.92&fm=0
  
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 14:40Comments(2)TrackBack(1)││

2006年09月25日

二代目 海老そば けいすけ [@東京・新宿区・高田馬場] 【499軒目/763杯目】

56a6bfe0.jpg
さて今回は「二代目 海老そば けいすけ」さんに来てみました。
高田馬場駅からは徒歩数分と近く、車の場合は店の前の早稲田通りにパーキングメーターがあります。

店内はカウンターのみで14席くらいかな?
土曜日の22:40頃の到着で先客4名といったところ。
メニューは海老そばに海老つけそば、あとはトッピング類。

いろいろブログ等々で噂を聞いていましたが、確かに変わった丼を使っているなぁ。
レンゲもデカいし。
しかし、なんというかラーメンと向き合うにはこの丼が最適!!みたいな蘊蓄が無いのが救いですね(笑)
とりあえず、特海老つけそばを大盛で注文。

また店内も白と黒でまとめられていて、いい感じ。
ロゴも良く出来ていますねー、とキョロキョロ。

さて、海老つけそば。
まず、具が別皿で到着。うーん、このパターンはなぁ、ツケダレを冷ますだけでいいことないんだよなぁ。
続けて、ツケダレ。しばらく待って麺登場。
熱々ツケダレで麺を食べてねっという気持ちが無いことがよくわかった(笑)

麺の容器もラーメン系よりは普通だけど、やっぱり斜めになった変わっているもの。
ツケダレの容器も変。マグカップみたいなもの。これはどうなんだ?

ツケダレは表面に油があり、ツケダレ内にも鶏肉チャーシューや山クラゲやらが一応沈殿しています。
海老はさほど強くなく、すげー海老好きだってなら、他の店に言った方が幸せになりますが、逆にさほど海老が好きでない人には敬遠せずに行ってみては?と言える。
容器的にはやっぱり食べにくいと言わざるを得ない。

それにつけても別盛りの具はどれもイマイチ。
山クラゲもどう考えても味付けがツケダレとあってないし、量も多い。
水菜も茎が多く、これまたツケダレに合うとは思えないし、無駄に量も多い。
これら冷す・薄める系のものが多いのがイマイチなんだよなぁ。
鶏肉チャーシューもそこそこ美味しいけど、軽くでも熱が入っていれば…と思うし。

平打ちの麺は歯ごたえが良くなかなか美味しいんだけど、量は少なめ。
これ、本当に大盛だったんだろうか?
麺の量が少ないから具の量とのバランスが悪いんだよね。
あと、マグカップの形状的にも具をツケダレ側に追加投入しようと思わないし。

なかなかおしゃれな空間で小洒落た盛りつけのつけ麺だったけど、うーんって感じかなぁ。
特じゃない普通のだったら金額的にもいいのかもねぇ。
ノーマルの海老つけそばが680円かと思うとねぇ。

素直に海老そば食べて店に対していい印象を持ってから、このつけそば食べたなら、許せたかもしれないけど。
今年の話題の店ってことで過度に期待していっちゃダメだなぁ、と痛感でした。
総合的にはなかなかにンマイので、三代目にも期待しましょう。


二代目 海老そば けいすけ
【東京都新宿区高田馬場2-14-3】
11:00〜23:30 (L.O.23:00)
特 海老つけそば ¥1,100-


[GPS情報URL]
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=1&unit=0&lat=%2b35.42.33.41&lon=%2b139.42.36.34&fm=0
  
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 19:47Comments(0)TrackBack(0)││

2006年09月22日

麺酒房 香名屋 [@東京・新宿区・新宿] 【497軒目/760杯目】

0f737f5f.jpg
さて、今回は新宿は歌舞伎町にあるそば屋さんがやっているラーメン屋さん「麺酒房 香名屋」さんにやってきました。
参宮橋の蕎麦屋「香名屋総本家」が経営しています。

西武新宿駅の横の道を大久保方面に歩いて、大きなパチンコ屋さん「エスパス」の角を入ると左手に入口があり、階段を降りて地下へと入っていきます。
店内はカウンター席と3卓のテーブル席で合わせて20席ほど。
女性のバーテンダー風の店員さんがカウンターにいて、お酒の瓶が並び、なるほど麺酒房といった雰囲気。
これはラーメンだけは頼みにくいなぁ(笑)

でも気にせず、まずは黒豚にら〜めんを。

蕎麦のかえしを使っているというスープは確かに蕎麦っぽく、個人的にはなかなか好み。
やや、胡椒が強めに入っているのと、若干の油がラーメンらしさをだしています。
鰹の風味も強い他、やや酸味を感じる仕上げも蕎麦っぽいです。

豚もラーメン屋っぽくない豚。
薄いというには抵抗はあるものの、決して厚くない豚肉は肉そば系の豚って感じ。
このへんも蕎麦屋さんっぽいかな。
鴨南蛮の鴨肉にも通じるような…うまく説明出来ませんが食べてみるとわかるでしょう(笑)

細めの麺はコシがあり、スルスルっと食べると、スープとの絡みも良く、どんどん食べれてしまいそう。

シャキシャキのモヤシは口中が単調になるのを防いでくれ、また味付玉子もよく出来ています。
場所を考えると安いよなぁ。大丈夫?

ふと気になった酒瓶に書かれた「コーヒー焼酎」の文字。
聞くと、焼酎にコーヒー豆を浸けたものらしい。
そりゃ、珍しいと注文、ほぼラーメンを食べ終わっていたので、つまみに黒豚にんにくしょうゆ焼きを注文。
順番逆だよなぁ(笑)

にんにくしょうゆ焼きは大きめのスライスにんにくと豚肉にモヤシに生キャベツ。
コーヒー焼酎はなるほどコーヒーの風味が良く出ていて、かといって甘くは無く、コーヒー割とも違う面白い感覚の飲み物になっている。
これ、ちょっと量飲んじゃいますね、きっと。
家庭でも簡単に作れますよ、とのことだったので、興味のある方はぜひ。


麺酒房 香名屋
【東京都新宿区歌舞伎町1-26-2】
17:00〜〜翌8:00 土日祝日12:00〜24:00?
※要確認でお願いします。
黒豚ら〜めん ¥700-
黒豚にんにくしょうゆ焼 ¥800-
珈琲焼酎 ¥600-


[GPS情報URL]
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=1&unit=0&lat=%2b35.41.29.75&lon=%2b139.42.13.66&fm=0
  
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 20:50Comments(0)TrackBack(0)││

2006年09月18日

英喜屋 [@東京・渋谷区・渋谷] 【494軒目/756杯目】

66c990ba.jpg
さて、今回は日曜日のみ凪の店舗で営業となる「英喜屋」に来てみました。
Hideki氏が立川のラーメンスクエアの凪に移るため次回の営業で最後となります。

先客は2組。
カウンター5席にテーブル3卓。
あとはテラス席って事になるのかな?
先客、後客ともにラーメンの写真を撮っていたのがおかしかったな(笑)。

メニューは塩らーめんに醤油らーめんに柚子塩らーめんに柚子醤油らーめん、特製油そば、特製塩らーめんに鶏白湯麺、塩油そば、白油そばにトッピングやご飯ものなど。

ちょっと迷って、特製塩らーめんに鶏マヨごはんをチョイス。

基本的には凪の店舗なので、凪として営業しているときに細かいところに触れます。
竹箸を使っているのも共通。

さて、ラーメン。
まずは、見た目に美しいです。
赤茶色のパウダーはなんだろう?
貝などの乾物系とスパイスが混ざったものでしょうか?

極細の麺は茹で加減良くスルスルと頂けます。

で、なにより鶏肉チャーシューのンマイこと!

スープもなかなかにンマイんですが、ちょっと塩気が弱く魚介系の旨味の方が強いなぁというのが個人的な印象です。
このへんは好みってことで。
ただし、ラーメンとしてみると麺との絡みも良くバランスはいいです。

美味しいのは美味しいんだけど、一も二もなく美味しいッ!!って感じではなく、良い悪いではなく、これがこうでこうでこうだから美味しいのだ、みたいな理詰めの美味しさの感じがしました。

なるほど、こりゃ他のメニューも食べてみたくなりますが、フックになるものがもう少し欲しいと思っちゃうのはぜいたくでしょうかねぇ。

あ、鶏マヨごはんは、タレがもうちょい多いと嬉しい感じ。

英喜屋 (凪)
【東京都渋谷区東1-3-1】
日曜日のみの営業12:00〜21:00?
特製塩らーめん ¥800
鶏マヨごはん ¥350


[GPS情報URL]
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=1&unit=0&lat=%2b35.39.15.89&lon=%2b139.42.41.21&fm=0
  
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 22:51Comments(4)TrackBack(0)││

2006年09月16日

青山 牡励湯 [@東京・渋谷区・青山] 【446軒目(2)/754杯目】

557a27d8.jpg
さて、ラー麺SNSのオフ会が終わりまして、二次会へ…ということで「凪」に向かいましたが、満席。
ということで、さらに流れて「牡励湯」にやってきました。

店内はカウンター10席にテーブル席1卓、小上がり1席。
コンクリートやミラーを巧い具合に使った内装はいい雰囲気です。

ほぼラー麺SNS参加者での貸し切り状態。そして最終的には凪にいらしていた方々も合流して貸し切り状態に。
皆さん、アップルパイを注文されていましたが、とりあえず「コゴリソバ」と「麦ヒメごはん」に「ビール」で。

オフ会の方で飲んで、食べてからの訪問だったので、あまり味の方は書くべきではないかもしれないですね。
基本的には、前回訪問時に食べたものからチャーシューが無くなったものであり、判ってはいたものの、華がないですやね(笑)
特に煮こごりもスープに溶けて消えていきますから。

細目の麺は茹で具合も悪くなく、薄めのスープは美味しくガブガブいけちゃいます。
個人的な好みとしては若干の物足りなさがありましたけど、バランス的には悪くないです。

飲んだあとのラーメンとしてはいい感じ…というか、飲みながらでもいいんですもんね。
良いお店です。


青山 牡励湯 麺カフェ
【東京都渋谷区渋谷2-10-16】
11:30〜16:00 18:00〜27:00 日祝11:30〜16:00、18:00〜23:00/無休
コゴリソバ ¥600-
麦ヒメごはん ¥300-
ビール ¥600-


[GPS情報URL]
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=1&unit=0&lat=%2b35.39.25.31&lon=%2b139.42.35.62&fm=0
  
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 18:00Comments(0)TrackBack(0)││

2006年08月03日

ラーメン二郎 歌舞伎町店 [@東京・新宿区・新宿] 【099軒目(19)/717杯目】

62f0e30c.jpg
お目当ての店に振られてしまったので、急遽久しぶりの二郎ということで歌舞伎町店へ。
歌舞伎町店は初めてですね。
いい加減に新しい野猿に行かないと…

コマ劇場のちょっと先にあり、電車のアクセスはまぁまぁ。
周辺に駐車場はテキトーに見つかるでしょう。

店内はカウンターのみで12〜3席かな?
木曜日の15:20頃の到着で8割ほどの入り。
壁にびっしり貼られた名刺がいい感じ。

そして、ここにもピースボードの世界一周船旅のポスターがありますねー。
なんつーか、このポスター担当者はよっぽどのラーメン好きと見える。

ここは豚じゃなくてチャーシューなんですねー。
ということでチャーシューで。
所謂、小豚ですね。

二郎(19):麺二郎(19):豚
さて、ラーメン。
噂で聞いていた野菜は9割モヤシってのは大げさだなぁ、と。

そして、自分的には太麺インフレのためか、あまり太く感じない麺。
それでもモッチリとしていてそれなりににンマイですねー。

で、スープですが、うん、ジャンキーだけど、これンマイですね。
久しぶりだから染みますねー(笑)
チャーシューというか豚もそれなりに柔らかくて文句ないです。
あ、ちょっと軟骨が入ってましたけど。

まー、なんせ、営業時間が長いし、さほど混んでなくて、便利な新宿にある。
イマイチなんて噂を聞いてましたが、なかなかどうして、充分じゃないですかね。
味/待ち時間のパフォーマンスも悪くないもの。
うーん、また行くかもしれないですねー。

初心者にはハードルが低いお店ですけど、二郎好きになるかというと微妙なので、初めて二郎なら別の二郎がいいかもしれません(笑)


二郎(19):外観二郎(19):貼り紙
二郎(19):自販機
ラーメン二郎 歌舞伎町店
【東京都新宿区歌舞伎町1-19-3】
11:30〜27:00、日祝日11:30〜22:00/月曜休
チャーシュー ¥700-
Livedoor Mapはこちら→このへん

[GPS情報URL]
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=1&unit=0&lat=%2b35.41.33.28&lon=%2b139.42.18.63&fm=0
ラーメン二郎 歌舞伎町店


■これまでの訪問記録
ラーメン二郎 府中店 [@東京・府中] 【099軒目(18)/672杯目】
ラーメン二郎 八王子野猿街道店 [@東京・八王子] 【099軒目(17)/662杯目】
ラーメン二郎 府中店 [@東京・府中] 【099軒目(16)/655杯目】
ラーメン二郎 八王子野猿街道店 [@東京・八王子] 【099軒目(15)/618杯目】
ラーメン二郎 八王子野猿街道店 [@東京・八王子] 【099軒目(14)/587杯目】
ラーメン二郎 八王子野猿街道店 [@東京・八王子] 【099軒目(13)/551杯目】
【099軒目(12)】ラーメン二郎 めじろ台法政大学前店 [@東京・八王子] 508杯目
【099軒目(11)】ラーメン二郎 仙川店 [@東京・仙川] 466杯目
【099軒目(10)】ラーメン二郎 横浜関内店[@神奈川・関内] 396杯目
【099軒目(9)】ラーメン二郎 府中店 [@東京・府中] 382杯目
【099軒目(8)】ラーメン二郎 八王子野猿街道店 [@東京・八王子] 304杯目
【099軒目(7)】ラーメン二郎 八王子野猿街道店 [@東京・八王子] 242杯目
【099軒目(6)】ラーメン二郎 仙川店 [@東京・仙川] 232杯目
【099軒目(5)】ラーメン二郎 野猿街道店 [@東京・八王子] 225杯目
【099軒目(4)】ラーメン二郎 八王子野猿街道店 [@東京・八王子] 183杯目
【099軒目(3)】ラーメン二郎 八王子野猿街道店 [@東京・八王子] 146杯目
ラーメン二郎 めじろ台法政大学前店 [@東京・八王子] 【099軒目(2)/124杯目】
【099軒目】ラーメン二郎 三田本店 [@東京・三田]
幻の9X軒目 ラーメン二郎仙川店、合掌。


  
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 22:41Comments(0)TrackBack(2)││

2006年07月02日

むろや [@東京・新宿区・四谷4丁目] 【417軒目(2)/698杯目】

cc17c899.JPG
さて、今回は限定のカレーつけ麺が気になって、新宿の「むろや」さんに来てみました。

こちらのお店は浅草開化楼の麺を使ったンマーイつけ麺でお馴染!?。
最寄り駅は新宿御苑、店の前の道にはパーキングメーターがあります。
カウンター14席ほど。
土曜日の18:10頃の到着で先客4名。

限定のカレーつけめんは、つけめん大盛の食券を買って注文します。
注文時に並か中盛か選べるので中盛をチョイス。

さて、カレーつけめん。
まずは、香りがいいですね。
見た目にも鮮やかでなかなかいいです。
意外にもサラサラとしたツケダレはその名の通りカレー味なんですが、魚介系のベースも効いています。
なのにおそばやさんのカレー味になっていないのがスゴイ。

むろや(2):麺むろや(2):ツケダレ
むろや(2):具むろや(2):スープ割
タマネギが甘くておいしい。
3種類ほど入っている肉は牛と思われますが、これが堅いのなんの。
スライスのものもブロックのものも堅い。
ちょっと、あんまりといえばあんまりな感じで、ここは大マイナスポイントかな。

太めの麺はやや堅めでなかなかにンマイですが、うーん、ノーマルの方があうのかも知れませんね。
若干、麺の方が強く感じてしました。

でも、まぁ、ンマインマイとスルスル頂き、そして、スープ割り。
グッと魚介系が前に出てきて、これがすげーンマイの。
これで、ラーメンにしてもいいかもしれない。
単体で充分美味しい。

総合的に見ても、なかなか美味しかったものの今週でもう終了ということで、残念。
池谷のカレーつけそばをちょっと思い出したりしつつ(全然違うけど)、カレー系来てるのかもねーと帰路につきました。


むろや(2):外観むろや(2):メニュー
むろや
【東京都新宿区四谷4-25-10】
11:15〜15:00、17:00〜21:00 (スープ切れ終了) /無休
カレーつけめん 中盛 ¥800-
Livedoor Mapはこちら→このへん

[GPS情報URL]
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=0&unit=0&lat=%2b35.41.20.70&lon=%2b139.42.55.61&fm=0
むろや


■これまでの訪問記録
むろや [@東京・新宿区・四谷4丁目] 【417軒目/603杯目】

  
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 22:24Comments(4)TrackBack(4)││

2006年05月20日

青山 牡励湯 麺カフェ [@東京・渋谷区・青山] 【446軒目/661杯目】

7bc59c51.JPG
さて、今日はたまたま通りがかったので「牡蛎湯」へ。
MISTと並んでこ洒落たラーメン屋として同じくらいのタイミングでオープンしたのですが、なかなか来る機会が無く…

ランチタイムはいくつかのセットの中にラーメンメニューがあり、夜は飲み屋的になりつつ、やっぱりラーメンがあるという店で、鮎ラーメンが経営しています。

青山通りに面した店の入口はあまり目立たず、入口を入ると地下に入っていく形。
カウンター10席に座敷1席にソファー席1席。
最寄り駅は渋谷で宮益坂を登りきったところになります。

アルコールランプの明かりがなかなかに幻想的。
またミラーやコンクリートの使い方にメリハリがあってなかなかに良く出来た内装で雰囲気は良いです。
ただあまりピカピカなカウンター上のお盆にカウンターに仕込まれた照明の裏側が写り込んでいるところだけ残念。
とはいえ、この雰囲気の良さですから、夜にゆっくりとお酒を頂きながら、楽しみたいお店ですね。

ひとまず、15食限定のチャーシュー麺と麦ひめご飯のセットランチをチョイス。

牡励湯:麺牡励湯:玉子
牡励湯:チャーシュー牡励湯:チャーシュー2
牡励湯:チャーシュー3牡励湯:メニュー
さて、ラーメン。
スライスされたオニオンに6種類のチャーシュー、煮玉子、煮こごりなどなど。
縮れの強い麺は中心が堅めで、まるでパスタのような食感。
これはユカイ。

チャーシューは全て違う種類でタンや牛もあったと思います。
これ、せっかくだからなんの肉であるか書いてあればより楽しめるのにね。

色が薄くちょっと不安だったスープもなかなかに美味しく、牡蛎の旨味というのにピンとはこなかったんですが、麺との絡みも良く美味しく頂けました。
あっさりとンマイ。そんな感じ。

ただ、これだけあっさりとしたものですから、麦ひめご飯を食すにはやや不足かと。
これ、スープに投入して食べるのが正しかったのかなぁ。
店の雰囲気的にはご飯を投入するのには若干抵抗がありますね。

ただなかなかに美味しく、接客もすげー良く、これは夜にぜひまた来たい、そんな風に思えました。


牡励湯:外観牡励湯:店内
牡励湯:店内2牡励湯:店内3
青山 牡励湯 麺カフェ
【東京都渋谷区渋谷2-10-15 JPLビル B1】
11:30〜27:00(カフェタイム16:00〜18:00)、日祝日11:30〜23:00/無休
No.3 LUNCH チャーシュー麺と麦ひめご飯 ¥1,000-
Livedoor Mapはこちら→このへん

[GPS情報URL]
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=1&unit=0&lat=%2b35.39.25.31&lon=%2b139.42.35.62&fm=0
青山 牡励湯 麺カフェ  
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 23:55Comments(0)TrackBack(0)││

2006年05月15日

つけめん・らーめん 清元 [@東京・渋谷区・幡ヶ谷] 【445軒目/656杯目】

fa0a45a1.JPG
さて、ちょっと前から少し気になっていたお店「清元」に来てみました。

幡ヶ谷から歩くだけでも楽しい六号通り商店街を抜け、六号坂を下りきるかな、といったあたりの左手にお店があります。
全く関係ないんですが、この店名、見る度に辻元清美を思い出します(笑)

メニューはレンコン麺というつけめんにらーめん、鶏油らーめん、坦々麺。
あとギョーザにライスや雑炊、チャーシュー丼や野沢菜丼につまみメニューま
で。

店内はカウンターのみで、8席。
日曜日の12:30頃の到着で先客は7名。
その後には待ちも発生でなかなかに混んでいます。

ちょっと迷ってつけめんの大盛で。
しばらく考えて、途中でチャーシューも追加で。

清元:麺清元:具
清元:ツケダレ
さてつけめん。
麺皿の方にチャーシューをはじめとした具が。
熱が入っていないチャーシューを見て早くもチャーシュー追加が失敗だったことを悟ります。
ツケダレもそれなりに暖かいものの、量の関係で早々に冷えてしまいます。
よって脂身の多いチャーシューの冷え固まったマズーイ脂を食べるハメになります。
ま、これは自業自得ということで!?

歯触りの良い麺は、あまり太くはないものの、その歯触りの良さ故に高い満足感があります。
もちろん硬いだけではなく、モッチリとした感じもあり、なかなかに魅力的な麺です。

和風なツケダレは、魚介系の風味が強く、また先に書きましたように早々に冷えちゃうんですが、それにも耐えられる出来となっていて、なかなかにンマイんじゃないかと。
麺との相性も悪くはないです。
ただ、醤油が強めなこともあり、そんなに目新しさはなく、悪く書くとつまらない「ざるうどん」みたいなツケダレ。
表面の油も個人的にはイマイチで、それこそコンビニざるラーメンみたいだなって思ってしまいました。
でも、これ、嫌いだーという人あんまりいないと思う。
シンプルでいいツケダレだ。

特にスープ割したいなぁ、と思うこともなく、大盛の量には満足しながらも、ただただチャーシューの冷たさが悲しく店を後にしましたが、きっと近所にあったら一杯ひっかけつつ、つまみも頼みつつ、総理!総理!と政治の不満を叫びつつ(笑)、〆につけめんってな感じで通いたくなる店ではあります。


清元:外観清元:メニュー
つけめん・らーめん 清元
【東京都渋谷区幡ヶ谷3-11-9】
11:30〜14:00、18:00〜21:30/月曜休
つけめん (レンコン麺) ¥700-
大盛 ¥150-
チャーシュー ¥250-
Livedoor Mapはこちら→このへん

[GPS情報URL]
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=1&unit=0&lat=%2b35.40.41.89&lon=%2b139.40.43.06&fm=0
らーめん 清元  
 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 18:08Comments(0)TrackBack(1)││