試食会のリスト


 

 

2010年11月25日

ラーメンきら星 [@東京・武蔵境] 【108軒目(2)/1136杯目】

鬼どろそば リアル版
久しぶりの更新になります。
ついったー経由で、大崎さんから試食会のお誘いを頂きまして(感謝感謝!)、武蔵境にあります「きら星」さんへ行ってまいりました。
すげー久しぶり。

今回の試食会のメニューは、「鬼どろ」
正しくは「鬼どろそばプラス 魚介豚骨醤油」かな?
昨年、大崎さんと石神さんが「TOKYO1週間」のラーメン大賞10周年を記念してコラボしたカップ麺「鬼どろ」の新作が、今年はきら星の店主星野さんを加えて12月6日に発売されることとなり、それに合わせたきら星でのリアル版?実写版?の提供に先立ち行われました。

というわけで「鬼どろ」
カップ麺同様に…というのもおかしな話ですが、3種類の麺を濃厚な豚骨ダレでいただくというもの。
なんというか、ラーメンとも言い難いし、あえそば・まぜそばとも言い難い、初めて食べる食べ物という印象。
具材はカップとは違い、挽き肉やメンマ、タマネギ、かいわれなんかが入っています。

3種類の麺は、縮れの強い平太麺と、緩い縮れの中太麺、それとまるでワンタンのような帯麺。
この食感の違う麺を一度に混ぜ合わせて提供するというのは、大崎さんのプロデュースではありますが、石神氏が原案のマンガ「ラーメン発見伝」で出てきたものにも近いコンセプトで、まさにマンガから飛び出してきたような斬新なもの。

三種の麺麺
ペッパー鰹餡メンマ
左上:3種の麺を集めてみたつもり。帯麺・平太麺・中太麺 ※麺の名前はてきとう


豚骨ダレは、濃厚ではあるのですが、なんとなく「鬼どろ」という名前から、しょっぱくて脂っこくて…というイメージでおりましたが、全然そんなことはなく、ドロドロと濃厚ではありますが、あっさりと食べれてしまう感じ。
また、きら星の特徴でもある鰹餡が、ペッパー鰹餡としてアクセントをつけています。
個人的にはもっと鰹餡があってもうれしい感じ。

ちょっと残念だったのが玉ねぎ。
ちょいと辛いかな。
このへん、モスバーガーでバイトしてたときの玉ねぎの処理の記憶や、刻み玉ねぎ入りラーメンでお馴染み八王子界隈を本拠地としているものだから気になるのかも。

また、ドロドロと濃厚であるがゆえに、なんとなく麺の表面がとろけているような…あるいは湯切りが悪くて茹で汁が残っているかのような錯覚を感じちゃうのも、もしかしたら残念ポイントかも。
もちろん湯切りもしっかりされてますし、麺の表面もとろけてはいないんだけどね。

試食した皆さんからは口々に「ンマイ」「ご飯が欲しいね」「ご飯ください」と声があがる感じ。
実際にご飯を入れて食べるとやはりこれがンマイんだなぁ。
これ、レギュラーメニューになっているお店があってもいいかもって思う。
実際は、12月1日から12月5日まで、武蔵境の「きら星」にて、昼夜各10食の提供だそうです。

今回はこのような機会を作って頂いた、大崎さん、星野さん、Web1週間さん、ラーメンバンクさんはじめ皆様ありがとうございました。
また久しぶりにお会いするラーメンフリークの皆さん、今回初めてお会いした皆さんもありがとうございました。
最近、とんと更新して無かったので皆さんに忘れられてるかと思い(笑)、大人しくしてましたんであまりオハナシ出来ずにすみませんでした…(^_^;)



外観貼り紙
卓上貼り紙2
左上:看板消えているけど… 右上:貸切だって!!!

ラーメンきら星
【東京都武蔵野市境南町3-11-13】
11:30〜15:00,17:30〜21:00/木曜&14日休
※木曜日は「ぶっきら星」として営業
鬼どろそばプラス 魚介豚骨醤油 ¥-
Livedoor Mapはこちら→このへん

[GPS情報URL*携帯電話用]
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=1&unit=0&lat=+35.41.51.158&lon=+139.32.41.876&advId=&back=pc
地図を表示中です。しばらくお待ちください。



■これまでの訪問記録
【187軒目】ラーメンきら星 [@東京・武蔵境] 226杯目


■参考サイト
・livedoorグルメ > ラーメン きら星 ( 武蔵境 / 醤油ラーメン )
・食べログ > ラーメン きら星 ラーメン / 武蔵境駅



  

 
 ※写真は全てクリックで拡大します。
Posted by 小○さん. at 00:32Comments(3)TrackBack(0)││